Samurai Goal

大迫勇也


スポンサード リンク





大迫勇也“謙虚な気持ち”で意気込みを語る「本当にやるだけ」 

1 2018/06/24(日) 00:14:28.53 _USER9
大迫、セネガル戦へ「しっかり勝ち点3取りたい」史上初のW杯2連勝へ意気込む
2018年6月24日0時0分 スポーツ報知
http://www.hochi.co.jp/soccer/worldcup/CO034053/20180623-OHT1T50303.html

公式練習に臨み、ヘディング練習で調整する大迫(カメラ・竜田 卓)
no title


初戦で歴史的勝利を飾った日本代表は24日、史上初のW杯2連勝をかけてセネガル代表と対戦する。23日は試合会場となるエカテリンブルク・アリーナで冒頭15分以外を非公開とし、公式練習を行った。
コロンビア代表戦(19日・サランスク)で決勝点を挙げたFW大迫勇也(28)=ブレーメン=が練習後に取材に応じ、初戦の勝ち点3を忘れて、連勝を目指す考えを明かした。

初戦でポーランドを下し、セネガルも勝ち点3を手にした。大迫は「あまり有利だとは思っていないですし、もう一回初戦のつもりでリセットして、やるだけ。試合するからにはしっかり勝ち点3取りたい」と誓った。
セネガルは高い身体能力と個々の力を武器とする一方で、従来のアフリカのチームよりも組織的に戦うことを目指しており、簡単にはいかない相手だ。

ブラジルW杯で2試合無得点に終わった記憶から「W杯はそんなに甘くないので、自分たちが思うように全くいかないこともあります」と覚悟。
その中で「うまくいかないときに我慢して、耐えて、勝ち引き分けに持って行けるかが大事になってくる。踏ん張るところでみんなが覚悟を持って踏ん張るだけ」と我慢の重要性を明かした。

「コロンビアも相当良いチームだったし、個々も良い選手だった。セネガルも良い選手が多い。(スカウティング)映像もしっかりと見て、みんな頭に入っていると思う。本当にやるだけ」と最後に力をこめた大迫。
国内では鹿児島城西高時代に称された「ハンパない」が大ブームとなる中、冷静にセネガル戦を見据えた。

『大迫半端ない』が遂に世界デビューww海外紙で紹介される!! 

9_000000000001
1 2018/06/21(木) 22:10:57.26 _USER9
世界の大迫 セネガル戦も“半端ない”活躍だ 英紙が「hampanai」紹介

 「ロシアW杯・H組、日本-セネガル」(24日、エカテリンブルク)

 「半端ない」から「hampanai」へ-。サッカーのW杯ロシア大会1次リーグH組初戦で、コロンビアを2-1で破った日本代表は20日、
ベースキャンプ地のカザンで第2戦・セネガル戦(日本時間25日午前0時・エカテリンブルク)に向けて調整した。
コロンビア戦で決勝ゴールを挙げたFW大迫勇也(28)=ブレーメン=の代名詞である“半端ない”が、英国の大手一般紙・ガーディアンでも紹介。
世界でも注目を浴びている男が、勝てば決勝トーナメント進出の可能性があるセネガル戦でも日本を勝利に導く。

 大迫の代名詞である「半端ない」が、ついにサッカーの母国にと“上陸”した。英紙・ガーディアンのW杯ロシア大会特集サイトでは、今大会に臨む32カ国の出場選手を紹介。
大迫のページでは「彼のプレーは『awesome(素晴らしい)』、『incredible(信じられない)』という意味の日本語表現である『hampanai』と表現されている」と紹介。
コロンビア戦の勝利に貢献したことが報じられている。

 同点で迎えた後半28分、頭で突き刺した一撃は、日本では半端ないほど大きな反響を呼んだ。だが、白星発進の立役者は重圧から解放されていた。
コロンビア戦の直後、山のように届いた祝福のメッセージに返信。「やったな」とたたえられると「ほっとした」と重圧から解放された気分を表した。
1次リーグ突破へ希望が広がる金星は、選手を知る人たちにも喜びの輪を広げていった。

 大迫がメッセージを送ったのは、鹿児島城西高サッカー部で一緒だった友人がつくる無料通信アプリLINE(ライン)のグループ。
メンバーはコロンビア戦直前、応援する際の服装についてやりとりした。「楽しそうだな」「頑張るわ」。大迫からは初戦に向かう決意が届いた。

