Samurai Goal

宮本恒靖


スポンサード リンク





G大阪の宮本恒靖監督が交通事故…自動車を運転中に車両と接触 キャンプ先から一時帰阪中 

1: ばーど ★ 2020/01/25(土) 05:53:51.37 ID:bxrLfS1o9
ガンバ大阪は24日、宮本恒靖監督の交通事故を報告した。

宮本監督は同日10時半頃に大阪府堺市内で自動車を運転中、信号のない交差点内に侵入。その際、別方向から交差点に侵入しようとした車両と接触してしまったという。

事故発生後、速やかに警察や関係各所に連絡して対応したというクラブは詫びの言葉とともに、継続した安全運転教育と事故再発防止に取り組む所存を示した。

今年で宮本体制3シーズン目のG大阪は、22日に沖縄での一次キャンプを打ち上げ、一時帰阪。25日から再び沖縄に戻り、二次キャンプに入る予定だ。

2020年1月24日 21時25分
超ワールドサッカー
https://news.livedoor.com/article/detail/17714388/
no title

G大阪、3試合連続終盤での失点でドローに…宮本監督も肩落とし「勝たなければならない試合」 

20190818-00010036-goal-000-1-view[1]

<ガンバ大阪の宮本恒靖監督>総得点1のサガン鳥栖に3失点…「非常に情けない」  

1: Egg ★ 2019/05/11(土) 22:14:40.30 ID:US/VUKCL9
[5.11 J1第11節 鳥栖 3-1 G大阪 駅スタ]

J1第11節が11日に行われ、ガンバ大阪は敵地でサガン鳥栖に1-3で敗れた。試合後のフラッシュインタビューに応じた宮本恒靖監督は、厳しい表情で「非常に情けないパフォーマンスだった」と振り返っている。

5連敗中の鳥栖のホームに乗り込んだG大阪。相手は前節までわずか1得点だったが、前半16分にGK東口順昭の目測ミスからCKをMFイサック・クエンカにヘディングで押し込まれる。
後半27分にはFW豊田陽平にPKで追加点を献上。さらに同45分、ゴール前のこぼれ球を拾ったMF原川力に3点目を奪われ、反撃はFW食野亮太郎のJ1初ゴールとなる1点にとどまった。

試合後、宮本監督は「非常に情けないパフォーマンスだったと思います」とゲームを総括。後半開始からMF遠藤保仁を下げて食野を投入した意図については
「少し前線での運動量を増やしたかったので、食野を入れました」と説明している。

その食野は起用に応えて終了間際に追撃弾を奪ったが、指揮官は「もちろん早い時間帯で点を取りたかったです。そうするともう少しゲームを変えることができたと思います」と言及し、
次節のC大阪とのダービーに向けて「負けられない試合なのでしっかり準備をしたいと思います」とコメント。終始厳しい表情でインタビュー場を去っていった。

5/11(土) 17:46 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190511-43466882-gekisaka-socc

写真
no title

<ガンバ大阪>クラブ記録に並ぶ9連勝!エムボマらを擁した1997年以来..一時は最下位にも転落 

no title




1: 2018/11/24(土) 23:42:42.05 _USER9
 明治安田生命J1リーグ第33節の試合が24日に行われ、ガンバ大阪はV・ファーレン長崎に2-1で勝利。クラブ記録に並ぶリーグ戦9連勝を達成した。

 一時は最下位にも転落するなど今季途中までは苦しい戦いを強いられていたG大阪だが、7月から指揮を執る宮本恒靖監督のもとで劇的に復調。8連勝を収めた前節の時点でJ1残留を決めていた。

 すでに降格が決まった最下位長崎との試合は、10分に小野瀬康介がGKとの1対1を制して先制ゴールを記録。43分に同点ゴールを許して1-1で折り返したが、52分に18歳のFW中村敬斗がリーグ戦初ゴールを決め、これが決勝点となった。

 これでG大阪はクラブ最長記録に並ぶ9連勝。“浪速の黒豹”ことパトリック・エムボマや現役時代の宮本監督らを擁してステージ優勝争いを演じた1997年以来の連勝記録となった。2000年生まれの中村が生まれる3年前のことだ。

 この勝利でG大阪はセレッソ大阪を上回って8位にまで浮上。クラブ新記録の懸かる最終節は、17位での降格が決まった柏レイソルとアウェイで対戦する

11/24(土) 17:28配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181124-00298514-footballc-socc

<ガンバ大阪>8連勝で残留決定!! J1通算600試合出場の遠藤保仁はクラブ新記録樹立へ意欲! 

