Samurai Goal

宇佐美貴史


スポンサード リンク





なんとビックリ!ナント・ハリル監督、原口と宇佐美を獲る!?  

20190415-00000038-tospoweb-000-1-view[1]




1: Egg ★ 2019/04/15(月) 16:54:29.21 ID:ZVNiRA9e9
元日本代表指揮官でフランス1部ナントを指揮するバヒド・ハリルホジッチ監督(66)が欧州でプレーする日本人選手の獲得に乗り出すことになった。昨年10月にナントと2020年6月までの契約を結んだ同氏は今オフに大型補強を検討しており、かつて“ハリルチルドレン”と呼ばれたMF原口元気(27=ハノーバー)、MF宇佐美貴史(26=デュッセルドルフ)らをリストアップしているという。

 欧州事情に詳しい代理人は「ハリルはチーム再建策の一つとして、日本人選手の獲得を考えているようだ。自分が高く評価している選手や、現在の所属チームで出場機会に恵まれない選手などを中心に狙うのではないか」と明かす。

 ハリルホジッチ氏は、昨年4月に日本代表監督を電撃解任された後、同10月に選手時代にプレーした古巣のフランス1部ナントの監督に就任した。それまで2部降格圏の19位に沈んでいたチームで公式戦4連勝をマークするなど奮闘を見せるも、現在15位と上位進出を果たせずにいる。契約最終年となる来季に向けてチームの強化が急務の状況だ。

 そこで白羽の矢を立てたのが、日本代表監督時代に抜てきした“チルドレン”だ。同代理人は「(日本人選手が所属する)ハノーバーと(同1部)ニュルンベルクは降格の可能性が高くなってきている。このまま落ちれば選手側は移籍先を探すだろうし、勝手知ったる指揮官のもとでプレーできるなら(選手も)行きやすい」と指摘する。

 最下位で2部降格が濃厚なハノーバーのMF原口はハードワークを武器に攻守両面で活躍が見込めるハリルホジッチ氏の“大本命”。アーセナル(イングランド)からレンタル移籍中で、買い取り条件を満たさないよう“起用禁止令”が出た同クラブのFW浅野拓磨(24)、ニュルンベルクのFW久保裕也(25)も候補だろう。また、かつてハリルホジッチ氏が寵愛した潜在能力の高いMF宇佐美も有力候補としてリストアップ済みとみられる。

 あえて日本人選手を狙うのは、指揮官がパフォーマンスを熟知していることに加え、ナントのチーム事情もかかわっている。1月にイングランド・プレミアリーグのカーディフへの移籍が決定後、エースのFWエミリアーノ・サラが飛行機事故で急逝。その移籍金の支払いを求めてナントが国際サッカー連盟(FIFA)に提訴し係争中で、資金繰りに苦労しており、獲得資金が比較的安価な日本人選手がターゲットになったわけだ。

 ハリルホジッチ氏は、ロシアW杯前の解任を巡る日本サッカー協会との裁判も自ら訴えを取り下げ、日本選手と仕事をするうえで“障壁”もなくなった。来季も続投となれば、ナントが“ハリルジャパン”と化すかもしれない。

4/15(月) 16:39配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190415-00000038-tospoweb-socc

宇佐美貴史(フォルトゥナ・デュッセルドルフ)出場機会が激減…フンケル監督「競争が激しくなった」  

20190403-00010021-goal-000-1-view[1]




1: Egg ★ 2019/04/03(水) 23:21:21.83 ID:G9zYSpdA9
フォルトゥナ・デュッセルドルフでの出場機会が減っている日本代表MF宇佐美貴史について、同クラブのフリードヘルム・フンケル監督が現状を口にした。

2017年夏に期限付きでアウクスブルクから加わった宇佐美は、当時2部のフォルトゥナで8ゴールを決めるなど昇格に大きく貢献。クラブ側もついにドイツの地で本領を発揮したアタッカーを高く評価し、所属元との困難な交渉の末再レンタルでの獲得を実現させた。

しかし、1部でのシーズン前半戦は徐々に定位置の確保に近づいていたかのように見えた宇佐美だが、後半戦に入ってからのリーグ戦やカップ戦には先発出場を果たすと、以降は終盤からの途中出場やリーグ戦3試合はメンバーから外されることも。先月30日に行われたブンデスリーガ第27節ボルシア・メンヒェングラットバッハ戦(3-1)はベンチ入りするも出番は訪れなかった。

