Samurai Goal

家長昭博


スポンサード リンク





「日本代表を本気で目指せばよかった」寡黙な男、家長昭博が初めて明かした後悔と海外で変化した人生観  

20190405-00120122-roupeiro-000-23-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/04/05(金) 17:15:32.68 ID:RUkI36t29
2018年12月。Jリーグの年間表彰式「Jリーグアウォーズ」で、最も注目されたMVPに輝いたのは川崎フロンターレのMF家長昭博だった。

川崎に加入してから2年目にしてリーグ連覇に大きく貢献したことが評価されての初受賞。

「このような名誉ある賞を、6得点7アシストという平々凡々な記録でもらうのは心苦しいですけど、本当にありがとうございます」

控え目な受賞スピーチからは謙虚さがにじみ出ていた。それはピッチで見せる姿においても多少、似ているところがあるのかもしれない。プレースタイルは淡々としていて、あまり感情を表に出すタイプでもない。

ただ、現在32歳の家長がJリーグを代表する選手へと成長した背景には、数々の経験に裏打ちされた“何か”があるからではないか――。

去年からそれを聞いてみたいと思っていた。ただ、周辺から聞こえてくるのは、家長は“気難しい”、“本音を中々話さない”という声。

もちろん、元々口数が少ない選手なのだろう。だからこそ、彼の本心と素顔に迫りたいと思い、インタビューを申し出た。
話を聞くうち、そこには、これまでのイメージが180度覆るほど、人間味あふれる“家長昭博”の姿があった。

昨年のJリーグMVP、それも元日本代表選手というトップアスリートを前に、初対面でこんなことをいきなり聞くのは失礼だと思ったが、すでに口が先走っていた。

「家長選手は取材が嫌いだと聞いたのですが」

すると、家長は表情を変えず淡々とこう答える。

「別に好んで出たい感じはないんです。それに自分からはそういう風に言っていないんですよ。
『取材は好きか、嫌いか?』と聞かれたら、『あまり好きではないかもしれないです』と言うだけです。それにあまり目立ちたいとかもなくて」

そう言われると少し身構えてしまいそうだが、第一印象として私は決してそうは思わなかった。

むしろ、家長から感じる雰囲気や話し言葉で、周囲が半ば強引に“気難しい”と思ってしまっている部分が、多少なりともあるのではないか。

決して心を開かない選手ではなく、自分のことをより客観的にとらえ、物事を深く考えているプロサッカー選手だった。

https://news.yahoo.co.jp/byline/kimmyungwook/20190405-00120122/
4/5(金) 11:00

王者・川崎フロンターレに何が起こった?まさかの4戦白星なし  

img_5810bf0dc50c662fe86432af503017c5408391




1: Egg ★ 2019/03/18(月) 16:56:12.96 ID:UDU2N6aF9
 3連覇を狙うJ1王者がまさかの大ブレーキだ。川崎は17日、G大阪に0―1で敗れた。後半アディショナルタイムに日本代表DF三浦弦太(24)にゴールを許し、4戦未勝利(1敗3分け)と開幕から白星がない異常事態に陥っている。

 昨季MVPのMF家長昭博(32)は「今はうちらしくない。サポートに入るのも遅くなっているし(パスを)出す側も、もらう側も迷いがある。自分たちがどこを目指してサッカーをするのかが問われている」とチームの歯車がかみ合っていない現状を分析した。

 不振の一因は、アジアチャンピオンズリーグ(ACL)との両立だ。J1連覇を果たしながらもアジア王座は逃してきただけに、今季はタイトル奪取が至上命令。これまで以上にACLを重視し、リーグ戦とメンバーを入れ替えながら戦う難しさがある。DF谷口彰悟(27)も「もちろんそれはある」と認めたうえで「ポジショニングとか、一人ひとりがもう一回考えていかないと」と連係の修正が急務という。

 王者としてJ1とアジアのタイトル取りへ、川崎は難題をクリアしなければならない。

3/18(月) 16:45配信 東京スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190318-00000032-tospoweb-socc

<本田圭佑>JリーグMVP受賞の家長をサプライズ祝福!「たまには古い友人に会いに来て  

2018-12-15-keisuke-honda_100o79dpurro11pj6fmwwk3ugr




1: 2018/12/18(火) 21:23:48.28 _USER9
今シーズンのJリーグ年間表彰式である「2018 Jリーグアウォーズ」が18日に横浜アリーナで開催され、J1連覇を果たした川崎フロンターレのMF家長昭博が最優秀選手賞(MVP)を初受賞した。祝福のビデオレターでは、同じ1986年6月13日生まれで、ガンバ大阪ジュニアユースで同期だったMF本田圭佑(メルボルン・ビクトリー)がサプライズで登場。「たまには古い友人に会いに来てください」とメッセージを送った。

