Samurai Goal

完全移籍


スポンサード リンク





名古屋FW大垣がラトビア1部RFSに完全移籍 

スクリーンショット 2021-02-27 12.53.19




1: 2021/02/26(金) 23:30:58.92 _USER9
名古屋グランパスは26日、FW大垣勇樹(20)がラトビア1部のRFSに完全移籍すると発表した。大阪の名門・興国から17年7月、名古屋に特別指定選手として加わり、18年に正式に入団。19年8月からJ3いわてグルージャ盛岡に期限付き移籍し、この2年間で33試合3得点と経験を積んでいた。

175センチ、70キロのストライカーで28日に21歳の誕生日を迎える大垣は、クラブを通じて「特別指定選手の時から約2年半、名古屋の選手として、サッカーができたこと、すごい選手の方々に囲まれてサッカーができたことは、僕にとってかけがえのない宝物です」などとコメントした。

2/26(金) 21:03
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20210226-32261074-nksports-socc

浦和FWレオナルド、中国の山東魯能に完全移籍でクラブ間合意「いつかこのチームに」…J2新潟、J3鳥取で得点王 

スクリーンショット 2021-02-23 7.13.13




1: 2021/02/22(月) 23:51:23.32 _USER9
 浦和レッズは22日、ブラジル人FWレオナルドが中国スーパーリーグの山東魯能泰山に完全移籍することで、クラブ間合意に達したことを発表した。

 レオナルドは2018年に来日すると。J3鳥取で24得点を挙げて得点王に。19年にはJ2新潟に完全移籍し、28ゴールを記録。ここでも得点王に輝いた。そして20年、J1浦和に完全移籍で加入。来日から年々ステップアップしてきたブラジル人ストライカーは、J1リーグで28試合に出場し、11得点を記録した。

 テクニカルダイレクターの西野努氏はレオナルドの移籍について、「重要な戦力であり、監督を含め本人とも話し合いましたが、本人の挑戦したい、という固い意志もあり、シーズン開幕直前ですが中国のクラブへ移籍することとなりました」と説明。「クラブのために全力で戦ってくれたレオナルド選手の新天地での活躍を応援しています」と言葉を送った。

 また、今後の補強については、「焦点を絞り、的確な戦力を迎え入れるために情報収集を行っております。チームの目標達成に向け、4月2日までの移籍ウインドーと夏の移籍ウインドーで色々な可能性を引き続き検証し、最善を尽くしていきます」としている。

 レオナルドはクラブを通じ、「チームの目標を達成することができずに、浦和を去ることになったことを悲しく感じています。しかし同時に、みんなに歓迎され、愛され、サポートいただいたことを幸せに思っています。これまでの温かい応援ありがとうございました。いつかこのチームに戻ってきて、浦和での物語の続きを再開できればと思います。『さようなら』ではなく、『またね!』でありますように」と感謝を伝えている。

2/22(月) 20:13
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20210222-44128879-gekisaka-socc

久保建英らの完全移籍求めたヘタフェだが…クラブSD「不可能。マドリーは彼に多くの希望を持っている」 

スクリーンショット 2021-02-03 22.01.02




1: 2021/02/05(金) 09:52:57.84 _USER9
ヘタフェのアンヘル・マルティンSD(スポーツディレクター)は、久保建英らレンタル移籍組の完全移籍を目指していることを認めた。スペイン『COPE』が伝えている。

 ヘタフェは1月の移籍市場で、久保とカルレス・アレニャーを獲得。いずれも加入後すぐにスタメンに定着し、攻撃陣の軸となっている。それぞれ所属元はRマドリード、バルセロナとなっており、トップチームでポジションを確保するまでは茨の道。マルティンSDは完全移籍を目指していることを明かしつつ、難しいオペレーションになると認めている。

 「移籍市場は、特に各チームの経済状況を考えると、難しいものだった。アレニャーと久保はただのレンタルだ」

 アレニャーについては「バルサとの契約は残り1年だし、話した数字が手の届く範囲内にあり、選手が満足している場合であれば…。だが、数字が手の届かないところにある場合は、我々は彼の幸運を祈るしかないだろう」と話している。

