Samurai Goal

大迫勇也


スポンサード リンク





大迫勇也に対するバッシングに元ブレーメンDFが苦言「問題を抱えているのは彼だけではない」 

スクリーンショット 2021-01-16 13.04.25

<ブレーメン監督>大迫勇也を擁護!「彼だけ批判されるのはアンフェア」「彼を見捨てることは決してない」 

1: 2021/01/11(月) 14:10:01.27 _USER9
ブレーメンのFW大迫勇也が9日、ブンデスリーガ第15節レバークーゼン戦(△1-1)で11試合ぶりに招集メンバーから外れた。その理由をフロリアン・コーフェルト監督が説明している。

ドイツ『ダイヒ・シュトゥーベ』によると、大迫のベンチ外は2日の第14節ウニオン・ベルリン戦(●0-2)のパフォーマンスと大きく関係していたようだ。

開幕から公式戦ノーゴールと不調が続く大迫は、この試合で先発出場しながらも前半のみで交代。同メディアは「日本人選手は多くの悪い選手の中でも最悪の存在だった」と指摘している。

ウニオン・ベルリン戦後、大迫と話し合いを行ったというコーフェルト監督は「私たちはたくさん話をした。その後、彼の頭を休ませる必要があるという意見で一致したんだ」と、今節のメンバーから外した理由を説明した。

また、大迫を取り巻く全体的な雰囲気に対して「みんなが悪いプレーをしているのに、し、「だから私は彼をとても大事にしている」と擁護する姿勢を示している。

指揮官は今後について「彼を見捨てることは決してない」と約束。「ユウヤは今後数週間のトレーニングを通じて自信を取り戻し、再びメンバー候補になるだろう。それは来週か、2~3週間後かもしれない」と見通しを語った。

1/11(月) 8:37配信 ゲキサカ
https://news.yahoo.co.jp/articles/519d7ed1ff66ed82fb2571db1b8a6419798657e9

写真
no title


ブレーメン監督、大迫勇也を擁護し復調期待。「彼だけ批判されるのはアンフェア」
https://news.yahoo.co.jp/articles/4e8495e6d8d29f3ac03c0bfa7612f17687f6b45c

ベンチ外の大迫勇也、日本復帰の可能性高まる?「監督の忍耐も終わり」と地元紙 

スクリーンショット 2021-01-10 18.02.24




1: 2021/01/10(日) 14:59:13.42 _USER9
 ドイツ1部のブレーメンに所属する日本代表FW大迫勇也は、現地時間9日に行われたブンデスリーガ第15節のレバークーゼン戦でベンチ外となった。現地メディアでは移籍の可能性が高まったとの見方も伝えられている。

 今季はリーグ戦11試合に出場しながらもまだ得点はなく、低調なパフォーマンスで批判も強まっていた大迫。前節まで3試合連続で先発出場していたが、冬の移籍市場で日本に復帰するという噂も一部メディアで浮上していた。


 そういった状況の中で行われたレバークーゼン戦は、先発落ちだけでなくベンチメンバーにも入らず。地元紙『ヴェーザー・クーリアー』は、「コーフェルトの忍耐が終わりに」と大迫の現状について伝えている。

 昨季も序盤戦と終盤戦の数試合を除けば苦しい時期が続き、メディアやファンからの批判の対象となっていた大迫だが、フロリアン・コーフェルト監督は一貫して同選手を信頼する姿勢を強調し続けてきた。だが負傷などがあった場合を除けば大迫がベンチ外とされたのは2018年の加入以来初めてであるとして、ついに指揮官の我慢が限界に達したとの見方を現地紙は示している。

 コーフェルト監督は大迫の現状について、「今はトップフォームではない」「頭をクリアにする必要がある」とも今週コメントしていた。だが「我慢は終わった。今回の移籍市場で母国に売却される可能性も低くはない」と『ヴェーザー』紙は移籍の見通しにも言及している。

https://news.yahoo.co.jp/articles/9f85f8fae4aafe763b23e7ac77d6290dddc1f0e2
/10(日) 14:54配信

