Samurai Goal

女子サッカー


スポンサード リンク





<INAC神戸の仲田歩夢>女子サッカー界随一の人気も、芸能界は「絶対無理!」 

1: 2020/06/22(月) 23:30:40.18
写真
no title


女子サッカー・INAC神戸レオネッサに所属するMF仲田歩夢がラジオ番組に電話出演し、サッカーの話からプライベートのことまで、たっぷりとトークを展開した。出演したのは、元Jリーガーの近藤岳登、INAC神戸の応援大使を務める「エレクトーンのおねえさん」赤﨑夏実、舞台女優として活躍する寺田光の3人がパーソナリティーを務めるINAC神戸応援番組『カンピオーネ!レオネッサ!!』(ラジオ関西)、2020年6月22日放送回。

 インスタグラムでは5万人のフォロワーを持つなど、女子サッカー界きってのインフルエンサーでもある、仲田。放送前日の6月21日『父の日』では、"Happy Father's Day"という言葉とともに、自身が幼児時代に父親とともに写った写真を掲載するなど、貴重な姿も披露している。また、チームメイトの八坂芽依らとともにインスタライブも実施するなど、なかなかプレーを披露できない最中でも、ファンサービスにも積極的に取り組んでいる。

 そのなかで、八坂とのインスタライブでも盛り上がっていた香水の話について、番組でも掘り下げられた。香水を何個も持っていることを問われたとき、「(好きな)ジャンルがひとくくりではなく、日によって変えたい」と意図を説明した仲田。ただし、男性の香水については、「究極、何も(香水を)付けないでいい匂いの人が一番いい。服とか部屋の匂いとかがよければ。逆にキツい匂いはイヤ」とのこと。パーソナリティーの近藤から「おれは柑橘系(の香水を)むっちゃつけてる」とアピールされていたが、「柑橘系って、ホント、女受けですよね!」と鋭くツッコミを入れ、近藤をたじろがせていた。

 また、番組内の選手からのリクエスト曲コーナーでは、K-POP好きを公言する仲田が、ファンであるTWICEの曲のなかから、「トレーニング中にも聴けるアップテンポの曲が多いが、そのなかでもよく聴く曲」と、「FANCY」をセレクト。ちなみに、TWICEでの推しは、「ツウィちゃん(TZUYU)とミナちゃん(MINA)」という。

 TWICEの話が出てきたところで、近藤らからは、「昔からアイドル志向はないの?」という質問も飛び出した。これに対して「絶対無理ですよ!」という仲田は、「女性のアイドルも男性のアイドルを見るのは好きでしたが、自分がなりたいとかは思ったことはない」と述べ、芸能界についても「ないですね。『自分なんかが……』という感じなので」と謙遜していた。

 一方、サッカーの話では、中学生の寺田から、「左利きということで、有利だなとか、得するなと感じるところは?」という質問を受けた仲田。「(左利きは)テンポが独特とか、右利きの選手と少し違うところがあると、DFの選手に聞いてもよく言ってもらっていること」とレフティの貴重さも実感はしつつも、「左利きの選手は、左しか使えない選手が多いというか、私がその代表的な人だと思うんですが……(苦笑)。なので、『左だけ抑えておけば大丈夫』ということをよく相手選手に言われてしまう」そう。近藤から「そう言われるとイラっとするの?」と振られると、「しますよ! 左だけ左だけって言われたら」と本音も。ピッチ内では、その悔しさを晴らすべく、得意の左足に磨きをかけて奮闘している。

 番組後半では、近藤からの恒例質問、「好きな男性のタイプは?」にも対応。「自分にできないことをできる人、自分に持ってない知識を持っている人とか」が理想という仲田。「仕事ができて、バリバリだけど、ふたりのときは甘えてくるとかはどう?」という近藤のさらなる問いかけには、「まさにそういうのがいいです!」と共感。しかし、その後に「俺も家に帰ったらすごいよ」という近藤の返しには、赤﨑と寺田の女性パーソナリティー陣だけでなく、仲田も「岳登さんの話なんて聞いてないですー!」と総ツッコミを入れていた。

 7月18日のなでしこリーグ開幕も決まり、ようやくサッカーができる環境も整ってきたなか、番組最後では仲田からファン・サポーターにメッセージ。「まだ練習場だったり、試合会場に来たりしてもらうのはなかなかできないと思うが、選手それぞれSNSとかで情報や、写真、動画を出していたりするので、そういうところで選手のことを見ていただき、引き続き応援してほしいです。またお会いできるのを楽しみにしています」とコメントしていた。今後も様々な情報発信を行いながら、サッカー界を盛り上げてくれる「アユ」の活躍に、ますます期待が高まる。

6/22(月) 20:41 ラジトピ
https://news.yahoo.co.jp/articles/e7cb1928365eaf19521a91acbc6b6a9e279a2664

