Samurai Goal

契約満了


スポンサード リンク





ガラタサライ長友佑都はこのまま契約満了で退団へ…地元メディア「赤と黄から分離する」 

20200701-00010023-goal-000-4-view

麻也、7年半在籍サウサンプトンとの契約満了を報告「セインツ、ありがとう」 

20200701-43481432-gekisaka-000-6-view

<長谷部誠>今季で契約満了!このまま退団も「将来は誰にも分からない」「ウイルス拡大収束が大事」 

20200329-00000077-spnannex-000-6-view




1: 2020/03/29(日) 07:36:09.34
EフランクフルトのMF長谷部は28日付のドイツ大衆紙ビルト(電子版)のインタビューに応じ、新型コロナウイルスの感染拡大に「将来がどうなるか誰にも分からない。難しい状況だけど、前向きさを失わずに立ち向かわなくてはいけない」と呼び掛けた。

 長谷部は今季いっぱいでクラブとの契約が満了。クラブ側に延長の考えがないと報じる地元メディアもあるが、リーグが再開できない事態に陥れば、Eフランクフルトのユニホームを再び着てピッチに立つことがなくなることもあり得る。経験豊富な元日本代表主将は「どうすることもできない。もちろんプレーは続けたいけど、まずはウイルスの拡大が収まることが大事」と冷静に話した。

3/29(日) 5:30配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200329-00000077-spnannex-socc

千葉「サッカーを辞めようと…」負傷、契約満了を乗り越えて川又堅碁が示す復活への道 

1: 2020/03/13(金) 17:34:19.10
磐田での苦しい日々を経て――

今年1月。千葉の沖縄・南城キャンプには、練習生として参加するFW川又堅碁の姿があった。
川又といえば、日本代表歴もあり、Jリーグでは通算88ゴールを奪ってきたストライカーである。
2017、2018年には磐田(当時J1)で2年連続二桁得点を記録する活躍を見せたが、昨年は怪我に泣いた。特に大きかったのが4月に負った右肩関節脱臼だった

「思うようにプレーができず、サッカーを辞めようと、いや、辞めようじゃなくて、辞めざるを得ないのではないかと思うほど、手が動かなかった」

神経麻痺、腱板の損傷、断裂など脱臼以外にも負傷は及んでいた。なかなか完治せず、不安な日々。
さらにチームは残留争いに巻き込まれて苦しんでいる。「こんな時に力になれずに、何がエースだ――」。そんな想いで無理に復帰したものの、「正直、サッカーができるような状況ではなかった」。
当然、結果を出せるわけもなく再び戦線離脱。そしてチームはJ2に降格し、自身には契約満了の通知。青天の霹靂だった。
それでも、J1チームからオファーをもらえるのではないかと思っていた。完治さえすれば輝きを取り戻す自信もあった。
しかし、J1クラブはおろか、J2のチームからさえオファーが届かない。
厳しい現実を突き付けられたが、前述したようにJ2を戦う千葉のキャンプに練習参加し、正式契約を勝ち取った。

キャンプでは途中、別メニューだったこともあり、リーグ開幕前の2月9日に行なわれた柏とのちばぎんカップはベンチスタート。
ただ61分に登場して存在感を示すと、翌日に行なわれた柏との練習試合ではクロスからゴールを決め、しっかりリーグ開幕戦に照準を合わせた。

「今はサッカーができる喜びで一杯」

そして迎えたリーグ開幕戦のFC琉球戦では先発出場を掴み、開始直後、堀米勇輝のクロスを米倉恒貴がヘッドで決めたシーンでは、潰れ役として貢献した。
開幕戦前々日には、「クロスに対しては自信を持っている。そういった形からチームとして得点できればいいし、自分が潰れたところで周囲が点を取れればいい」と話していたが、その言葉どおりのシーンとなった。

「本当は狙っていたんだけどね。取りたかった」

試合後、それまでの厳しい表情から一転、明るい笑顔を覗かせた。昨年の苦労が報われた瞬間だった。

「今はサッカーができる喜びで一杯。昨年は毎日がきつかったけれど、いろいろな人に出会い、助けてもらった。あの怪我さえなければという思いはあったし、いろいろな悔しさもあった」
 
ここまで回復するには、筆舌に尽くしがたい苦労があった。だからこそ、プレーできる喜びに満ち溢れている。

「若い頃よりも気持ちは昂っている。怪我をして一度は表舞台から消えたけれど、もう一度、這い上がるシーズンにしたいし、
最後、みんなで笑える結果を残すためのプレーをしたい。今年は本気の年。いろいろな人に感謝を込めながらプレーしたい」

現在、Jリーグは新型コロナウイルスの影響で公式戦が延期となっているが、川又は再開に向けて余念なく歩を進めている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200313-00070778-sdigestw-socc
3/13(金) 17:15配信

no title

<神戸がポドルスキとの契約満了を発表>「一生忘れません。皆さま、ありがとうございました」 

1: Egg ★ 2020/01/18(土) 22:21:22.81 ID:HbyjaX4q9
 J1の神戸は18日、元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ(34)との契約満了に伴い、2020年シーズンの契約を更新しないと発表した。

 3度のワールドカップ(W杯)出場を誇り、2014年W杯ブラジル大会優勝メンバーでもあるポドルスキは2017年7月に神戸入り。J1リーグ戦通算52試合に出場し、15得点をマークした。