20181110-00000173-sph-000-4-view




1: 2018/11/10(土) 19:01:17.42 _USER9
[J1リーグ32節]G大阪1-0湘南/11月10日/吹田S

 ガンバ大阪が破竹の8連勝でJ1残留を決めた。

 決勝点は60分、右サイドを破った米倉からのクロスに、3戦連発となるファン・ウィジョが頭で合わせ、ゴールネットを揺らした。終盤は湘南の反撃に何度もピンチに晒されながらも身体を張った守りで勝ち切った。

 シーズン半ばには一時最下位に低迷。しかし7月下旬に就任した宮本恒靖監督のもと、9月に入って一気に巻き返しを見せ、湘南戦で8連勝を達成するとともに、J1残留も果たした。そして、この湘南戦ではクラブの顔である遠藤保仁が記念すべきJ1通算600試合出場に到達。試合後には祝賀ムードに包まれた。

 インタビューを受けた遠藤は、J1残留決定に対して「素直に嬉しい」と感想を述べると、「厳しい試合だったけど、最後までみんなが勝ちにこだわって試合をしたので、非常にいいゲームだったと思う」と試合を振り返った。

 また自身の600試合出場に関しては「みんなのおかげです」と控えめなコメントだったが、サポーターからの声援の力について問われると「前半戦は不甲斐ない試合が続いていて、後半戦はこうして巻き返すことができたので、最後は勝って10連勝で締めたい」と、クラブ記録の9連勝(97年第2ステージ)を超える新記録の10連勝を宣言。サポーターに来季への期待を抱かせるべく、意気込みを見せた。

11/10(土) 18:38配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181110-00010001-sdigestw-socc

<窮地のG大阪を変えた宮本監督の言葉力>「本来の自分たち」を引き出し怒涛の7連勝!残留決定的 

1: 2018/11/04(日) 20:17:40.46 _USER9
敵地で浦和に3-1快勝、就任14試合で勝ち点27を上積みし残留決定的

ガンバ大阪は3日に行われたJ1リーグ第31節の敵地浦和レッズ戦に3-1で勝利し、勝ち点を42に伸ばしてJ1残留をほぼ確実なものにした。チームの立て直しに成功してリーグ7連勝とした宮本恒靖監督は、「本来の自分たちが持つ力をピッチで発揮すれば、好転するのは間違いない」と選手に自信を与えてきた。

 この浦和戦も、前半は苦しい展開を強いられた。全体的にボールを保持され、前線に入れたボールも相手の3バックを相手にFW陣がキープできなかった。そのなかでMF小野瀬康介の強烈なミドルシュートで1点を先制して折り返すと、ハーフタイムに宮本監督が修正を施す。

「前半は距離感が遠かった。ボールを奪った後に簡単に失う、サイドに持っていった後のFWや中盤の顔を出す位置のバランスが悪かった。後半は倉田がポジションを中央に移すことでサイドを空けること。アデミウソンと(ファン・)ウィジョの位置を変えたこともありましたけど、押し込んだ分で遠藤や今野が前を向くことができた」

 後半4分に同点ゴールを許したものの、その修正はピッチ全体での形成を五分以上に戻すことへつながり、FWファン・ウィジョとFWアデミウソンの2トップが1点ずつを奪って試合を決めた。特にリードを奪ってからは、浦和のプレスに対してボールを安定してキープし、危険なショートカウンターを受ける場面を作らせなかった。

