Samurai Goal

大迫勇也


スポンサード リンク





【ハイライト動画】ケルン大迫がバイエルン相手に躍動、地元紙絶賛「質の高いパス、素晴らしい闘争心」 

1: 名無しさん 2016/10/02(日) 09:46:15.22 ID:CAP_USER9
Football ZONE web 10月2日(日)6時31分配信

バイエルン相手にも前線で存在感を発揮した大迫【写真:Getty Images】

敵地で王者の連勝を止める1-1ドローに貢献 「ビルト」紙はチーム最高タイの高評価

 ケルンの日本代表FW大迫勇也は1日の敵地バイエルン・ミュンヘン戦に先発出場し、後半43分に途中交代するまで卓越したキープ力を生かしたポストプレーで攻撃にリズムを与えた。ケルンはバイエルンと1-1で引き分け、王者の開幕からの連勝を「5」でストップさせた。大迫の働きぶりは独メディアからも高く評価され、チームトップタイの採点が付けられている。

 好調ケルンの勢いは、リーグ4連覇中のバイエルン相手でも衰えなかった。前半40分にMFジョシュア・キミッヒのダイビングヘッドでリードを奪われるも、後半18分には大迫と2トップを組むFWアントニー・モデストが同点ゴールを奪う、敵地で勝点1を手にした。ケルンは開幕6試合を終え、3勝3分と無敗をキープし、暫定4位につけている。

 独紙「ビルト」は、この試合の採点を公開(1が最高、6が最低)。大迫は同点ゴールのモデスト、FWトーマス・ミュラーが至近距離から放ったボレーシュートを超人的な反応で防いだ守護神GKティモ・ホルンと並ぶチームトップタイの「2点」が与えられた。

 得点にこそ絡めなかった大迫だが、DFマッツ・フンメルスら屈強のバイエルンDF陣との競り合いにも屈せず、精度の高いポストプレーで中盤と前線をつなぐリンクマンとして存在感を示した。

代表落選も3年目のケルンで確実に成長

 また地元紙「ケルナー・スタット・アンツァイガー」の採点では、チーム5位タイとなる「3点」だった。しかし、寸評では「ケルン最初の枠内シュートを放ったが、マヌエル・ノイアーに簡単にキャッチされた。とはいえ、この日本人は後半にも強さを見せた。何度もボールを保持し、質の高いパス、素晴らしい闘争心を見せた」と個の能力の高さが称賛されている。

 9月29日に発表された日本代表メンバー26人にその名は含まれなかったが、3年目のケルンで確実に成長を遂げている。サイド起用の多かった昨季から一転して、今季は得意とする中央のポジションを与えられ、26歳のストライカーはまさに水を得た魚のように躍動している。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161002-00010004-soccermzw-socc
no title

ケルン大迫勇也の復調の転機は“長澤の退団”と激白!「それから、僕は明らかにやりやすくなった」 

1: 名無しさん 2016/09/29(木) 12:43:05.31 ID:CAP_USER9
指揮官は「彼はモデストをより活かす役割をしっかりと理解している」と絶賛

 ケルンの日本代表FW大迫勇也はリーグ戦2試合連続ゴールを決めるなど、ドイツ移籍3年目にして本領を発揮し、定位置を確保している。好調をキープする大迫は、現在J2のジェフユナイテッド千葉に所属するMF長澤和輝の退団がターニングポイントになったと明かした。ドイツ地元紙「エクスプレス」が報じている。

 大迫は25日にRBライプツィヒで2試合連続ゴールを決めた。地元紙は復活を遂げた大迫を再三取り上げており、注目度は日に日に高まっている。同紙は「大迫の爆発」と特集し、覚醒したストライカーを取り上げた。

 昨季の大迫はトップ下やサイド起用され、ゴールから離れた位置でのプレーが必然的に多くなり、目に見える結果は開幕戦のシュツットガルト戦で挙げた1点のみ。点取り屋としての資質を思うように発揮することはできなかった。