一方でMFベニト・ラマンやそれぞれレンタルで加わったFWドディ・ルケバキオ、ダビド・コフナツキらライバルたちが活躍。フンケル監督は地元紙『ライニシェ・ポスト』で宇佐美の状況について「タカにとっては現在簡単ではないだろう。競走が激しくなったんだ。スピードを持つベニト・ラマンやドディ・ルケバキオ、ダビド・コフナツキの方が現時点において単に一歩リードしているということ。でも状況がまた変わることだって十分あり得る」と語っている。

なお同紙によれば、フォルトゥナは今夏にアウクスブルクからのレンタルが終了する宇佐美を「中期的な構想に含めている」という。だが、「優先度は以前に比べて上位ではなく、強化を務めるルッツ・ファネンシュティール取締役が力を入れるのはレンタルで加入している他の2人のアタッカー、ダビド・コフナツキとドディ・ルケバキオの慰留だろう」とも指摘されている。

4/3(水) 18:59配信 goal
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190403-00010021-goal-socc

香川真司「控え組のリーダー」に甘んじるのか? 自らが下がった直後にNMDで決勝点という皮肉…30代は前途多難  

20190327-00010001-footballc-000-1-view[1]




1: Egg ★ 2019/03/27(水) 12:56:04.64 ID:7j7LGWF29
 日本代表は26日、親善試合でボリビア代表と対戦した。ロシアワールドカップ以来となる代表復帰を果たしたMF香川真司は、この試合で先発起用された。しかし、68分間の出場でシュート本数は0を記録するなど不本意な結果に終わった。30代となったかつての主軸に復活の可能性は残されているのか。(取材・文・元川悦子)

●自らが下がった直後にNMDで決勝点という皮肉

 2018年ロシアワールドカップ組の宇佐美貴史、乾貴士が左右のサイドに入った26日のボリビア戦。森保一監督率いる新生ジャパンで初先発したキャプテン・香川真司にとって、慣れた選手たちとのプレーはやりやすいはずだった。

 けれども、序盤からボリビアの強固な守備ブロックを攻略し切れず、ゴール前に顔を出せない状況が続く。小林祐希と橋本拳人の新ボランチコンビの連係不足もあって下がりながらサポートに行く回数が多く、下がって受ける最前線の鎌田大地とも動きが重なるなど、思うようにならない場面が目立った。

 共演経験の少ない選手が前後に陣取る難しさに加え、ベシクタシュ移籍後まだ90分フル出場した試合が1つもない香川自身も持久力やキレ、鋭さが戻っていない。こうした数々のマイナス要素が絡み合って、「68分間・シュートゼロ」という不本意な現実を突き付けられ、ピッチを去ることになってしまった。

 自身が下がった8分後に中島翔哉、南野拓実、堂安律の3人が絡んだカウンターから決勝点が生まれたのは、何とも皮肉な結果と言うしかない。

「前半からスペースがない中で間で前を向いて攻撃の起点になっていたし、僕がそこに入ってできないことを真司君はやっていた。彼らが相手を揺さぶってくれたことでゴールを決めることができた」と南野は先輩かつライバルの香川を慮ったが、中島、南野、堂安の圧倒的推進力が森保ジャパンに不可欠なことを、背番号10自身も改めて痛感させられたことだろう。

「(長谷部誠や本田圭佑ら)年上の選手がいないということで、今まで見ていた景色とはガラリと変わったところがあった。当たり前にいた人たちの存在感がとてつもなく大きかったんだなと非常に感じました」と試合後の香川は神妙な面持ちでコメントした。

●森保一監督が時間を与える保証は…

 確かに、彼が主力に定着した2010年南アフリカワールドカップ以降は長谷部や遠藤保仁が後ろから確実にフォローしてくれ、本田や大迫勇也もタメを作って香川を前向きな状態でプレーさせてくれたから、ゴール前で脅威になれた。

 しかし、自分が年長になった今は周りの若い力を生かしながら自身の生きる道を見つけなければいけなくなった。だが、残念ながら、今回の3月2連戦のわずかな時間で具体的な解決策は見出せたとは言い切れない。