 レヴィー・クルピ監督の退任を受けて宮本監督が就任したのは7月23日で、リーグ戦は折り返しの第17節を終えた段階だった。その時点でG大阪は勝ち点15の16位と、J1残留が最大のミッションとなった。そこから浦和戦までの14試合で積み上げた勝ち点は27と、まさにチームを「復活」させた。

来季も見据えて「もちろん、残りの3試合も全て勝つつもり」

 その要因として挙げられるのは、宮本監督がG大阪のチームカラーをよく知る人物だということだ。OBとして現役時代にタイトルを何度も獲得した経験を持ち、指導者としてもU-23チームを率いてからの内部昇格だったため、個々の選手の特徴をよく知るという強みが存分に生かされたのは間違いない。

「選手に最初のミーティングで言ったのは、本来の自分たちが持つ力をピッチで発揮すれば、好転するのは間違いないということ。そのためにはフィジカルコンディションを上げること、プレーの質の面で話せば細かいですが、攻撃におけるボールを動かすポジションなどの改善、守備の約束事やコンパクトにすることを改善するためのトレーニングを積むこと。みんなの意識が変わって、本来の自分たちはこうだったと思い出しながらやれている。それは今日の試合でも、たくさんあったと思っている」

 ルヴァン杯や天皇杯も含め、一昨季までG大阪はタイトル争いに絡んできた実績がある。対戦した浦和のオズワルド・オリヴェイラ監督も「選手の個々を見ても非常にクオリティーの高いチームだ」と表現していたように、そのメンバーが持つ力は決して低くない。後は、それをどう発揮させられるかという部分であり、OBとして結果を残してきた黄金期を知り、クラブに長年関わり続けてきた指揮官に交代したことは、本来持っている力を引き出すという点でプラスに働いた。

 前節終了時点で、浦和の目標は3位に浮上しての来季AFCチャンピオンズリーグ出場権獲得であり、G大阪は残留争いから抜け出すというものだった。しかし、試合が終わってみれば浦和との勝ち点差はわずかに「3」。それだけ今季のリーグ戦が混戦であるということと同時に、戦力が拮抗したなかで残したG大阪の7連勝が、価値あるものだということを示していると言えるだろう。

 宮本監督は残留をほぼ手中にしたなかでも、「もちろん、残りの3試合も全て勝つつもり」と言い切った。来季以降に向けてチームを成長させていくこともテーマになるシーズン最終盤で、G大阪はどこまでこの勢いを維持できるだろうか。

11/4(日) 6:20配信 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181104-00145712-soccermzw-socc

写真no title

“大外一気”の5連勝!ツネ様も認めるG大阪にもたらす安心感「今ちゃんの復帰」 

名称未設定 1

<降格圏脱出や!>ガンバ大阪、今季初の4連勝で暫定13位浮上!宮本監督が就任後、本拠地で5戦負けなし 

JLG3_17012_d02-800x533




1: 2018/09/30(日) 08:47:57.83 _USER9
明治安田J1第28節第1日(29日、パナスタほか)G大阪は広島に1-0で競り勝ち、約3年半ぶりとなる4連勝。宮本恒靖監督(41)が交代を踏みとどまったところで韓国代表FW黄義助(ファン・ウィジョ、26)が値千金の決勝点を奪い取った。暫定ながら13位に浮上し、広島は3戦勝利なしで2位に後退。2連覇を狙う川崎が長崎を2-1で退け、勝ち点を56に伸ばして得失点差で首位に浮上した。

 指揮官の神通力が大きな勝ち点3を引き寄せた。約3年半ぶりの4連勝で降格圏から大脱出。宮本監督が拳を握った。

 「後半はボール支配率が高まり、どこでひと刺しできるかというところだった。最後に残したウィジョが取ってくれた。守備陣も試合の最後の進め方を落ち着きを持ってやれていた」

 采配が当たった。後半39分、MF藤本とFWアデミウソンの2人替えを準備していたが、左CKを得たことで藤本だけをMF小野瀬に代えて投入。ここで交代を取りやめたFW黄義助が、ニアで競ったDF三浦のこぼれ球を押し込んで決勝点をゲットした。

