Samurai Goal

大迫勇也


スポンサード リンク





<大迫勇也>11月からノーゴール...監督が苦言!「そうじゃない!」「より貪欲にならなくてはいけない」 

1: 2020/02/29(土) 19:05:39.70
ブレーメンに所属する日本代表FW大迫勇也に、逆風が吹いている。ドイツメディア『EXPRESS』が28日に報じている。

 現在ブレーメンは降格圏の17位に沈んでおり、リーグ戦では5連敗を喫するなど不調の波を抜け出せていない。また、大迫は第3節以降ゴールを挙げられておらず、降格の危機に瀕しているチームを救えていない状況だ。

 同メディアによれば、試合中にシュートを外した大迫に対してフロリアン・コーフェルト監督が「そうじゃない!」と叫んでいた様子。試合後には「彼はゴールに対してより貪欲にならなくてはいけない」とコメントしている。

 その後の練習ではコーフェルト監督と抱擁を交わすシーンも見られ、すっかり仲直りしたようだ。しかし、監督が指摘するように、チームが不調を脱するべく大迫の得点が必要なことに変わりはない。

2/29(土) 17:24配信サッカーキング
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200229-01041358-soccerk-socc

写真no title

ブンデス第21節 大迫勇也は後半戦初スタメンも…ブレーメン、3連敗で降格圏17位に転落 14試合4得点 

20200209-01031983-soccerk-000-1-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/02/09(日) 02:24:41.82 ID:mZMETUiR9
ブンデスリーガ第21節が8日に行われ、FW大迫勇也が所属するブレーメンはホームでウニオン・ベルリンと対戦した。大迫はリーグ後半戦初のスタメン入りで、77分までプレーした。

試合は後半に入って52分、ウニオン・ベルリンが先制に成功した。
ペナルティエリア左へ抜け出したクリストファー・レンズが折り返すと、中央へ走り込んだマリウス・ビュルターがゴール右隅に流し込んで先制点を挙げた。

ブレーメンは60分、今冬加入のダヴィー・ゼルケがエリア右へ抜けてシュート、
直後の61分にはレオナルド・ビッテンコートがエリア前から強烈なミドルシュートを放つが、どちらも得点にはつながらない。

逆にウニオン・ベルリンは72分、ビュルターが左サイドからクロスを送るが、セバスティアン・アンデションのシュートはGKジリ・パブレンカの好セーブに阻まれる。
それでも、こぼれ球をビュルターが角度のないところから押し込んで追加点を挙げた。

試合はこのまま終了し、ブレーメンは3連敗を喫して、16位から自動降格圏内の17位に転落。
ウニオン・ベルリンは2試合ぶりの勝利で11位に浮上した。

次節、ブレーメンは15日にアウェイでライプツィヒと、ウニオン・ベルリンは同日にホームでレヴァークーゼンと対戦する。

【スコア】
ブレーメン 0-2 ウニオン・ベルリン

【得点者】
0-1 52分 マリウス・ビュルター(ウニオン・ベルリン)
0-2 72分 マリウス・ビュルター(ウニオン・ベルリン)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200209-01031983-soccerk-socc
2/9(日) 1:26配信

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20076925
試合スコア

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/standings/56
順位表

ブレーメン大迫の活躍理由は「すし」ビルト紙報じる 

20200205-02050864-nksports-000-4-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/02/05(水) 19:58:37.53 ID:EpieMZO09
ブレーメンのFW大迫勇也(29)は、強豪ドルトムントと対戦したドイツ杯3回戦で20年初の公式戦先発出場を果たし、8強進出に貢献した。

5日付の大衆紙ビルトは、大迫活躍の理由を「すし」だとしている。

ホームでのドルトムント戦に後半44分まで出場し、1アシストを記録して3-2の勝利に貢献した大迫に「すしが大迫を喜ばせた」と見出しをつけた。
同紙電子版は「ブレーメンの日本人スター選手である大迫は、長い間、調子を落としてレギュラーの座も失ってしまった。しかし(ドルトムント戦で)
ミロト・ラシツァの重要なゴールをアシスト。満足のいくパフォーマンスを見せてくれた」と復調したと伝えた。

さらに「フローリアン・コーフェルト監督がどのようにして大迫を危機的状況から救い出したのか?その答えは食事にあった」と続けた。
同監督はドルトムント戦後に「勇也が試合前にすしを食べたのは初めてだった。月曜の夜、チームマネジャーのダスティン・ハロシャンと話して、夕飯のメニューを変えたんだ。
いつもの前菜メニューに、初めてすしも加えてみた。そうすれば、勇也も良い気分でピッチに立てるんじゃないかと我々は考えたんだ」と試合後に明かしたという。

