Samurai Goal

完全移籍


スポンサード リンク





<武藤嘉紀>ドイツ1部の2クラブがレンタルでの獲得望むも…ニューカッスルは「完全移籍」希望 

1: 2020/09/13(日) 22:16:51.25 _USER9
イングランド・プレミアリーグのニューカッスルに所属するFW武藤嘉紀(28)について、
ドイツ1部のケルンとアウクスブルクが期限付き移籍での獲得を希望していると、12日付の英紙イブニング・クロニクル(電子版)が報じた。

ケルンとアウクスブルクの2クラブは、レンタルでの武藤獲得を希望。一方で、ニューカッスルは移籍金が発生する完全移籍での放出を望んでおり、交渉はまとまっていないという。
また、武藤の古巣マインツのルーベン・シュレーダーSD(44=スポーツディレクター)は獲得の可能性を否定しているものの「マインツも移籍先の候補に挙がっている」と伝えた。
さらに、ドイツメディアではMF堂安律(22)が加入したビーレフェルトも候補に挙がっている。

ニューカッスルは既に武藤に対して戦力外を通告。スティーブ・ブルース監督は(59)は、
11日の会見で「どこかに移籍してプレーする必要がある。試合に関われないのは健全ではない」と構想外であることを認め、移籍期間が終了する10月5日までに移籍すべきと語っていた。

武藤は2018年7月に移籍金950万ポンド(約13億円)でドイツ1部マインツから4年契約で加入。2シーズン目となった昨季はリーグ戦8試合(先発2試合)無得点、公式戦10試合1得点に終わっていた。
ニューカッスルは12日、プレミアリーグの2020~21年シーズンの開幕戦となるウェストハム戦で2―0で勝利。武藤はベンチ外だった。

9/13(日) 19:52配信 スポニチ
https://news.yahoo.co.jp/articles/a77295a3556578f52d16310059a3beb3743f9c0a

写真
no title

<エヴァートン>レアル・マドリードからコロンビア代表ハメス・ロドリゲスを完全移籍で獲得したことを発表! 

1: 2020/09/08(火) 09:55:02.72 _USER9
エヴァートンは7日、レアル・マドリードからコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスを完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月末までの2年間となっており、1年間の延長オプション付き。背番号は「19」を着用する。

 現在29歳のハメス・ロドリゲスは、2014年のブラジル・ワールドカップで脚光を浴びる存在となり、大会終了後にモナコからレアル・マドリードへと加入した。背番号「10」を与えられ、加入当初は主力として活躍。しかし、徐々に出場機会を失っていき、2017年夏にバイエルンへとレンタル移籍した。

 バイエルンではプレーした2シーズン合計で、ブンデスリーガ43試合に出場し14ゴール15アシストを記録。それでも、バイエルンは同選手を買い取ることなく、2019年夏に再びレアル・マドリードへ復帰した。2019-20シーズンは公式戦通算14試合の出場にとどまっていた。

 エヴァートンを率いるカルロ・アンチェロッティ監督は、レアル・マドリードとバイエルンでハメス・ロドリゲスを指導した経験がある。ナポリを率いていた当時にも獲得を画策していたと報じられるなど、同選手を高く評価している。

 ハメス・ロドリゲスは加入に際し、「偉大で、多くの歴史を持ち、そして僕のことをよく知ってくれている監督がいるクラブに加入できて、本当に、本当に幸せだよ。ここで多くのことを成し遂げることが楽しみだし、誰もが目指すものを勝ち取りたい」と喜びのコメントを残すとともに、「カルロ・アンチェロッティの存在が契約した理由の一つだよ。2つの異なるクラブで素晴らしい時間をともに過ごした。それがここに来た大きな理由だ」と、アンチェロッティ監督の存在の重要性を加入の理由として重ねて説明している。

9/8(火) 4:24 サッカーキング
https://news.yahoo.co.jp/articles/eaa698c617bbe08b84505b24466216d71ed59a3d

