Samurai Goal

契約延長


スポンサード リンク





マンチェスターC・グアルディオラ監督、2年の契約延長にサイン「やり残した仕事があるからだ」 

pep-guardiola-manchester-city-2020-21_12n32k690ihga113zdmyyjorq2




1: 2020/11/20(金) 16:30:11.98 _USER9
 ジョゼップ・グアルディオラ監督(49)が所属するマンチェスター・Cとの契約を2年延長した。同監督は延長契約書にサイン。今季一杯までの契約が2023年まで正式に延長された。

クラブ公式サイトによると、グアルディオラ監督は「今週(クラブ経営陣と)長い話をした。そしてお互いのために(監督を)続けるのがベストの選択という結論に達した。なぜなら我々にはまだやり残した仕事があるからだ」と発言。英メディアは一斉に、そのやり残した仕事とはバルセロナ監督時代に2度制してから遠ざかっている”欧州CL優勝”だとみられる。

 今季のマンチェスターCは開幕ダッシュがつかず、7戦で3勝3分1敗の成績で暫定ながらリーグ10位に沈む不振。それもグアルディオラ監督の将来が不明瞭なことが大きな要因とされていた。

 また、先月末にはバルセローナの新会長候補のビクトル・フォント氏がグアルディオラ監督を「復帰させる」と公言。本人はすかさず否定したが、今回の契約延長で、こうした噂を完全に一蹴した形になった。

 英大衆紙『デイリー・ミラー』は、今回のグアルディオラ監督の契約延長で、マンチェスター・C経営陣の悲願であるリオネル・メッシ獲得が再燃し、さらに本格化すると報道している。

https://news.yahoo.co.jp/articles/9905a5b98d6c14ccbb4cf506f2f6545301ba66e1

【バルサ】楽天と契約延長 スペイン・サッカー 来季もユニホームの胸には楽天のロゴが入る 

nike-aj5801-457-1




1: 2020/11/06(金) 22:01:00.27 _USER9
【ロンドン時事】サッカーのスペイン1部リーグ、バルセロナは6日、インターネット通販大手の楽天との契約を来季まで1年延長すると発表した。
 楽天とバルセロナは2017年から4年総額2億2000万ユーロ(約270億円)のスポンサー契約を結んでおり、延長オプションを行使する。来季もユニホームの胸には楽天のロゴが入る。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2020110601209&g=spo

本田圭佑とボタフォゴが来年2月まで契約延長か 

スクリーンショット 2020-10-26 11.03.03




1: 2020/10/26(月) 01:59:26.90 _USER9
ブラジルの古豪、ボタフォゴが、所属するMF本田圭佑(34)との契約を少なくとも、来年21年2月のブラジル全国選手権終了まで延長する見込みになったと25日、ブラジルのメディア「グロボエスポルテ」が報じている。

同メディアによると、ボタフォゴは現在のチームに不可欠な存在である本田との契約を延長する方針を固め、本田サイドと話を進め、その交渉は順調であるという。

本田は今年初めに、電撃的に王国ブラジルの古豪と契約を結んだ。契約期間は基本的に1年とみられている。

ただ、契約当時は、本田が大目標としている東京オリンピック(五輪)が開幕するはずだった8月初旬の時点で、契約を破棄できる条項があるとされていた。

しかし、その後、新型コロナウイルス感染症の影響で、東京五輪は1年延期となった。

本田は、東京五輪に年齢制限外、オーバーエージ枠での出場と金メダル獲得を掲げており、そのためにもボタフォゴとの契約を延長し、ブラジルでのプレーを続けるだろうと、同メディアは伝えている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/f908eca9b201ea2af90211ed06b14df1bb26d9a9
10/26(月) 0:23配信

鎌田大地 Eフランクフルトとの契約延長が「難航」した理由 

スクリーンショット 2020-09-17 11.19.15

鎌田大地、ついにフランクフルトと契約延長へ!独主要紙が報道「数週間に及ぶポーカーの末…」 

スクリーンショット 2020-09-16 13.21.05




1: 2020/09/16(水) 11:13:09.21 _USER9
日本代表MF鎌田大地は、フランクフルトとの契約延長が近づいているようだ。ドイツ『ビルト』が伝えている。

昨季フランクフルトで公式戦48試合に出場し、10ゴール9アシストを記録した鎌田。ポジションを勝ち取るなど飛躍の1年となったが、クラブとの契約延長交渉は難航。現行契約は2021年までとなっていたため、今夏の退団も噂されていた。

しかし、フランクフルトとの契約延長が合意に迫っているようだ。『ビルト』は、「数週間に及ぶポーカーの末、アイントラハトは日本人選手と合意に達しようとしている。シーズン終了で切れる契約を延長する」と伝えた。

