Samurai Goal

女子W杯


スポンサード リンク





田嶋会長「私の責任も…」女子W杯招致撤退理由語る 

20200622-26220653-nksports-000-13-view

サッカー女子W杯、23年の日本招致撤退へ…財政負担重く 

img_01545574




1: 2020/06/22(月) 18:23:11.75
日本サッカー協会が22日夕に緊急理事会を開き、開催地に立候補している2023年女子ワールドカップ(W杯)の招致からの撤退を協議することが、
複数の関係者の話で分かった。25日に開催地が決まる直前だが、立候補の取り下げを決める見通しという。

 関係者によると、東京五輪が1年延期となってスポーツ関連の財政負担が増すこと、国際サッカー連盟(FIFA)による
開催候補地の評価リポートで最高評価を得られなかったことなどを総合的に判断したとみられる。

開催地は25日、オンラインで行われるFIFA理事会で決まる。日本の他に豪州・ニュージーランドの共催、
コロンビアが最終候補に残っており、豪州・ニュージーランドが最も高い評価を得ていた。

 日本は、国立競技場を含む8スタジアムでの開催計画を盛り込んだ提案書をFIFAに示していた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/8d932ffe89114d98b1bb5dfaa05c1a4308b68cf0

<フランス女子W杯>大会過去最多の視聴者数を記録!世界で11億人以上が観戦...  

1: Egg ★ 2019/10/19(土) 10:36:33.27 ID:L9mzOJZc9
2019 FIFA女子ワールドカップ フランスの視聴者が大会史上最多となる約11億2000万人を記録したことがわかった。FIFA(国際サッカー連盟)が18日に公式サイトで発表した。

 この夏に行われた女子W杯フランス大会は、前回女王のアメリカが初の決勝進出を果たした欧州女王のオランダに2-0で勝利して、2大会連続4回目の優勝で幕を閉じた。なでしこジャパンも2大会ぶりの優勝を目指したが、決勝トーナメント1回戦でオランダに敗れてベスト16敗退となった。

 発表によると、今大会はテレビやインターネットなどでの視聴者が全世界で約11億2000万人を記録し、過去最多を更新した。また、テレビ観戦だけでも全世界で約9億9350万人に達し、2015年のカナダ大会で記録した約7億6400万人から約30パーセント増加したという。

 決勝戦はこれまでの女子W杯において最も視聴された試合となった。ライブの平均視聴者数は約8218万人で、約5256万人を記録した前回のカナダ大会から56パーセント増加。決勝戦を1分以上視聴した人数は、約2億6362万人に達したという。全52試合のライブの平均視聴者数は全世界で約1727万人となり、前回大会の2倍以上を記録した。

10/19(土) 6:43配信 サッカーキング
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191019-00990376-soccerk-socc

写真no title

「ひどいアイデア」 アメリカ女子主将、FIFAに「敬意を欠いている」と主張 

20190707-00202010-soccermzw-000-8-view[1]

<なでしこジャパン>求められるのは絶対的な点取り屋!チャンスはつくれてもゴールが決められない..  

20190704-00000024-tospoweb-000-2-view[1]




1: Egg ★ 2019/07/04(木) 19:17:56.43 ID:tFNPtvTa9
【武田修宏の直言!!】ファイナリストが決定したフランス女子W杯でなでしこジャパンはベスト8に進めずに敗退したね。今大会は1次リーグから苦戦したように各国のレベルが急上昇。特に欧州勢はフィジカルに加えて組織力が高かった。日本もスピードや判断力、組織力を高めないと、東京五輪に向けては厳しいかもしれないよ。

 それと気になったのは決定力かな。南米選手権を戦った森保ジャパンもそうだけど、チャンスはつくれてもゴールが決められない。このままだと、なでしこジャパンは世界レベルから取り残されるんじゃないの? やっぱり好機で確実にゴールが決められる絶対的な点取り屋が不可欠でしょう。

 たとえば、1990年代前半のカズさん(FW三浦知良)のような存在だよね。当時はGKと1対1になれば「百発百中」と言えるくらいの決定力を誇っていたし、チャンスでカズさんにボールが渡れば、得点は間違いないって感じだった。そのおかげで日本代表は世界レベルに躍進したと言っても過言ではないね。