「翔哉や律の仕掛ける姿勢はチームの武器になっているし、それはこの半年間で積み上げたもの。そのストロングにうまく違うものを付け足していきたい。今回は結果として生まれなかったですけど、継続してやり続けるしかない」と本人は長い目で取り組んでいくべきだと考えていたが、選手起用の序列がハッキリしている森保監督がそこまで多くの時間を香川に与える保証はないだろう。

 背番号10としてはこの先、中島、南野、堂安との連係を深めていきたいところだろうが、今回の2試合で堂安、南野と組んだ時間はほんのわずか。中島とはコロンビア戦で25分ほど共演時間が与えられたものの、コンビを確立するまでには至らなかった。

 今後、指揮官が中島ら3枚をユニットで起用するケースがさらに増えると見られるだけに、香川にとっては本当に厳しい環境だ。南野の対抗馬となるトップ下の最適な人材が見つからないため、しばらくは招集され続ける可能性はあるものの、このままだと「控え組のリーダー」という位置づけに甘んじてしまいかねない。国際Aマッチ97試合出場31ゴールという圧巻の実績を誇る30代アタッカーがそのポジションにとどまっていていいはずがない。

3/27(水) 10:10 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190327-00010001-footballc-socc

<セルジオ越後>香川も宇佐美も期待外れ。評価できるのは中島くらいだ  

SK_Sergio_20101122_055




1: Egg ★ 2019/03/27(水) 06:20:18.03 ID:0K/Xw8lT9
■テストに合格した新戦力はいなかった

https://kruf468c.user.webaccel.jp/files/rcms_conv_webp/files/topics/56249_ext_04_0_1553612005.webp?v=1553612135

 3連敗にならなくてよかったね。0-1で敗れたコロンビア戦からスタメンを総入れ替えした日本は、ボリビアをなんとか1-0で下した。ただ、内容はとても褒められたものでなかったよ。相手は4日前に韓国で試合をして、日本に移動してきたんだ。それを考えると、なおさら1-0という結果は不満が残るよね。
 
 とりわけ、前半の出来は見ていられなかった。よくブーイングが出なかったものだ。試合前にテレビ出演したイニエスタとビジャは気を使って「日本は良いサッカーをしている」と言っていたけど、ハーフタイムに聞いたら違う回答が返ってきたんじゃないかな。
 
 前半を振り返ると、改めて選手層が薄さが浮き彫りになったね。宇佐美はなぜ呼ばれたのかな。試合が終わってからも、その理由は分からなかった。香川も全盛期からは程遠いレベルで、”エース”と呼べなくなっている。乾は積極的にゴールを狙っていたけど、周囲とのコンビネーションが不十分だった。2列目の3人は自由に動き過ぎて、それが逆効果になっていたように僕には見えたんだ。似たようなタイプの選手が多くて渋滞していた印象で、大迫のような収まりどころがいないと力を発揮できないのがハッキリしたと思う。

 その証拠に、前半はなかなか縦パスが出てこなかったし、出てきてもミスを繰り返してばかりだった。ボリビアの守備が構えている周りでパスを回しているだけで、勝負のパスは精度が低い。それに、サイドから攻めても中央に高い選手がいないからクロスも合わない。
 
 CFで起用された鎌田は本来のポジションじゃないのかもしれないけど、それはアジアカップの北川と一緒だ。チャンスを生かせなかった。その事実は動かないんだ。
 
 このボリビア戦は新戦力をテストするというテーマがあったんだろう。でも、結果的に森保監督は0-0にしびれを切らして、レギュラー陣を投入している。宇佐美、香川、乾を下げて、ピッチに送り出したのが堂安、南野、中島だ。もっと新戦力を使ってもよかったよね。結局、中島が決勝点をあげて勝ったんだから、テストに合格した新戦力はいなかったということだ。

■6月の2試合やコパ・アメリカに呼べない選手が出てきたのは確かだ

試合後のコメントを聞く限りでは、監督もポジティブすぎると思う。前半のパフォーマンスは、誰が見ても悪かったよね。だったら、ハッキリ「悪かった」と言えばいいんだ。もちろん、チーム内のミーティングでは指摘しているのかもしれないけど、メディアの前で言うことも効果があるよ。これからワールドカップまでの長い道のりを考えると、パフォーマンスが悪い時には、メディアを使って刺激を与えるようなことも必要になってくると思う。
 