 メンバーの一人、鹿児島市の自営業・大坪世奈さん(27)は「特別な気持ちで臨んだんじゃないか」という。
これまでの日本代表の試合前は集中するためか、雑談に応じるようなメッセージは届くことはなかったという。

 決勝点だけではなく、先制点となったPK獲得の起点となるなど、2得点のいずれにも絡んだ。
青春時代を共に過ごしたメンバーたちが勝利の直後「大迫、やったな」と祝福すると、「ほっとしたわ」と返信があったという。

 一夜明け、大迫は他の先発メンバーとともに室内で疲労回復を目的としたメニューで調整。鹿児島の大地で育ったストライカーの代名詞「hampanai」という言葉は世界へと進出した。

 H組で首位に立ち、セネガルに勝てば2大会ぶりに1次リーグを突破する可能性がある。2戦連発で決勝トーナメントへ。ロシアW杯を飛躍の大会とする大迫の快進撃は、まだまだ止まらない。

デイリースポーツ online 2018.6.20
https://www.daily.co.jp/soccer/wc2018/2018/06/21/0011372847.shtml?ph=1

熊本県警まで“大迫ブーム”に便乗!?交通標語が話題にww 

1 2018/06/21(木) 19:13:39.07 _USER9
no title


サッカーワールドカップの日本の勝利に貢献した大迫勇也選手の活躍をたたえる言葉から発想した、「おもいやり運転ハンパないって!」というユニークな交通標語が熊本県の道路にお目見えし、インターネット上などで話題となっています。

この交通標語は、熊本県警が渋滞や事故の情報を知らせるため、県内50か所の道路に設置している電光掲示板に表示を始めました。

「おもいやり運転ハンパないって!」という標語で、サッカーワールドカップロシア大会の初戦で勝ち越しゴールを決めた大迫選手の活躍をたたえる、「半端ないって」という言葉から発想を得た交通担当の警察官が考えました。

熊本県警では、ピョンチャンオリンピックで羽生結弦選手が金メダルを獲得した際も、「お先どうぞ ゆづる心に金メダル」という交通標語を表示して注目されました。

今回の“ハンパない”標語が電光掲示板に表示された画像を熊本県警がツイッターに投稿すると、「仕事が早い」といったコメントが寄せられるなどインターネット上などで話題になっています。

標語を考えた熊本県警察本部交通企画課の米村法数警部は「日本代表の勝利とともに、飲酒運転の根絶、交通事故の防止を願っています」と話していました。

2018年6月21日 16時40分
NHK NEWS WEB
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180621/k10011489481000.html?utm_int=all_side_ranking-social_001

稲村亜美が大迫の“神ヘディング”を絶賛!!『日本の全勝を願う』 

img_9b8b997337e11a5127c7e61703fa3865101714
1 2018/06/21(木) 20:49:30.22 _USER9
タレントの稲村亜美が21日、都内で行われたマットレスブランド『ASLEEP』の新CM発表会に出席した。

 あす22日放送の新CMでは、同社新サービスの魅力を“ラッパー風ダンス”で伝えている。稲村は「ダンスが苦手。もう少しリズム感があれば…」と、意外な弱点を告白しつつ、
この日の会見で生披露。多くのフラッシュを浴びながら踊り終えると「恥ずかしい」と赤面していた。

 会見後の囲み取材では、開催中のサッカーワールドカップの話題に。コロンビア戦で大迫勇也選手が決勝点となるヘディングシュートを決めた。「大迫半端ないですね!」と、
流行フレーズで反応した稲村は「あの大プレッシャーの中でゴールを決めるなんて」と、神スイングならぬ“神ヘディング”を絶賛していた。

 今後の日本代表について「1勝といわず、もちろん全勝ですよ! それが日本サポーターの願いですから」とエールを送ると「スポーツ界全体が盛り上がればいいな」と願っていた。

https://www.asahi.com/and_w/interest/entertainment/CORI2114049.html

大迫勇也「ハリルからも言われていた」日本の悪癖に言及!! 