また「最近の彼は、単にコンディションがあまり良くなかっただけ。お前を信じている、ということは彼に言っていたよ」と、以前と変わらず信頼していることを強調。
そして「私自身もすしは好き。したがって、今後も食事のメニューに加えていくことも十分ありうるね」と話したという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200205-02050864-nksports-socc
2/5(水) 19:53配信

ハーランドがデビューから4戦連発も大迫が決勝点アシストのブレーメンがドルトムント撃破!《DFBポカール》 

20200205-00369615-usoccer-000-2-view[1]




1: 久太郎 ★ 2020/02/05(水) 08:14:58.74 ID:ToecnvnT9
DFBポカール3回戦、ブレーメンvsドルトムントが4日に行われ、3-2でブレーメンが勝利した。ブレーメンのFW大迫勇也は90分までプレーしている。

2回戦でハイデンヘイムに勝利したブレーメンはリーグ戦で先発落ちしている大迫が[3-4-2-1]の2シャドーの一角で先発となった。

一方、ボルシアMGに勝利したドルトムントは加入以降衝撃的な活躍を続けているハーランドと新戦力のジャンがベンチスタートとなって3トップにはロイス、サンチョ、T・アザールが入った。

立ち上がりからボールを保持したドルトムントに対し、自陣に引いて待ち構えるブレーメンは11分、大迫がヘディングシュートを、クラーセンがミドルシュートを浴びせていくと、16分に先制した。

敵陣でハキミからボールを奪った流れからラシカがGK強襲のシュートを放つと、ルーズボールをゼルケが押し込んだ。

ゼルケの復帰後初弾が生まれたブレーメンが効果的なカウンターを繰り出して流れを引き寄せる中、24分のフンメルスのバイシクルシュートはGKパブレンカがファインセーブで阻止した。

すると30分、ブレーメンに追加点が生まれる。左CKのルーズボールをボックス手前右のビッテンコートが右足を一閃。強烈なシュートがゴール左上に突き刺さった。

ハーフタイムにかけてもドルトムントにポゼッションを譲って守備重視の戦いを見せたブレーメンは43分に3点目のチャンス。だが、ボックス左へ独走したゼルケはGKヒッツとの一対一を決めきれず、2点のリードで前半を終えた。

後半からT・アザールに代えてハーランドを投入したドルトムントに対し、ブレーメンは前半終盤に足を痛めていたゼルケがプレー続行不可能となって、後半開始5分にサージェントが投入された。

前半同様にドルトムントが押し込む流れが続く中、自陣に引くブレーメンは水際で耐えていく。

しかし67分、ドルトムントが1点差に詰め寄る。サンチョのスルーパスでボックス右深くまで侵入したブラントの折り返しをハーランドが押し込んだ。

ハーランドの4戦連発弾が決まったドルトムントだったが、70分にブレーメンが再び突き放す。大迫のスルーパスを受けたラシカがボックス右からシュートを決めきった。

それでも諦めないドルトムントはボックス手前左からレイナのコントロールシュートが決まって3-2。終盤にかけてもドルトムントが攻勢をかけたが、GKパブレンカの好守もあってブレーメンが逃げ切り。ベスト8進出を決めている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200205-00369615-usoccer-socc

ブンデス第17節 大迫のゴールがVARで取り消しに…ブレーメン、4連敗でシーズン前半戦終了 11試合4得点   

20191222-01011610-soccerk-000-6-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/12/22(日) 03:41:45.57 ID:ee/l/LPV9
ブンデスリーガ第17節が21日に行われ、ケルンとFW大迫勇也が所属するブレーメンが対戦した。
大迫勇也はフル出場を果たした。

39分、ホームのケルンが先制する。
ラファエル・チコスの高精度ロングフィードがDFラインの背後を取ったドミニク・ドレクスラーに通ると、ドレクスラーは並走していたセルヒオ・コルドバにワンタッチでパス。
コルドバは体勢を崩しながらもボールをゴールに流し込んだ。

82分、ブレーメンに決定機が到来。大迫がエリア内でボールをキープしてミロト・ラシカにボールを託すと、ラシカは相手DFを剥がしてシュートまで持ち込んだが、強烈なシュートはクロスバーに阻まれた。

すると、その直後のコーナーキックで大迫にビッグチャンスが到来する。
ショートコーナーを選択したブレーメンは、フィリップ・バルグフレーデがインスイングのクロスを供給し、
ニアサイドでベンジャミン・ゴラーが頭で合わせてコースを変える。
このボールに合わせにいったクラウディオ・ピサーロはシュートを打てなかったが、こぼれ球を大迫が押し込みネットを揺らした。
しかし、ピサーロの位置がVAR(ビデオ審判)の確認によってオフサイドとされたため、ゴールは取り消しとなった。