 ボリビア戦は単に勝っただけで、課題の解決までには至らなかった。大迫に代わるFWはもちろん、2列目のバックアップも見つかっていない。遠藤が怪我をしてから、柴崎のパートナーも誰が務めるのか定まらないままだ。
 
 収穫は、相変わらず中島が安定したパフォーマンスを見せたことくらいかな。どんな相手でも同じサッカーをする中島は、良い意味で戦術や采配に縛られない。実際にボリビア戦でも目立ったし、点を取っている。評価できるのは彼しかないよ。

 6月の2試合は、コパ・アメリカへの準備になるだろうけど、どんな選手が呼ばれるんだろうね。すでに大迫はクラブがコパ・アメリカへの招集を拒んでいるから、前哨戦となる6月の2試合に呼ぶ意味は薄い。他にも招集を拒否される選手は出て来るだろう。協会は各クラブにアプローチをしていると思うけど、具体的な情報はまだ出ていないよね。
 
 まあ、ボリビア戦を見る限り、6月の2試合やコパ・アメリカに呼べない選手が出てきたのは確かだ。彼らの代わりに誰を選ぶのか。前線で言えば、トリニータの藤本やアントラーズの伊藤はリーグで結果を出している。Jリーグ勢からイキの良い選手をピックアップしてもいいかもしれないね。

3/26(火) 23:53 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190326-00056249-sdigestw-socc

宇佐美貴史(26)はやはり「だらしのない天才」か…。“日本史上最高の才能”は潰れるのか?  

img_7dad8e869485374abce730a6c5ed27cb138601




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/03/27(水) 07:58:49.00 ID:Jbu0pPXf9
【日本 1-0 ボリビア キリンチャレンジカップ2019】

日本代表は26日、キリンチャレンジカップ2019でボリビア代表と対戦。
試合は75分に生まれた中島翔哉のゴールを守り切った日本代表が1-0で勝利している。

森保一監督はこの日、22日に行われたコロンビア代表戦から先発メンバーを11人変更。
その中にはロシアワールドカップ以来となる代表招集を受けた宇佐美貴史の名もあった。
香川真司、乾貴士ら同じロシアW杯戦士とともにどのような攻撃を織りなすのか。
そういった部分には大きな注目が集まった。

しかし前半から日本代表はボールこそ保持できるものの、ボリビアの守備ブロックを攻略することはできない。
効果的なサイドチェンジからいくつかのチャンスを迎えた場面はあったが、それ以外にゴールの匂いを感じさせるプレーは少なかった。

宇佐美も持ち味であるドリブルを前面に押し出すことができず、精彩を欠いた。
後半に入っても背番号11のプレーに脅威を感じることはできず。
結局、宇佐美は何もできないまま61分に堂安律との交代を余儀なくされている。

かつてドイツ紙『ライニッシェ・ポスト』は宇佐美を「だらしのない天才」と評したことがある。
これは、同選手が非常に若いうちから日本国内で大きな期待を集める選手だったにもかかわらず、
バイエルン・ミュンヘンやホッフェンハイム、アウクスブルクで十分な結果を出すことができなかったことから付けられたものだという。

さらに同紙は「国際レベルのシュート技術と素晴らしいスピードやテクニックを有しているが、トップへ上り詰めるハートが欠けている」と指摘。
さらに現在もフォルトゥナ・デュッセルドルフを率いるフリートヘルム・フンケル監督はかつて
「彼がバイエルン・ミュンヘン、ホッフェンハイム、アウクスブルクでうまくいかなかったのは、その練習姿勢によるものだろう」と話していた。

現在も所属するデュッセルドルフでは試合に出たり出なかったりを繰り返している宇佐美。
過去には「日本サッカー歴代最高の才能」と評されながらも、ロシアW杯では控えに甘んじるなど、現在は代表での立場も決して安泰ではない。

久々の日本代表としてのプレーとなったボリビア戦では、そうした評価を覆すほどの活躍が期待されたが、不発。
コパ・アメリカに向けては、当落線上のような位置にいるとみて間違いないだろう。やはり宇佐美貴史は「だらしのない天才」だった。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190327-00315243-footballc-socc
3/27(水) 7:30配信

