Samurai Goal

大槻毅


スポンサード リンク





浦和・大槻監督は1試合のベンチ入り停止「乱暴な行為に相当すると判断」 

20191103-43473518-gekisaka-000-1-view[1]

J1浦和が退場処分を受けた大槻毅監督に制裁金100万円  

20191102-11020971-nksports-000-4-view[1]




1: THE FURYφ ★ 2019/11/02(土) 20:05:53.60 ID:0rAoGhUs9
浦和レッズは2日、前日のJ1鹿島アントラーズ戦(0-1、カシマ)で退場処分を受けた大槻毅監督(46)に戒告と
制裁金100万円を科したと発表した。

試合の後半39分、浦和MFエヴェルトン(26)と鹿島DF永木亮太(31)の競り合いに端を発してヒートアップし、
左手で永木を押し倒して一発レッド。今夏に導入された新ルール下、J1では初めてのカードを明確に示されての
退席処分だった。

この乱暴な行為が浦和の理念に反したとして、クラブが早々に動いた。ベンチ入り停止などJリーグ規律委員会の
裁定を待つことなく、試合翌日に独自処分。監督不行き届きとして、強化責任者の中村修三GM(60)も戒告とした。

以下、クラブの発表「鹿島アントラーズ戦での大槻毅監督の行為に対するクラブ処分について」全文

「2019年11月1日(金)の明治安田生命J1リーグ第30節鹿島アントラーズ戦において、大槻毅監督が鹿島アントラーズの
選手に対する乱暴な行為により、退場処分を受けたことで、選手はじめ鹿島アントラーズ関係者、Jリーグ関係者、
並びに両クラブのファン・サポーターのみなさま、サッカーに関わる大変多くの方々に対し、不快な思いを抱かせてしまい、
誠に申し訳ありません。深くお詫び申し上げます」

「浦和レッズは『SPORTSFORPEACE!』で提唱している通り、暴力行為を根絶することをめざし、青少年の健全な
育成に寄与することを理念に掲げるクラブとして、今回の監督の行為は、いかなる理由があろうとも許されるものではなく、
厳正に対処すべき事案と考えております」

「つきましては、大槻毅監督並びに中村修三GMに対し、以下の処分を課すことといたしましたので、ご報告させていただきます」

「1.処分内容

(1)大槻毅監督:戒告並びに制裁金100万円

(2)中村修三GM:戒告」

「尚、浦和レッズが『スポーツは闘いです。しかし、そこにはルールがあります』という考えに基づき推進している
「SPORTSFORPEACE!プロジェクト」に関する講習の受講を、改めてクラブ全体に義務付け、再発防止に
取り組んで参ります」

【大槻毅監督コメント】 「選手と共に常に闘わなければいけませんが、あの行為は間違いでした。鹿島の選手並びに
チーム関係者、すべての浦和レッズに関わる人たちに謝罪いたします。この経験を糧に、選手と共に闘っていきます」

【浦和レッズ理念】

「“浦和レッズの宣言”浦和レッズはサッカーを初めとするスポーツの感動や喜びを伝え、スポーツが日常にある文化を育み、
次世代に向けて豊かな地域・社会を創っていきます」(原文まま)

大槻監督はこの日、埼玉・大原サッカー場で一夜明けの練習に参加。少なくとも5日の川崎フロンターレ戦は代行指揮する
見通しとなっている上野優作ヘッドコーチ(46)らと通常指導した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191102-11020971-nksports-socc

浦和大槻監督どついて退場「ダメなものはダメ」GM  

20191101-11011140-nksports-000-3-view[1]




1: ひかり ★ 2019/11/02(土) 00:03:13.10 ID:/K1V7Htk9
<明治安田生命J1:鹿島1-0浦和>◇第30節◇1日◇カシマ

浦和の大槻毅監督(46)が1日のアウェー鹿島戦(カシマ)で退場処分を受けた。新ルール導入後のJ1では初。1点を追う後半39分に鹿島DF永木亮太(31)を左手で押し倒した。試合は0-1で敗れ、
勝ち点36で残り3試合。残留争いの佳境で、うち1試合以上は指揮できない見通しとなった。鹿島は左太もも裏の筋損傷から約1カ月ぶりに復帰したMFセルジーニョが決勝弾。勝ち点を59に伸ばし、
暫定首位を守った。

