Samurai Goal

宇佐美


スポンサード リンク





宇佐美とバイエルン時代、CL決勝で感じた“熱量差” 柿谷は意義強調「貴史以上の実績ない」 

20200531-00264267-soccermzw-000-5-view

宇佐美×柿谷、天才が語る“天才論” 「あのゴールは象徴」と語った衝撃の瞬間とは? 

20200518-00262446-soccermzw-000-7-view

G大阪宇佐美の妻・蘭 夫婦間でサッカーの話題をしない理由を吐露 

20200413-00000050-dal-000-4-view




1: 2020/04/13(月) 14:16:42.47
J1G大阪・宇佐美貴史の妻でキャスターの宇佐美蘭が、12日放送のフジテレビ系「ジャンクSPORTS」に出演。自宅でサッカーの話題をしない理由を明かした。

以前、夫の貴史はサッカーの試合で負けると「どこがあかんかった?」と聞いてきたという。聞かれたため「あそこは点決めなあかんかったと思う」と正直に返答すると、「サッカー分からんくせに何言うねん」と言い返されたという。

また、試合でうまくいかず落胆している時も「ピンチはチャンス 爆発することがくるよ」と励ますと、「浅はかな言葉で慰めるな」と返ってきたエピソードなどを披露。蘭は「そこからサッカーの話はするのはやめました」と苦笑いを浮かべていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200413-00000050-dal-socc
4/13(月) 12:24配信

森保監督が苦しむ香川と練習場で再会「元気そう」 

20181203-00409520-nksports-000-7-view

ガンバ宇佐美貴史「鼻毛が凍って息できない」大寒波の韓国でACL初戦 

1: 名無しさん 2016/02/23(火) 11:56:53.44 ID:CAP_USER*.net
08年以来のアジア王者を目指すG大阪が“極寒”の韓国で、ACL(アジア・チャンピオンズ・リーグ)の初戦を迎える。
22日、大阪府吹田市内で調整後、24日のアウェー・水原戦のため関西国際空港から出発。
現地は寒波に見舞われ、試合当日の最低気温はマイナス10度の予想。日本代表MF宇佐美貴史(23)ら
選手は不安を隠せなかった。

今季最大の目標にACL制覇を掲げるG大阪に、初陣から難敵が立ち塞がる。今冬の韓国は首都ソウルで
1月中にマイナス18度を記録するなど寒さが厳しく、南へ約40キロ移動する水原でも、
試合当日の最低気温はマイナス10度と予想されている。
独バイエルンに所属した11年、マイナス17度での試合を経験したMF宇佐美は
「変な話だが、鼻毛が凍って息ができなくなるんです」と明かした。

 対策で鼻毛を抜くわけにもいかず「寒いのは避けられない。我慢するしかない」と諦め顔。
宮城県出身の元日本代表MF今野でさえ「そんな気温でプレーしたことはない。信じられない」と苦笑い。
日本代表DF藤春も「僕は冷え性なんですよ」と困り果てた。
水原は鼻毛が凍る可能性は低いとはいえ、選手の多くが未経験の寒さ。
厳しい環境下で、昨季Kリーグ2位の強豪との激戦を強いられる。

 さらに、かつて水原に所属した韓国人DFオ・ジェソク(26)は「スタジアムは芝の状態が悪いと聞きました。
注意しないといけない」と証言した。パス回しによる速い展開のサッカーが武器のG大阪は、
ホームでは試合前にピッチに水をまき、ボールを滑りやすくしているが、凍ってしまうため水がまかれる可能性も低く、
足元も敵になりそうだ。逆境が重なるが、長谷川健太監督(50)は「初戦からしっかり勝ち点を積み重ねたい」と強気。
連敗発進からベスト4まで勝ち進んだ昨季のACLを超え、アジア最強の座を目指す。(金川 誉)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160222-00000207-sph-socc
no title

ガンバ宇佐美貴史「広島は世界3位という肩書で気持ちよくなっていると思うので、しっかり叩きたい」天皇杯・準決勝の広島戦 

1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/12/29(火) 07:28:43.47 ID:CAP_USER*.net
G大阪は28日、29日の天皇杯・準決勝の広島戦(ヤンマー)に向け非公開で調整した。
チャンピオンシップ決勝で敗れた相手はクラブW杯でも3位に輝き自信に満ちている。

その強力な組織力に対抗するには規格外の個の能力が必要。
好調のFW宇佐美貴史(23)のゴールで元日の決勝(味スタ)行きのキップをつかむ。

リベンジするためには攻め続けるしかない。
広島は守りに回れば5バックで固く閉じこもり、攻めに転じればサイド攻撃や縦パス1本で鮮やかにゴールを陥れる。
「彼らは先に点を取ったらベタ引きするので」とMF遠藤が話すように、先制点は試合の行方に確実に影響を与える。

ただ、Jを制してクラブW杯も3位の相手は先制されても動じないタフさが自慢だ。
天皇杯準々決勝のFC東京戦やクラブW杯3位決定戦の広州恒大戦でも逆転勝利を飾った。
しかも今回のG大阪DF陣には負傷者が続出し、佐藤や浅野、皆川という相手ストライカーを止めるのは困難な状況だ。

ならば試合開始の笛が鳴った瞬間から捨て身覚悟の攻撃を仕掛けるのみ。
「倒れるまでやる」というMF倉田の姿勢で主導権を握り、最後は強固な組織を突き崩すエースの個の力が頼みだ。

「悔しい気持ちをさせられたし、その借りを返したい。世界3位という肩書で気持ちよくなっていると思うので、しっかり叩きたい」
と宇佐美は広島の鼻をへし折るべく力強く宣言した。

活躍の予感は漂っている。準々決勝の鳥栖戦では9月26日の柏戦以来のゴールを含む2得点で勝利に貢献。
シーズン終盤は微妙にずれていたフィニッシュの感覚を取り戻し、24日に第1子となる女児が誕生する喜びもあった。

今冬に可能性のある海外再挑戦も現時点では封印。
「自分のゴールがタイトルにつながるまでは納得できない」と目の前の試合に集中する。

昨季の3冠王者も今季はいまだ無冠。各大会で上位に進出し来季のACL出場権も獲得したとはいえタイトルなしではプライドが許さない。
復活したエースのリベンジ弾で元日決戦へとコマを進める。

スポニチアネックス 12月29日(火)7時1分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151229-00000072-spnannex-socc

NHK 総合テレビ ラジオ第一 準決勝からマルチアングルクリップ動画が見られます!
http://www1.nhk.or.jp/sports/tennouhai/

実況 番組ch(NHK)
http://nhk.2ch.net/livenhk/

no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索