1 2018/06/21(木) 13:23:08.27 _USER9
14年W杯ギリシャ戦同様、コロンビア戦で一人少ない相手を攻めあぐねる時間が続くも…

no title


日本代表は19日のロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ初戦コロンビア戦で2-1と勝利した。決勝ゴールを叩き込んだFW大迫勇也は、試合後に「ハリルさんの時から言われていた」という日本の悪癖について言及している。

 試合は開始3分に相手MFカルロス・サンチェスがハンドの判定で一発退場となり、そのプレーで得たPKをMF香川真司が決めて日本が先制。前半39分に低弾道FKを叩き込まれ1-1に追いつかれるも、後半28分にMF本田圭佑の左CKから大迫がヘディングで決勝点を流し込んだ。

「(相手が一人)少なくなってくれて本当に助かった。ボールを持つところは持てて、1点返されてしまったけど、落ち着いて各々がプレーできたと思う。ただここで満足はしたくない。これから引き続きやるだけ」

 コロンビア戦後に気を引き締め直した大迫。2014年ブラジルW杯のグループリーグ第2戦ギリシャ戦(0-0)では、前半38分に相手が退場となり日本が数的優位となるも、最後まで攻め手を見出せないままスコアレスドローに終わっている。大迫は後半12分から出場したが、ゴールに絡めずに悔しさを噛みしめた。

 このコロンビア戦でも開始3分に相手一人が退場処分となり、ギリシャ戦に似たシチュエーションが生まれている。香川のPKにより先制した日本だが、主導権を握りながらも追加点が奪えない時間帯が長く続いた。

ハリルの教えが浸透…「つなぐだけじゃダメ」

「ゴール前に(ボールを)入れてくれとみんなに言うし、センタリング、セットプレーが増えてこないと点は入らない」

 大迫の言葉通り、1-1で迎えた後半28分に右サイドバック酒井宏樹のクロスから大迫が中央で収めて落とし、酒井宏がシュート。これは相手DFに防がれたが、その流れで得たCKからついに追加点を奪取した。

「つなぐだけじゃダメってことは、前のハリルさんの時からも言われていたこと」

 4月に電撃解任されたバヒド・ハリルホジッチ監督は縦に速い攻撃を志向。日本は14年ブラジルW杯でポゼッションサッカーを追求したが、1分2敗でグループリーグ敗退に終わっていた。“つなぐだけ”の悪癖からの脱却を目指していた日本だが、ハリルの教えは着実に浸透していたようだ。

ZONE 6/21(木) 11:20配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180621-00113860-soccermzw-socc

大迫勇也“怪我は問題なし!!”自己犠牲の精神で挑む! 

2017-11-16-japan_sypsus4tm0gd1vll8u0cbw951
1 2018/06/12(火) 17:04:00.95 _USER9
「打ちどころが悪くて、試合中、力が入らない状況だった」

そう語るのは、日本代表FW大迫勇也だ。大迫は9日の国際親善試合・スイス戦で先発出場するも腰を痛め、40分にFW武藤嘉紀と交代でピッチを去っていた。

「大丈夫ですよ」と元気に話す大迫。「1日経ってから悪くなる感じではなかった。良かった」と大事に至らなかったことに胸をなでおろす。パラグアイ戦に出場できるかという質問にも「もちろんです。全部練習しましたし」と答えるなど、コンディションに問題はないようだ。

スイス戦では1トップとして起用されるも、孤立する場面が多かった。「できれば改善したい」としながらも「そうなる(孤立する)こともあるので、その時はもうやるしかない」と力強いコメント。「時間を作ってチームが回るようにするしかないので、覚悟してやります」と続けた。

さらに、「最悪、そうなる(前線でボールを追う時間が続く)ことはあると思います。ただ、いままでのW杯を見ても、常にそういう状況だったと思う。仕方がないこと、割り切らないといけない。1人ひとりが覚悟を持って戦うしかない」と、自己犠牲をいとわない姿勢を見せた。

自身としてトライしたいことを問われると、大迫は「もちろんゴール前ですよ。ゴール前にどんどん入る」と即答。日本代表は12日に行われる国際親善試合でパラグアイ代表と対戦。コロンビア代表戦とのグループリーグ初戦は19日に迎える。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180612-00000020-goal-socc

負傷した大迫が心境を吐露!「もっとセンタリングが欲しい」 

20180609s00002014151000p_thum
1 2018/06/09(土) 16:00:02.60 _USER9
 ワントップで先発した大迫が前半40分で負傷交代した。相手との接触プレーで腰のあたりを強打して「横の動きが、すごく痛かった」とピッチに座り込んだ。ひやりとさせたが、打撲で重症ではないという。

単独で守備に追われる時間が長く「相手に走らされて、厳しかった。あのやり方だと誰でも30分で死ぬ」と消耗が激しかった。攻撃では全く見せ場をつくれず「もっとセンタリングがほしい」ともどかしそうに話した。
https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2018/06/09/kiji/20180609s00002014154000c.html