 自分もFWとして経験があるけど、決定的な好機で2回続けてシュートを外し、交代させられたことがあった。当時のストライカーは、そのくらいシビアだったね。でも逆に、Jリーグでも代表でも大事な試合で決めればヒーローだし、後世に語り継がれる選手にもなれる。だから、いつもひと蹴りにサッカー人生をかけていたよ。

 試合に勝つにはゴールしなければならないわけだし、簡単に誰もが認めるエースが誕生するわけでもない。かつてカズさんが話した名言の「足に魂を込めました」ってくらい気概を持って再スタートしてほしいかな。 

7/4(木) 16:38配信 東京スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190704-00000024-tospoweb-socc

女子W杯 なでしこジャパンの16強相手はオランダに決定! 欧州女王と4年越しの再戦へ  

1: 豆次郎 ★ 2019/06/21(金) 05:14:43.86 ID:A49MSuWG9
6/21(金) 4:13配信
【女子W杯】なでしこジャパンの16強相手はオランダに決定! 欧州女王と4年越しの再戦へ

 現地時間6月20日、フランスで行なわれている女子ワールドカップはグループリーグ最終戦を消化。E組の首位突破を懸けたオランダ対カナダの一戦は前者が2-1でモノにし、ラウンド・オブ16で日本と相まみえることが決定した。

 0-0でハーフタイムを迎えた一戦は、後半に入ってようやく動く。オランダが54分にデッカーの得点で先制すると、その6分後にカナダもシンクレアが同点弾をゲット。実力伯仲のゲームは76分、オランダのベーレンスタインが勝ち越しゴールをねじ込み、これが決勝点となった。オランダはグループリーグを3戦全勝で締め、堂々の1位通過。D組2位のなでしこジャパンとの“再戦”に臨むこととなった。

 実は両国は4年前のカナダ大会でも、同じラウンド・オブ16で対戦している。そのときは日本がワールドカップ初出場のオランダを相手に終始試合を優位に進め、2-1の快勝を収めた。そのまま勢いに乗って勝ち進み、ファイナリストとなったのだ。

 リベンジを期すオランダはその後に躍進を遂げ、地元開催となった2017年の女子EUROでは並み居る強豪を連破し、見事に優勝を勝ち取った。エースFWリーケ・マルテンスを急先鋒に、スピードとパワーが高次元に融合したアグレッシブなチームに仕上がっている。現在のFIFAランクは日本の7位に対してオランダは8位。拮抗したゲームが予想される。

 決勝トーナメント1回戦で屈指の好カードは、現地時間6月25日21時(日本時間26日4時)のキックオフ予定。勝利して準々決勝へ駒を進めたチームは、イタリア対中国の勝者と対戦する。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190621-00010000-sdigestw-socc
no title

23年アジア杯は中国開催へ、韓国が立候補辞退 北との共催を目指す23年女子W杯に「戦略的に集中する」  

img_86743df40d8bf64c191ca6b7f669c346144171[1]




1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2019/05/16(木) 17:14:38.26 ID:CAP_USER
【5月16日 AFP】大韓サッカー協会(KFA)は15日、2023年に開催される第18回アジアカップ(2023 AFC Asian Cup)招致の立候補を取りやめると発表した。これにより、現時点で唯一名乗りを上げている中国が開催地に選ばれる見通しとなった。

 KFAは発表の中で、今回立候補を取りやめたのは、北朝鮮との共催を目指している2023年女子W杯(FIFA Women’s World Cup 2023)の招致活動に「戦略的に集中する」ための判断だと記した。

 KFAは3月、北朝鮮との女子W杯共催の意向を表明。しかし、米朝間の非核化交渉がこう着状態に陥っていることを受け、南北間の接触は減っている。

 韓国が立候補を辞退したことにより、アジアサッカー連盟(AFC)は来月4日、同大会の開催国として中国を承認する見通しになった。中国でアジアカップが行われるのは2004年大会以来2回目になる。

 この大会で中国は決勝に進出したが、日本に1-3で敗れ準優勝に終わっている。(c)AFP

https://www.afpbb.com/articles/-/3225276
2019年5月16日 16:25

日本代表戦が地上波で見られない!?同時期にU-20W杯、女子W杯があり、難航...  

