Samurai Goal

失敗


スポンサード リンク





「奇妙な助走」からPK失敗 パルメイラスの元JリーガーFWを海外酷評「馬鹿げたペナルティー」 

スクリーンショット 2021-02-12 19.38.32

スアレス放出は「バルセロナの大失敗」…元同僚がリーガ得点ランク首位のストライカーを絶賛 

スクリーンショット 2021-02-07 21.25.40

「ビジャレアル行きは完全な失敗」久保建英を高評価するスペイン人名物記者が移籍を提言! 

1: 2020/12/25(金) 11:09:29.97 _USER9
「タケ・クボという謎」と題したコラムを掲載

現地スペインで連日報じられているのが、ビジャレアルに所属する久保建英の去就だ。

 それまで全試合に起用されてきたラ・リーガで2試合連続の出番なしとなり、ウナイ・エメリ監督の中の序列が下がったというのが大方の見方。クラブが率先してレンタルを打ち切る意向ではないようだが、スペイン紙『MARCA』は「ビジャレアルはビセンテ・イボーラが大怪我を負ったことで、冬の移籍市場での補強を考えており、レンタル料と年俸で500万ユーロ(6億2500万円)近くを負担している久保の退団を歓迎している」と伝えている。


 つまり、本人が退団を望めば、引き留めはしないというスタンス。一方、保有元のレアル・マドリーは現時点では状況を見守っている段階のようだ。

 そんななか、スペイン全国紙の『AS』でマドリー部門の編集長を務める名物ジャーナリスト、トーマス・ロンセロ氏が「タケ・クボという謎」と題したコラムを掲載した。

 ロンセロ氏は、日本の至宝について「マジョルカでは、落ち着くまで問題を抱えていたが、昨シーズンの後半戦では、彼が何者であるかを証明した」とし、こう綴っている。

「エメリのビジャレアルは、個人的に成長する最適な場所になるだろうと思った。だが、彼が素晴らしい才能を持っていることを納得されられていない。このレンタル移籍は完全な失敗だった」

 そして、「マドリーは、この若者とともに新天地を慎重に選ばなくてはならない」とし、同じくマドリードを拠点とするヘタフェを移籍先として推している。

「将来の家(マドリー)の隣にいて、次の数年間、彼が暮らすことになるあろう場所で、家族と一緒に落ち着くことができる」

 地理的な観点からの利点を挙げたほか、ハードワークを厳しく要求するホセ・ボルダラス監督の下で「戦術的に改善し、あらゆる面で発展することができる」と強調。さらに、これまでもルベン・デ・ラ・レッド、エステバン・グラネロ、ダニエル・パレホ(現ビジャレアル)、ペドロ・レオン(現エイバル)といったマドリー保有の選手たちが、ヘタフェへのローンで才能を開花させたと主張している。

 以前から久保のポテンシャルを高く評価してきた氏だけに、出場機会が得られないのであれば、環境を変えるべきだと考えているようだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/20bc4ef0dcc043ebe60a04298261d92304933033
no title

「自業自得だ」” 時間稼ぎ”に失敗したGKがボールを奪われ失点、チームは敗れプレーオフ敗退 

スクリーンショット 2020-12-15 5.59.07

南野の獲得は「初めての失敗に?」 リバプールの補強策を英指摘「疑問符が投げられる」 

スクリーンショット 2020-11-28 10.42.23




1: 2020/11/28(土) 06:44:24.12 _USER9
リバプールはCLアタランタに0-2の敗戦 南野は終盤出場のみ「クロップが南野を呼ぶことはなかった」

 リバプールはUEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第4節でアタランタと対戦し、ホームで0-2と敗れた。日本代表MF南野拓実は後半40分からの途中出場にとどまったなか、英メディアは南野の補強について「初めての失敗になるのか?」とリバプールのスポーツ・ディレクターの補強策に触れている。

 今季CLで3連勝と好調のスタートを切ったリバプールは今節のアタランタ戦で勝利すれば決勝トーナメント進出を決められる状況にあったが、リーグ戦を含めた過密日程を踏まえ、主力の大半を休める温存策を採用。しかし、後半15分、19分と連続失点し、無類の強さを誇るホームで黒星を喫した。

 2点のビハインドを背負いながらも、南野は後半40分からの投入となり、わずかな出場時間にとどまった。そんななか、リバプール専門メディア「リバプール・コム」は「南野の計画は今のところ順調には進んでおらず、リバプールのSDに疑問符が投げられる」と、補強を担当するマイケル・エドワーズ氏について触れている。

 記事では、「エドワーズはリバプールが常に最高の契約を確実に遂行するという評判を確立してきた。最初は首を傾げるような補強も、最終的にはチームを強化する選手へと飛躍させた」と前置きしつつも、「悲しいことに、南野は今のところそうなってはいない」と指摘している。

 戦力として見なされていない状況が続いているが、「最新の事例はアタランタ戦だった。チームの奥行きを示す真のテストに直面した際、クロップが南野を呼ぶことはなかった」と、状況打開に向け、後半16分に4人を交代させた際、声が掛からなかったことを振り返っている。

 存在感が着実に薄まっている現状にあるが、「エドワーズはリバプールのSDとして非常に多くのサインを成功させてきたが、初めての失敗になるのか? そうはならないことを願うことしかできず、南野は直近の歴史で最高のバーゲン補強であることを証明する必要がある」と締め括っていた。南野は試練の時を迎えているが、今後世界トップクラスの攻撃陣の中で出場時間を勝ち取ることはできるのだろうか。

https://news.yahoo.co.jp/articles/6b40e4740577efd71989196acc4300037a066078
11/28(土) 6:30配信

