Samurai Goal

契約延長


スポンサード リンク





ラ・リーガ1部昇格ウエスカ、岡崎慎司との契約延長を発表「自らの力でチームの重要な選手となった」 

スクリーンショット 2020-07-26 4.25.37のコピー




1: 2020/07/25(土) 22:20:23.71 _USER9
ウエスカは25日、日本人FW岡崎慎司(34)との契約を2021年まで延長したことを発表した。

先にラ・リーガ1部昇格を決めたウエスカ。同クラブと岡崎の契約条項には、1部昇格の場合には今季限りの契約が自動で1年延長されるという内容が盛り込まれており、それが履行された形だ。ウエスカは、次のような声明を発表している。

「岡崎慎司は、2021年6月までウエスカに所属し続けることになりました。34才の日本人は、自らの力でこのチームにおける重要な存在となりました。彼はチーム内得点王となる12ゴールを記録して、スペイン・プロリーグの1シーズンで、最も多くの得点を決めた日本人選手となりました。2015-16シーズンに衝撃のレスターとともにプレミアリーグ優勝を果たし、ワールドカップに三度にわたって出場し、北京五輪にも参加した岡崎は、フットボールのエリート界で素晴らしい軌跡を描き続けています」

「岡崎は2019年9月、大興奮を巻き起こす選手としてウエスカに到着し、10ゴールを決めるという約束をしっかりと果たしました。北アラゴンの人々はラ・リーガ1部という舞台で、彼の才能を享受し続けることになります」

https://news.yahoo.co.jp/articles/dd69f4cdbe49111968b6bc4c50e7ffecce8f8e45

1部昇格立役者のウエスカ岡崎慎司が契約延長へ 地元紙 

20200718-00900110-sportiva-000-5-view




1: 2020/07/19(日) 17:53:33.98 _USER9
スペイン2部リーグで、ウエスカの1部昇格の立役者となったFW岡崎慎司(34)の契約が自動的に更新されるとスペイン紙アスが19日に報じている。

ウエスカは17日、ホームで行われたスペイン2部リーグ第41節ヌマンシア戦に勝利して2位以内を確定させ、わずか1年で1部返り咲きを決定した。

岡崎は昨夏、スペイン2部のマラガに入団するも、サラリーキャップ制(移籍金の減価償却費及び選手年俸)の問題で選手登録できず、ウエスカと今季1年間の契約を結んでいた。

この契約条項には2季目をプレーする契約延長オプションが含まれていた。そのためアス紙はチームが1部昇格を決めたことにより、岡崎の契約が自動的に延長され、来季もウエスカでプレーすることが決定したと伝えている。

岡崎同様、昨夏より契約を結び、わずか1年でウエスカを1部昇格に導いたミチェル監督も今季で切れるはずだった契約が自動延長されている。ミチェル監督は2年前の2017-18年にも2部を戦ったラリョ・バリェカノを1部に昇格させており、わずか3年間で2チームを1部に引き上げる「昇格請負人」になっている。

岡崎はヌマンシア相手に美しいヒールショットで今季の12得点目を記録し、ウエスカが1部昇格を決めた直後に「スペインの1部でやりたいという夢がこれでかないます。来シーズンはビックチームもいっぱいある中で、自分たちは1部でまずウエスカ初の残留を果たせるように、自分はチームに貢献できるように、またゴールを取れるように頑張りたいと思いますので、これからも応援よろしくお願いします」と意気込みを語っていた。

岡崎は来季、レアル・マドリードやバルセロナなど世界最高峰のチームが集う、夢のスペイン1部リーグに初挑戦する。

https://news.yahoo.co.jp/articles/56095553579d23f98d037031efabaad8505e5dfe

処分撤回のマンC、“名将”グアルディオラ監督に長期の契約延長オファーを提示 

20200714-00380707-footballc-000-2-view

バルセロナ会長が断言「メッシとの契約延長は義務」 

1: 2020/07/08(水) 10:52:40.74
バルセロナのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長がスペインのラジオ局RAC1で、クラブについてのさまざまな質問について答えた模様を7日、スペイン各紙が伝えている。

その中で、2021年6月末で契約満了となるFWリオネル・メッシについても言及した。

  ◇  ◇  ◇

バルセロナは現在ピッチ内外でさまざまな問題を抱えている。そのような状況の中、辞任するかについて問われ、「辞任は考えていない。反対に我々は今、袖をまくり必死に働く時だ」とその意思が全くないことを強調した。

残り4節で首位レアル・マドリードに勝ち点4差をつけられ2位になっているスペイン1部リーグについて「数字的に負けていないが、勝ち点差は大きなものだ」と3連覇が厳しいことを示唆した。

先日、Rマドリードが優遇を受けていると示唆したVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)については「私はVARに賛成だが、VARの適用が現在、公平ではないと以前述べた。ロックダウン後、あるチームを有利にし、別のチームを不利にしている決定がある。私は世界中でそれを見かけている。これは批判ではない。私はVARの改善を望んでいるんだ」と見解を述べた。

