Samurai Goal

実母


スポンサード リンク





「同性愛者が!」ネイマール、実母と30歳差交際の男性を侮辱「ヤツの肛門にほうきを突っ込め」 

20200610-01080283-soccerk-000-1-view




1: 2020/06/11(木) 15:06:37.80
 パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマールが友人との会話の中で、実母のナディーン・ゴンサウベスさんと交際するチアゴ・ラモス氏を侮辱している録音音声が流出した。9日に、スペインのラジオ局『カデナ・セール』が報じている。

 ネイマールの実母であるゴンサウベスさんが交際するラモス氏は、ブラジル国内で有名な人物であるようだ。eスポーツ選手兼モデルとして活躍しており、ゴンサウベスさんとは30歳も歳の差があり、現在は23歳だという。

 今回、ネイマールがラモス氏を侮辱したのには、“ある背景”がある。ラモス氏は、ゴンサウベスさんと交際をしながら、複数の男性と親密な関係にあったことが判明。結局、ゴンサウベスさんとラモス氏が破局することはなかったが、ネイマールは母親に背信行為を行ったラモス氏を断罪。友人との会話の中で、ラモス氏のことを「同性愛者が」となじり、「ヤツの肛門にほうきを突っ込め」と侮辱した。

 今回リークされた録音音声には、ネイマールの「○す」という発言も含まれており、場合によっては脅迫の容疑をかけられる可能性もあるという。また、当事者のゴンサウベスさんとラモス氏は、2日に自宅のガラスが割れたことで負傷し病院で治療を受けたという。事件性を疑ったサンパウロ市民警察から調査を受けたことも明らかになっており、こういった状況にネイマールが苛立ち、暴言につながったと見る向きもあるようだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/23f07fe9b0441acaa09ab718196d82c9106d8244

「同性愛者が!」ネイマール、実母と30歳差交際の男性を侮辱…「〇す」発言で脅迫容疑の可能性も 

20191208_Neymar-AP




1: 2020/06/10(水) 17:13:37.17 _USER9
https://www.soccer-king.jp/news/world/fra/20200610/1080283.html
By サッカーキング編集部 4時間前


 パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマールが友人との会話の中で、実母のナディーン・ゴンサウベスさんと交際するチアゴ・ラモス氏を侮辱している録音音声が流出した。9日に、スペインのラジオ局『カデナ・セール』が報じている。


 ネイマールの実母であるゴンサウベスさんが交際するラモス氏は、ブラジル国内で有名な人物であるようだ。eスポーツ選手兼モデルとして活躍しており、ゴンサウベスさんとは30歳も歳の差があり、現在は23歳だという。

 今回、ネイマールがラモス氏を侮辱したのには、“ある背景”がある。ラモス氏は、ゴンサウベスさんと交際をしながら、複数の男性と親密な関係にあったことが判明。結局、ゴンサウベスさんとラモス氏が破局することはなかったが、ネイマールは母親に背信行為を行ったラモス氏を断罪。友人との会話の中で、ラモス氏のことを「同性愛者が」となじり、「ヤツの肛門にほうきを突っ込め」と侮辱した。

 今回リークされた録音音声には、ネイマールの「○す」という発言も含まれており、場合によっては脅迫の容疑をかけられる可能性もあるという。また、当事者のゴンサウベスさんとラモス氏は、2日に自宅のガラスが割れたことで負傷し病院で治療を受けたという。事件性を疑ったサンパウロ市民警察から調査を受けたことも明らかになっており、こういった状況にネイマールが苛立ち、暴言につながったと見る向きもあるようだ。

「杏」実母、骨肉裁判で信じがたい“暴露” 「前事務所は杏に中田英寿さんと性交渉の相手をさせようとした」 

aaba5ba2b58bfa110ba48a6fd8e12089




1: 2020/04/21(火) 16:13:49.82
https://news.livedoor.com/article/detail/18151660/
2020年4月21日 11時0分 デイリー新潮

東出騒動の陰で、杏(34)は実母の由美子さんを相手にした骨肉裁判を戦っていた。経緯は前記事「杏が苦悩する実母との骨肉裁判 “母は霊能者に心酔”“自分の稼ぎで借金返済”の主張」に詳しいが、由美子さんが代表をつとめる個人事務所からの退職をめぐるものだ。一方、杏は母が女性霊能者に心酔しているなどと主張。裁判の過程で由美子さんは、不必要と思えるような「暴露」も行っている。例えば、「訴状」や由美子さんの「陳述書」の中にはこんな表現が。

杏がモデル事務所に所属していた際には、〈被告と事務所関係者の男女交際関係が悪化した〉ことがあり、〈前事務所のマネージャーは、以前から杏にセクハラ、パワハラをし、元サッカー選手の中田英寿さんと性交渉の相手をさせようとしたり(中田氏は紳士的な対応で未遂に)、ギャラの支払いもおかしく、そのような経緯があり、困難極まりない芸能界での事務所移籍を決意しました〉

移籍の経緯を述べるのに結び付けて、にわかには信じがたい話を披露しているのである。あるいは、現事務所のトップコートに移籍した後も、

〈たびたび被告の男女交際の問題が発生したが、原告は、被告の芸能活動に支障が出ないよう代表取締役として事態の収拾に力を尽くし、また娘の人生を幸せにするために母親として被告を支えてきた〉

まるで、娘は発展家だと言わんばかり。極め付きは以下の部分で、「霊能者」に頼っていたのは杏自身だったということを主張するために、
〈被告はコンサルタント(=「霊能者」)に対して、恋愛、交際相手の暴力、結婚、子どもを作るべきか否か、不倫問題等についても、逐一報告及び相談をしていたものである〉
 
としている。付言すれば、これは東出と結婚する前のことだから、素直に取ると、杏には妻子ある「元カレ」、あるいは、暴力を振るう「元カレ」がいたと言っていることになる。そして、由美子さんの求めで、「霊能者」サイドも、杏から受けた恋愛などの「身の上相談」メールを証拠として裁判所に提出している。

杏側はこれに対し、「プライバシー侵害だ」として第三者による閲覧の制限を申し立て、裁判所も認めたため、これらの中身が外部に出ることはないが、娘にとって、母が「凶器」とも思えた瞬間ではないだろうか。

全文はソースをご覧ください
前スレ
【芸能】「杏」実母、骨肉裁判で信じがたい“暴露” 「前事務所は杏に中田英寿さんと性交渉の相手をさせようとした」
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1587447847/



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索