また交渉が長引いた理由として、2人のアドバイザーの見解の違いを指摘。ドイツ人のトーマス・クロート氏は当初からフランクフルト残留を勧めていたものの、もう1人の代理人であるロベルト佃氏は他のオファーを待っていたという。しかし、「今ではすべてのサイドが一致した」と、間もなく新契約に合意するだろうとの見解を示した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/f01e17f8d8d073758fd3919f6dd46ce67f46a386

イブラヒモビッチがミランと契約延長! クラブは38歳FWに新背番号を用意 

スクリーンショット 2020-09-01 18.41.36

Jリーグ、DAZNと2年間の契約延長 12年総額2239億円 

dazn-sport-streaming




1: 2020/08/25(火) 19:44:09.37 _USER9
Jリーグと動画配信サービス「DAZN(ダゾーン)」は25日、オンラインでの共同記者会見を行った。

17年から締結していた10年間で最大約2100億円の契約を延長し、12年総額2239億円の新たな契約を締結したと発表した。

ソース/デイリー
https://www.daily.co.jp/soccer/2020/08/25/0013634623.shtml

ラ・リーガ1部昇格ウエスカ、岡崎慎司との契約延長を発表「自らの力でチームの重要な選手となった」 

スクリーンショット 2020-07-26 4.25.37のコピー




1: 2020/07/25(土) 22:20:23.71 _USER9
ウエスカは25日、日本人FW岡崎慎司(34)との契約を2021年まで延長したことを発表した。

先にラ・リーガ1部昇格を決めたウエスカ。同クラブと岡崎の契約条項には、1部昇格の場合には今季限りの契約が自動で1年延長されるという内容が盛り込まれており、それが履行された形だ。ウエスカは、次のような声明を発表している。

「岡崎慎司は、2021年6月までウエスカに所属し続けることになりました。34才の日本人は、自らの力でこのチームにおける重要な存在となりました。彼はチーム内得点王となる12ゴールを記録して、スペイン・プロリーグの1シーズンで、最も多くの得点を決めた日本人選手となりました。2015-16シーズンに衝撃のレスターとともにプレミアリーグ優勝を果たし、ワールドカップに三度にわたって出場し、北京五輪にも参加した岡崎は、フットボールのエリート界で素晴らしい軌跡を描き続けています」

「岡崎は2019年9月、大興奮を巻き起こす選手としてウエスカに到着し、10ゴールを決めるという約束をしっかりと果たしました。北アラゴンの人々はラ・リーガ1部という舞台で、彼の才能を享受し続けることになります」

https://news.yahoo.co.jp/articles/dd69f4cdbe49111968b6bc4c50e7ffecce8f8e45

1部昇格立役者のウエスカ岡崎慎司が契約延長へ 地元紙 

20200718-00900110-sportiva-000-5-view




1: 2020/07/19(日) 17:53:33.98 _USER9
スペイン2部リーグで、ウエスカの1部昇格の立役者となったFW岡崎慎司(34)の契約が自動的に更新されるとスペイン紙アスが19日に報じている。

ウエスカは17日、ホームで行われたスペイン2部リーグ第41節ヌマンシア戦に勝利して2位以内を確定させ、わずか1年で1部返り咲きを決定した。

岡崎は昨夏、スペイン2部のマラガに入団するも、サラリーキャップ制(移籍金の減価償却費及び選手年俸)の問題で選手登録できず、ウエスカと今季1年間の契約を結んでいた。

この契約条項には2季目をプレーする契約延長オプションが含まれていた。そのためアス紙はチームが1部昇格を決めたことにより、岡崎の契約が自動的に延長され、来季もウエスカでプレーすることが決定したと伝えている。

岡崎同様、昨夏より契約を結び、わずか1年でウエスカを1部昇格に導いたミチェル監督も今季で切れるはずだった契約が自動延長されている。ミチェル監督は2年前の2017-18年にも2部を戦ったラリョ・バリェカノを1部に昇格させており、わずか3年間で2チームを1部に引き上げる「昇格請負人」になっている。

岡崎はヌマンシア相手に美しいヒールショットで今季の12得点目を記録し、ウエスカが1部昇格を決めた直後に「スペインの1部でやりたいという夢がこれでかないます。来シーズンはビックチームもいっぱいある中で、自分たちは1部でまずウエスカ初の残留を果たせるように、自分はチームに貢献できるように、またゴールを取れるように頑張りたいと思いますので、これからも応援よろしくお願いします」と意気込みを語っていた。

岡崎は来季、レアル・マドリードやバルセロナなど世界最高峰のチームが集う、夢のスペイン1部リーグに初挑戦する。

https://news.yahoo.co.jp/articles/56095553579d23f98d037031efabaad8505e5dfe

処分撤回のマンC、“名将”グアルディオラ監督に長期の契約延長オファーを提示 

20200714-00380707-footballc-000-2-view


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索