 ポドルスキはクラブを通じて「神戸に来た最初の日からタイトルを共に獲った国立での最後の日まで、神戸サポーターといつも最高の関係を築くことができました。サポーターの皆さまの気持ちは常に伝わっていましたし、一生忘れません。直接お別れの挨拶ができなくて申し訳ないです。いつか皆さまの前に立ってしっかりと挨拶させてください」とコメント。

 「そして三木谷会長とヴィッセル神戸のスタッフ、選手の皆にも感謝しています。日本という素晴らしい国に来ることも出来て、日本の文化に触れる事ができました。ヴィッセル神戸でJリーグを経験させてもらい、有難く思っています。この約3年間、ピッチ外でも家族と一緒に楽しい経験ができました。三木谷会長との縁はこれで切れるとは考えていないです。今後も連絡を取り合っていくと思いますが、今日はとりあえずこの場を借りてありがとうと言わせてください。皆さま、ありがとうございました」と別れを告げた。

 ポドルスキにはトルコ1部アンタルヤスポルに移籍する可能性が浮上している。

1/18(土) 22:13配信スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200118-00000216-spnannex-socc

写真
no title

<ダビド・シルバのJリーグ挑戦の可能性>有力視されるのが中国と日本..イニエスタの橋渡し役が水面下で動き 

1: Egg ★ 2019/12/28(土) 10:08:35.87 ID:7c6FvLpk9
イニエスタとビジャの移籍を叶えた“橋渡し役”が水面下で動き

写真
no title


ダビド・シルバ(マンチェスター・シティ/元スぺイン代表MF)
●現行契約満了:2020年6月にボスマン
●移籍金の実勢相場:2000万ユーロ(約24億円)

 今シーズン終了後の契約満了に伴い、来夏にシティを退団することがすでに決定しているシルバ。焦点はその行き先となる。

 現時点で有力視されるのが、中国と日本だ。すでに両国のクラブから具体的なオファーを受けており、シルバ自身が純粋に金銭面を重視するのであれば中国側に分があるが、Jリーグ行きの可能性も決して低くはない。

 実際、アンドレス・イニエスタ、ダビド・ビジャ、セルジ・サンペールらがヴィッセル神戸入りする際に、重要な橋渡し役を担ったジェラール・ピケの代理人、アルトゥーロ・カナレスがすでに水面下で動いている模様だ。

 またJリーグは、イニエスタやフェルナンド・トーレスがことあるごとに発してきた好意的なコメントの数々により、スペイン人プレーヤーの間で日本に対して、かなり好印象を持たれている。シルバとて例外ではないだろう。

 逆に、中国に渡ったスペイン人選手の印象は必ずしも良いものばかりではなく、イニエスタがそうであったように、シルバが環境面を優先して日本行きを選択したとしても不思議はない。

 現時点で日本上陸の可能性は、中国ともども40パーセントといったところだろう。他には、アメリカのMLSに加え、シルバ自身がこれまで何度か口にしてきたように、故郷のクラブであるラス・パルマスに戻る選択肢も浮上する。

 ただ、ラス・パルマスは、2018年の夏に2部に降格して以来、ミゲル・アンヘル・ラミレス会長のワンマンなマネジメントも響いて迷走を続けており、財政状況も悪化している。

 確かに、かつて低迷するチームの起爆剤として加入し、見事に1部昇格の原動力となったファン・カルロス・バレロンの例に倣うという道もあるだろう。ただ、ラス・パルマスのトップチームでのプレー経験もあったバレロンとは異なり、シルバは10 代半ばで故郷を飛び出し、バレンシアのカンテラに入団していただけに、ラス・パルマスとの結びつきはそこまで深くない。

 故郷のクラブへの愛着を優先する線も捨てきれないが、ラス・パルマスの現状を考慮し、古巣に帰還する前にもうひと勝負(ひと稼ぎ)したいと考える可能性は十分にある。

12/28(土) 6:32 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191228-00010004-sdigestw-socc

J2降格の磐田が元日本代表FW大久保嘉人と契約満了…1年半で4ゴールも「情熱は全く衰えていません」 

20191212-00365982-usoccer-000-3-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/12/12(木) 15:41:02.37 ID:yp6BVeHa9
ジュビロ磐田は12日、元日本代表FW大久保嘉人(37)との契約満了を発表した。

大久保は国見高校から2001年にセレッソ大阪へ入団。
途中マジョルカへのレンタル移籍がありながらも、5シーズンを過ごすと、2007年にヴィッセル神戸へと完全移籍。
神戸でも6シーズンを過ごし、途中ヴォルフスブルクでプレー。
2013年に川崎フロンターレへと完全移籍した。

川崎Fでは、2013年、2014年、2015年と3シーズン連続でJ1得点王に輝くも、2017年にはFC東京へと完全移籍。しかし、1年で川崎Fへと復帰していたが、半年後の2018年夏に磐田へ加入していた。

磐田では2シーズンで明治安田生命J1リーグで37試合に出場し4得点を記録。
今シーズンは20試合に出場したが、1得点に終わっていた。大久保はクラブを通じてコメントしている。

「1年半という短い期間でしたが、お世話になりました。厳しい残留争いが続いたシーズン、力になれなかったことを悔しく思うと同時に、シーズン途中で監督が代わり、目指すサッカーを変えることの難しさを痛感しました。
それでも最後まで一緒に戦ったチームメイト、スタッフ、サポーターには感謝しています」

「私はサッカーが大好きです。サッカーに対する情熱は全く衰えていません。これからも頑張っていきたいと思っています。本当にありがとうございました」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191212-00365982-usoccer-socc
12/12(木) 11:10配信

https://soccer.yahoo.co.jp/jleague/players/detail/3857/131
成績



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索