写真no title

【札幌】鈴木武蔵、ベルギーに完全移籍…1部ベールスホットと複数年で大筋合意、13日にも契約 

スクリーンショット 2020-08-13 14.54.50

<久保建英>背景に何が?獲得レースでセビージャが一気に有利な立場へ…将来的に完全移籍も 

1: 2020/07/25(土) 22:54:12.39 _USER9
MF久保建英の獲得レースでセビージャが有利な位置につけているようだ。スペイン『マルカ』が『オンダ・セロ』の報道を基に伝えている。

 今季はレアル・マドリーからマジョルカに期限付き移籍し、リーガ・エスパニョーラ35試合で4ゴール4アシストの活躍を見せた久保。レアルの外国人枠の問題で来季もレンタル移籍が濃厚とされ、国内外の複数クラブが興味を示す中、最近になって新天地候補として急浮上したのがセビージャだった。

 同紙によると、セビージャの敏腕スポーツディレクターとして名高いモンチ氏が久保の獲得を計画しており、クラブとしてレアルとの間にある良好な関係を背景に、争奪戦で優位なポジションに立っているという。すでに移籍にかかる費用や期間についての交渉も行うなど、具体的な話にまで進んでいる模様だ。

 セビージャ側は1年以上のレンタル期間と買い取りオプションを望んでいるとみられる。一方、レアルはその場合、久保が活躍してさらに価値を高めた場合に備えてか、買い戻しオプションを設定しようとしているようだ。

 レンタル先候補に挙がるセビージャは今季リーガを4位で終え、UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)出場権を獲得。同紙は「チャンピオンズリーグに出場するクラブは、久保に成長を続ける機会を与えてくれる」とレポートしている。

7/25(土) 18:24 ゲキサカ
https://news.yahoo.co.jp/articles/203cbc00757c3999d2ac5250b4b2eef962421641

写真
no title

日本代表FW伊東純也がゲンクに完全移籍「僕にとってのレイソルはHOME」 

20200624-00000113-dal-000-2-view




1: 2020/06/24(水) 19:59:10.68
J1柏は24日、日本代表FW伊東純也(27)がベルギーリーグ1部のゲンクに完全移籍することを発表した。伊東は昨年2月から期限付きでゲンクに移籍。13試合3得点2アシストの活躍で、欧州チャンピオンズリーグ出場も果たしている。

 伊東は柏公式ホームページで次のようにコメントした。

 「このたび、ベルギーのKRCゲンクに完全移籍することになりました。2018-19シーズンは途中加入でしたが、リーグ優勝も経験でき、世界最高の舞台であるチャンピオンズリーグにも出場することができました。この経験ができたのは、移籍を後押ししてくれた柏レイソルのおかげです。」

 「これから、まずは咋シーズン以上の活躍をして、ワールドカップ出場を目指し、さらに努力していきたいと思います。今回、柏レイソルを離れることとなりますが、僕にとってのレイソルはHOMEです。これからもベルギーから柏レイソルの活躍を願っています。」

 「最後になりますが、ファン・サポーターの皆様、クラブ関係者、そしてレイソルのチームメイトのみんな、本当にありがとうございました。これからも一生懸命サッカーと向き合い、チャレンジしていきます。本当にありがとうございました」

https://news.yahoo.co.jp/articles/23cc259424abd7653af8058049fc0c7371bc926e

PSG、イカルディの完全移籍を発表!移籍金最大70億円、選手とは4年契約 

20200531-00010025-goal-000-4-view




1: 2020/05/31(日) 21:05:11.57
パリ・サンジェルマン(PSG)は31日、インテルから期限付きで加入していたFWマウロ・イカルディを完全移籍で獲得したと発表。選手とは4年契約を結んでいる。

PSGは声明で「2019-20シーズンはインテルから期限付きで加入していたマウロ・イカルディに関して、完全移籍契約を結んだ。イタリアのパスポートも持つアルゼンチン代表は、2024年6月30日までの4年契約にサインした」と明かしている。

なお報道によると、移籍金は5000万ユーロ(約60億円)+ボーナス800万ユーロ(約9億6000万円)となるようだ。インテルも同日「マウロ・イカルディのPSG移籍を発表する。我々と過ごした6シーズンに感謝するとともに、将来のベストを祈っている」と発表している。