 家長はリーグ連覇を果たした川崎で2列目に入り、攻撃にアクセントをつけるプレーが光った。リーグ34試合中32試合に出場し6得点。川崎からの選出は16年のMF中村憲剛、17年のFW小林悠に続くもので、同一クラブからの3年連続MVPは初の快挙となった。

 受賞にあたり家長は、「このような名誉ある賞を6得点7アシストという平々凡々な記録でもらうのは心苦しいのですけど、ありがとうございます。川崎の会社の方々、監督、コーチングスタッフの皆さん、偉大なるチームメートの皆に支えられてこの賞を取れました。ありがとうございます」と話し、トロフィーを掲げてその喜びを表現した。

 そして、スピーチの後には「1986年6月13日生まれ」「レフティー」「ガンバ大阪ジュニアユース出身」と共通点の多い本田が、ビデオレターでサプライズ登場。かつての同僚にメッセージを送った。

「久しぶり。年間最優秀選手賞を受賞したということで、事務所から家長選手からMVP選ばれる可能性あるからメッセージをくれと言われて、選ばれなかったらどこに行くんかなと思ってしゃべってます。映っているということは選ばれたということなので、おめでとうございます。全然連絡くれないので、たまには連絡ください。サッカー頑張っているのは分かりますが、たまには古い友人に会いに来てください。チームメートの皆さんも活躍したと聞いています。川崎フロンターレの皆さんおめでとうございます。来年も魅力のあるパスサッカーを見せてください。おめでとうございます」

 ガンバ大阪の下部組織時代から“天才”と称されたレフティーは、「僕よりも喋ってましたね」と笑いを誘い、「(会いに)本当に行きたいと思います。中1から中3の3年間だったんですけど、ずっと一緒にいて、生年月日も一緒で運命を感じる選手です」と感慨深そうに話していた。

12/18(火) 20:40 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181218-00155228-soccermzw-socc

<家長昭博がMVP初受賞!>Jリーグアウォーズでベスト11など各賞を表彰  

4155b_260_ienagajpg_1k4tai0d46xgz1dhdksl3nzsb5




1: 2018/12/18(火) 21:08:23.18 _USER9
Jリーグは18日、横浜アリーナで「2018 Jリーグアウォーズ」を開催し、最優秀選手賞(MVP)、ベストイレブンなど各賞を表彰した。川崎フロンターレのMF家長昭博が初の最優秀選手賞(MVP)を受賞した。

 リーグ2連覇を達成した川崎Fからは家長の他、MF中村憲剛、MF大島僚太、DF谷口彰悟、DF車屋紳太郎、DFエウシーニョ、GKチョン・ソンリョンの最多7人がベストイレブン入りしている。

 各賞の受賞者は以下の通り(数字は受賞回数。フェアプレー賞は反則ポイントが少ない順。★は賞金授与対象)

< 最優秀選手賞 >
MF家長昭博(川崎F)初

< ベストイレブン >
GKチョン・ソンリョン(川崎F)初
DF西大伍(鹿島)2
DFエウシーニョ(川崎F)2
DF車屋紳太郎(川崎F)2
DF谷口彰悟(川崎F)初
MFチャナティップ(札幌)初
MF家長昭博(川崎F)初
MF大島僚太(川崎F)初
MF中村憲剛(川崎F)8
FWジョー(名古屋)初
FWファン・ウィジョ(G大阪)初

< 得点王 >
FWジョー(名古屋)初

< ベストヤングプレイヤー賞 >
FW安部裕葵(鹿島)

< フェアプレー賞 高円宮杯 >
★セレッソ大阪(初受賞)