   ◇   ◇   ◇

事件は浦和ベンチ前で起きた。大槻監督の目の前でMFエヴェルトンと鹿島DF永木が競り合い、倒れ込む。「組長」の異名を取る熱血漢には永木のファウルに見えたのか、守ろうとしたのか。
接触直後に沸騰した。ボールを右手に永木を左手で突き飛ばし、鬼の形相で叫び、もみくちゃになった。われに返ると顔の前で両手を合わせたものの、後半39分、荒木主審からレッドカードを示された。
J1初の退場監督になった。

ACLは決勝進出、リーグ戦は残留争いという難しい状況下、首位鹿島戦で1点を先行された。敵将の大岩監督は同い年のライバルで、今季2分け1敗のリベンジに燃えていたに違いない。
それでも軽率な行為に「ダメなものはダメ。(規律委員会の)裁定を待つ」と中村GM。ベンチ裏に消えた後はチームに謝罪し、鹿島関係者を通じて永木にも、わびを入れたという。

退場後は取材対応できないため「お疲れさまでした」のみ。不動のGK西川を外しての福島春J1初先発やMF柏木の2カ月ぶり先発起用の勝負手も実らず、見届けられず。別大会で処分が適用されない
ACLへ切り替えるしかないが、リーグは川崎F戦から1試合以上は指揮できない見通しだ。2戦少ない16位湘南と勝ち点5差で、代行の上野ヘッドコーチに託さざるを得なくなった。【木下淳】

日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191101-11011140-nksports-socc

天皇杯で不覚敗退の浦和が緊急の全隊ミーティング 

20190925-09250991-nksports-000-13-view[1]

またも“組長劇場”采配ズバリ!浦和が興梠の劇的後半AT弾で新体制初白星 

20190615-00010036-goal-000-3-view[1]

【組長咆哮】「お前たち、これで満足か?」 浦和の大槻監督、劇的同点劇もロッカー室で熱い言葉  

20190602-00192967-soccermzw-000-1-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/06/02(日) 09:57:20.03 ID:iAQF/x499
敵地の川崎戦で先制点を献上も終了間際に森脇が同点弾 「諦めない思い」が生んだ一撃

浦和レッズの大槻毅監督は、就任初戦となった1日のリーグ第14節、敵地での川崎フロンターレ戦で1-1の引き分けに持ち込み、昨季の暫定監督からの無敗を継続した。

浦和は26日の前節サンフレッチェ広島戦に0-4の大敗を喫した2日後、オズワルド・オリヴェイラ監督との契約解除と大槻新監督の就任を発表。
3日間の非公開練習を続け、全てをベールに包んだまま、この初陣に臨んだ。すると、スタメンは前節から5人を入れ替え、今季に明治大学から加入のDF岩武克弥を浦和デビューのピッチに送り込んだ。

前半は大槻監督が「監督が代わってやってやろうというところが出た」と話したように、整理された守備からFWマルティノスのスピードを生かしたカウンターでゴールに迫るシーンも作った。
しかし、後半に入ると「できない部分が出た。二面性があった」と話したように、川崎の攻撃に防戦一方になっていった。

さらに同9分には先制点を許したが、ラストプレーとなった同アディショナルタイム5分のプレーについて「1点差で諦めるわけがないですけど、その諦めないという思いが最後につながった」と言及。
コーナーキックの二次攻撃から攻撃参加したGK西川周作のフリックという意外性のあるプレーも飛び出し、
最後はMF森脇良太のシュートが相手に当たってゴールに吸い込まれた。劇的な同点弾で1-1の引き分けに持ち込む試合になった。

「これが最低限のベースだ」 大槻監督が川崎戦後に選手たちに投げかけた言葉とは?