前任のバルベルデ監督の解任については「バルベルデの交代を後悔していない。我々には衝動が必要だった。(現監督の)セティエンは新たな空気、衝動をもたらせている」と言及した。

セティエン監督については「もちろん継続する予定だ。私はチームの進化に満足しているし、ここ2試合ですでに進化が見えている。まずリーグ戦、そして欧州チャンピオンズリーグ優勝を目指している」と語った。

メッシについては「彼は2021年まで契約を結んでいる。これらのことについて説明しないが、我々には彼と契約延長する義務がある。メッシはサッカー史上最高の選手であり、彼との契約延長は義務だ。彼はバルセロナで引退することを望んでいる」と答えた。

バルセロナが今夏獲得を目指しているとたびたび報じられているインテルミラノのアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネスについては「シーズンが終わった時に話す予定だ。バルサはカレンダーにその日付を記してはいない。今はリーグ戦に集中している」と返答した。

パリサンジェルマンのネイマール獲得については「可能性は低い。なぜならヨーロッパの全クラブの経済状況が厳しいものになっているからね」と説明した。

ブラジル代表MFアルトゥール(バルセロナ)とボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFピャニッチ(ユベントス)の大型トレードが決まったことについては「1番目にスポーツ面、その次に経済面の決定だった。我々はずっと前からピャニッチとの契約を望んでいた」と明かした。

no title

https://www.nikkansports.com/soccer/world/news/202007070001029.html

フランクフルト鎌田大地 契約延長大筋合意か ヒュッター監督「ダイチがいないと困る」 

20200620-00000009-spnannex-000-3-view




1: 2020/06/20(土) 18:08:01.79
ドイツ1部のEフランクフルトが、日本代表MF鎌田大地(23)との契約延長に動いていると18日、地元紙ビルトが報じた。同紙によると両者は大筋で合意しており、サイン目前という。J1鳥栖から17年夏に4年契約でEフランクフルトへ完全移籍した鎌田の現契約は21年夏までとなっており、代理人とクラブは契約延長に関する話し合いを進めている。

 今季はベルギー1部シントトロイデンから復帰し、公式戦46試合で10ゴールとブレーク中。中断明けもリーグ戦8試合で2ゴール2アシストと絶好調を維持しており、ヒュッター監督は同紙に「ダイチがいないことは、私たちにとっては困ることだ」と話している。

https://news.yahoo.co.jp/articles/a457eeb2177e2ec275a3e3139e83d363fb49514a

鎌田大地との契約延長は急務!元独代表のクラブOB「もっと前に延長しなければいけなかった」 

20200617-00010010-goal-000-1-view

ファン・ダイク、クラブ史上最高給で契約延長と英紙報道 週給3000万円で5年契約へ 

20200612-00266737-soccermzw-000-1-view

鎌田大地をフランクフルトSDが高評価。契約延長も示唆「彼はチームの重要な選手」 

20200527-00375224-footballc-000-1-view




1: 2020/05/27(水) 10:58:25.42
フランクフルトに所属する23歳の鎌田大地に関して、同クラブのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるブルーノ・ヒューブナー氏が契約延長の可能性を示唆した。
26日にベトナムメディア『bongdaplus』が報じている。

2017年7月にサガン鳥栖からフランクフルトへ移籍した鎌田。加入初年度は公式戦4試合の出場にとどまり、2018年8月から1年間はベルギーのシント=トロイデンへレンタル移籍する。
今年6月にフランクフルトへ復帰すると、今季はヨーロッパリーグで6得点、ドイツ杯(DFBポカール)で2得点決めるなど、中心選手として活躍。そして、現地時間26日に行われたフライブルク戦でブンデスリーガ初ゴールを決めた。

ヒューブナーSDは鎌田について「大地はチームの重要な選手だ。彼はクリエイティブなプレイスタイルを持ち、ゴールを決める能力があり、違いを生む方法を知っている。
大地は彼がどれほど素晴らしい可能性を秘めているかを示した」とコメント。
同メディアは、より良いインセンティブを備えた新しい契約が鎌田を待っているという確証と見ることが出来ると伝えている。
2021年6月にフランクフルトとの契約が終了することを考えると、近いうちに契約延長に向けた交渉が本格化するかもしれない。

https://news.yahoo.co.jp/articles/2e04dd8ae3ba64215039fb2e7a298bbc945a5e69
5/27(水) 9:14配信

フランクフルトが長谷部誠との契約延長を正式発表…引退後の去就も明らかに 

20200523-01073494-soccerk-000-1-view

長谷部誠の契約延長は本人の希望次第…独紙「フランクフルトはいかなる決断をも受け入れる」 

20200507-00010018-goal-000-1-view


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索