女子サッカー「WEリーグ」創設。 プロ化を選ばないクラブへの影響は甚大 

20200604-00895650-sportiva-000-2-view

給与を男子と同額にしろと裁判起こした女子サッカー代表負ける 

94dbd21b8ec6cacae1dfc852f7b60985




1: 2020/05/03(日) 21:30:46.57 0
アメリカ女子代表、男子との給与格差是正を求める裁判で敗訴…選手側は控訴の意向


 アメリカ女子代表の選手たちが男子代表チームと比べて低賃金だとして是正を求めた裁判で、カリフォルニア中央地区連邦地方裁判所はアメリカ合衆国サッカー連盟(USSF)の主張を受け入れ、選手側の主張を退けた。アメリカ紙『ニューヨーク・タイムズ』などが報じた。

 アメリカ女子代表の選手28人は昨年、男子代表選手と比べて扱いが不当だとして、同一賃金法に基づき6600万ドル(約70億円)の損害賠償を求めて訴訟を起こしていた。しかし、判決では「累計でも1試合平均でも年間で男子チームより稼いでいる」として訴えを棄却された。

 選手側は控訴する構えを示しており、担当者は「判決にショックを受けて失望している。しかし、私たちは平等な支払いに対する努力を諦めるつもりはない」とコメントしている。

「私たちの事例には自信を持っているし、このスポーツをする女性や少女たちが、性別のためだけに過小評価されないようにするための約束を固く守っている」

 また、アメリカ女子代表MFミーガン・ラピノーは自身のツイッターを更新し、「平等のために決して戦うことを諦めない」と述べている。https://www.soccer-king.jp/news/world/world_other/20200503/1065351.html

女子サッカー米代表の平等賃金訴訟、連邦地裁が訴え棄却 

94dbd21b8ec6cacae1dfc852f7b60985




1: 2020/05/02(土) 14:13:34.96 _USER
女子サッカー米代表の平等賃金訴訟、連邦地裁が訴え棄却

 【5月2日 AFP】女子サッカー米代表チームが男女格差の是正を求めていた訴訟で、同国の連邦地裁(US District Court)は1日、不当に低い賃金を支払われていたとする選手の訴えを退けた。

 32ページにわたる判決文で、米カリフォルニア州ロサンゼルスの連邦地裁は賃金差別があるとする女子選手の訴えを退け、米国サッカー連盟(USSF)に有利な判決を下した。

 その一方で遠征や住居、医療サポートなどの面で不公平な扱いがあったとする訴えについては審理の続行を認め、6月16日にロサンゼルスで開かれる予定となった。

 しかし、裁判の最大争点になっていた平等賃金については、男子代表チームと同じ支払い方法の申し出を女子代表が拒否していた証拠があるとして、訴えが認められなかった。

 昨年の女子サッカーW杯フランス大会(FIFA Women's World Cup 2019)で連覇を果たした米国代表チームは、同一賃金法に違反しているとして6600万ドル(約70億円)の損害賠償を求めていたが、今回の判決を受けて衝撃を受けている。

 スター選手のミーガン・ラピノー(Megan Rapinoe)は、「私たちは平等への闘いを絶対にやめない」と判決後にツイートし、まだ法廷闘争は終わっていないと主張した。

 一方でチームの代理人は失望感をあらわにし、「われわれは本日の判決にショックを受け、失望しているが、平等賃金の実現へ向けた努力は諦めない」とコメントしている。

https://www.afpbb.com/articles/-/3281375

女子サッカーにゴールやピッチは大きすぎる? ルール変更”を巡り激論 

1: Egg ★ 2020/02/19(水) 22:55:57.86 ID:V+Z/YJKk9
カペッロ氏の提案に対して、米女子代表の前監督エリス氏が真っ向から反論
no title


監督して数々のタイトルを手にしてきた名将ファビオ・カペッロ氏が、トークショーの席で人種差別根絶に向けた提言と女子サッカーに対する提言を行なった。しかし、女子サッカーに関する提言に対しては、同席した女子アメリカ代表前監督のジル・エリス氏に真っ向から否定されたと、英紙「デイリー・ミラー」が伝えている。

 第20回ローレウス・スポーツ賞の授賞式に出席したカペッロ氏は、元アーセナル監督のアーセン・ベンゲル氏、元オランダ代表MFルート・フリット氏らとトークショーを行なった。その席でカペッロ氏は人種差別根絶に向けて提言を行なっている。

「ゲームを止めて人種差別について叫ぶ人を探し出さなければならない。スタジアムに来る人のなかにはそれを目的とした人もいるでしょうが、我々はそういった人たちを見つけ出し生涯にわたって禁じさせなければならない。数試合や数年といった罰則ではなく、一生涯の出入りを禁ずるべきだ。彼らがスタジアムに行くことを許してはならない」