 「セットプレーになったので残すことにした」と最後に期待をかけたストライカーが大仕事。指揮官のもくろみが見事に的中した。これで韓流ストライカーは3戦連発とし、「前の選手なのでゴールを決めて当然だと思っている。試合するたびに決めたい思いは強くなってる」と胸を張った。

 この日は『GAMBA EXPO 2018』と題され、太陽の塔の内部をイメージした赤と黒を基調とした特別ユニホームを着用。チケット完売で3万4660人が集まり、宮本監督は就任後初めて満員のホームで指揮を執った。

 「3万何千人という人が入ってくれる。ここで首位の広島に勝とうと話をして臨んだ」

 相手は守備ラインを低く設定し、スピード&パワーのFWパトリックを生かしたカウンターを仕掛けてくることを予想。この1週間はカウンター対策を選手に徹底して意識させ、見事に完封した。宮本監督が就任後、本拠地で5戦負けなし(3勝2分け)としたガンバは確実に成長を続けている。

 暫定ながら13位に浮上。大混戦の残留争いが続くが、次はセレッソとの大阪ダービー。黄義助が出場停止と痛い要素はあるが、プライドをかけた戦いに向けて勢いを十分に得た。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180930-00000008-sanspo-socc

G大阪・宮本監督は果たして『名将』と呼べるのだろうか? 

1 2018/07/29(日) 01:49:24.86 _USER9
<明治安田生命J1:G大阪1-1鹿島>◇第18節◇28日◇パナスタ

 ガンバ大阪宮本恒靖監督(41)が初陣で連敗を2で止めた。

 セットプレーから先制点を奪われるも、後半25分にサイドバックが定位置ながら、右2列目で起用したDF米倉恒貴(30)が同点弾。
宮本監督が先発に抜てきした高卒2年目で、G大阪U-23を率いていた時に指導した“宮本チルドレン”のMF高宇洋(こう・たかひろ、20)も、
J1デビュー戦で堂々としたプレーを見せた。

 指揮官は「選手が意欲や意識の高さを追って練習から取り組んでくれた。試合後のロッカー室でも、もっともっとやるんだ、
という意識があった」と手応えを得た様子。愛弟子の高については「前半戦の戦いを見ている中で、中盤の守備が改善点で挙げられた。
(高は)J3から(中盤の守備の)役割を与えてきていて、J1では初めてだったけど良くやってくれた」と起用理由を述べた。

 試合前から熱気が漂っていた。メンバー発表で宮本監督の名が放送されると、観客から割れんばかりの大きな拍手が起こった。
サポーターの姿を見て、指揮官は「心強かった」と優しい笑みを浮かべた。

 試合は引き分けだったが、G大阪にとって大きな勝ち点1。MF倉田秋(29)は「全てが変わった。一体感もあって、
全員で守備ができていた。ただ(練習期間)3日で変われるならもっと早くから変わらないとあかんかった」。MF遠藤保仁(38)も
「(宮本監督は戦術の)約束事を守れなければ厳しく言う。褒めるときは褒めて厳しい時は厳しい監督。
守備の約束事を意識してできたし、バランスは良くなったと思う」と収穫があった。

 J1、J2入れ替えプレーオフ圏内の16位のままだが、後半戦は始まったばかり。ここから宮本ガンバは追い上げていく。


7/29(日) 1:11配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180729-00283384-nksports-socc
G大阪対鹿島 試合前、サポーターにあいさつするG大阪の宮本監督(撮影・奥田泰也)
no title

G大阪・宮本恒靖氏を新監督に任命!!これで風向きは変わるのか? 

aaaaa

1 2018/07/23(月) 18:48:14.13 _USER9
7/23(月) 18:46配信
スポニチアネックス

 G大阪は23日、レヴィー・クルピ監督の解任を発表し、宮本恒靖∪―23監督のトップチーム監督就任を発表した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180723-00000154-spnannex-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索