Samurai Goal

大迫勇也


スポンサード リンク





大迫、鹿島・内田のゴールパフォーマンスを気にかける「あれだと膝を悪くする」 

170615_circle_01-800x600

【速報】ブレーメンvsヴォルフスブルク 試合終了 

GettyImages-1020630412-800x533

【速報】ブレーメンvsヴォルフスブルク 前半終了 

GettyImages-1020630412-800x533

【速報】ブレーメンvsヴォルフスブルク 大迫勇也先発出場 

GettyImages-1020630412-800x533

【動画】大迫勇也も仰天!? 衝撃の“スローインOG”献上GKにドイツ騒然「メガ級のへま」 

20180920_6996

大迫勇也(ブレーメン)シュート連発!無得点もドイツ紙はチーム最高評価!「驚くべき活躍」  

thumb-12195-094319-magazine




1: 2018/09/30(日) 09:22:08.61 _USER9
現地時間29日にブンデスリーガ第6節の試合が行われ、ブレーメンはシュトゥットガルトのホームに乗り込んで対戦し1-2の敗戦を喫した。この試合で、先発出場を果たした大迫勇也は何度もチャンスを演出。独紙はチーム最高評価を与えている。

 試合開始して3分、フリーキックに大迫がヘディングで合わせるも、シュートは惜しくもゴール左に外れる。続く5分にも大迫がクロスに合わせたがゴールは決まらず。

0-1で迎えた58分には、大迫が絶妙なトラップからマキシミリアン・エッゲシュタインにラストパス。決定的な場面を迎えたが、シュートはポストに弾かれ同点ゴールとはならなかった。その後、相手のオウンゴールによって一時同点に追いつくも、再び勝ち越されブレーメンは1-2の敗戦を喫している。

 試合後、ブレーメンの地元紙『クライスツァイトゥング』は選手の寸評及び評価点を掲載し、先発出場を果たした大迫に対し「初めの9分間で3回シュート。その後、何度もチャンスを演出した。スマートな動きで驚くべき活躍。大迫は良い試合をした」と、得点は挙げる事は出来なかったもののチーム最高評価となる「2.5」の高評価を付けた。(ドイツメディアの採点は「6」が最低、「1」が最高)

9/30(日) 1:20配信 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180930-00291174-footballc-socc

【サッカー】<ブレーメンの日本代表FW大迫勇也>先発した試合でまさかのオウンゴール...
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1538237757/

【速報】シュツットガルト vs ブレーメン 試合終了 

GettyImages-914193268-800x533

【動画】大迫勇也、今季初ゴール!!一旦、オフサイド判定もVARで覆り得点に! 

1 2018/09/01(土) 23:27:57.24 _USER9
正確なクロスで最初の決定機も演出!

9月1日、ブンデスリーガ第2節が行なわれ、ブレーメンはフランクフルトとアウェーで対戦。21分に大迫勇也が今シーズン初ゴールで、チームに先制点をもたらしている。
 
M・エッゲシュタインの縦パスでDFラインの裏に抜け出した大迫は、落ち着いてシュート。前日の移籍市場最終日にパリ・サンジェルマンから加入したばかりのGKトラップの股間を抜いて、ゴールネットを揺らした。
 
ところが、副審はフラッグを上げてオフサイドをアピール。大迫もこの判定に落胆するが、主審がVARで確認した結果、ゴールが認められ、改めて大迫は喜びを爆発させた。
 
リーグ2戦目で初ゴールを記録した大迫は、この試合では前線の左サイドに張り、立ち上がりから精力的に攻守で走り回っている。またチャンスにも絡み、16分、クルゼの決定的なヘディングシュートを引き出したのは、大迫の正確なクロスだった。
 
大迫はその後、30分にもハルニクのラストパスを受けて惜しい場面を迎えている。
 
試合は32分、フランクフルトのヴィレムスがゲブレ・セラシェに手を出して一発退場。ホームチームが数的不利を負うこととなった。なお、体調不良により前節でメンバーから外れた長谷部誠は、練習には復帰していたものの、今節もベンチ外となっている。

9/1(土) 23:17配信  サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180901-00046637-sdigestw-socc

写真
no title

“原口・大迫・浅野”ブンデス3選手が共演!!勝敗決まらずドローに! 

