Samurai Goal

完全移籍


スポンサード リンク





FW伊藤翔が鹿島から横浜FCに完全移籍!「2年間、お世話になりました」14試合1得点 

スクリーンショット 2021-01-15 20.22.50




1: 2021/01/15(金) 15:24:34.80 _USER9
横浜FCは15日、FW伊藤翔が鹿島アントラーズから完全移籍加入することを発表した。

Jリーグ移籍情報2020-2021|J1全20クラブの最新補強まとめ

高校卒業間近の2007年に当時フランス2部のグルノーブルと契約した伊藤。Jリーグ発足後初めて国内クラブを経由せずに海外でプロ契約を締結した選手となり、世間の注目を集めた。

しかし、それから1部に昇格するグルノーブルの中でほとんどアピールする機会は与えられず、2010年6月に清水エスパルスに完全移籍。その後、横浜F・マリノスで2014年から2018年にかけてプレーし、2019年に鹿島に完全移籍した。初年度は明治安田生命J1リーグ26試合で7得点を記録したが、2020シーズンは14試合1得点にとどまっている。

横浜FCへの加入が決まった伊藤は、クラブ公式サイトを通じて「毎年、クラブとしてステップアップしてきた横浜FCの一員になれた事を嬉しく思うと同時に、ピッチ内外で勝利に貢献できるよう頑張りたいと思います」と意気込んだ。

また、鹿島に向けては「2年間、お世話になりました。鹿島アントラーズとは別の道を歩む事になりますが、これから先も自分自身を磨いて人生を豊かにし、自分以外の人たちの人生にも良い影響を与えられる人間になれるよう頑張ります。ありがとうございました」と別れを告げている。

1/15(金) 15:09
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20210115-00010017-goal-socc

15 FW

伊藤 翔
イトウ ショウ

1988年7月24日
184cm/76kg
血液型 AB
出身地 愛知

(C)Jリーグフォト
背番号 15
所属チーム FC FERVOR愛知-中京大付属中京高-グルノーブルフット38/フランス-清水エスパルス-横浜F・マリノス
主な経歴 -

柏から世界へ!GK中村がポルティモネンセに完全移籍 安西ら元J戦士と降格回避目指す 

1: 2021/01/13(水) 00:42:27.34 _USER9 BE:872445369-2BP(0)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
1/13(水) 0:35配信
スポニチアネックス

柏GK中村航輔

 サッカーのポルトガル1部ポルティモネンセが柏GK中村航輔(25)の完全移籍での獲得を発表。移籍金などについては明かされていないが、ポルトガル紙レコルド(電子版)によると2年半(23年夏まで)の契約となったもよう。中村は昨季2度の筋肉系の負傷で長期離脱するなどリーグ戦出場は10試合。昨年9月5日の清水戦を最後に公式戦から遠ざかっており、新天地で完全復活を目指すことになった。

 ポルティモネンセには日本代表GK権田修一(31)も所属していたが、今冬に期限付き移籍で清水へ放出。リーグ戦も最下位に低迷するなど、降格危機を回避するために新たな守護神を求めていた。

 チームは元浦和MFのポンテ氏が副社長を務め、昨季途中まで浦和でプレーしたFWファブリシオ、DFマウリシオ、日本代表DF安西幸輝(25)らが在籍。日本にゆかりのある選手なども多く、今冬の移籍市場でも昨季浦和でプレーしていたブラジル人MFエヴェルトンを獲得。さらにボタフォゴ退団を表明した元日本代表MF本田圭佑(34)の獲得“濃厚”となっている状況。これが初の海外初挑戦となる中村にとって“心強い味方”が揃っている。

no title

https://news.yahoo.co.jp/articles/0ad59d981897d5a46547b82971b88dcd0d93fc01

鹿島 MFアルトゥール・カイキを完全移籍で獲得 

news_322033_1




1: 2021/01/12(火) 14:03:04.25 _USER9
1/12(火) 13:52配信
スポニチアネックス
 
 J1鹿島は12日、サウジアラビア1部アルシャバブからMFアルトゥール・カイキ(28)を完全移籍で獲得したと発表した。

 ブラジル出身のカイキは2010年にイラチSCでデビュー。コリヒーバ、フラメンゴ、シャペコエンセなどを経て18年にアルシャバブに完全移籍し、20年夏からブラジル2部クルゼイロに期限付き移籍していた。左サイドを主戦場とするアタッカーで、今季はクルゼイロで出場25試合で4得点を挙げていた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/6b155e960d20171acfaa5e6a29f1148468058e96