 だが、今季は状況が一変した。FWアンソニー・モデストとの2トップで起用されると、本人も「ついに中央でプレーできている」と手応えを掴んだ様子だ。ここまで公式戦6試合で4得点とハイペースでゴールを量産。ペーター・シュテーガー監督も「我々は彼を素晴らしい選手だと考えている。彼はモデストをより活かす役割をしっかりと理解している」と、大迫の得点力に加え、戦術理解度についても絶賛している。

「選手達が歩み寄ってくれるようになった」

 大迫は復調の要因についてポジションの変更だけでなく、同僚だった長澤が15年12月に浦和へ移籍(期限付き移籍で千葉へ)したことが一つのキーポイントだったと明かした。

「あの時(長澤退団)以来、他の選手達が僕に歩み寄ってくれるようになった。それから、明らかに僕はやりやすくなった」

 同じ言語でコミュニケーションがとり易いはずの長澤の移籍は、大迫に悪影響を及ぼすかに思われた。ところが、その心配は杞憂に終わったようだ。むしろ、周りの選手が以前よりも積極的に声を掛けてくれるようになったという。

 チームに溶け込み、本領発揮の兆しを見せている大迫は、この調子を維持することができるだろうか。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160928-00010017-soccermzw-socc
no title

日本代表がスタッフ会議、ハリル監督へ大迫招集を猛プッシュ!!!! 

1: 名無しさん 2016/09/28(水) 06:10:59.72 ID:CAP_USER9
日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督(64)は27日、都内のJFAハウスでスタッフ会議を実施。
協会関係者によれば、一部スタッフから10月に行われるW杯アジア最終予選
(6日=イラク戦、11日=オーストラリア戦)の切り札として、ケルンで2戦連続得点中のFW大迫勇也(26)を猛プッシュする声があったことが判明。
29日に予定される日本代表メンバー発表が注目される。

議題に上がったのはドイツで爆発中のストライカーだった。この日、日本代表スタッフがJFAハウスに集結。
29日の日本代表メンバー発表に向けた選考過程で約4時間、意見をぶつけあった。
関係者によれば、一部スタッフからは「イラク、オーストラリア戦ではセットプレーが鍵になる。
大迫が必要」との声が上がり、猛プッシュされたという。

絶好調だ。25日のライプチヒ戦はワントラップで相手DFを置き去りにして2戦連発。
ポストプレー、体の使い方など万能ぶりには定評があり、13年7月の東アジア杯オーストラリア戦では代表初得点を含む2得点。
代表では15年6月のW杯アジア2次予選シンガポール戦以来招集がないが、フィジカルが強く、力の拮抗(きっこう)した相手にも実績がある。
9月はUAE戦で岡崎、タイ戦で浅野を1トップで起用したが、FWの適性なら大迫も負けていない。

欧州で結果を残しているのも心強い。先週末は本田、香川、岡崎らが軒並み出番なし。
会議に出席した手倉森コーチによれば、ハリルホジッチ監督は「ドラマチックなことが起きている」と嘆いたという。
日本協会の霜田技術委員は「新たなマネジメントが必要」と明かす。
代表期間中に出場時間の乏しい欧州組に負荷をかけたメニューを組むなどコンディションを上げる必要が出てきた。
ケルンでレギュラーの大迫には無用の心配だ。

協会関係者によれば、メンバーの人選はほぼ固まったが、まだ一部入れ替えがあり、人数も23人プラスアルファになる可能性が高い。
新たなFW候補には問題行動で追放処分中の金崎(鹿島)、25日に視察した長沢(G大阪)らもいる。
手倉森コーチが「(人選に)幅を持たせるような会議」と言えば、霜田技術委員は「最後は監督が自分で考えると言っていた」と明かす。
自身の進退も懸かる重要な2戦に向けハリル監督が決断を迫られている。

http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2016/09/28/kiji/K20160928013434960.html
2016年9月28日 05:30

no title

ケルン大迫勇也の今季の独キッカー、ビルドの採点が半端ない!!!!!!!!!! 