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/player/detail/781030
成績

https://www.youtube.com/watch?v=fAqglFYAJKI


【 応援歌 】 宇佐美 貴史 - サッカー 日本代表 チャント

果たして機能するか?ボリビア戦で右サイドハーフ宇佐美貴史、トップ下香川真司、左サイド乾貴士  

spo1503250043-p3




1: Egg ★ 2019/03/25(月) 20:29:41.55 ID:cAgOyytL9
慣れ親しんだ選手たちが2列目に並ぶ中、右サイドハーフでの先発が濃厚だ。日本代表MF宇佐美貴史(デュッセルドルフ)はキリンチャレンジカップ・ボリビア戦(ノエスタ)に向けて、「いい状態でいい準備ができている」と前向きに語った。

 ロシアW杯以来の代表復帰。「1年近く離れると、忘れるわけじゃないんですけどね。やっぱり来てあらためて感じる『代表選手として…』というところがある。久しぶりに来ると注目してもらえる場所だし、たくさんの人に見てもらえる場」。合宿当初は「常に強い思いがある」と変わらぬ心境を強調していた宇佐美だが、久々の刺激にはやはり胸を躍らせている。

 ボリビア戦ではトップ下にはMF香川真司(ベシクタシュ)、左サイドにはMF乾貴士(アラベス)が入るとみられ、共にロシアW杯を戦った盟友との共演。「話さなくても、やってきた選手は多いし、だいたいこういう時にこう出せるとか、できることは分かっている。ピッチの中で状況に応じて合わせていける」と連携に不安はない。

 22日に行われたコロンビア戦では出番がなかったため、ボリビア戦に出場すれば森保ジャパンでのデビュー戦。合流初日には「競争の一番下」と話していたが、これまでの合宿期間で森保一監督のスタイルを解釈しようとしており、たとえば『アグレッシブなサッカー』というコンセプトについては次のように語る。

「アグレッシブと聞くと守備の捉え方が多いと思うが、森保さんのニュアンスではどんどんトライしようということ。守備では相手に対するトライもそうだし、前目の選手が怖いところで受けることをトライするのも監督が言うアグレッシブさだと思う。動きを止めないこと、味方とのつながりを連続させることもアグレッシブさと言える」。

 そうした土台の理解が進んでいるならば、あとは自らの持ち味を重ねていくだけだ。「そんなにサイドに居ろとか、背後を狙えとか、下りすぎるなと制限されるわけじゃない。ボールに多く絡めば良い連携、良いアイデアは出していける」。外から眺めたコロンビア戦は無得点。「攻撃的な選手として得点を生み出したい」と闘志を燃やす。

3/25(月) 20:00配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190325-42374980-gekisaka-socc

共演?競争?日本代表で邂逅した堂安律と宇佐美貴史の素敵な関係 

20190321-00010001-wordleafs-000-3-view[1]

<宇佐美貴史>W杯ロシア大会以来、約9カ月ぶりに日本代表へ復帰!葛藤の末「走る選手」で結果  

201903140001030-w500_0[1]




1: Egg ★ 2019/03/14(木) 23:39:43.21 ID:IoMQSZck9
国際親善試合キリンチャレンジ杯コロンビア戦(22日、日産ス)ボリビア戦(26日、ノエスタ)に臨む日本代表メンバーが14日、都内で発表された。デュッセルドルフFW宇佐美貴史(26)は、W杯ロシア大会以来、約9カ月ぶりに日本代表へ復帰。初めてのW杯は1試合の出場のみに終わり、悔しい思いをした。新たな武器を手に入れるため、W杯後は大幅な“イメチェン”に挑戦。代表復帰に意欲を燃やしていた日々を今、明らかにする。

   ◇   ◇   ◇ 

初めてのW杯を終えた宇佐美の顔つきは変わっていた。1部昇格を果たしたデュッセルドルフでは2季目。W杯後は、状態が上がらず開幕5試合目でようやく今季初出場を果たした。