<守田英正>ポルトガル1部サンタ・クララへ完全移籍! ベスト11を掴み自身初の海外へ 

スクリーンショット 2021-01-07 23.38.50




1: 2021/01/07(木) 22:55:55.38 _USER9
プリメイラ・リーガ(ポルトガル1部)のサンタ・クララは7日、川崎フロンターレ所属のMF守田英正を獲得したと発表した。
契約期間は3年半となり、翌8日からチームに合流すると併せて発表している。

守田はプロ3年目を迎えた2020シーズン、序盤はベンチを温める試合が多かったものの、シーズン途中からアンカーの定位置を掴みリーグ戦32試合に出場(1得点)。
記録づくめとなった川崎の明治安田生命J1リーグ優勝に大きく貢献し、自身初となるベストイレブンにも選出された。

新天地となるサンタ・クララは1921年に創設されたクラブで、今シーズンはここまでポルトガル1部で7位に位置している(第12節終了時点)。
クラブは公式Twitter上で、海外でも人気の日本のマンガ『NARUTO』になぞらえて『MORITA』として、「非常に才能がある」選手として紹介している。

1/7(木) 22:36配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/38b9b88eb0d09d81603b9fdb16eb6fcd7777973f

一度は引退を決意も…36歳FW鄭大世、新天地町田ゼルビアへ完全移籍 28試合9得点(J2) 

1: 2021/01/05(火) 12:58:17.99 _USER9
 町田ゼルビアは5日、清水エスパルスからFW鄭大世を完全移籍で獲得したことを発表した。

 鄭大世は1984年生まれの現在36歳。2006年に川崎フロンターレに入団すると、ブンデスリーガに活躍の場を移し、ボーフムとケルンでプレーしてヨーロッパでの経験を積んだ。2015年には水原三星から清水エスパルスに移籍すると同クラブで100試合以上に出場しエースとして活躍した。昨シーズンは期限付き移籍して1年間アルビレックス新潟でプレーし、26試合9得点を記録している。

 町田への移籍に当たり、鄭大世は町田のクラブ公式HPで以下のようなコメントを発表している。

「家族との相談の上、引退を決意しました。成田空港へ向かう車に揺られながら、代理人に報告しなければいけないのに、名残惜しくて通話ボタンを押せずにいる時、ちょうど電話が鳴りました。そこでオファーを知り、家族の快諾のもと受けさせていただきました」

「息子がエスパルスのスクールでプレーする姿を見ながら、ここからプロになるのがどれほど大変かと想像した時、できるだけ長く続けることが全国の子供たちへの礼儀であり、生きる意味がそこにあると思います。続けさせてくれるFC町田ゼルビア様に心から感謝して、その気持ちを現役選手としてピッチで表現していきたいと思います」

「FC町田ゼルビアに関わる全ての皆さん。老いた選手ではありますが力の限りを絞り出し、みんなで一花咲かすことに手を貸したいです。不束者ですがよろしくお願いします」

「最後に、オファーを断らせていただいた各クラブの方々にこの場を借りてお詫び申し上げます。こんな自分にオファーをしてくれてありがとうございました」

「そして憲剛さん、ウッチーを筆頭に相談を聞いてくれた皆さんにもお礼申し上げます」

https://news.yahoo.co.jp/articles/7c4df6a1f982b90a411026620e757ffbf3d0060e
1/5(火) 12:46配信

no title

川崎F、名古屋MFシミッチを完全移籍で獲得へ  元U-20ブラジル代表 

スクリーンショット 2021-01-03 13.28.07




1: 2021/01/03(日) 12:03:17.92 _USER9
 川崎Fが、名古屋の元U―20ブラジル代表MFシミッチ(27)を完全移籍で獲得することが2日までに分かった。
複数の関係者によれば条件面で既に合意。近く正式発表される見通しだ。