294: 名無しさん 2016/09/26(月) 09:46:24.44 ID:DSl+s7bi0
1~5節

kicker
大迫 無、3、2.5、2.5、2.5
原口 2、2、3、3.5、4
香川 4.5、欠、無、欠、欠
武藤 無、欠、無、無、欠
宇佐美 無、欠、欠、欠、欠

bild
大迫 4、2、2、2、2
原口 3、?、3、4、2
香川 4、欠、3、欠、欠
武藤 無、欠、2、4 、欠
宇佐美 無、欠、欠、欠、欠

no title

ケルン、大迫勇也に新契約をオファーか!?… 指揮官は「チームでベストプレーヤーの1人」と称賛 

1: 名無しさん 2016/09/24(土) 11:59:31.72 ID:CAP_USER9
最前線で起用され始めてから本領を発揮しつつあるケルンのFW大迫勇也に、近々クラブが契約延長オファーを提示するかもしれない。ドイツ『キッカー』によると、クラブが本来の実力を見せているアタッカーをチームに残すこと以外は考えられないという。

ケルンを率いるペーター・シュテーガー監督は昨季まで主にワントップを採用し、エースのフランス人FWアンソニー・モデストを最前線に置いていた。そのため、大迫はトップ下やサイドで起用されることが多く、本職ではないポジションに馴染んでいない様子だった。

しかし、今シーズンからシュテーガー監督は大迫とモデストのツートップを採用。大迫は16日のフライブルク戦でのアシストに続き、21日のシャルケ戦では今季初ゴールを決めるなど好調な姿を見せている。『キッカー』も今シーズンに入ってから、大迫はモデストの隣で「輝きを放っている」と評価した。

また同誌はシュテーガー監督のコメントを紹介。先日、大迫を今後は最前線で起用することを明言したオーストリア人指揮官は次のように語っている。

「彼は自分のクオリティーで、結果を残すことができるようになった。我々クラブのみんなはその姿をすごく楽しんでいるよ。彼が大きな才能を持っていることは知っている。だから、このまま続けさせて、今の勢いを維持できるように願いたいね」

以前、決定力が足りないとしてケルンのサポーターから批判の矛先を向けられた大迫だが、シュテーガー監督は常に信じ続けたという。「ユウヤは特別なケースだ」と話しつつ、「彼を何度も擁護したんだ」と振り返ったが、その甲斐があったと感じているようだ。「彼は我々の下にいるベストプレーヤーの1人」とたたえている。

またヨルク・シュマットケGM(ゼネラルマネジャー)も大迫について「ずっと前から彼が優れた選手だということは分かっていた。今は誰もがそれを無視することができないほど明確になったというだけのこと」とコメント。大迫との契約は2017年夏に満了するが、「我々が発表しなくてはならないことがあると考えれば、そうするよ」と新契約については具体的には明かしていない。

だが『キッカー』によると、クラブが大迫に新契約を提示するのは時間の問題だ。これまでシュテーガー監督とシュマットケGMは大迫を度々サポートしてきただけに、ついにポテンシャルを発揮した選手を手放す可能性は低いだろう。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160924-00000002-goal-socc
no title

「ケルン大迫勇也はレヴァンドフスキっぽい」 “10番も9番もデキる”ケルンFWに独メディアもメロメロ! 

1: 名無しさん 2016/09/23(金) 14:49:59.54 ID:CAP_USER9
ドイツでさらなる躍進へ

鹿児島生まれの26歳はブンデスリーガの地で大いなる飛躍を続けている。
シャルケ戦で見事なシーズン初ゴールを挙げたケルンのストライカー、大迫勇也が纏うカリスマに現地メディアもメロメロだ。

もちろん彼の得点感覚が洗練されているという事実は高校時代からすでに明白であり、多くの数字がそれを証明してきた。
そして今やそのクオリティはブンデスリーガを象徴するトップストライカーを彷彿とさせるものにまで昇華したのかもしれない。