 さらなる猛攻を仕掛けるブレーメンは、後半アディショナルタイム3分に左サイドからのコーナーキックでチャンスを迎える。
ファーサイドにいたニクラス・モイサンデルは、バックステップを踏みながら左足でボレーを放ったが、相手GKのティモ・ホルンの好守に遭い得点を阻まれる

 試合はこのまま終了。ブレーメンは試合を通じて攻め手に欠き、リーグ戦4連敗でシーズン前半戦を終えることになった。
約1カ月のウィンターブレイク期間を挟んだ次節、ブレーメンはアウェイでデュッセルドルフと対戦する。

【スコア】
ケルン 1-0 ブレーメン

【得点者】
1-0 39分 セルヒオ・コルドバ(ケルン)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191222-01011610-soccerk-socc
12/22(日) 1:29配信

https://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2019/ger/ger-20076891.html
試合スコア

https://www.nikkansports.com/soccer/world/germany/data/standings/
順位表

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/player/detail/10006994
成績

ズバッと言わせてもらう!「急造の森保J 代表初ゴールの鈴木武蔵に大迫勇也の代役は務まらない」  

ae0ac616bb2e8d0b9280164245c5448b20191212102109978[1]




1: Egg ★ 2019/12/13(金) 06:11:03.85 ID:78qnRKp/9
東アジアE―1選手権が、韓国・釜山で開幕したね。森保ジャパンは初戦、中国と対戦して2―1で勝利した。今季のJリーグが閉幕したばかりだし、22歳以下の東京五輪世代も多く、初招集選手も少なくない。守備陣は不慣れな3DFで戦った……など総合的に考えると<逃げ切った>ことを褒めてあげたい。

 急造チームなので連係面をとやかく言っても始まらない。だからといって個々の選手が、自分のやりたいようにプレーしていては、勝てる試合も勝てなくなってしまう。

 試合を通して感じたのは、井手口と橋本のボランチが、攻守にハードワークしてくれたこと。なかなか上手にゲームをコントロールしていた。あとDFラインの中心を担った三浦。彼もきちんと評価しないといけない。

 他守備陣を統率しながら前に、前に、という意識が伝わってきた。受け身ではなく、積極的な守備が1失点に封じ込んだと言っていいんじゃないかな。三浦はCKからのボールをヘディングでゴールしているし、攻守に大きくアピールした。

日刊ゲンダイ 19/12/13 06:00
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/266120

前園真聖 ゾノの焦点!! “ポスト大迫”に南野を1トップで起用してほしい 代表22試合 11得点  

20191127-00000032-tospoweb-000-1-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/11/27(水) 16:51:48.90 ID:kukzF07p9
【前園真聖 ゾノの焦点!!】
W杯予選開幕から4試合連続ゴールで森保ジャパンを4連勝に導いたMF南野拓実(24=ザルツブルク)はチームに不可欠な選手になりました。
主にトップ下を務めチャンスメークとともにゴールを量産しており、日本のエースと言っても過言ではないでしょう。

W杯予選が始まる前までは1トップのFW大迫勇也(29=ブレーメン)が絶対的な存在感を示し、彼の出場可否がチームの出来を大きく左右していました。
このため、サッカー界では“ポスト大迫”を巡る様々な報道や議論があったと認識していますが、その最大の解決策こそが南野ではないでしょうか。

今季は欧州チャンピオンズリーグ(CL)でも活躍しているように、屈強な外国人にも当たり負けしないので、十分に1トップでもプレーできます。
また南野の抜けたトップ下には、MF中島翔哉(25=ポルト)やMF堂安律が入れば、連係面でも不安はないはずです。

今後、日本代表のオプションになるのは間違いないでしょうし、練習や実戦でも試す価値があると思っています。
今後も大迫不在のケースがないとは言えませんし、なかなか1トップ起用に“はまる”選手がいない現状を考えれば、過酷なW杯アジア最終予選に備えて森保監督にテストしてほしいプランです。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191127-00000032-tospoweb-socc
11/27(水) 16:34配信

大迫勇也、今季4ゴール目を決めるも、ブレーメン連敗 リーグ戦8試合で勝利なし  

20191124-00067071-sdigestw-000-2-view[1]




1: ニーニーφ ★ 2019/11/24(日) 01:33:41.04 ID:Ke2I/abz9
 現地時間11月23日、代表ウィーク明けのブンデスリーガが再開し、第12節が行なわれた。

 大迫勇也が所属するブレーメンはホームにシャルケを迎えた一戦、大迫は先発出場。
しかしシャルケの堅い守備に手こずるだけでなく、攻守のつなぎ役である大迫に対するチェックは非常に厳しく、思うようなプレーができない。
さらに前半だけで2失点を喫してしまい、スタンドを埋め尽くしたホームのサポーターの熱は下がる一方だった。