S・ラモス、欧州最多キャップを更新した試合で…2018年以降25本連続で決めていたPKを2本連続失敗 

スクリーンショット 2020-11-15 11.03.15

アルテタ監督「失敗した」 エジルのアーセナル戦力外に責任感 

スクリーンショット 2020-10-22 17.42.21

バルセロナ、移籍期間最終日に選手補強失敗か FWデパイとDFガルシアを獲得できず 

スクリーンショット 2020-10-06 13.29.58




1: 2020/10/06(火) 10:52:19.71 _USER9
バルセロナが今夏の移籍期間最終日で選手の補強および放出に失敗したと、スペイン紙アス電子版が5日に伝えている。

同紙はバルセロナがマンチェスター・シティのスペイン代表DFエリク・ガルシア(19)とリヨンのオランダ代表FWメンフィス・デパイ(26)との契約に尽力したものの、両選手とも獲得できずに終わったとつづった。

エリク・ガルシアに関しては契約が来年6月30日までにもかかわらず、マンチェスター・シティが移籍金として1000万ユーロ(約12億5000万円)プラス出来高ボーナス1000万ユーロの合計2000万ユーロ(約25億円)を要求したため合意に達しなかったのこと。

デパイについてもバルセロナは選手本人と1カ月前、そしてリヨンとも数日前に合意に達していた可能性があった。しかしFWウスマン・デンベレが最終的にマンチェスター・ユナイテッド行きを拒否したことで資金が足りずにオペレーションがストップ。さらにMFラフィーニャを最終日にパリ・サンジェルマンに移籍させたものの安価で手放すことになり、デパイを獲得するのに十分な資金を得ることができなかったという。

ラフィーニャの移籍金は出来高制となっているが、最高でもわずか300万ユーロ(約3億7500万円)しか支払われない内容であることをアス紙は伝えている。またこの移籍でバルセロナは、パリ・サンジェルマンが将来、ラフィーニャを他クラブに売却した場合、その移籍金の35%が支払われる権利を保有している。

バルセロナはまた、DFジャン=クレール・トディボをベンフィカに2年間の期限付き移籍で放出。その手数料は200万ユーロ(約2億5000万円)となっており、2000万ユーロ(約25億円)の買い取りオプションが付いている。ロナルド・クーマンは監督就任時からトディボを構想に入れておらず、ロナルド・アラウホを戦力に考えていたとのことだ。

一方、戦力外扱いとなっているDFサミュエル・ウムティティについて、バルセロナは獲得を希望するクラブを見つけることができず放出に失敗していた。

(高橋智行通信員)

https://news.yahoo.co.jp/articles/43f3ba85f16a0fbd55632218e4e934faa552831d

バルサ会長、メッシ引き留め失敗なら刑務所へ? 

スクリーンショット 2020-09-03 18.12.20

バルサ、高給取りグリーズマンとジョアン・フェリックスのトレード画策も失敗 

スクリーンショット 2020-08-28 18.37.33




1: 2020/08/28(金) 15:31:42.62 _USER9
バルセロナがアトレティコ・マドリードにフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンとポルトガル代表FWジョアン・フェリックスのトレードを提案するも失敗に終わったと、スペイン紙マルカが28日に報じている。
ジョゼップ・マリア・バルトメウ会長が新型コロナウイルスの影響による経済危機を受けて進めたもの。バルセロナは新シーズンに約3億2000万ユーロ(約400億円)の収入減を見込んでおり、予想される収入の81%を占める給与総額5億6200万ユーロ(約702億5000万円)に苦しめられることになるため、給与削減が必須となっている。

そのためバルトメウ会長は欧州チャンピオンズリーグでバイエルン・ミュンヘン相手に惨敗を喫する数日前、給与総額を引き下げるため、高給取りのグリーズマンと年俸の安いジョアン・フェリックスとのトレードを考えたという。両選手の昨夏の移籍金はそれぞれ、1億2000万ユーロ(約150億円)と1億2600万ユーロ(約157億5000万円)とほぼ同額だった。

バルセロナと5年契約を結ぶグリーズマンの最初2年間の年俸は手取り18800万ユーロ(約22億5000万円)、その後3年間は手取り2100万ユーロ(約26億2500万円)にアップすることになっている。一方、Aマドリードと7年契約を結んでいるジョアン・フェリックスの初年度の年俸は手取り350万ユーロ(約4億370万円、シーズンを重ねるごとにアップする契約)で、グリーズマンの6分の1と非常に安い。

またグリーズマンの昨季の公式戦成績は48試合出場15得点4アシスト。一方、ジョアン・フェリックスは度々けがに苦しみ、36試合出場9得点3アシストだった。

バルセロナがスポーツ面よりも経済面を優先した今回のオペレーションを提案した際、Aマドリードのミゲル・アンヘル・ヒル・マリンCEOは即座に拒否したとのこと。なぜならジョアン・フェリックスはAマドリードにとって、遅かれ早かれ大成功を収めると確信できる、絶対的な信頼を寄せている選手だからである。

その一方でヒル・マリンCEOは、グリーズマンがバルセロナで悪い時間を過ごしているという状況を理解しているため、反対にAマドリード復帰をバルセロナに提案したという。またその交渉内容は今季ディエゴ・シメオネ監督の戦力にあまり入らないとみられるトマ・ルマールとジエゴコスタの2選手を含むというものだった。しかし予想通り、バルセロナに断られている。

その後、バルセロナで革命が起こり、状況が一転している。ロナルド・クーマン氏が新監督に就任し、ルイス・スアレスやイバン・ラキティッチなどのベテラン選手に戦力外通告をし、グリーズマンに大役を授けることを確約した一方、リオネル・メッシが退団の意向をクラブに告げる事態になっている。(高橋智行通信員)

https://news.yahoo.co.jp/articles/4e8484324853c8cbba3719770b5647869339b053



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索