 人種差別を行う人々には厳しく対処すべきと提言したカペッロ氏。続けて女子サッカーについて問われると、独自の見解からルール変更を提案している。

「女子選手にとって、ゴールやピッチは大き過ぎるように思う。バスケットボールやバレーボールであれば、男子選手ほど高くないのでリンクやネットの位置を低くする。GKにとってゴールの大きさが難しくさせているのだと思う。なぜなら、サッカーではジャンプしなければならないから」

 女子サッカーではゴールやピッチを小さくすべきと提案したカペッロ氏の発言に、ジル・エリス氏は眉をひそめ即時に反論した。

「失礼ながら、それには同意できません。それには、男子のゲームが100年以上前からあることを理解してもらわなければなりません。私は、女子サッカーにも身長の高い選手が参加してきているのを見てきています。ゲームの純度はゲームの純度であって、私たちは全員がサッカーを愛しています。今では6フィート(180センチ超)のGKも出てきていて、時の経過と共に運動能力のレベルも進化していっているので修正する必要はないと思います」

 ジル・エリス氏に、大型の女子選手が登場していることを教えられたカペッロ氏。心なしか前述した人種差別根絶に関する提言も説得力が欠けてしまったのだった。

2/19(水) 22:20配信フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200219-00247349-soccermzw-socc

女子サッカー熊谷紗希、アジア年間最優秀選手を初受賞!年間最優秀ユース選手は遠藤純  

201912020000972-w500_0[1]




1: 久太郎 ★ 2019/12/03(火) 15:27:28.18 ID:Puvvm4xt9
 アジアサッカー連盟(AFC)は2日、年間表彰式を香港で開催した。なでしこジャパンの主将を務めるリヨン所属のDF熊谷紗希が、女子部門のアジア年間最優秀選手を受賞した。

 熊谷のアジア年間最優秀選手の受賞は初。日本勢の同賞受賞は2015年に宮間あや氏が受賞して以来の4年ぶりとなった。前回は中国女子代表のFW王霜(オウ・ソウ)が受賞していた。

 女子部門のアジア年間最優秀ユース選手は、日テレ・ベレーザに所属するFW遠藤純が受賞。遠藤は昨年行われたU-20女子ワールドカップに出場し、U-20女子日本代表の初優勝に貢献。その後なでしこジャパンにも選出され、今年6月に行われた女子ワールドカップにも出場した。

 日本勢の受賞は、前回受賞したセレッソ大阪堺レディースに所属するFW宝田沙織に続き2年連続となる。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191203-00351000-footballc-socc

【悲報】女子サッカーさん、客が集まらないのに待遇改善を訴え裁判所へ 

GettyImages-1010399490-e1553249254122




1: 名無しさん@おーぷん 19/11/16(土)13:38:07 ID:njK
「男女の給与格差をなくして」米国女子サッカー代表、今度の戦いの場は裁判所
https://courrier.jp/news/archives/156113/

米スポーツ専門局「ESPN」によれば、28人の選手が訴訟に名を連ねており、同記事は男性プレーヤーと女性プレーヤーの差について報じている。

「男女の差を見るために、裁判資料では、フレンドリーマッチを20試合プレーし、全ての試合に勝利したケースについて給料を算出してみせている。女性選手は1試合につき4950ドルまたは最大で9万9000ドル稼ぐことになる。
一方で、男性代表選手なら、1試合につき1万3166ドルまたは平均で26万3320ドルを稼ぐことになる」という。

この話、以前も聞いたことがあるという人もいるかもしれない。実は、この争いは2015年のワールドカップにまで遡り、大会後の2016年に女子選手たちが米雇用均等委員会(EEOC)に、格差について調査をするよう申し立てをしている。




ピッチで戦えや・・・

セクハラ被害…盗撮被害…なでしこケア 立ち上がれ 女子サッカー!  

PK2019082402100200_size0




1: スズムシのなく頃に ★ 2019/08/24(土) 15:29:02.31 ID:Hgc+R7ES9
2019年8月24日 夕刊 東京新聞
https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201908/CK2019082402000273.html

 セクハラ被害や男子選手との待遇差など、さまざまな課題を抱える女子サッカー選手が自ら問題を解決しようと活動を始めた。なでしこリーグの選手らが今夏、選手の地位向上を目指す一般社団法人「なでしこケア(なでケア)」を立ち上げた。事務局長の大滝麻未選手(30)=ジェフユナイテッド市原・千葉レディース=は「選手のアイデアを実現できる団体にしていきたい」と話す。 (兼村優希)