大迫勇也にまたも批判集中…ブレーメン幹部が言及「それもサッカーでは付き物」 

bun21010807300001-p1




1: 2021/01/08(金) 08:49:30.94 _USER9
サンスポ2021.1.8 07:30
https://www.sanspo.com/soccer/photos/20210108/bun21010807300001-p1.html

 ブレーメンのプロ部門兼スカウティングのトップを務めるクレーメンス・フリッツ氏が、会見に臨み、その中で周囲からの批判が止まない日本代表FWの大迫勇也についても語った。

 大迫は昨年9月の今季開幕節ヘルタ戦(1-4)で前半のみに交代され、ホームサポーターがそれを歓迎するかのように拍手。その後7試合スタメンに名を連ねることがなかったものの、複数の同僚のアタッカーたちが負傷離脱を強いられ、第9節ウォルフスブルク戦からの6試合中5試合には先発出場。しかし、フロリアン・コーフェルト監督は2日のウニオンとのホームマッチ(0-2)ではその低調なパフォーマンスを受け、MFレオナルド・ビッテンコートとともに前半のみでの交代を言い渡すことに。そして、ネットなどではまたも大迫に批判が集中した。

 会見では直近リーグ戦6試合で1勝5敗と不調に陥っているチームの現状などについて語ったフリッツ氏は、批判の的となっている大迫に対するにも言及。「彼は私にとって、依然として経験豊富な選手だ。もちろん誰も批判を受けることを望まない。だが最終的には我々は全員、批判に強くなければならないし、サッカーでは付き物の一つだ。それにユウヤは自分の中でそれらを正しく整理できるだけの経験を持っている」と指摘すると、次のようにも続けた。

 「大事なの、彼がトレーニングで自信を取り戻すこと、練習グランドで全力で取り組むことだ。時には自分に圧力をかけ過ぎることもあるため、ちょっとばかりの余裕を持って、やはりトレーニングで頑張るのがベストだろう。チームに確かな付加価値をもたらす存在になるためにもね。彼の個の力に関して語る必要はないだろう。だが当然、我々も彼自身も、彼がそれをピッチ上で見せることを望んでいる」

 18年にケルンから加わった大迫はブレーメンとの契約は22年まで。今冬の移籍の可能性も報じられる中、同クラブで最も苦しい時期を過ごすアタッカーは昨季終盤戦でのリーグ戦4試合で4得点記録したころの姿を取り戻せるのだろうか。(Goal.com)

大迫勇也(30)の放出も「検討せざるを得ない」…ブレーメンSDが移籍市場での動向に言及 11試合0得点 

スクリーンショット 2021-01-05 11.26.27




1: 2021/01/05(火) 00:58:44.12 _USER9
ラシカとともに有力放出候補に?

ブレーメンはオファー次第で今冬にも日本代表FW大迫勇也やコソボ代表MFミロト・ラシカを手放すようだ。クラブのフランク・バウマンSD(スポーツディレクター)が認めた。

コロナ禍の影響による損失にあえぐブレーメンは、今冬の選手売却が濃厚に。バウマンSDはドイツ『スカイ』で報道について「基本的にはあっている」と認めると、放出候補に挙げられる大迫やラシカについても言及。このように語った。

「競技面でなんとかなり、オファー額に納得できる場合のみに選手を手放す。彼らは我々にとって重要なプレーヤー。放出は不本意だ。だが、オファー額が適正ならば、検討せざるを得ない」

2018年にケルンから加わった大迫はブレーメンでの契約は22年まで。同クラブでは公式戦69試合に出場し14得点を記録。今シーズンは第14節消化時点で先発出場は6試合にとどまり、ここまでノーゴール。先日、ブレーメン専門メディア『ダイヒシュトゥーベ』では日本のクラブからの興味を報じられた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/c10cfd27c621c330209732346b5faf103e6c118b
1/4(月) 23:11配信

<大迫勇也>7年ぶりにJ復帰の可能性?地元メディアが日本のクラブから興味と報道 

1: 2020/12/30(水) 19:29:28.42 _USER9
本人にとっても「有意義」?