大槻監督はこの引き分けに「この勝ち点1が大きな一歩になって欲しいと思っている。中断期間で、この勝ち点1を生かせたといえるようなものにしたい」と話した。

一方で、試合終了直後のロッカールームでは、選手たちに熱い言葉も掛けていたという。
MF宇賀神友弥は「お前たち、これで満足か? 最後に追いつけたことは素晴らしかったけど、これで満足する者は1人もいないし、これが最低限のベースだ」という言葉があったことを明かした。

大槻監督は中断期間中に取り組みたいことについて「戦術的な積み上げ」と、短くも明確な言葉を残している。
昨季の暫定監督としての指揮では公式戦6戦無敗でオリヴェイラ監督にバトンタッチした。
当時はスーツ姿のいでたちに“組長”というワードも飛び交ったが、分析担当を務めてきた冷静さと選手を突き動かす情熱によって、浦和がどこまで復活を果たすのか。
ポテンシャルは間違いのない選手たちが揃うチームだけに、指揮官の手腕が注目される。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190602-00192967-soccermzw-socc
6/2(日) 8:40配信

劇的ドローで連敗ストップの浦和レッズは大槻新監督初陣で何がどう変わったのか? 

20190602-00010002-wordleafs-000-3-view[1]

『組長』新章へ…浦和・大槻新監督、初陣ファッションはどうなる? 

20190528-43467535-gekisaka-000-1-view[1]

【速報】浦和レッズ、オリヴェイラ監督の契約解除を発表 大槻毅氏が後任として“再登板”  

1: Egg ★ 2019/05/28(火) 20:20:39.96 ID:gTCbR1qx9
直近の広島戦で0-4と大敗 リーグ戦13試合消化時点で負け越し、監督交代を決断

 浦和レッズは28日夜、オズワルド・オリヴェイラ監督との契約解除を発表した。後任は昨季に暫定監督を務めた経験も持つ大槻毅氏が務める。

 浦和はオリヴェイラ監督のほか、ヘッドコーチのルイス・アルベルト・シルバ氏、コンディショニング・コーディネーターのアレックス氏との契約も解除したことを併せて発表。オリヴェイラ監督は昨年4月25日の柏レイソル戦から指揮を執ったが、およそ1年での契約解除となった。

 オリヴェイラ氏に率いられた浦和は昨季に天皇杯を制し、今季のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場権を獲得。今季はACLでグループステージ最終戦まで際どい戦いを続けて決勝トーナメント進出を果たしたが、リーグ戦では第13節を終えて5勝2分6敗と負け越し、直近のゲームとなった26日のサンフレッチェ広島戦では0-4の大敗を喫していた。

 浦和は今季、ACLとリーグの同時制覇という高い目標を掲げ、DF鈴木大輔、MF山中亮輔、FW杉本健勇といった日本代表経験者もシーズンオフに獲得してスタートしていた。

5/28(火) 20:13配信 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190528-00192002-soccermzw-socc

写真
no title

【浦和R】大槻毅はやはり『名将』だった 名言で選手の心を捉える姿に槙野が脱帽 

hqdefault

オールバックの指揮官は惜しまれつつ、暫定期間の任務を終えた。野太い声と派手なアクション、鋭い目付きにジェルで固めた髪型…。2日から暫定的に指揮を執った浦和の大槻毅監督(45)は、その衝撃的なキャラと思い切ったさい配で低迷ムードを払しょく。開幕から5戦未勝利だったチームを3勝1分けとV字回復させた。

 まず厳つい風貌は短期間でサッカー界を席巻。チーム内外で「組長」「親分」「アウトレイジ(北野武監督の映画)みたい」との声が挙がった。大槻監督のガッツポーズが表紙を飾った21日のマッチデープログラムは試合前に完売。まさに闘う男の象徴となった。大槻氏は言う。「見た目で判断するのは好きではないのですが、見た目も大事だとは思う。浦和の代表として仕事をする時、何かしらスイッチを入れたかった」。役作りの側面もあるが、本気で戦う姿勢の表れだった。

 思い切ったさい配と巧みな話術はチームに一体感ももたらした。橋岡、柴戸がリーグ戦デビューを果たすなど指揮した公式戦6戦でフィールド選手は全選手を起用。自然とチーム内の競争意識は高まった。成績不振で解任された堀孝史前監督は4バック布陣を基本としていたが、相手のシステム、特徴をみながら3バックも採用するなど柔軟さも光った。
《続く》


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索