 さらに、久保の完全移籍についてはより悲観的な見方をしていると、マルティンSDはコメントした。

 「久保は不可能だ。マドリーは購入オプションすら与えてくれない、彼らは彼に多くの希望を持っている」(Goal.com)

https://www.sanspo.com/soccer/news/20210205/spa21020506410004-n1.html

FC東京、29歳の元ブラジル代表DFを完全移籍で獲得「日本でプレーすることを夢見ていた」 

スクリーンショット 2021-02-04 17.27.00

G大阪 チアゴアウベスを完全移籍で獲得「ガンバ大阪は本当にビッグクラブ」 

スクリーンショット 2021-01-23 22.33.21

C大阪 DFマテイヨニッチが上海申花に完全移籍 代役にブラジル人DFチアゴを獲得 

1: 2021/01/21(木) 19:34:51.46 _USER9
1/21(木) 19:20
スポニチアネックス

C大阪 DFマテイヨニッチが上海申花に完全移籍 代役にブラジル人DFチアゴを獲得
C大阪から上海申花に完全移籍となったマテイヨニッチ
 C大阪は21日、DFマテイヨニッチ(29)が中国1部の上海申花に完全移籍することを発表した。あわせて、ブラジルのセアラーからDFチアゴが完全移籍で加入することも発表した。

 クロアチア出身で17年にKリーグ1部仁川から完全移籍で加入したヨニッチは、この4年間のリーグ戦で欠場したのは1試合のみという鉄人。最近2年間はフルタイム出場を誇り、DFリーダーとして堅守を支え、17年の2冠などに大きく貢献してきた。

 最終ラインの要の流出は大打撃だが、代わって1メートル91の長身を誇るブラジル人のチアゴを獲得。日本政府による新型コロナウイルス感染症に関する新規入国制限措置があることから、入国可能になり次第、来日する。メディカルチェックを経て正式契約となる見込みで、背番号は「6」に決まった。

no title

https://news.yahoo.co.jp/articles/eb751eaf4a3863f43cc48325e4fbd964751718fe

FW伊藤翔が鹿島から横浜FCに完全移籍!「2年間、お世話になりました」14試合1得点 

スクリーンショット 2021-01-15 20.22.50




1: 2021/01/15(金) 15:24:34.80 _USER9
横浜FCは15日、FW伊藤翔が鹿島アントラーズから完全移籍加入することを発表した。

Jリーグ移籍情報2020-2021|J1全20クラブの最新補強まとめ

高校卒業間近の2007年に当時フランス2部のグルノーブルと契約した伊藤。Jリーグ発足後初めて国内クラブを経由せずに海外でプロ契約を締結した選手となり、世間の注目を集めた。

しかし、それから1部に昇格するグルノーブルの中でほとんどアピールする機会は与えられず、2010年6月に清水エスパルスに完全移籍。その後、横浜F・マリノスで2014年から2018年にかけてプレーし、2019年に鹿島に完全移籍した。初年度は明治安田生命J1リーグ26試合で7得点を記録したが、2020シーズンは14試合1得点にとどまっている。

横浜FCへの加入が決まった伊藤は、クラブ公式サイトを通じて「毎年、クラブとしてステップアップしてきた横浜FCの一員になれた事を嬉しく思うと同時に、ピッチ内外で勝利に貢献できるよう頑張りたいと思います」と意気込んだ。

また、鹿島に向けては「2年間、お世話になりました。鹿島アントラーズとは別の道を歩む事になりますが、これから先も自分自身を磨いて人生を豊かにし、自分以外の人たちの人生にも良い影響を与えられる人間になれるよう頑張ります。ありがとうございました」と別れを告げている。

1/15(金) 15:09
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20210115-00010017-goal-socc