独『effzeh.com』は2014年に1860ミュンヘンからやってきた日本の“助っ人外国人”を次のように評している。

「大迫は日本では最前線のストライカーとしてレギュラーを張っていたものの、
ペーター・シュテーガーのクラブは真のプレイメーカーを欲している。

総合的な技術力の高さとボール支配力を併せ持つ大迫は昨季、10番の位置やシャドウストライカー、
そしてウインガーとしても起用され、どんなにハードなプレスをかけられようがへっちゃらだった。
しかしそのことが大迫をトップのポジションから遠ざけてしまうことに繋がっている」

「後方からのフライパスが大迫の元へ届けば、彼はそれを胸トラップで巧みにコントロールし、
決して敵に奪われることがない。その様子はどこかロベルト・レヴァンドフスキっぽい雰囲気すらある」

“10番”として起用された背番号13の大迫から、“9番”の才能も多分に感じると主張する同メディア。

そんなありがたい言葉を受けた大迫は次節、25日にホームでライプツィヒとブンデスリーガ第5節を戦う予定となっている。
もちろんこのゲームでもレヴァンドフスキのようなプレイが飛び出すことを期待したいところだ。

theWORLD(ザ・ワールド) 9月23日(金)12時30分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160923-00010010-theworld-socc
no title

【ハイライト動画】ケルン大迫が“半端ないミドル”で403日ぶりのゴール!チームもドルトムントら抜いて2位浮上!!!!! 

1: 名無しさん 2016/09/22(木) 04:59:45.03 ID:CAP_USER9
貴重な同点弾

21日に開催されたブンデスリーガ第4節でシャルケと対戦したケルンのFW大迫勇也がシーズン初得点を記録した。

敵地でのシャルケとの一戦、3試合連続スターティングメンバーとして出場を果たした大迫は、序盤からポストプレイで存在感を発揮。ケルンは36分にシャルケFWフンテラールに先制点を許すも、その直後に大迫がネットを揺らす。38分、ケルンは左サイドからDFヘクターがクロスボールを供給すると、FWモデストが落としたボールに大迫が右足を一閃。ブンデスリーガの舞台では、昨季の開幕戦以来となるゴールを決める。

同点に追いついたケルンは77分にモデストが決勝弾、84分には途中出場のツォラーが追加点を決めて勝ち点3を獲得。82分に交代が告げられた大迫は、コントロールミスで決定的なチャンスを逃すシーンもあったが、貴重な同点ゴールを決めて勝利に貢献している。また、ケルンはシャルケ戦の結果により2位まで浮上。次節は25日に6位のライプツィヒと対戦する。ブンデスリーガの舞台で久しぶりにネットを揺らした大迫の活躍に期待だ。

[メンバー]
シャルケ:フェールマン、リータ―、ナルド、ヘヴェデス、ババ、ガイス(→スタンブリ 73)、べンタレブ、シェプフ(→コノプリャンカ 67)、マイヤー、シュポ=モティング(→エンボロ 78)、フンテラール

ケルン:ホルン、ソーレンセン、マフライ、ハインツ、ヘクター、リッセ、レーマン、ヘーガー(→ツォラー 73)、ヨイッチ(→ラウシュ 61)、大迫勇也(→エーズカン 82)、モデスト

[スコア]
シャルケ 1-3 ケルン

[得点者]
シャルケ:フンテラール(36)
ケルン:大迫勇也(38)、モデスト(77)、ツォラー(84)

http://www.theworldmagazine.jp/

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160922-00010004-theworld-socc

no title

1アシストのケルン大迫勇也、地元紙から引き続き高評価「FWとして絶好調」!! 