◆現役・OG選手の地位向上目指す

 八月十九日、東京都内に女子サッカーの現役選手やOGら計十六人が集まった。なでケアが法人の発足後初めて開いた選手同士のワークショップで、「スポーツ界におけるセクハラ撲滅」をテーマに約一時間、原因や解消するために選手ができることを議論した。

 女子中学生サッカーチームの指導者が栃木県内の合宿先で選手を盗撮しようとしたとして今月上旬に逮捕された事件があった。被害に遭ったのが、なでケアが以前指導したチームだった。大滝選手は「被害に遭う女子やサッカーの発展という視点からも、セクハラは絶対になくさなければならない」と訴え、活発な議論を促した。

 「監督にノーと言えない環境がある」「選手と指導者が過度にコミュニケーションを取り、関係性が保てない」「相談できる場所がない」。話し合いでは多数の意見が上がった。窓口として、なでケアが積極的に相談を受けることや、指導者研修にセクハラ防止の内容を加えることなどが提案された。

 なでしこリーグでは二〇一四年に千葉の男性指導者が所属選手にセクハラ行為をしたとして解任された。日本女子サッカーリーグは当初、異性間での指導指針の策定や相談窓口の設置などの再発防止策を示したが、当時の専務理事が退任したこともあり、ほとんど実現されないままだ。

 日本代表の南萌華選手(20)=浦和レッズレディース=は「男性指導者はレベルが高い指導をしてくれ、女子サッカーのレベルアップに欠かせない存在」とした上で、「指導者の意識の問題もあるが、選手自身もしっかり自覚し、セクハラを防止していくことが必要」と選手自らが問題に取り組む意欲を明かした。

 女子サッカーを巡ってはセクハラだけでなく、男子選手との待遇格差など、地位向上を求める動きが出てきている。なでケアの合言葉は「女子サッカーを文化に」。大滝選手は「何ができるか分からないともやもやしている選手を、クリアな状態に持っていける場にできれば」と語った。

<なでしこケア> 競技の普及や選手のキャリア構築支援、社会貢献などを目指し、現役選手らで立ち上げた一般社団法人。代表理事は日本代表主将の熊谷紗希選手(リヨン)。理事は近賀ゆかり選手(オルカ鴨川FC)。選手同士の意見交換の場を月1回程度設けるほか、中学生チームとの交流などの活動に取り組む。

「平等な賃金」求める女子サッカー米代表、連盟との調停は決着、それとも決裂? 

20190815-00000030-jij_afp-000-2-view[1]

<米国女子代表>大手企業P&GからW杯優勝ボーナス!約5700万円...23人の選手にそれぞれ約250万円を贈呈  

1: Egg ★ 2019/07/15(月) 18:31:05.25 ID:6spQvkHK9
男子チームとの待遇格差の是正を訴え続けながら、女子サッカーW杯フランス大会(FIFA Women's World Cup 2019)を制した米国代表に対して、同国に拠点を置く多国籍企業のプロクター・アンド・ギャンブル(P&G)が、52万9000ドル(約5700万円)の優勝ボーナスを支払うことを決めた。

 米紙ニューヨーク・タイムズ(New York Times)に掲載された全面広告の中で、傘下のブランドを通じて代表チームのスポンサーも務めているP&Gは、米国サッカー連盟(USSF)に「歴史の流れに乗る」ことを促しながら、史上最多4回目の女子W杯制覇を成し遂げた23人の選手にそれぞれ2万3000ドル(約250万円)を贈呈すると明かした。

 広告には「乾杯や祝杯、パレード、表彰の興奮が収まれば、課題が残っている。不平等は支払いや選手だけの問題ではなく、価値観の問題だ」「この喜ばしい瞬間をきっかけに、女子スポーツを前進させよう。USSFには強さの水先案内人となり、男女の報酬格差に永遠の終止符を打ってもらいたい」と記載されている。

 さらにP&Gは広告の中で、「米国のファンや友人、サポーター、組織、ブランド」に対して、賃金の平等のために闘うよう求めている。

 米国女子代表は3月、性差別の解消を求めてUSSFを提訴。「連盟は男子代表よりも少ない賃金しか支払わず、原告団や、彼女たちが代表しようとしている集団を差別している」と訴え、男子チームと比べてはるかに大きな実績を残しているにもかかわらず、報酬の面で格差があることを明らかにした。

 その後行われたW杯優勝後の表彰式、またニューヨークで10日に紙吹雪の舞う中行われた凱旋(がいせん)パレードでは、ファンの間から「平等な賃金」を求めるチャントが巻き起こっていた。

7/15(月) 17:17配信 AFP
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190715-00000032-jij_afp-socc

写真
no title


【サッカー】<ソフトバンクのサファテ投手>女子米国代表のラピノーに対し「そんなに米国が嫌いなら去れ」差別的と批判を浴び謝罪★2
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1562979580/



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索