< フェアプレー賞(J1) >
★広島、★浦和、長崎、鹿島、FC東京、仙台、柏、川崎F、G大阪

< フェアプレー賞(J2) >
★大分、新潟、大宮、東京V、熊本、讃岐、岐阜、松本、甲府

< フェアプレー賞(J3) >
★秋田、琉球、沼津、北九州、群馬、FC東京U-23、YS横浜、鳥取

< フェアプレー個人賞 >
GK西川周作(浦和)2
GK秋元陽太(湘南)2
FW澤田崇(長崎)初

< 優勝監督賞(J1) >
鬼木達(川崎F)2

< 優秀監督賞(J1) >
ペトロヴィッチ(札幌)初

< 優勝監督賞(J2) >[新設]
反町康治(松本)初

< 優秀監督賞(J2) >
片野坂知宏(大分)初

< 優勝監督賞(J3) >[新設]
金鍾成(琉球)初

< 優秀監督賞(J3) >
吉田謙(沼津)初

< 最優秀主審賞 >
佐藤隆治 初

< 最優秀副審賞 >
山内宏志 初

< 最優秀育成クラブ賞 >
横浜F・マリノス 初

< 最優秀ゴール賞 >
MF大島僚太(川崎F)初 ※J1第30節・神戸戦(等々力)69分

< 功労選手賞 >
石原克哉(甲府)
加地亮(岡山)
坂田大輔(福岡)
土屋征夫(京都)
羽生直剛(千葉)
※( )は最終所属クラブ

12/18(火) 20:20配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181218-10458278-gekisaka-socc

家長昭博(川崎フロンターレ)東京五輪オーバーエイジ枠出場意欲!「呼ばれたら行きたいです」 

GettyImages-840839544-800x533




1: 2018/12/17(月) 09:04:06.21 _USER9
 川崎のMF家長昭博(32)が16日、東京五輪にオーバーエージ(OA)枠での出場意欲を見せた。「見る側として楽しみにしていたけど、呼ばれたら行きたいです」。

 家長はU―23日本代表で10試合出場も、2008年北京五輪には出場できず。今季は32試合出場6得点7アシストと、J1連覇に大きく貢献。「来季は自己最多の11得点を超えて、全タイトルを勝ち取りたい」と目標を掲げた。この日は宮城・登米市で被災地の子供たちとの交流活動に参加。宮城県内の小中高生約50人と触れ合い「子供たちから元気をもらえた」と笑顔を見せた。

スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181216-00000221-sph-socc

Jリーグが優秀選手賞30人を発表 2連覇の川崎からMF家長ら最多の10人 

20181207-00000171-sph-000-2-view

《川崎F・家長昭博》本田圭佑以上との呼び声も?代表復帰はあるのか! 

d0b2f01e041dec9d4130f600d6f2862f_content
1   2018/04/22(日) 19:58:57.64 _USER9
 日本代表の西野朗監督が視察に訪れた鹿島との一戦で、出色のパフォーマンスを見せたのは家長昭博だ。まず開始5分、相手ペナルティエリア右で後方からのパスを受けると、スピードの緩急で対峙した昌子を抜いて、グラウンダーのクロス。「相手が嫌やろうなというところに入れました」というボールはクリアを試みた三竿健斗の足に当たり、オウンゴールを誘発した。
 
 さらに3-1で迎えた81分には正確なスルーパスで大久保のゴールをアシスト。2ゴールに絡む活躍でチームを大勝に導いたのだ。
 
 家長といえばG大阪時代に西野監督の指導を受けている。その印象については次のように述懐する。
 
「いろんなことを言われましたし、単刀直入に話してくれるオープンな方です。非常に可愛がってもらった立場ですし、自分がプロとしてスタートした時の監督なので思い出はあります」
 
 この日、西野監督は「今まで入っていた選手は注視していました」と試合を振り返ったが、かつての教え子のパフォーマンスにも印象を受けたはずだ。
 
 家長は「あまり(代表に)選ばれたことはないので、身近なものではないですが、監督が代わったので誰にでもチャンスはあると思います。目指して頑張りたいです」と短く決意を語った。鹿島戦のような調子を維持できれば、初のワールドカップ出場を掴める可能性も十分にあるだろう。

4/22(日) 13:00配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180422-00039235-sdigestw-socc

【画像】清武弘嗣、西川周作ら『大分会』の面々でパシャリ!!豪華過ぎると話題にwww 

965: 名無しさん 2016/07/20(水) 22:53:39.71 ID:v1Mstx7R0
このメンバーはビッグクラブだろうな

no title

ハリルホジッチ“裏リスト”に家長ら!大島は「私にあいさつがない」 

1: 名無しさん 2016/05/26(木) 22:30:58.94 ID:CAP_USER9
6月のキリン杯に臨む日本代表のメンバー25人の発表会見が26日、千葉市内で行われた。
バヒド・ハリルホジッチ監督(64)は、不選出ながら構想には入れている“裏リスト”の一端を明かした。