ブレーメンの日本代表FW大迫勇也は、今冬にもJリーグに復帰するのだろうか。ブレーメン専門メディア『ダイヒシュトゥーベ』が報じた。

ブレーメンでは今季苦境に立たされている大迫。フロリアン・コーフェルト監督の愛弟子とも言われる日本代表FWだが、DFBポカール1回戦やリーグ開幕節では先発出場果たすも、前半のみで交代。その後しばらくベンチスタートが続くと、ここ最近はスタメンに名を連ねていたが、負傷離脱中のアタッカーたちが戦列復帰すれば再びベンチに置かれると見られている。

そんな中、ブレーメン幹部が先日、経済的な理由から今冬の移籍市場では新たな選手を加えない一方で、オファー次第で既存メンバーの売却を検討せざるを得ないとコメント。そして『ダイヒシュトゥーベ』によると、放出候補の1人はJリーグのクラブから関心抱かれる「日本ではスーパースター」の大迫とのこと。クラブ名こそ明かされていないものの、Jリーグ復帰の可能性が浮上しているという。

同メディアはまた、東京オリンピックに向けて、日本代表チームのOA枠としての出場を目指している大迫自身にとっても、「大会に向けてより良い準備をするために復帰は有意義だろう」とも指摘。現在30歳の同選手は、2014年1月に鹿島アントラーズからドイツの1860ミュンヘンに渡って以来、7年ぶりにJリーグに復帰するのだろうか。

12/30(水) 19:14 GOAL
https://news.yahoo.co.jp/articles/65043c593b4d04d9bf906259330ce10ed4644915

写真
no title

大迫勇也は地元メディアで平均的評価。先発復帰で先制アシストも「それ以外は…」「チャンスも決められず」 

1: 2020/11/28(土) 15:36:20.60 _USER9
ドイツ・ブンデスリーガ第9節のヴォルフスブルク対ブレーメン戦が現地時間27日に行われ、ホームのヴォルフスブルクが5-3で勝利を収めた。ブレーメンの日本代表FW大迫勇也は先発で出場し、84分に交代するまでプレーしている。

 アメリカ代表FWジョシュ・サージェントの負傷欠場の穴を埋める形で開幕戦以来8試合ぶりの先発出場を果たした大迫は、前半13分に相手陣内でのボール奪取からクロスを上げてブレーメンの先制点をアシスト。だが守備の脆いブレーメンは打ち合いの末に5失点を喫しての敗戦に終わった。


 地元紙『ヴェーザー・クーリアー』では大迫のこの日のパフォーマンスに対して採点「4」(ドイツでは1から6までで数字が低いほど高評価)。やや低めだがチーム内では平均的な評価とし、「うまくボールを奪って(レオナルド・)ビッテンコートのゴールをアシスト。だがその後は体を張ったプレーを見せることがほとんどなかった。しばしば前線でプレーしていたが良い案ではなかった」と寸評を添えた。

 クラブ専門メディア『ダイヒシュトゥーベ』では他の4人と並んでチーム最高タイの採点「3.5」をつけた。「ボールを奪っての先制点アシストで先発起用の正しさを証明した」としながらも、「それ以外にハイライトはなかった。4-3の勝ち越しチャンスもあったが決められなかった」とコメントしている。

 前節まで5試合連続ドローだったブレーメンはこれで6試合白星無し。次節は遠藤航の所属するシュトゥットガルトとホームで対戦する。

https://news.yahoo.co.jp/articles/9a5e8d95758599d88f40a377066fb5750b475308
no title

