Samurai Goal

完封負け


スポンサード リンク





「鹿島に何から何まで…」浦和、山中亮輔の言葉で浮き彫りとなった完封負けより由々しき状況とは 

1: 2020/12/04(金) 09:09:26.49 _USER9
鹿島相手に4失点の完敗。「中でやっていても、気持ちを出す選手がいない…」

寒空に溜息しか出ない敗戦だった。



 30節、アウェー鹿島に臨んだ浦和は11分に先制され、50分に2失点目。前に出ざるを得なくなった浦和は64分、82分にも失点し、0-4の完封負けを喫した。

6節・柏、9節・名古屋、27節・横浜戦に続く今季4度目となる4点差負けだ。

 敗因のひとつを挙げるなら来季のACL出場を現実的に狙える鹿島に対し、浦和はそれがほぼ消滅した状況。先月25日に発表された大槻毅監督の退任は結果、カンフル剤にはならず、モチベーションの差が内容とスコアに出てしまった。

「鹿島に上回られてしまった。一つひとつ、何から何まで負けていた」
 試合後の会見で浦和DF山中亮輔は完敗を認めた。

 一方、山中が「チャンスはあった。そのなかのひとつが入ったら違う結果になった」と話す通り、前半終了間際、MFマルティノスが決定機を作ったが、総じて攻守に精彩を欠いた印象だ。

 ただ完封負けより由々しき状況が、山中の言葉で浮き彫りとなった。

「大量失点したなか跳ね返す力というか……、中でやっていても気持ちを出す選手があまりいない。その点が一番、もったいない」

 この言葉に思い出すことがある。

 昨年3月中旬。浦和はオズワルド・オリヴェイラ監督のもと、リーグとACLグループステージを戦っていた。3月の公式戦6試合の戦績は、3勝1分2敗とまずまずだが攻撃面が大きな課題だった。加入したばかりの山中は、柏、千葉、横浜と渡り歩いた経験のなか、チームにある違和感を覚えていた。

「このチームの選手は監督やコーチに誰も何も言わないし、選手同士、話し合おうともしない。大丈夫かなと思う」

 批判ではなく、純粋な疑問だったのだろう。前者はピッチ内。後者はピッチ外のことだが根っこは同じ。問題はチームをまとめる、あるいはまとまろうという選手がいるのかどうかだ。

 たしかに今季、試合を見てもGK西川周作やDF槙野智章を中心に声を出し、鼓舞し、指示を出す光景は見受けられる。また19節・横浜FCからFC東京、名古屋と3連敗した際、主将・西川の音頭で選手ミーティングを開き、年齢、キャリアに関係なく忌憚のない意見が出たそうだ。これが功を奏し6戦負けなしとなったが、その後、前節までの4試合は1分3敗となった。

 良いときは自然と良い。黙ってでも勢いづく。しかし悪いとき、チームはいかに留まり、這い上がるか。ここにチーム力が試される。

かつての岡野、闘莉王、山田のような…核となり、精神的支柱となる選手がいない

全文はソース元で
https://news.yahoo.co.jp/articles/1bf78b6aedd8ca1e91019a7cdac47dc69a06dca0
no title

バルセロナがアトレティコに完封負け…精神的支柱が負傷交代するアクシデントも発生 

スクリーンショット 2020-11-22 8.01.07

フランス、17歳カマビンガが代表初ゴール…F・デ・ブール体制初陣のオランダはメキシコに完封負け 

スクリーンショット 2020-10-08 13.29.33




1: 2020/10/08(木) 11:02:24.10 _USER9
7日に国際親善試合が各地で行われた。ポルトガル代表とスペイン代表の一戦はスコアレスドローで決着。ポルトガルはFWクリスティアーノ・ロナウド、MFジョアン・モウティーニョ、DFペペらが先発出場し、スペインは19歳DFエリック・ガルシアや22歳FWダニ・オルモらがスタティングメンバーに名を連ねた。

 フランク・デ・ブール体制初陣となったオランダ代表はメキシコ代表と対戦。FWメンフィス・デパイ、MFドニー・ファン・デ・ベーク、DFフィルヒル・ファン・ダイクらが先発したものの、後半15分にFWラウル・ヒメネスにPKを決められて0-1で敗れた。

 トルコ代表と対戦したドイツ代表は前半アディショナルタイムにFWユリアン・ドラクスラーの得点で先制。後半4分に追い付かれながらも、同13分にFWフロリアン・ノイハウスの得点で再びリードを奪う。しかし、同22分に試合を振り出しに戻され、同36分にFWルカ・バルトシュミットの得点で突き放す打ち合いとなった試合は、同アディショナルタイムにトルコに同点ゴールを奪われ、3-3の引き分けに終わった。

 イタリア代表はモルドバ代表を相手にゴールラッシュ。前半18分にMFブライアン・クリスタンテの得点で先制すると、同23分にFWフランチェスコ・カプート、同30分にFWステファン・エル・シャーラウィ、同37分にオウンゴール、同アディショナルタイムにエル・シャーラウィと得点が生まれ、前半を5-0で折り返す。後半も同27分にFWドメニコ・ベラルディが加点して6-0で大勝した。

 ウクライナ代表と対戦したフランス代表も攻撃陣が爆発。前半9分に17歳MFエドゥアルド・カマビンガが先制点を奪い、同24分と同34分にFWオリビエ・ジルが得点を記録すると、同39分にはオウンゴールで加点して前半だけで4点をリード。後半8分に1点を返されたが、同20分にMFコランタン・トリッソ、同37分にFWキリアン・ムバッペ、同44分にFWアントワーヌ・グリエーズマンが追加点を奪って7-1の勝利を収めた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/27b3f37474de3f1207896f5729b6dc2ee57e0fe1



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索