Samurai Goal

契約


スポンサード リンク





Jリーグのトップパートナーのひとつ「マスターカード・ジャパン」が今季途中で契約を解除 

060001_0




1: 2020/08/12(水) 07:58:44.67 _USER9
Jリーグのスポンサー企業である「マスターカード・ジャパン」が今季途中で契約を打ち切ることが11日、わかった。

Jリーグが8社と契約していた「トップパートナー」のひとつで、2017年から契約を更新してきていた。

シーズン途中での契約解除は異例のことになる。
https://www.asahi.com/articles/DA3S14583981.html

【サッカー】<Jリーグ>2020シーズンのパートナー契約を発表!ヤマザキビスケットはリーグ創設年からの継続!
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1575971664/

村井チェアマン、DAZN契約に言及「支払いを遅らせる提案をさせていただいた」 

20200511-43480191-gekisaka-000-1-view




1: 2020/05/11(月) 18:42:11.38
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200511-43480191-gekisaka-socc
村井チェアマン、DAZN契約に言及「支払いを遅らせる提案をさせていただいた」

Jリーグの村井満チェアマンが11日、報道陣向けのオンライン説明会でスポーツ・チャンネル『DAZN』との放映権契約の状況に言及し、「契約の変更、見直し、減額には至っていない」と述べた。

一方で、Jリーグ側からDAZNに対し、放映権料の受領先送りを提案したという。
村井チェアマンは「DAZNさんは表裏一体。一緒に価値を作っている中で、連日さまざまな形でお話をしている」と前置きした上で
「試合が行えていない状況で、中継制作の費用が出ていないので、われわれから支払いのタイミングを遅らせる提案をさせていただいて、快く了解をいただいた」と明かした。

Jリーグは2月下旬にJ1・J2開幕節を行って以来、約2か月半にわたって公式戦がストップ。最も注目の集まる機会にスポンサーの露出ができていない中、動画コンテンツなどを通じて関係性を築き続けている。

村井チェアマンは「明治安田生命様、ヤマザキビスケット様、そのほか多くのパートナーの皆さんから理解、ご厚意をいただいて、通常以上に励ましの声をいただいている」と感謝を語った。

蘭メディア、堂安律を「期待外れの契約11人」に選出「同額でもっと期待できる選手を…」 

20200413-00010022-goal-000-1-view




1: 2020/04/18(土) 21:04:01.20
PSVの日本代表MF堂安律について、オランダ国内では厳しい見方が強いのかもしれない。『Voetbalzone』は、「期待外れの契約11人」に選出している。

昨夏の移籍市場で、フローニンゲンから強豪PSVへ750万ユーロ(約9億円)と見られる移籍金でステップアップした堂安。大きな期待を受けて加入したが、今季は前半こそ出番があったものの、チームの不調と共に真価を発揮できず。2020年に入ってからはスタメン出場が1試合のみと、苦しい時間を過ごしている。

そんな中『Voetbalzone』は、パフォーマンスや移籍金、期待値などを考慮して「期待外れの契約11人」を選出。堂安は、不名誉な11人の中に選ばれている。寸評では、以下のように綴っている。

「750万ユーロをかければ、ここまでのドウアンよりは期待できる選手を連れてくることができる。21歳の日本人は、19試合で2ゴール1アシストしか記録していない。スタメンもたった12試合。そのうち10試合はマルク・ファン・ボメル前監督体制と、監督交代でさらにうまくいかなかった」

一方で「彼の年齢とクオリティを考慮すれば、ドウアンは評価するのはまだ早い」とし、将来性と能力に期待を込めた。

なおPSVからは、その他ブルマやトニ・ラト、ティモ・バウムガルトルと計4人が選出。ここまで4位と苦しんでいることが、そのまま反映された形となった。

エールディビジも新型コロナウイルスの影響によって中断し、再開のめどはたっていない状況。先行きは不透明だが、リーグ戦再開後に堂安は説得力のあるパフォーマンスを見せられるだろうか。

https://news.yahoo.co.jp/articles/f4914f392f0c92b32dfd2b8aff7267e6c368036f

イニエスタが神戸との契約を全うすることを改めて明言 

20200408-00372901-usoccer-000-1-view

FOOT×BRAIN【開発秘話から契約まで!?スパイクから見るサッカー】 

rebula-750-171208




1: 2020/03/22(日) 00:20:35.61
陸上界で話題となったシューズ問題。
今回は各メーカーの担当者が集結し、サッカースパイクの裏側を激白!
開発秘話からあの選手の契約の話まで…ギリギリの話が満載!

名古屋、エドゥアルド・ネットと契約を解除…Jリーグでは通算100試合に出場 

1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/02/12(水) 13:47:17.43 ID:FJ8yU+Kj9
名古屋グランパスは12日、MFエドゥアルド・ネットと契約解除したことを発表した。

ネットは2018シーズン中に川崎フロンターレから加入。すぐに主力選手へと定着し、リーグ戦15試合に出場した。しかし、2019シーズンは負傷もあってリーグ戦16試合の出場にとどまっていた。

そして、名古屋は両者合意のもと契約を解除することを発表。チームから去ることが決定した。

Jリーグでは通算100試合に出場するなど、実力は折り紙付きのネット。他のJクラブが獲得に乗り出すのか、今後も注目が集まるところだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200212-00010011-goal-socc
2/12(水) 13:40配信

no title

神戸 バルセロナとの連携に合意 三木谷会長「より強化をできれば」 

20190727-00000213-spnannex-000-2-view[1]

バルサの21世紀最悪の選手がロナウジーニョとデコの“泥酔放出事件”を暴露!? 

20190627-00010008-sportes-000-1-view[2]



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索