ブンデス第9節 大迫が先制点演出も…ブレーメン、ヴォルフスブルクに5失点敗戦で6戦未勝利 

スクリーンショット 2020-11-28 12.53.00




1: 2020/11/28(土) 08:50:19.79 _USER9
 ブンデスリーガ第9節が27日に行われ、日本代表FW大迫勇也が所属するブレーメンとヴォルフスブルクが対戦した。大迫は開幕節以来の先発出場を果たし、84分までプレーした。

 前節のバイエルン戦で1-1で引き分け、リーグ戦5試合連続で引き分けが続いている9位ブレーメンは勝ち星が欲しい状況だ。上位浮上を目指すブレーメンが6位ヴォルフスブルクのホームに乗り込んだ。

 試合を動かしたのはブレーメンだった。13分、大迫が左サイドの高い位置で相手ディフェンダーからボールを奪うと、そのまま中央へドリブルしてクロスを送る。これにレオナルド・ビッテンコートが合わせ、先制した。しかし、ヴォルフスブルクもすぐに試合を振り出しに戻す。22分、ペナルティエリア手前中央でボールを受けたリドレ・バクが、左足で鋭いシュートを放つと、これがゴール右隅に決まった。

 さらにヴォルフスブルクは25分、FKの流れからヨシプ・ブレカロがペナルティエリア内左を突破し、クロスをあげる。これにジョン・ブルックスがヘディングで合わせ、早くも逆転に成功した。ブレーメンは36分、右サイドからのCKにケヴィン・メーヴァルトがバッグヘッドで合わせると、これがそのままゴール左上に吸い込まれ、同点とした。

 ヴォルフスブルクはその直後の37分、カウンターから右サイドを崩し、中央へクロスを送ると、これにワウト・ウェクホルストが右足で合わせて3点目を奪った。1点ビハインドで後半へ折り返したブレーメンは47分、大迫からのスルーパスで左サイドを突破したミロト・ラシカがクロスをあげる。これがブルックスの足に当たり、ボールはそのままゴールに吸い込まれ、同点に追いついた。

 ヴォルフスブルクは76分、左サイドからのクロスにワウト・ウェクホルストがヘディングで合わせて再びリードを奪った。ブレーメンは80分、メーヴァルトがこの試合2枚目の警告を受けて退場となる。ブレーメンは終盤に大迫を下げてダヴィー・ゼルケを投入する。

 ヴォルフスブルクは後半アディショナルタイム5分、カウンターから左サイドを崩し、中央へ折り返す。最後はバルトシュ・ビアレクが右足で押し込んで5点目を奪った。試合はここで終了。ブレーメンがヴォルフスブルクに敗れ、6戦未勝利となった。ヴォルフスブルクは3連勝とし、好調を維持している。

 次節、ブレーメンは12月6日にホームでシュトゥットガルトと、ヴォルフスブルクは同月5日にアウェイでケルンと対戦する。

【スコア】
ヴォルフスブルク 5-3 ブレーメン

【得点者】
13分 0-1 レオナルド・ビッテンコート(ブレーメン)
22分 1-1 リドレ・バク(ヴォルフスブルク)
25分 2-1 ジョン・ブルックス(ヴォルフスブルク)
36分 2-2 ケヴィン・メーヴァルト(ブレーメン)
37分 3-2 ワウト・ウェクホルスト(ヴォルフスブルク)
47分 3-3 オウンゴール(ブレーメン)
76分 4-3 ワウト・ウェクホルスト
90+5分 5-3 バルトシュ・ビアレク(ヴォルフスブルク)

11/28(土) 6:28
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20201128-01147333-soccerk-socc

