Samurai Goal

大韓サッカー協会


スポンサード リンク





<W杯アジア予選>大韓サッカー副会長、FIFAに提訴も検討 「南北戦、まるで戦争だった  

20191017-00000008-wow-000-0-view[1]




1: Egg ★ 2019/10/17(木) 13:38:43.13 ID:iFBTZLCH9
大韓サッカー協会のチェ・ヨンイル副会長は、平壌でおこなわれた南北戦について「負担の多い試合だったが、選手とスタッフが厳しい環境でもよくやってくれた。誇らしく、感謝している」と明かした。

 パウロ・ベント監督率いるサッカー韓国代表は去る15日、平壌の金日成競技場で開かれた2022国際サッカー連盟(FIFA)カタールワールドカップアジア地区2次予選・組別リーグH組3次戦の北朝鮮とのアウェイ戦で、スコアレスドローを記録。これにより、2勝1分けとなった韓国は得失点差で北朝鮮を抑えて首位に立っている。

 選手団は北京を経由して17日未明、韓国に到着。チェ副会長は「平壌での試合を準備する中で最初から最後まで、大変なことが多かった。引き分けでも満足」と安堵。

 北朝鮮代表との試合については「戦争のようだった。我々は技術的にサッカーをし、北朝鮮は精神的に武装していた。韓国選手が負傷なくプレーできただけでも満足。アウェイ戦の勝ち点1は満足だ」と明かした。

 また、FIFAに提訴する計画を問われると「まず規定から検討してみなければならない。しかし、移動過程でスタッフ全員が本当に大変だった。協議しなければならない」と答えた。

10/17(木) 10:01配信

23年アジア杯は中国で開催へ、韓国が立候補辞退 北との共催を目指す23年女子W杯に「戦略的に集中する」ため 

img_86743df40d8bf64c191ca6b7f669c346144171[1]




1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2019/05/16(木) 17:14:38.26 ID:CAP_USER
【5月16日 AFP】大韓サッカー協会(KFA)は15日、2023年に開催される第18回アジアカップ(2023 AFC Asian Cup)招致の立候補を取りやめると発表した。これにより、現時点で唯一名乗りを上げている中国が開催地に選ばれる見通しとなった。

 KFAは発表の中で、今回立候補を取りやめたのは、北朝鮮との共催を目指している2023年女子W杯(FIFA Women’s World Cup 2023)の招致活動に「戦略的に集中する」ための判断だと記した。

 KFAは3月、北朝鮮との女子W杯共催の意向を表明。しかし、米朝間の非核化交渉がこう着状態に陥っていることを受け、南北間の接触は減っている。

 韓国が立候補を辞退したことにより、アジアサッカー連盟(AFC)は来月4日、同大会の開催国として中国を承認する見通しになった。中国でアジアカップが行われるのは2004年大会以来2回目になる。

 この大会で中国は決勝に進出したが、日本に1-3で敗れ準優勝に終わっている。(c)AFP

https://www.afpbb.com/articles/-/3225276
2019年5月16日 16:25



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索