Samurai Goal

存続危機


スポンサード リンク





存続危機のJ1鳥栖、身売りや市民クラブ移行も視野 

1: 2020/04/28(火) 05:08:18.12
存続危機に陥ったJ1サガン鳥栖が、市民クラブへの移行や身売りも視野に入れていることが27日、分かった。

26日の株主総会と19年度(2月~20年1月)決算報告で20億円以上の赤字計上が明るみに出た。
新型コロナウイルスの影響もあり、新規のスポンサー探しは難航中。竹原稔社長(59)は、ホワイトナイト(白馬の騎士)の出現による身売りや市民クラブへ移行の道も探っていくことを明言した。

   ◇   ◇   ◇

株主総会から一夜明けたこの日、竹原社長は「身売りもあるのか?」の問いに「ホワイトナイトの意味ならあるかもしれない」と話した。
経営難克服のために昨季から継続中の新規スポンサー探しは、現実的に難しい。
敵対的買収を仕掛ける会社は現時点ではなく、経営用語としての「ホワイトナイト」とは意味が異なるが、好条件での買収の可能性も視野に入れ、竹原社長は話した。

再建が難しい現状で、白馬に乗った王子様の出現は現実的ではない。新型コロナウイルスの影響で今後、さらなるスポンサー離れが考えられる。
同社長は「今月分の選手の給料は正常に支払われている」というが「キャッシュフローが底をついた」(Jリーグ幹部)との情報もあり、
来月、Jリーグからの「リーグ戦安定開催融資規程の特別措置」を受けないと、選手や職員の給料が正常に支払われない可能性もある。

また竹原社長は「他のクラブの例もあるが、市民クラブになっていくというか、いろいろあるかもしれない」とも話した
ファンや地域住民、地元企業、自治体などの協力で、小口のスポンサーを多く募って経営していく方法だ。当然、経営規模を大幅に縮小し、育成クラブへの移行が第1条件となる。
しかし昨季を含む赤字の積み重ねが、足を引っ張る可能性もあり、市民クラブへの道も容易ではない。

解決の糸口が見えないまま、時間が過ぎていく-。リーグ戦再開は最短で6月。その前に選手やスタッフの給料日はやってくる。
来月19日予定のJリーグ理事会で、スッキリとした解決方法が見つかるとは考えにくい。返済の見込みがない今、Jからの特別融資に頼ってばかりにもいられない。
存続へ、いばらの道すらふさがっているかもしれない。【盧載鎭】

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200428-24270565-nksports-socc
4/28(火) 5:00配信

no title

サガン鳥栖社長「存続危機」否定!安定開催融資受ける考えもなし「資金がショートする恐れは当面ない」と説明 

1: 2020/03/20(金) 07:05:57.74
Jリーグ1部(J1)サガン鳥栖を運営するサガン・ドリームスの竹原稔社長は19日、クラブが存続危機に陥っているとの一部報道を否定した。

 昨季限りで主要スポンサーが撤退したのに加え、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて年間約6億円を見込んでいる入場料収入が入らない状態が続いているが「9~10月までリーグが開催されなければ厳しいが、資金がショートする恐れは当面ない」と説明。

現時点で選手やスタッフへの給与遅配などはなく、Jリーグの「リーグ戦安定開催融資制度」を活用して融資を受ける考えも「まったくない」と強調した。チームには午前中の練習開始前に佐賀県鳥栖市内のクラブハウスで状況を説明し、不安にならないよう呼び掛けたもようだ。

 一方で新型コロナウイルスの影響で世界経済の悪化が懸念されているため、新たな主要スポンサーのめどが立っていながら発表できないでいることも明かした。

3/19(木) 12:13配信 西日本スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200319-00010006-nishispo-base

写真
no title


【サッカー】<鳥栖>存続危機、主力協賛が相次いで離脱し資金難...社長「この記事を見て、危ないと思って選手出るかも」★2
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1584610850/

<鳥栖>存続危機、主力協賛が相次いで離脱し資金難 

20200319-23180673-nksports-000-10-view




1: 2020/03/19(木) 04:21:08.47
サガン鳥栖が、資金難によるチーム存続危機に立たされたことが18日、分かった。

ここ数年、攻撃的な経営で事業拡大を目指したが、逆にチーム経営を圧迫した。元スペイン代表FWフェルナンドトーレスを獲得するなどで話題は集めたが、スポンサー開拓には結びつかなかった。このほどJリーグに緊急事態を報告した。新型コロナウイルス感染拡大で他のクラブも経営圧迫されている現状で、Jリーグは「リーグ戦安定開催融資制度」適用などの解決策を模索している。

   ◇   ◇   ◇

鳥栖が資金難に陥ったのは、昨季からだった。ここ数年業績が悪く、昨年7月にJリーグが公開した18年度のクラブ決算ではJ1クラブ最多の5億8100万円の赤字。果敢な投資の一方で資金繰りに苦しみ、佐賀県などで薬局を経営する会社の経営者でもある竹原稔社長(59)が私財を投じて経営を維持してきた。その額は30億円を超えるともいわれる。当初は、今年初夏までは経営できるとの見通しでその間、新規のスポンサー探しに全力を注いだ。しかし、昨季前に背中スポンサーのcygames(サイゲームス)が離れ、今季直前に胸スポンサーのDHCが契約延長しないなど主力協賛会社が離れた。

Jリーグ幹部は「鳥栖が苦しんでいるとの報告は届いている。しかし今、新型コロナウイルスで経営が圧迫されているクラブは他にも多いので、リーグ戦安定開催融資制度を鳥栖1つのクラブにつぎ込むことは難しいかもしれない。まず理事会を通すことはできるかの問題もある。実行委員会でも相当な反対が予想される」と話した。

とはいえJリーグとして、鳥栖を消滅させるわけにはいかない。その救済策として、まず基金として約10億円を保有するリーグ戦安定開催融資制度を適用できるか模索。09年に資金難の大分がこの制度(当時は公式試合安定開催基金)を申請して6億円の融資を受け、その後チームを立て直した実績がある。しかし、今回は新型コロナウイルスの感染拡大で複数のクラブが経営圧迫されているため、融資できるかは未知数だ。

他には市民クラブへの移行が考えられるが、地元企業やサポーターで組織する持ち株会は不景気の現状で地元企業の賛同を得られるか予測できない。また、鳥栖がJリーグ子会社の「株式会社Jリーグ」に運営会社の株を譲渡し1年間、経営する案もある。経営しながら、チームを受け入れる企業などを探すことが考えられる。Jリーグの子会社が直接Jクラブの経営に携わることへの違和感があるため、株譲渡なしで「株式会社Jリーグ」の保証付きで、賛同するスポンサーを募っていくことなども方法の1つだ。

いずれにしても鳥栖の再建には障壁が高い。それでも、あるJクラブ幹部は「リーグとして鳥栖をつぶすわけにはいかないから、何らかの方策は出すはず。まずは今季、J1を鳥栖含めて18チームで乗り切ることが大事だから」と話した。

新型コロナウイルスの影響で、リーグ戦の再開日程が決まらないなど、当面の課題は山積み。世界保健機関(WHO)は「パンデミック(世界的大流行)」を表明し、東京五輪パラリンピックの中止、延期も取りざたされている中、Jリーグが打ち出す解決策に鳥栖の命運がかかっている。

3/19(木) 4:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200319-23180673-nksports-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索