 シミッチは左利きの技巧派ボランチ。ポルトガル1部でのプレー経験もあり、名古屋には19年に加入。
Jリーグでの実績も十分で、ポルトガル1部サンタクララに移籍するMF守田の後釜としても期待がかかる。

 また大分からMF小塚和季(26)、J2松本からMF塚川孝輝(26)の両ボランチ獲得も決定的。
リーグ連覇へ、2年ぶりACL挑戦へ、2冠の王者は着々と補強を進めている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/ff3a09302bff932416b4117535593a8fec1cc704
スポニチアネックス

川崎F・斎藤、名古屋へ完全移籍決定的 既に条件面で合意 

1: 2021/01/03(日) 09:55:42.55 _USER9
川崎Fの元日本代表MF斎藤が、名古屋に完全移籍することが2日までに決定的となった。複数の関係者によれば既に条件面で合意。近く正式サインを交わす予定という。

 ここ数年はケガに泣かされたが、20年シーズンは切れのあるドリブルが復活。新シーズンではさらなる復活が期待される。名古屋は既にC大阪からFW柿谷とDF木本、浦和からMF長沢、鳥栖からDF森下を獲得。ACLにも出場する来季へ実力者をそろえた。

no title


1/3(日) 5:30
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20210103-00000070-spnannex-socc

J1神戸 生え抜きDF藤谷とGK吉丸がJ2北九州に完全移籍 西に続く右SB流出 

スクリーンショット 2020-12-29 17.04.04

大分MF田中達也が浦和に完全移籍加入!元日本代表FWと同姓同名「憧れの田中達也選手のように…」 

スクリーンショット 2020-12-28 18.16.12




1: 2020/12/28(月) 16:03:27.85 _USER9
浦和レッズは28日、MF田中達也が大分トリニータから完全移籍加入することで合意したことを発表した。

福岡県生まれの田中はU-15年代にアビスパ福岡の育成組織に在籍していたが、東福岡高校、九州産業大学へと進学。九州産業大在学中の2011年から2013年にかけて特別指定選手としてロアッソ熊本でプレーし、卒業後に同クラブに正式加入した。

その後、FC岐阜への期限付き移籍を経て2019年にガンバ大阪に完全移籍する。G大阪では一定の出場機会を得ていたが、半年後の2019年夏に大分に完全移籍で加入。2020シーズンは、明治安田生命J1リーグ33試合に出場して8ゴールを記録していた。

浦和への加入が決まった田中は「浦和レッズは、自分と同姓同名で小さい頃から憧れ続けている田中達也選手がプレーしていたクラブで、ここでプレーできることを心から光栄に思っています」と、2001年から2012年にかけて浦和で活躍した元日本代表FW田中達也(現アルビレックス新潟)を意識していたことを、クラブ公式サイトを通じて明かす。

さらに、以下のように意気込みをコメントした。

「自分の武器は、ドリブルとスピードですので、ゴールにつながるようなプレーやみなさんにワクワクしてもらえるようなプレーを見せたいと思います。ファン・サポーターのみなさんの熱い応援を背にしてプレーすることを今から楽しみにしています。浦和レッズという偉大なクラブの目標を達成するために、チームに貢献できるよう全力でがんばります。憧れの田中達也選手のように、このクラブでタイトルを獲得したいと思います。応援よろしくお願いいたします」

また、大分の公式サイトを通じては別れと感謝を告げている。

「今年はコロナ禍により大変な年だったにも関わらず、変わらずサポートしていただいたファン・サポーター、スポンサー、行政の皆様、1年間応援ありがとうございました」

「大分トリニータのファン・サポーターの皆様には、昨年のシーズン途中での加入当初より温かい声援を送っていただきました。皆様の応援が僕の走る原動力となり頑張ることができました。ありがとうございました。チームを離れることになりますが、これからもサッカーと真摯に向き合い、向上心を絶やさずに成長していけるように頑張ります。1年半本当に応援ありがとうございました」

12/28(月) 15:46
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20201228-00010027-goal-socc

「日本サッカーのために売却」 ブラジル人Jリーガーの“完全移籍”に海外注目「確認済み!」 

スクリーンショット 2020-12-28 11.04.58


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索