【速報】スイス戦“前半終了”大迫の負傷退場に心配の声 

07bafcfd6c7a0e0211e0673ad1d37be7

日本代表は現地時間8日(日本時間9日)、国際親善試合でスイス代表と対戦。1トップに入った大迫勇也が前半のうちに武藤嘉紀との交代を余儀なくされた。

1トップで先発出場した大迫は、前半に相手を背負ったポストプレーで激しく接触。一旦立ち上がったものの、再び左腰を押さえてピッチに座り込んでしまい、プレー続行不可能の判断に。39分に武藤嘉紀との交代を余儀なくされた。

いきなりアクシデントが見舞った西野ジャパンは、その後にスイスにPKを献上。このPKをリカルド・ロドリゲスが右隅に突き刺してスイスが先制点を奪取した。

5月30日のガーナ戦の3バックと打って変わって、原点回帰の4-2-3-1で臨んでいる日本代表。長谷部誠をボランチに戻し、大島僚太とコンビを組み、2列目には左に宇佐美貴史、右に原口元気が入り、トップ下に本田圭佑を据えている。

一方、FIFAランク6位の強豪・スイスは、ヨーロッパの強豪で活躍するステファン・リヒトシュタイナーやグラニト・ジャカらが挙って先発入り。互いにロシア・ワールドカップ本番に向けた最後のテストマッチに臨んでいる。

ガーナ戦に続いて先制を許す展開となった西野ジャパン。後半、反撃に出ることができるか。

Goal編集部


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180609-00010002-goal-socc


【W杯】最終メンバー大予想!!「宇佐美・大迫は当確!?」 

2018-05-28-usami_1a1hpghwgue8q16gtwwp4il6so
1   2018/05/30(水) 11:55:11.90 _USER9
ロシアに行く23人は誰だ!? 日刊スポーツでは今日30日の壮行試合ガーナ戦を前に、明日31日に発表される23人のワールドカップ最終登録メンバーを予想した。

 過半数の12人が当選確実。GK3人は鉄板で、ここに前体制の最終ライン4人衆を加えた守備陣の計7人はシステム変更後も不動。

MFの長谷部、山口、原口は替えの利かない存在で、ガンバ大阪時代に西野監督がプロデビューさせた宇佐美は息子同然で断然の評価。

状態も文句なし。FWは大迫が、まさに「半端ない」存在として、ポジションを確保した。

【FW】
大迫◎
宇佐美◎
岡崎○
本田○
香川○
武藤△
浅野△
乾△

【MF】
原口◎
酒井宏◎
長友◎
山口◎
酒井高○
柴崎○
大島○
三竿△
井手口△

【DF】
吉田◎
長谷部◎
槙野◎
植田○
遠藤○
昌子○

【GK】
川島◎
東口◎
中村◎

日刊スポーツ[2018年5月30日7時12分 ]
https://www.nikkansports.com/m/soccer/japan/news/201805300000057_m.html?mode=all

【動画】「大迫ハンパない」を日清がパクるww 

1111logo-214x214
1   2018/05/27(日) 11:05:33.81 _USER9
独創的なコマーシャルを次々と世に送り出している日清食品。

このほど公開された動画で、日本サッカー界の“超名場面”が再現された。

こ、これは日本代表FW大迫勇也の代名詞「大迫ハンパない」誕生の瞬間!

2008年度に行われた第87回全国高等学校サッカー選手権大会の準々決勝で、エース大迫を擁する鹿児島城西は兵庫の滝川第二を6-2で撃破。試合後、滝川第二の主将・中西隆裕さんがロッカールームで発した「大迫半端ないって」という言葉はネットを中心に爆発的に広がった。

現在では大迫の代名詞的な存在となっているが、そんな“伝説”が誕生した瞬間を今回、日清は女子テニス・大坂なおみの苗字である“大坂”と“大迫”をかけ、外国人の出演者で再現したというわけだ。

中西さんに扮した女性の表情はもちろん、栫裕保監督(当時)の言葉まで再現した手の込みよう。大迫も大坂もハンパないが、カップヌードルのCMでこれをやっちゃう日清が一番ハンパないかもしれない。

なお、対価として中西さんにカップヌードル1年分が送られているかどうかは定かではない。

https://qoly.jp/2018/05/26/nissin-osaka-hanpanai-hys-1



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索