Samurai Goal

完封勝利


スポンサード リンク





「“神”と崇拝されるカガワを…」PAOKが完封勝利! 約8分だけピッチに立った香川真司に地元メディアは―― 

スクリーンショット 2021-02-16 8.11.50

“10番”南野拓実のPKが決勝ゴール…3バック採用の日本、パナマに完封勝利 

スクリーンショット 2020-11-14 6.35.15




1: 2020/11/14(土) 01:45:41.25 _USER9
国際親善試合が13日に行われ、日本代表とパナマ代表が対戦した。

 日本のスターティングメンバーはGKが権田修一、最終ラインは3バックを採用し、右から植田直通、吉田麻也、板倉滉の3枚。右ウイングバックに室屋成、左ウイングバックに長友佑都が入り、ダブルボランチは柴崎岳と橋本拳人のコンビ。2シャドーに三好康児と久保建英が入り、南野拓実が最前線で起用された。

 開始2分、右サイドでFKを得た日本は久保のキックに橋本がヘディングで合わせたが、シュートはGKの正面に飛んだ。一方のパナマはガブリエル・トーレスのミドルシュートなどでゴールを狙うが、GK権田が集中したセービングで凌ぎ、スコアは動かないまま前半を終えた。

 ハーフタイムに橋本を下げて遠藤航を投入した日本は54分、南野がエリア内右から折り返したボールに走り込んだ長友が左足で合わせたが、枠の左上に外れた。58分には長友に代えて原口元気を投入。直後にはエリア左で受けた原口のクロスにファーサイドの室屋がダイレクトで合わせたが、ここも枠を捉えることができない。

 試合が動いたのは61分。久保のスルーパスに抜け出した南野がGKに倒されてPKを獲得すると、自らキッカーを務めた南野がゴール正面に決めて日本が先制した。

 1点リードの日本は71分に久保と南野を下げて鎌田大地と浅野拓磨を投入。78分にはディフェンスラインの裏へ抜け出した浅野がGKルイス・メヒアに倒されると、主審はメヒアにレッドカードを提示した。

 数的優位に立った日本は残り時間で追加点こそ奪うことはできなかったが、パナマに反撃を許すことなく時計の針を進め、このままタイムアップ。1-0で勝利を収めた。

【スコア】
日本代表 1-0 パナマ代表

【得点者】
1-0 61分 南野拓実(PK/日本)

【スターティングメンバー】
日本代表(3-4-2-1)
権田修一;植田直通、吉田麻也、板倉滉;室屋成(82分 酒井宏樹)、柴崎岳(82分 中山雄太)、橋本拳人(46分 遠藤航)、長友佑都(58分 原口元気);三好康児、久保建英(71分 鎌田大地);南野拓実(71分 浅野拓磨)

https://news.yahoo.co.jp/articles/760f9f69cb70b0c7049e5bb311d383962622338b

前スレ
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1605283843/

ビジャレアルが完封勝利で暫定3位浮上! 途中出場の久保建英はGKとの1対1決め切れず 

スクリーンショット 2020-11-03 10.57.28

<GK小久保玲央ブライアン>アヤックス戦完封勝利に貢献!…ベンフィカがUEFAユースリーグ決勝進出 

1: 2020/08/23(日) 07:42:29.23 _USER9
写真
no title


欧州のクラブのU-19チームによって競われるUEFAユースリーグの準決勝が22日に行われ、GK小久保玲央ブライアンが所属するベンフィカはアヤックスと対戦した。小久保はフル出場を果たした。

 2019-20シーズンのUEFAユースリーグは3月に新型コロナウイルスの影響で中断していたが、8月にUEFA(欧州サッカー連盟)の本部があるスイス・ニオンでの集中開催で決勝トーナメント1回戦(ラウンド16)の途中から再開。ベンフィカは18日の準々決勝でディナモ・ザグレブ(クロアチア)に3-1で勝利してベスト4に進出した。

 試合は42分、ベンフィカが高い位置で相手のパスをカットすると、ペナルティエリア前左でパスを受けたFWティアゴ・アラウージョが前を向いて左足一閃。強烈なシュートをゴール左上隅に突き刺して先制点を決めた。ベンフィカは直後の前半アディショナルタイム2分に相手のFKでピンチを迎えたが、小久保が決定的なヘディングシュートをセーブして難を逃れた。

 1点リードで折り返したベンフィカは75分、CKの流れでFWウマロ・エンバロが相手のクリアボールをエリア前中央から左足ボレーで叩き込んで追加点。さらに79分には相手のファールで得たPKをキャプテンのティアゴ・ダンタスがゴール右隅に沈めて、大きな3点目を奪った。

 3点リードのベンフィカは86分、エリア前で再びアヤックスにFKのチャンスを与えたが、マックス・デ・ヴァールのシュートは小久保が難なくキャッチした。試合はこのままタイムアップを迎え、ベンフィカが快勝で3シーズンぶり3度目の決勝進出を果たし、初優勝に王手をかけた。25日に行われる決勝では、ザルツブルク対レアル・マドリードの勝者と対戦する。

【スコア】
ベンフィカ 3-0 アヤックス

【得点者】
1-0 42分 ティアゴ・アラウージョ(ベンフィカ)
2-0 75分 ウマロ・エンバロ(ベンフィカ)
3-0 79分 ティアゴ・ダンタス(PK/ベンフィカ)

サッカーキング 8/23(日) 0:23
https://news.yahoo.co.jp/articles/7b1f3a52cab8e4f68973629ac5e6455be218960f

吉田麻也完封勝利貢献 サンプドリア2連勝で残留前進 

20200716-27160109-nksports-000-3-view




1: 2020/07/16(木) 11:08:46.83
<セリエA:サンプドリア3-0カリャリ>◇15日◇ジェノバ

DF吉田麻也(31)が所属するサンプドリアが3-0でカリャリを撃破し、セリエA残留に大きく前進する連勝を飾った。吉田は5試合連続先発し、右センターバックとして3試合ぶりの完封勝利に貢献した。

試合は開始8分にFWガッビアーニがヘッドで通算10得点目となる先制弾を決めた。続く同41分、後半8分にFWボナゾリが2ゴールを挙げて快勝した。ガッビアーニは「結果を出すことが重要だった。通算ゴールが2ケタに乗るのは素晴らしいことだが、勝利の方に満足している。ロックダウン前の順位は正しくなかった、今は自分たちの価値を証明できている」と胸を張った。

直近5試合で4勝1敗と好調をキープ。これで勝ち点38に伸ばして14位とした。降格圏の18位レッチェと勝ち点9差まで広げた。次節は19日に敵地でのパルマ戦。2ゴールを決めたボナゾリは「ここから強くペダルを踏んで、パルマでも勝ち点3を取りたい」と意気込んだ。ベンチ外処分が解けて指揮に戻ったクラウディオ・ラニエリ監督は「チーム活動休止中、選手たちは苦しみ、生活とトレーニングを減速させられた、しかしピッチに戻るとドライに練習している、試合では常に改善がみられ、勝利できた。私は戦う選手を求めている」と終盤に向け、手綱を締めていた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/517c7c7ae9b43fceeb2cade84a6e35bcc207afaf



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索