20190426-00000016-dal-000-4-view[1]




1: Egg ★ 2019/04/26(金) 06:34:15.55 ID:i1Rj3yKj9
 サッカー日本代表が招待参加する南米選手権(6月14日開幕・ブラジル)の中継が、スポーツ配信大手の「DAZN」で行われることが25日、分かった。欧州では既にUEFAネーションズリーグなどの代表戦を配信しているが、日本代表戦の配信を行うのは初めてとなる。

 森保ジャパンが参加する南米選手権の放映権について、協会側はNHKや民放各社と交渉を進めてきたが、関係者によると同時期にU-20W杯(ポーランド)、なでしこジャパンが出場する女子W杯(フランス)があり、難航。日本代表の1次リーグ3試合すべてが日本時間午前8時開始(現地午後8時)ということもあって、DAZNが配信することになったという。

 DAZNは英・パフォームグループが16年に立ち上げたスポーツ専門の有料動画配信サイト。16年7月には、Jリーグと17年シーズンから10年総額2100億円強という放映権契約を締結した。今年3月にはプロ野球・巨人と提携するなど話題となった。

 テレビだけではなく、スマートフォンやタブレットでも視聴が可能なDAZN。地球の裏側で戦う森保ジャパンの姿を追う姿も多様化していきそうだ。

4/26(金) 6:01配信 ディリースポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190426-00000016-dal-socc

【サッカー】<DAZN>森保ジャパン出場の6月南米選手権、全26試合生配信へ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1556225822/

<日本サッカー協会田嶋会長>FIFA理事再選で「女子W杯日本招致」に追い風! “拡大クラブW杯”も誘致へ  

20190410-00000014-ykf-000-1-view[1]




1: Egg ★ 2019/04/10(水) 18:21:21.51 ID:wvlrd2Q29
田嶋氏のFIFA理事再選は、日本にとって大きな意義がある

 女子サッカーW杯の日本開催へ大きく前進した。6日に行われたAFC(アジアサッカー連盟)選出の国際サッカー連盟(FIFA)理事選で、日本サッカー協会・田嶋幸三会長(61)が再選を果たしたのだ。

 任期は4年。田嶋氏は2015年に初当選していた。23年に行われる女子W杯の招致に向け、日本協会は先月15日にFIFAへ意思証明書を提出。来年3月のFIFA総会で開催地が決まる。田嶋氏は「そんな簡単には決まりません」と表情を引き締めるが、理事再選が追い風となるのは間違いない。

 5枠に7人が立候補した理事選で、田嶋氏はインドのパテル氏と並びトップ当選。一方、同じく女子W杯招致の意思を表明し「北朝鮮との共催」も検討している韓国は、同国サッカー協会の鄭夢奎(チョン・モンギュ)会長がセビティ氏(サウジアラビア)とともに落選した。

 AFCでは今後、実績のある日本、昨年のW杯ロシア大会で8億3500万ドル(約919億円)のスポンサー広告料を賄った中国が2本柱となる流れ。そんな中で日本は23年女子W杯、中国は30年もしくは34年の男子W杯招致を推し進める。

 さらにFIFAは、7チームで行われている「クラブW杯」の出場枠を21年大会から24に増やすことを決めており、日本は田嶋氏の再選の余勢を駆ってこちらの開催も目指していく構えだ。

 レアルマドリード、バルセロナ、マンチェスター・シティ、南米の雄フラメンゴなどが大挙して日本にやって来ることも決して夢物語ではない。

 ちなみに田嶋氏は、6月の任期満了での退任を表明した日本オリンピック委員会(JOC)・竹田恒和会長(71)の後任候補にも名前が挙がっていたが、FIFA理事再選で消滅。「以前から私はありませんと言っていました」と締めくくり、日本へのビッグイベント誘致に専心していくことになる。

4/10(水) 16:56配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190410-00000014-ykf-spo



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索