「最初はなかなか(状態が)上がりきらなかった。徐々に試合に出始めて、チームの結果も上がってきた。個人的な結果(12試合1得点)に関しては、全然納得いくような数字ではないけど(チームが)5勝しているうちの4勝はフル出場近く出ている。(勝利に)貢献しているというところは悪くはないかな」

今季1部昇格を果たしたチームは序盤苦しんだ。強豪ひしめくブンデスリーガで戦い方は守備的。足もとの技術を生かす宇佐美のプレースタイルとは違う泥臭いプレーが求められた。

「自分のしたいことだけに集中したら、試合にすら出られへんから。自分がやりたいことはひとつ捨てて、チームに貢献せえへんことには選手としての価値も何も生まれへん。チームは相手に70~80%ボールを支配されて、20~30%しか、ボールを触られへんような状態。自分の良さを出さずに試合が終わるなんてこともあるけど、まずはチームとして愚直に戦わざるを得ない」

17年12月から個人トレーナーと走り方の改革を行ってきた。正しい走り方を身につけることで無駄な体力消耗を防ぎ、運動量増加につなげる。1年が過ぎ、ようやく結果が出てきた。

フル出場した昨年12月15日フライブルク戦では、走行距離11・28キロ、スプリント(ダッシュ)数はチーム2位の40回に上った。

「データとして見た時にしっかりかえってきているな、と。走る選手としてのポテンシャルをフライブルク戦で感じたし、かと言ってプレーのクオリティーが落ちているわけじゃない。監督には練習からハードワークしか求められていないし、そこができたら試合でできると言われている。できないところから目を背けると、そこすら伸ばせないような状況になる。葛藤はあるけど、ポジティブな意味の葛藤。ネガティブな意味ではない」

今年に入ってからチームでは途中出場が増えているが、目標はハッキリとしていた。もちろん、日本代表復帰。森保監督からも昨年欧州で再会した際に直接「戦力」と伝えられた。

「戦力として考えているし、試合に出続けてクラブでどんどん状態を上げてほしい、と。いい会話はできた。アジア杯に選ばれていなくてネガティブな部分もあるけど、今年の伸びしろを残した状態ではあると思う」

宇佐美にとっは進化の途上。今年は新たな可能性の幅を広げ、生まれ変わる。

「ハードワークをできた上で、攻撃的な特徴をどんどん出せるという(自身の)変わり方がベスト。それが本当の意味で新生、ニューになる。僕自身はハードワークするとか、チームのために走りきるということできていなかったから」

「新生宇佐美」はこれから。まず、後輩のMF堂安らが活躍する森保ジャパンで存在感を示す。【小杉舞】

3/14(木) 20:39配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190314-03141030-nksports-socc

写真
https://www.nikkansports.com/m/soccer/japan/photonews/photonews_nsInc_201903140001030-0.html

香川、昌子、宇佐美ら5人がロシアW杯以来の復帰へ…森保監督「みんな力がある」 

20190314-38248190-gekisaka-000-3-view[1]

宇佐美貴史が来季の構想外・・・独誌キッカー「依然としてパフォーマンスにムラがある」  

20181113_2022




1: pathos ★ 2019/03/11(月) 21:51:17.02 ID:INgNuqs39
日本代表FW宇佐美貴史が、今夏以降もフォルトゥナ・デュッセルドルフに残る可能性は低いようだ。ドイツ誌『キッカー』が伝えている。

2017-18シーズン、現ハノーファーの原口元気らとともにフォルトゥナの1部昇格に貢献した宇佐美は、昨夏に再びアウクスブルクからのレンタルでフォルトゥナに加入。しかし第24節消化時点で11位につけているなど、安定したシーズンを過ごすフォルトゥナは、宇佐美を来季の構想に含めていないかもしれない。

『キッカー』曰く、「タカシ・ウサミのパフォーマンスは依然としてムラがある」とのこと。「昇格シーズンでは重要な存在だった日本人選手は、サッカーの上手さを発揮することが少な過ぎ、(クラブは)彼を残すことを望んでいないだろう」と、フォルトゥナにレンタル期間を延長する考えはないという。

なお宇佐美は今シーズンここまで、公式戦18試合に出場して1ゴール4アシストを記録。現在26歳の同選手だが、所属元のアウクスブルクとは2021年まで契約を残している。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190311-00010035-goal-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索