 2点のビハインドで折り返した後半、ブレーメンはクラウディオ・ピサーロを投入するなど選手を入れ替えて攻勢を強める。
だが、シャルケの守備を崩しきれないまま、ゴールが遠い時間帯が続く。

 その堅い扉をこじ開けたのが大迫だった。79分、左サイドからのエッゲシュタインのクロスに反応したピサーロが、ゴール前でダイレクトシュート。
一度はGKに弾かれたが、詰めていた大迫が右足で流し込み、ようやく1点を返した。

 その後もブレーメンは大迫やピサーロを起点にチャンスを創出するが、これ以上の追加点は奪えず。
大迫も絶好機でボールロストするなど、チームの逆転に貢献することができなかった。

 試合はこのまま1-2で終了。ブレーメンは連敗し、リーグ戦中断前から含めて8試合勝ち星無し。暫定13位に沈んでいる。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191124-00067071-sdigestw-socc

大迫勇也、東京五輪出場に意欲もブレーメンは難色。「義務はない」  

20191120-00349162-footballc-000-1-view[2]




1: 久太郎 ★ 2019/11/20(水) 21:56:04.10 ID:GGfHsCDr9
 ドイツ1部のブレーメンに所属する日本代表FW大迫勇也は、来年開催される2020年東京五輪に出場することに意欲を見せているが、クラブは難色を示している。独紙『ビルト』が20日付で伝えた。

 A代表のエースストライカーでもある大迫がオーバーエイジ枠(OA)でチームに加わったとすれば、U-23日本代表がメダル獲得を目指す上で大きな戦力となることが期待される。大迫自身も五輪出場は「夢」だとドイツメディアに語り、出場に意欲を見せている。

 だがブレーメンとしては、快く送り出すというわけにはいかないようだ。7月後半から8月はじめにかけて開催される五輪に出場したとすれば、来季開幕に向けたプレシーズン期間中にチームを離れることになり、シーズンに向けた準備への影響が懸念される。

 ブレーメンのフランク・バウマンSD(スポーツディレクター)は、大迫の五輪出場に応じるかどうかについて「まだ決定は下していない。来年はじめに日本サッカー協会と話をすることになるだろう」とコメント。自国開催の五輪出場という機会が「非常に特別」であることには理解を示しながらも、選手を送り出すことに「義務はない」とも述べている。

 今季ブンデスリーガ序盤戦で3得点を挙げ、負傷からの復帰後にもさっそくアシストを記録するなど、ブレーメンにとっても重要な戦力となっている大迫。来夏に向けてどのような決断が下されるのだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191120-00349162-footballc-socc

大迫勇也、リーグ復帰戦で1アシスト! ブレーメンは後半ATの失点で5試合連続ドロー  

20191103-00066197-sdigestw-000-7-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/11/03(日) 03:31:02.53 ID:8zdR1AdD9
約1か月半ぶりの先発

現地時間11月2日、ブンデスリーガ第10冊が行なわれた。
ブレーメンはホームにフライブルクを迎えた一戦で、2-2のドローに終わった。

この試合には9月の日本代表戦後に負傷離脱していた大迫勇也が復帰。先日行われたDFBポカールでは後半に出場し、復帰を果たしていたが、リーグ戦は約1か月半ぶり。
復帰早々先発で3トップ中央に陣取り、前線から中盤まで幅広くカバーするプレーと、持ち前のポストプレーで攻撃を活性化した。

そんな復帰早々の大迫が、試合開始9分で仕事をしてみせた。

最終ラインからのボールを繋いで、大迫がセンターサークル付近でボールを受けると、フライブルクの背負いながらもキープし、
前線に走り込んでいた左サイドのミロト・ラシチャにスルーパス。これをラシチャが冷静に蹴り込み、先制点を奪う。

20分にはセットプレーから一度はフライブルクにゴールを許すも、スコアラーのロランド・サライのプッシングがとられてノーゴールに。
しかし28分にはGKパブレンカのミスから失点し、1-1で前半を折り返した。

ブレーメンは59分にゲブレ・セラシエの得点で勝ち越すが、その後はフライブルクGKフレッケンの度重なるスーパーセーブの砦を崩すことができない。

果てには90+3分、セットプレーからニルス・ペーターセンに今日2点目を許す。
GKのパブレンカの手に当たって吸い込まれたシュートにより、土壇場で引き分けに持ち込まれてしまった。

試合はこのまま2-2で終了。これで5試合連続のドローとなった。

大迫の復帰によってブレーメンの前線は活性化したが、守備の課題は未だ残されたままのようだ。


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191103-00066197-sdigestw-socc
11/3(日) 1:34配信

https://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2019/ger/ger-20076825.html
試合スコア

https://www.nikkansports.com/soccer/world/germany/data/standings/
順位表



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索