Samurai Goal

大谷翔平


スポンサード リンク





日本プロスポーツ大賞に大谷翔平 殊勲賞にサッカー日本代表  

img_38b65c62fc62ebee4b91ee11a2706b71415605




1: 2018/12/22(土) 00:12:37.59 _USER9
今年のプロスポーツ界で最も活躍した選手や団体を表彰する日本プロスポーツ大賞が20日、都内ホテルで発表され、大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手が大賞を受賞した。

大谷はメジャー移籍元年となった今季、投打の二刀流で世界に衝撃を与えた。投手としては右肘を故障したこともあって4勝どまりだったが、打者として22本塁打をマーク。ア・リーグの新人王にも輝いた。

殊勲賞にはボクシングで3階級制覇を成し遂げた井上尚弥、W杯で下馬評を覆して決勝トーナメントに進出したサッカー日本代表、プロ野球で2年連続日本一に輝いたソフトバンクが選出された。

特別賞として、デビューからJRA通算4000勝を達成した騎手・武豊、ル・マン24時間耐久レースで優勝したレーシングドライバー・中嶋一貴が表彰された。

12/20(木) 19:01
デイリースポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181220-00000117-dal-spo
no title

大谷翔平がサッカー選手だったら、イブラヒモビッチになれただろうか?GKなら成功? 

1: 2018/11/24(土) 06:34:19.74 _USER9
大谷翔平選手が帰国。記者会見を行う姿をテレビで眺めながら思った。もし野球ではなくてサッカーを選択していたら、どれほどの選手になっていただろうか。日本のズラタン・イブラヒモビッチになれただろうか、と。日本代表でプレーする姿を想像してみた。

 193センチ。盗塁も10記録している。身長も高ければ、足も速い。抜群の身体能力、運動能力の持ち主であることは言うまでもない。日本のサッカー界に決定的に不足している素材に見えてしまう。

 197センチのダルビッシュ有。191センチの田中将大。186センチの平野佳寿も羨ましく見える。本格派という感じではないが190センチの岩隈久志も、無い物ねだりをしたくなる選手と言えるが、野球にはなぜ彼らのような優秀な大型選手が多く存在するのか。サッカーには不足しているのか。

 サッカーと野球。運動能力の高い子供は概して野球を目指す。どちらがプロ選手として魅力的か。どちらの世界がお金を稼ぐことができるかを判断の基準にすれば断然、野球だ。プロ野球選手の平均年俸はJ1リーガーの倍を優に超える。プロ野球の方が金銭的に魅力的に見えるからーーとは従来からの通説だが、そうだろうか。

スポーツを始める時、プロとして大成するか全く分からない段階で、プロ選手としての金銭的な可能性を基準に進路を決断する子供はそういない。サッカー好きの少年が野球の道を選ぶ場合、それぞれの実態を知っている親の関与が不可欠になる。

 一番の理由は、野球には投手という特殊なポジションがあるからではないか。分かりやすい場所なので優秀な素材、規格外の素材が集まりやすい。

 エースでしかも4番を打ちそうな大物感漂う選手が集まりそうな場所。サッカーではセンターフォワード(CF)かもしれない。しかし、サッカーでCFがエースポジションかといえば微妙だ。最近、変わりつつあるとはいえ10番、トップ下、司令塔への憧憬は、依然として根強く残る。とすれば、求められる能力もまずはテクニック。長身でなくてもオッケーだ。身体能力も絶対的な要素にはならない。

 現在の日本代表で190センチ台の選手はGKのシュミット・ダニエル(197センチ)ただ一人。フィールドプレーヤーでは189センチの吉田麻也が一番の長身で、これに同じくセンターバック(CB)の富安健洋(188センチ)が続く。

長身選手を欲しているポジションは1にGK、2にCB。3番目にCFだ。守備的MFも、1人しか置かない布陣なら大型の方がいいが、絶対に必要とされているわけではない

つづく

11/24(土) 4:47
https://news.yahoo.co.jp/byline/sugiyamashigeki/20181124-00105250/



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索