Samurai Goal

小笠原満男


スポンサード リンク





小笠原満男「悔しい」の連続だったけど…“黄金世代”は最後までライバルであり仲間だった 

20181231-00884084-soccerk-000-2-view

小笠原満男が元ブラジル代表小突き勝負優先したワケ 

20181231-00432728-nksports-000-10-view

【鹿島】引退試合やりたくない…小笠原に聞く 

20181228-00000268-sph-000-4-view

一番印象に残るシーンは…小笠原「インサイドキックの大切さを感じた」 

20181228-13017253-gekisaka-000-3-view

鹿島・小笠原、引退の理由は「チームを勝たせられなくなったから」今後は鹿島への恩返しを希望 

20181228-00000070-sph-000-4-view

小笠原に見た本物の優しさ…いつも心にあった被災地支援 

20181228-00000071-spnannex-000-3-view

【動画】柴崎岳、現役引退を発表した小笠原満男は「小学生の頃からのアイドル」  

ClztcYeUkAA43hl




1: 2018/12/27(木) 20:58:01.40 _USER9
日本代表は1月に控えるAFCアジアカップUAE2019に向けて、千葉県内で合宿を実施。
2日目となった27日は、初日から参加の11名と6名のトレーニングパートナーに加え、柴崎岳と槙野智章が合流した。

代表練習中に鹿島アントラーズのMF小笠原満男が今季限りで現役を引退することが発表された。
練習後、このことについて聞かれた柴崎は、「知らなかったんで驚きは多少あります」と話すと、次のように続けた。

「でも一人の選手の決断として、元チームメイトとしても同じ東北人としても、満男さんのした決断に対しては、『お疲れ様でした』と言いたいなと思います。
まだできるんじゃないかとは全然思わない。それは満男さんがいろんなことを考慮した上でのことなので。
満男さんの意見、考えを尊重して『お疲れ様でした』とは言いたいです」

小笠原のことを「小学生の頃からのアイドル」と語る柴崎は、「鹿島アントラーズに入って同じチームでプレーすることになってすごく嬉しかった先輩の一人」だったことを明かし、当時を振り返った。

「満男さんの隣でプレーすることも多かった。多くを口では語らないですけども、プレーの中から僕自身も得るものがたくさんありましたし、一人の選手として成長させてくれた大先輩だと思います。
まあケガが僕のいた時もちょくちょくありましたし、ヒザのケガとは聞いてるんで、ちょっと悪化したのかなって心配ですけど、のちの人生に響かなければいいなと思っています」

また、アジアカップに向けては、「優勝するしかないというか、優勝しか見えてないところもあります。
個人としての自信と決意も固めてきましたし、まあ本当にアジアナンバーワンの椅子を勝ち取りに行きたい」と意気込みを語った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181227-00882429-soccerk-socc
12/27(木) 20:29配信

鹿島・小笠原&曽ケ端、カズも尊敬の念「日本サッカー界の宝」 

GettyImages-653228450_a-horz_a-800x593

【画像】もしも俊輔、遠藤らベテラン選手が監督になったらwwwwwww 

149: 名無しさん 2016/03/04(金) 23:20:16.14 ID:7ORmqDow0.net
no title

no title

no title

no title

小笠原満男が語る理想のボランチ像。「(柴崎岳は)あの年齢にしてはちょっと落ち着き過ぎてますね(笑)」 

1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/10/24(土) 17:51:44.79 ID:???*.net
「ボランチが“怖がる”と、チームは機能しない」

 残り3試合とクライマックスが迫るJ1第2ステージ。石井監督の就任以降、飛躍的に成績を伸ばす鹿島は、
首位の広島と勝点31で並ぶ2位に付けている。復活した常勝軍団が目指すのは、
ステージ制覇とその先のチャンピオンシップ。不動の要として中盤で存在感を放つ小笠原満男が、
自身のポジション=ボランチの重要性と理想像について、私見を語ってくれた。

――◆――◆――◆――

――ボランチとひと言で言っても、そのプレーには様々なイメージがあります。

「ボランチは、特に多くの要素が求められるポジションです。攻守両面で働くのはもちろん、
全体を見渡してチームのバランスも考えなきゃいけない。時には前線に出て得点に絡んだり、
声を掛けて周りを動かす必要もあります」

――まさにチームの心臓、頭脳と言えますね。

「360度全方向からプレッシャーを受けるし……。本当に頭を使うポジションですね」

――なかでも、重きを置いている仕事はありますか?

「自分が大事にしているのは、試合の状況を読んで、それに応じて的確にプレーすること。
FWであれば点を取る、DFなら対峙した相手を封じ込めて失点をゼロにするといった明確な役割がありますが、
ボランチは点を狙いに行くだけ、守るだけじゃダメですから」

――具体的に言うと?

「パスにしても、無難な横パスだけでなくスイッチを入れる縦パスが必要になる。
当然、守備で強く当たるべきシーンもあります。試合の点差や相手の状況まで頭に入れて、
効果的なプレーを選択する。『自分がこうしたい』じゃなく、流れを読んで、どこでなにをすべきかを観察するってことですね」

――では逆に、ボランチとしてやってはいけないプレーは?

「怖がることかな。ミスを恐れてボールを受けないとか、五分五分のボールにビビって飛び込まないとか。
そこで怖がってボランチが機能しないと、チームは勝てない」

――相手のボランチが機能しないようにするのも、仕事のひとつですね。

「そこは相手を見ます。例えば足もとが上手くてパスをさばけるキーマンにはボールを触らせないようにするし、
あえてボールを持たせる選手もいる。そこは全員に同じように対応するんじゃなくて、
相手の機能性を落とすように仕向けます」

――例えば、第2ステージ12節の浦和戦(1-2)では、試合の状況に応じて柴崎選手と横ではなく縦に並ぶなど、
相手を牽制しているなと感じました。

「実際に柴崎とも話をしましたし、感覚的に動いた部分もあります。あまり戦術的な話はできませんが、
ボランチの位置取りは状況に応じて変えていますね。浦和戦では後半に向こうがシステムや配置を変えてきて、
ウチも対応する必要があった。そこは周りの選手と話して、相手が嫌がることをやってこっちの良さが
出せるように考えています」

続きは↓の記事から
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151024-00010001-sdigestw-socc
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索