15 FW

伊藤 翔
イトウ ショウ

1988年7月24日
184cm/76kg
血液型 AB
出身地 愛知

(C)Jリーグフォト
背番号 15
所属チーム FC FERVOR愛知-中京大付属中京高-グルノーブルフット38/フランス-清水エスパルス-横浜F・マリノス
主な経歴 -

柏から世界へ!GK中村がポルティモネンセに完全移籍 安西ら元J戦士と降格回避目指す 

1: 2021/01/13(水) 00:42:27.34 _USER9 BE:872445369-2BP(0)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
1/13(水) 0:35配信
スポニチアネックス

柏GK中村航輔

 サッカーのポルトガル1部ポルティモネンセが柏GK中村航輔(25)の完全移籍での獲得を発表。移籍金などについては明かされていないが、ポルトガル紙レコルド(電子版)によると2年半(23年夏まで)の契約となったもよう。中村は昨季2度の筋肉系の負傷で長期離脱するなどリーグ戦出場は10試合。昨年9月5日の清水戦を最後に公式戦から遠ざかっており、新天地で完全復活を目指すことになった。

 ポルティモネンセには日本代表GK権田修一(31)も所属していたが、今冬に期限付き移籍で清水へ放出。リーグ戦も最下位に低迷するなど、降格危機を回避するために新たな守護神を求めていた。

 チームは元浦和MFのポンテ氏が副社長を務め、昨季途中まで浦和でプレーしたFWファブリシオ、DFマウリシオ、日本代表DF安西幸輝(25)らが在籍。日本にゆかりのある選手なども多く、今冬の移籍市場でも昨季浦和でプレーしていたブラジル人MFエヴェルトンを獲得。さらにボタフォゴ退団を表明した元日本代表MF本田圭佑(34)の獲得“濃厚”となっている状況。これが初の海外初挑戦となる中村にとって“心強い味方”が揃っている。

no title

https://news.yahoo.co.jp/articles/0ad59d981897d5a46547b82971b88dcd0d93fc01

鹿島 MFアルトゥール・カイキを完全移籍で獲得 

news_322033_1




1: 2021/01/12(火) 14:03:04.25 _USER9
1/12(火) 13:52配信
スポニチアネックス
 
 J1鹿島は12日、サウジアラビア1部アルシャバブからMFアルトゥール・カイキ(28)を完全移籍で獲得したと発表した。

 ブラジル出身のカイキは2010年にイラチSCでデビュー。コリヒーバ、フラメンゴ、シャペコエンセなどを経て18年にアルシャバブに完全移籍し、20年夏からブラジル2部クルゼイロに期限付き移籍していた。左サイドを主戦場とするアタッカーで、今季はクルゼイロで出場25試合で4得点を挙げていた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/6b155e960d20171acfaa5e6a29f1148468058e96

<守田英正>ポルトガル1部サンタ・クララへ完全移籍! ベスト11を掴み自身初の海外へ 

スクリーンショット 2021-01-07 23.38.50




1: 2021/01/07(木) 22:55:55.38 _USER9
プリメイラ・リーガ(ポルトガル1部)のサンタ・クララは7日、川崎フロンターレ所属のMF守田英正を獲得したと発表した。
契約期間は3年半となり、翌8日からチームに合流すると併せて発表している。

守田はプロ3年目を迎えた2020シーズン、序盤はベンチを温める試合が多かったものの、シーズン途中からアンカーの定位置を掴みリーグ戦32試合に出場(1得点)。
記録づくめとなった川崎の明治安田生命J1リーグ優勝に大きく貢献し、自身初となるベストイレブンにも選出された。

新天地となるサンタ・クララは1921年に創設されたクラブで、今シーズンはここまでポルトガル1部で7位に位置している(第12節終了時点)。
クラブは公式Twitter上で、海外でも人気の日本のマンガ『NARUTO』になぞらえて『MORITA』として、「非常に才能がある」選手として紹介している。

1/7(木) 22:36配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/38b9b88eb0d09d81603b9fdb16eb6fcd7777973f



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索