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20112627
試合スコア

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/standings/56
順位表

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/stats/56得点ランキング

大迫勇也に代わるストライカー不在が響く完敗。鈴木武蔵「FWとして責任を感じる」 

スクリーンショット 2020-11-19 8.05.01




1: 2020/11/18(水) 23:49:09.41 _USER9
日本代表は現地17日にメキシコ代表と国際親善試合を行い、0-2で敗れた。

 前半は日本も多くのチャンスを作りながら仕留めきれず。後半は逆にギアを上げたメキシコに主導権を握られ、63分、68分と立て続けにゴールを奪われてしまった。

 今回はブレーメンに所属するFW大迫勇也が、クラブと地域の新型コロナウイルス感染防止策の影響を受けて招集外に。誰がエースストライカーの代役を担うのか、あるいは大迫に代わる人材が現れるのかも注目されていた。

 13日のパナマ代表戦では1トップに南野拓実が入り、メキシコ戦は鈴木武蔵が4-2-3-1の頂点で先発出場。しかし、2人とも流れの中からのゴールは奪えず。日本代表としても10月からの4試合はセットプレーからしか得点できておらず、前線の迫力不足は顕著にあらわれてきている。

 メキシコ戦に先発した鈴木は「前半の何本かあったチャンスを決めきれないと、こういう強い相手にはこういうゲームになってしまう。本当にFWとしての責任を感じています」とうなだれた。

 チャンスは確かにあった。特に15分の場面ではGKと1対1の状況が生まれたものの、鈴木が放ったシュートはメキシコのベテラン守護神ギジェルモ・オチョアが倒れながら反対側に残した足に阻まれた。

「ボールを置く位置はよかった。ちょっと(GKが)倒れるのが見えて、ファーサイドに流し込んだんですけど、(オチョアが)足をよく残せたのと、振り返ってみればもう少し浮かせて打つのがベストだったなと、結果論ですけど、思います」

 鈴木は「シュートを打つとき、練習からどこに打つかはすごく考えながらやっているので、結果論ですけど、(15分の場面は)浮かせて打つのがベストな選択だったし、もう少し自信を持って打ってもよかった」と繰り返し自らの判断を悔やむ。

 そして「あそこで相手が1枚上手だったなと思いますし、僕自身もまだだだ未熟」と実力不足も素直に認める。

 一方で、メキシコのエースストライカーはきっちりと与えられた仕事を果たしてベンチに帰っていった。すでに交代選手が準備していて、次にプレーが切れたタイミングでピッチを後にするだろうと思われていた直前に試合を大きく動かす先制点を奪って見せたのがラウール・ヒメネスだった。

「前半はメキシコにそんなにチャンスがない中で、後半、一気にああやって1つのチャンスで決めきるのは、やっぱりプレミアリーグでやっているだけあって、そういう勝負強いところは本当に…僕もそこで勝負強さが出てこないとなかなか上では戦っていけないと思います」

 ウォルバーハンプトンでもエースの重責を担うワールドクラスの実力者に違いを見せつけられ、鈴木の言葉からはそこはかとない悔しさがにじみ出る。大迫とポジション争いができる、あるいは代役を任せられるストライカーは、今の日本代表にいないことが証明されてしまった試合だった。

 鈴木は実力差をまざまざと見せつけられても、前を向いて自分の成長のために努力を続けるつもりだ。「やることはそんな変わらないですね。いつも通り、いつもの練習からシュートのコースだったり、タイミングだったりは意識しているので、クラブ(ベールスホット)でまた結果を出して、(日本代表に)呼ばれるようにどんどん点を取っていきたいです」と決意を述べる。

 ベルギーリーグでは移籍から半年足らずで実力が認められつつあっても、国際レベルではまだまだ。自らの現在地を痛いほど思い知らされたストライカーが、その悔しさをバネに今後どのような成長を見せるか注目だ。

11/18(水) 14:13
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20201118-00398335-footballc-socc

大迫勇也が招集外…JFAが会見で説明「帰国後にチームとしての制限がある」 

スクリーンショット 2020-11-05 22.27.41


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索