1: 名無しさん 2016/09/18(日) 18:49:41.21 ID:CAP_USER9
ブンデスリーガ第3節が16日に行われ、FW大迫勇也の所属するケルンはフライブルクに3-0で勝利した。ケルンは2勝1敗の好スタートとなり、試合終了時点で暫定ながら20年ぶりに首位の座に立った。
 
 2戦連続で先発メンバーに名を連ねた大迫は67分までプレーした。フランス人FWアントニー・モデストの先制点で1点をリードした31分には、ペナルティーエリア右手前で相手DFからボールを奪うと、ドリブルでペナルティーエリアに進入。そこから正確なクロスを上げてドイツ人MFレオナルド・ビッテンコートの追加点をお膳立てした。

 翌日に王者バイエルンが3連勝したことで一日天下に終わったものの、地元紙『EXPRESS』の試合後採点では暫定首位という結果を反映して、モデストの「1」を筆頭に「2」が8人と高い数字が並んだ。(ドイツ紙の採点は最高1点、最低6点)

 大迫も「2」の高い点数がつき、寸評では「前節のウォルフスブルク戦以来、FWとして絶好調」と本来のポジションで躍動していることを高く評価した。
 
 同じ地元紙『Koelner Stadt-Anzeiger』は採点が「3」と平凡な数字となった。寸評では「チーム2点目では相手に見事に競り勝ってゴールをアシストした。しかし、それ以外の競り合いはものにすることが少なかった」と、1対1でいい動きがあったことを評価しつつも、そうした強さをコンスタントに出すことを求めた。

 ケルンは21日に行われる次節で、DF内田篤人が所属するシャルケとアウェーで対戦する。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160918-00494814-soccerk-socc
no title

ケルン大迫勇也の絶好調に思う「代表に呼ばれないこと」のメリット 

1: 名無しさん 2016/09/17(土) 18:35:41.23 ID:CAP_USER9
 ケルンの大迫勇也が出だしから好調だ。今季初戦となったドイツ杯BFCプロイセン戦では途中出場ながら2得点。30分足らずの短い出場時間で結果を出し、7-0の大勝に貢献した。

 リーグ戦が始まってからは、開幕戦のダルムシュタット戦こそ途中出場だったが、第2節ヴォルフスブルク戦と第3節フライブルク戦では連続して先発出場。3-0で勝利を収めた16 日のフライブルク戦ではチームの2点目をアシストしている。チームもこれで勝ち点を7とし、トップグループに名を連ねている。

 好調の大きな要因は、本人曰く「フォワードで出ているから」。フライブルク戦も2トップの一角でプレー。昨季まで主に起用されていた2列目とは違い、動き出しをするにも守備をするにも、高い位置にいることが「やりやすさ」につながっているようだ。

 試合後の大迫は開口一番、こう言った。

「前で出てるから、ボールも出てくる」

 なによりも指揮官からフォワードだと認識されることに大きな意味がある。ケルンの戦術は、ポゼッションよりもロングボールを使った攻撃が多いのが現状。相手によっては極端な5バックを敷き、守備ありきのゲームとなる。フォワードに求められる特徴のひとつは動き出しということになるが、その点で味方からの信頼を得ているのが過去2シーズンとの大きな違いだ。

「後ろからボールが来るし、見てくれている選手が結構増えてきた。(味方は)『出せば失わない』と言ってくれるし、『もっと走れよ』くらいの感じで言ってくれてるので、そこにやりがいを感じます」

 この日は65分に退いているにもかかわらず、スプリントの本数は両チームで最多の26本。シュートが0本だったのはフォワードとしてはいただけないが、退く際には大きな拍手が送られた。サポーターからも評価を得ていることは間違いない。

 31分のアシストのシーンは、後方からの浮き玉のボールに抜け出した大迫が、寄せてきた相手DFをかわして運び、ゴール前に入れたボールをレオナルド・ビッテンクールが決めた。中盤からゴールエリア付近まで走ってのアシストを本人はこう振り返る。

「トップ下だったら、あそこまで走っていけないことが多い。今年はやっぱり2トップで高い位置でボールを受けることができている。そこは自信を持ってやっていきたいですね」

 ただ、この日は自身のプレーがアシストにつながったが、現在の役割が自分にとって理想的だと考えているわけではない。

「僕がサイドに抜けた時にチャンスができていることが多くて、なかなか自分がセンターにいることはまだないんですけど、これを続けてアシストしながら、これからもさらにそこからの自分の形を出していければと思います」

このところの大迫はとにかく身体のキレがよく、ボールを収める姿を見るだけで一見して好調さがうかがえる。ポジション的なことだけではなく、コンディションのよさも大きな理由だろう。