抜てきした磐田MF小林が、昨季までJ2でプレーしたことを引き合いに「他にも興味深い選手がいる」と言及。そして大宮FW家長の名前を挙げた。

「能力はかなりある。本田らの世代で天才と呼ばれていたとも聞く。日本にはこういう選手が多い。能力があって、代表に入る可能性が高い選手ですね。
彼についての過去の話を聞いても、いいなあと思う。いいパフォーマンスをしていれば、代表には入れる。35歳だろうが、40歳だろうが。ただ、しっかりトレーニングはしないといけないが」

18日のACL浦和対FCソウル戦後に名前を挙げていた、ドイツ2部ザンクトパウリFW宮市亮(23)についても、再び言及した。

「何人かの関係者にみてくれと言われ、最終節に見ました。ケガを乗り越え、1年半かけて先発するまでに立ち直った。素晴らしいプレーをした。
点を取り、点を取らせ、チームメートから祝福されていた。スピードがあるし、身長も180センチある。相手の背後にもいけるし、今後も追跡しないといけない選手」

ベテランの名前も挙がった。「(G大阪MF)今野も候補。ボールを奪うところは、たとえ33歳だろうが素晴らしい。
いいシーズンを送っている。長谷部が疲れたら、まじめな今野とかを呼ばないといけないこともあるだろう」。

GKは選出された西川、東口、川島に加え、これまでは招集されていた鳥栖GK林の名前を挙げた。
サイドバックについても「太田、藤春ともコンタクトは取っている。守備面を頑張ってほしい」と言及した。中盤ではMF柴崎の名前も挙がった。

ハリルホジッチ監督は「大事なのは、A代表でやりたいのかどうか」と強調した。「口で言うのは簡単。行動として、ピッチ上でみせてほしい。
そしてコンタクトをとって、A代表の話を聞いてほしい」。抜てきした川崎F大島についても「私にあいさつがない」とピシャリ。冗談交じりの言い方ではあったが、最後は「大事なこと」と真顔になった。

ハリルホジッチ監督は会見冒頭、今回選出されたメンバー25人の他に、バックアップメンバー9人を準備していることを明言。
GK1人、フィールド選手8人と説明していた。

2016年5月26日17時55分
http://www.nikkansports.com/soccer/japan/news/1653456.html
no title


■キリンカップサッカー2016 SAMURAI BLUE(日本代表)メンバー発表記者会見
https://www.youtube.com/watch?v=stvK7-CDEzM

 

【サッカー】<日本代表>キリン杯に出場するメンバー25人を発表!大島僚太(川崎F)と小林祐希(磐田)初選出★3c2ch.net
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1464256973/

宇佐美貴史のルーツ。人生最初の衝撃を受けた天才・家長昭博との出会い 

1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/09/07(月) 15:38:31.97 ID:???*.net
家長君との出会いがいまも脳裏に焼きついている

2人の兄が京都・長岡京SSに入っていたため、貴史少年は物心ついた頃からボールを蹴っていた。
「自分がいつサッカーを始めたのか記憶がない」と本人も言うくらい早い時期だったようだ。

長岡京SSは神足(こうたり)小学校、長法寺(ちょうほうじ)小学校、長岡第六小学校の3会場でトレーニングしており、
神足小は宇佐美家のすぐ隣。両親にとっても比較的子どもたちのサッカーをサポートしやすい環境にあった様子だ。
末っ子を兄たちの練習場に連れていくのも日常茶飯事だったという。

その流れから一緒に練習するようになった貴史少年は、人生最初の衝撃を受ける。
一番上の兄と同い年の天才・家長昭博(大宮)の一挙手一投足を目の当たりにしたのである。

「幼稚園年長だった6歳のとき、僕も結構リフティングはできたんです。でも家長君は本当にすごかった。
監督が『200回できたやつから休けいをしていいぞ』と言ったら、
『そんなんやったら、すぐできるわ』と朝礼台の上に座りながら余裕で200回終わらせてた。
『この人、何なんだ』と思いましたね」と彼は当時のショックが今も脳裏に焼きついて離れないと言う。

 家長と宇佐美はその後、ガンバ大阪アカデミーからプロになり、年代別代表から日本代表へステップアップし、
海外へ出ていくという同じ道を辿ることになる。

http://www.footballchannel.jp/2015/09/07/post106665/

no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索