今季のイカルディは公式戦31試合で20ゴールを挙げ、チームのリーグ・アン3連覇や4シーズンぶりとなるチャンピオンズリーグベスト8進出に大きく貢献している。

https://news.yahoo.co.jp/articles/bd40c51799851ea8f91b7fb027610f5ebc4bf495

【札幌】韓国人GK具聖潤、母国の大邱FCへ完全移籍 

20200529-05290066-sph-000-3-view

PSG、久保を完全移籍獲りへ スペインメディア報道 

20200503-00000055-spnannex-000-3-view

伊東純也、今月中にもヘンク完全移籍移行の運び…条件アップの3年契約提示との報道 28試合4得点 

20200305-00010031-goal-000-1-view[1]




1: 2020/03/06(金) 07:13:20.56
ヘンクは今月中にも日本代表MF伊東純也と長期契約を締結するようだ。地元紙『Het Belang van Limburg』が伝えた。

伊東は2019年1月に買い取りOP付きの2年レンタルで柏レイソルからヘンク入り。今シーズンはこれまで公式戦37試合の出場で5ゴール9アシストをマークし、クラブもそのパフォーマンスに満足しているという。

そして、『Het Belang van Limburg』によると、ヘンクは3月にもその買い取りオプションを行使する決断に至ったとのこと。
クラブはすでに年俸の部分など待遇改善を含む3年契約を用意しており、さらに他クラブへの移籍の条件も細かく定める予定だとも伝えられている。

なお、昨季王者のヘンクはジュピラーリーグ第28節消化時点で6位との勝ち点差2で7位に位置。残り2試合となっているレギュラーシーズンをプレーオフ1への出場権を得られる上位6位以内で終えられるのかに注目したいところだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200305-00010031-goal-socc
3/5(木) 20:13配信

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/player/detail/10029012
成績

J2松本がブラジル人MF2選手を完全移籍で獲得! 中盤を強化し1年でのJ1復帰を目指す! 

1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/01/29(水) 23:44:45.21 ID:oPtthjTY9
「日本にいまいることをとても幸せに感じています」

松本山雅FCは1月29日、シャペコエンセ(ブラジル1部)からMFアウグストを、モンテディオ山形よりMFアルヴァロ・ロドリゲスを完全移籍で獲得したことを発表した。
 
 アウグストは、ブラジル出身の27歳。2011年にインテルナシオナル(ブラジル)でプロキャリアをスタートさせ、その後はメキシコやイラン、UAEなど様々なクラブを渡り歩き経験を積んだ。昨シーズンはシャペコエンセで主にボランチを務め、リーグ戦13試合に出場していた。
 
 クラブの公式サイトを通じて、「はじめまして、アウグスト・セザールです。日本にいまいること、この素晴らしいサポーターがいるチームの一員になれたことを、とても幸せに感じています。チームの力になり、たくさんのタイトルを獲得したいと思っています。僕のベストを出すことを皆さんに約束します。応援よろしくお願いします」と喜びのコメントを発表している。
 
 また、A・ロドリゲスは2018年に来日し山形に加入。初年度から21試合に出場し、高い技術と戦術眼で攻撃の起点となり、最終節では大分の優勝を阻む同点弾を挙げるなどインパクトを残した。昨シーズンは4試合の出場に留まっていた。
 
 A・ロドリゲスのコメントは以下の通り。
 
「モンテディオ山形から来ましたアルヴァロ・ロドリゲスです。松本山雅FCの緑のユニフォームを着て、このチームでプレーできることを嬉しく感じてることをサポーターの皆さんに知ってほしいです。皆さんのたくさんの笑顔を見る為にがんばります。そして、仲間と一緒に松本山雅FCをJ1に復帰させるために一生懸命がんばります。よろしくお願いします」
 
 昨季は4年ぶりのJ1挑戦も、17位フィニッシュで悔しくもJ2降格となった松本。今季はFC東京からレンタルで加入したFWジャエルを含め、ブラジル人助っ人3名を加えて、1年でのJ1復帰を狙う。
 
1/29(水) 19:19配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200129-00069289-sdigestw-socc

no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索