「コンディションはすごくいいです。いろいろと今年に入って新たに取り組んでいることもあります。自分の身体ももっと変えていって、もっと屈強な体を作っていこうと思ってるし、その辺が徐々にですけど出てきているのかなと思います」

 具体的なトレーニングの内容については明かさなかったが、明確な意図と意志を持って取り組んでいるようだった。

 チーム内での評価と自身の取り組みが好調の要因ではある。だがもうひとつ、あえて言えば、日本代表から約1年以上遠ざかっていることもプラスに働いているように見える。チームでの仕事に専念できるし、長距離移動もないから代表戦明けに調子を崩すこともない。

 原口元気(ヘルタ・ベルリン)のように好調を維持している選手もいるから一概には言えないが、この1週間、欧州でプレーする日本代表選手の多くがコンディショニングに苦しんでいる。代表に招集されて疲労の蓄積から力を発揮できなくなるくらいだったら、よほどの非常事態やW杯本大会前などを除いて、クラブに専念するような生き方もアリなのかもしれない……。そんなことも感じさせる大迫の好調ぶりだった。

https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/football/wfootball/2016/09/17/post_1134/index_3.php

no title

【GIF】大迫勇也がトルコ代表DFとのデュエルを制してアシスト記録!ケルンは20年ぶりの首位 

1: 名無しさん 2016/09/17(土) 08:20:18.26 ID:CAP_USER9
2試合連続スタメンで結果を残す

大迫がトルコ代表DFとのデュエルを制してアシスト記録! ケルンは20年ぶりの“ブンデスリーガ首位”


ブンデスリーガ第3節が16日に開催され、FW大迫勇也が所属するケルンがホームでフライブルクと対戦した。

2試合を消化して1勝1分で3位につけるケルンは、勝てば暫定ながら首位に浮上する一戦。同試合では、前節のヴォルフスブルク戦で印象的なパフォーマンスを披露した大迫が2試合連続でスターティングメンバーに名を連ね、怪我で戦列を離れていたGKホルンも先発出場で復帰を果たした。

試合は序盤からケルンが主導権を握り、29分には左サイドからのコーナーキックをFWアントニー・モデストが頭で合わせて先制に成功する。その2分後には、背後からのボールに抜け出した大迫がトルコ代表でも活躍するフライブルクDFソユンジュとの競り合いに勝ち、ゴール前まで持ち運ぶと相手GKを引き付けてMFレオナルド・ビッテンコートに決定的なラストパスを供給。フリーになっていたビッテンコートは冷静に流し込み、ケルンが2点目を奪う。

前半終了間際にもロングスローからモデストが同試合の2点目を決め、リードを3点に広げたケルンは後半も盤石の試合運び。追加点こそ奪えなかったが、無失点のままタイムアップの笛を迎える。大迫も65分までプレイしており、交代時にはホームスタジアムに駆け付けたケルンのサポーターから大きな拍手が送られた。

3-0で勝利を収めたケルンは暫定ながら首位に浮上。17日に試合を行うバイエルン・ミュンヘンらが勝ち点を加えると“首位陥落”となるが、ブンデスリーガの舞台で首位に立つのは20年ぶりの快挙である。

[メンバー]
ケルン:ホルン、ソーレンセン、マフライ、ハインツ、ヘクター、リッセ、レーマン、ヘーガー、ビッテンコート(→ツォラー 50)、大迫勇也(→オルコフスキ 65)、モデスト(→ヨイッチ 80)

フライブルク:シュヴォロフ、シュテンツェル、グルデ(→ムイジャ 78)、ソユンジュ(→ペテルゼン 46)、ギュンター、ヘフラー、ブルト(→ハベラー 65)、フランツ、グリフォ、フィリップ、ニーダーレヒナー

[スコア]
ケルン 3-0 フライブルク

[得点者]
ケルン:モデスト(29、43)、ビッテンコート(31)

theWORLD(ザ・ワールド) 9月17日 6時27分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160917-00010001-theworld-socc
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索