Samurai Goal

大久保嘉人


スポンサード リンク





ジュビロ磐田・大久保嘉人(36) 来季 J1通算200得点達成を誓う!29試合5得点(1PK) 

1: 2018/12/28(金) 17:41:38.46 _USER9
ジュビロ磐田のFW大久保嘉人(36)にとって、2018年は激動のシーズンだった。
古巣である前年王者の川崎フロンターレに2年ぶりに復帰したものの、6月に活躍の場を求めて移籍を決意。
新天地の磐田では苦しい戦いを強いられ、辛くもJ1残留を果たした。
大久保は現在J1最多得点記録となる184ゴールをマークしており、J1通算200点の大台まであと16点としている。

「優勝チームから残留争いのチームに移ったわけですから、やはり苦しかったし長かった」と振り返りつつも、「新しい戦いがあって楽しかったです」とさらりと言えるあたりは、百戦錬磨のストライカーたるゆえん。

来季へ向けて大久保は「2019年は、磐田のサッカーにもっとフィットしていけますし、チームメイトにも自分の経験を伝えられる。個人的には、あと16点に迫ったJ1通算200得点を目指したいです」と意気込んだ。

36歳とすでにベテランの域に達している大久保だが、まだまだやれるという野心がカラダ全体に溢れていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181228-00010001-tvtokyos-socc
12/28(金) 16:25配信

https://soccer.yahoo.co.jp/jleague/players/detail/3857/131
成績

苅田サッカースポーツ少年団-国見中-国見高-セレッソ大阪-RCDマジョルカ/スペイン-セレッソ大阪-ヴィッセル神戸-ヴォルフスブルグ/ドイツ-ヴィッセル神戸-川崎フロンターレ-FC東京-川崎フロンターレ

no title

FW大久保嘉人(磐田)「ずる賢くなれ」「川崎とか強いクラブは必ずマリーシアを持っている」 

uYiqj89vSSa3gJo1534827005_1534827024-min




1: 2018/12/09(日) 07:00:12.03 _USER9
J1最多184得点を誇るFW大久保嘉人(36)は磐田に加入し半年。リーグ連覇した川崎やJ2のC大阪(02年)など国内外7クラブに在籍し、強豪から弱小まで知り尽くす。常勝チーム復活に「ずる賢さ」を挙げた。(取材・構成 田中 雄己)

 川崎に1―2と逆転負けしてプレーオフ行きが決まった1日のリーグ最終節で、大久保の発言が議論を呼んだ。「川崎が100なら、磐田は1」。チーム力の低さをズバリ指摘した。この試合で先制点を決めた大久保は「古巣相手には喜ばない」という信条を曲げてまで観客席に飛び込み、盛り上げたが勝ち点を奪えなかった。要因は「ずる賢さが足りないから」と指摘する。

 1―1の後半ロスタイム、磐田DFがタッチラインを割ったボールを素早く回収し、プレーを再開。その1分後に決勝点を許した。「あの場面で、すぐにスローインをする必要はない。皆マジメすぎる」。他の試合でもリード時に、ファウルを受けたらすぐに立ち上がる選手が目立った。紳士的な行為だが、大久保の考えは違う。「川崎とか強いクラブは必ずマリーシア(狡猾=こうかつ=さ)を持っている」と訴えた。

 「ずる賢さを含めて個々の判断力がもっと必要」。大久保や中村は、名波監督から「多くボールに触りゲームをつくってほしい」と自由を与えられた。2人はボールに触るため中盤に下がったが、代わりに前線に飛び出す選手はいなかった。

「選手の技術は高い。自信がないだけ。ずる賢さと判断力さえ身につけば、強くなる。それを植え付けるために(自分が)いろいろやるし、そうなれば来年は面白い」。名門復活が懸かる来季を見据えた。

 ◆大久保 嘉人(おおくぼ・よしと)1982年6月9日、福岡・苅田町生まれ。36歳。2001年に国見高からC大阪へ入団。マジョルカ(スペイン)、神戸、ウォルフスブルク(ドイツ)、神戸を経て13年に川崎入り。17年にF東京、18年に川崎に移り、6月に磐田へ加入。13~15年J1得点王、J1通算428試合184得点。J2通算29試合18得点。04年アテネ五輪代表、10、14年W杯出場。国際Aマッチ通算60試合6得点。170センチ、73キロ。

12/9(日) 6:09 スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181208-00000304-sph-socc