1 2018/08/26(日) 00:30:51.11 _USER9
ブンデスリーガ第1節が25日に行われ、ブレーメンとハノーファーが対戦した。

今夏、移籍した日本人3選手が在籍する両チーム。全員が先発としてピッチに立つ期待が寄せられたが、原口元気はベンチスタートとなった。ブレーメンFW大迫勇也は右ウィング、ハノーファーFW浅野拓磨はツートップの一角として先発している。

序盤はブレーメンがボールを支配。左右に散らしながら、ゴールへと迫り、大迫も右サイドからアクセントを加える。一方のハノーファーはカウンターから好機を作ろうと試みるが、距離が長く、ゴールまでなかなかたどり着かない。

前半はともにビッグチャンスを作るには至らず、スコアレスで折り返す。

後半開始早々、ブレーメンは中央で浮き玉をつなぎ、最後はダフィ・クラーセンからルドウィグ・アウグスティンソンがボレー。しかし、シュートは惜しくもゴール右へ逸れ、先制点とはならず。

直後、エースのマックス・クルーゼが足を引きずるようにして途中交代。大迫が右から中央へとポジションを移す。56分にはクラーセンがヘディングでフリックしたところを、大迫が抜け出して左足でシュート。うまくミートせず、ボールはゴール右へと外れていった。

劣勢のハノーファーは10番の原口を投入。左サイドのアタッカーに入った。

逆にブレーメンは、39歳の重鎮クラウディオ・ピサーロを投入し、勝負を決めにかかる。

ハノーファーは原口、ブレーメンは大迫を中心に攻撃が回り始めるが、最後のパスやトラップが決まらず、決定的なシュートチャンスには結びつかない。そんな中、どちらに転ぶかわからない試合を動かしたのはハノーファー。77分、浅野と交代で入ったヘンドリク・ヴァインダントが浮き球のパスに抜け出すと、ワントラップから冷静に流し込み、ついに試合が動く。

それでも諦めないブレーメン。左サイドのクロスにピサーロが飛び込むと、そのまま流れたボールをゲブレ・セラシエが頭で押し込み、終盤で試合を振り出しに戻す。

試合は結局そのまま終了。1-1のドローに終わっている。

■試合結果

ブレーメン 1-1 ハノーファー

■得点者

ブレーメン:ゲブレ・セラシエ(85分)

ハノーファー:ヴァインダント(77分)

8/26(日) 0:21配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180826-00000027-goal-socc

写真
no title

大迫勇也を“小さな怪物”とブレーメン地元紙が紹介!182cmでも小さいって半端ない!! 

DlQB_nPVsAAyrI7
1 2018/08/24(金) 15:00:05.14 _USER9
サッカーのドイツ1部リーグで18日、ブレーメンの大迫勇也が移籍後初の公式戦となったドイツ・カップ1回戦でいきなりヘディングシュートを決めた。地元紙は、先のワールドカップ(W杯)ロシア大会の活躍で流行した「大迫半端ないって」のフレーズとともに、28歳の日本代表FWのデビューを好意的に伝えた。
 ブレーメンの地元紙「クライスツァイトゥング」は、低迷したケルンから移籍した大迫を「小さな怪物」と見出しで紹介し、ヘディングの強さを称賛。182センチの身長はドイツでは選手の平均を下回るものの、新天地加入後はプレシーズンマッチを含めて頭で得点する場面が続いており、コーフェルト監督らを驚かせている。
 大迫が高校時代に全国選手権で大活躍し、対戦した選手が「大迫半端ないって」と嘆いたエピソードも紹介。この言葉と、相手選手の悔し泣きする顔がTシャツにプリントされ、いまだに売れていることも詳報した。ドイツでグッズ販売するアイデアも冗談交じりに提案している。
 24日に開幕する新シーズンで持ち味を発揮し続ければ、ドイツでも「半端ない」に当たる声が聞こえてくるかもしれない。(ベルリン時事)(2018/08/23-09:12)

https://www.jiji.com/jc/article?k=2018082300271&g=scr



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索