ジュビロ磐田、再び点滅した黄信号に危機感…大久保嘉人「このままでは“ズタボロ”に」 

20181126-00868672-soccerk-000-1-view

<中島翔哉>大久保嘉人を激怒させたFC東京時代...シュートを放つたびにクロスを要求して激怒  

DsKWMQKUwAAJoyP




1: 2018/11/18(日) 06:29:36.72 _USER9
・大久保嘉人と太田宏介が“黙認”した過去

 そしてそれは、南野だけに限らない。中島とチームメイトになった選手の誰もが、中島は“練習の虫”であることを知っているからだ。去年の夏まで所属したFC東京でも、リオ五輪の予選と本大会を戦った際も、全体練習の終了後、中島は1人ボールリフティングやドリブルの練習をしていた。その様は、サッカー好きの少年がボールと戯れているような無邪気さを漂わせていた。

 そして最後は必ずコーチに手伝ってもらい、左サイドからカットインしてニアへのストレートなシュートと、ファーへの巻いたシュートを繰り返し練習していた。人一倍、努力する。そうした姿勢をチームメイトの誰もが知っているから、チームメイトからも愛される、珍しいキャラクターの持ち主でもある。

 中島がポルトガルのポルティモネンセへ移籍したのは昨年の8月だったが、当時の中島はようやくFC東京で左MFのレギュラーポジションをつかみつつあった。ある日のFC東京での紅白戦で、中島は何度となく左サイドからカットインしてはシュートを放っていた。

 そんな中島に対し、J1最多得点を誇る大久保嘉人(36)=現・磐田=は逆サイドでフリーとなっているため、中島がシュートを放つたびにクロスを要求して試合中に激怒していた。試合後、元日本代表の左SB太田宏介(31)は「今日は10回オーバーラップしたけど、一度もパスがこなかった。全部(自分の動きは)ダミーに使われた」とぼやいていた。しかし紅白戦後はベテラン2人も中島には何も言わなかった。中島が成長するためには、自身の得意とするプレーの確立の重要性を知っていたのかもしれない。

 そんな中島が、ウルグアイ戦では左サイドからカットインしながら南野へラストパスを通して先制点をアシストしたのには少なからず驚いた。と同時に成長も感じたものだ。「トレーニングというか、やっぱり基本は好きなことをやっていると疲れないものじゃないですか。それが一番かなと思います」とはベネズエラ戦前日のコメントだ。

 変りつつあるプレースタイルと、変らないサッカーへの愛情。これから中島がどう進化するのか、気になる選手の「翔タイム」でもある。(取材・文 六川亨)

11/18(日) 6:00配信 新潮
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181118-00551958-shincho-socc&p=2

磐田大久保嘉人「許せない」家族への悪質コメントに激怒 

45514_ext_04_0

サッカーの心理戦!大久保嘉人を退場させた巧みなワナ 

1: 名無しさん 2016/09/25(日) 10:24:06.02 ID:CAP_USER9
【大西純一の真相・深層】一流だから狙われる。一流だからこそかわさなければ――。

川崎Fが9月17日の大宮戦で、2―3で敗れて、第2ステージ首位から3位に後退した。
勝てばチャンピオンシップ出場が決定したが、前半36分に大久保嘉人が相手のファウルに対して報復し、退場になった。
10人になった川崎Fは中村憲剛、小林悠のゴールで一度は逆転したが、終盤で数的不利が響いて2失点し、逆転負けした。

大宮の周到な仕掛けだった。まともにいっては、川崎Fに勝てないと思ったはず。実際、立ち上がりから川崎Fにボールを保持された。
川崎Fは前線の大久保、中村、小林の3人がみごとな連係を見せていた。しかし、前半30分を過ぎても先制できず、ちょっとイライラし始めた時間帯に落とし穴があった。
大久保がファウルで倒され、起き上がったところで背中を突かれて倒され、つい冷静さを欠いて報復してしまった。どこまで意図的かはわからないが、結果的には大久保をワナにはめた形になった。

中村は「これもサッカー」と言ったが、サッカーのテキストに書かれていない戦術、心理戦だった。
80年代にはマラドーナが狙われ、報復して何度も退場になった。2000年代にはルーニーがやられた。

06年W杯ドイツ大会決勝ではフランスのジダンが、汚い言葉でののしられてイタリアのDFに頭突きをしてピッチを去った。
エースを退場させて相手を10人にするために、あの手この手でイライラさせることは昔からの常とう手段。

もちろんその手に乗らない選手もたくさんいる。三浦知良や佐藤寿人らはグッとこらえる。まさにエースの心得だ。

大久保は今回で12度目の退場で、Jリーグ歴代2位、川崎Fも12年オフに獲得する時は、そこを懸念したという。
だが、30歳代になって変わった。若い頃はよくワナに引っかかったが、この6年間で退場はこれが2度目。すっかり自制できるようになっている。

練習後のファン対応は嫌な顔をせずにやるし、取材も真摯(し)に受ける。
雑談にも応じるし、顔見知りではない記者の質問にも答える。Jリーガーの手本といってもいいほどだ。
それでも、一度付いたイメージは簡単には払拭できず、退場になると「またか」と思われてしまう。

今回の退場は、優勝がちらついてきたことから来るプレッシャーだろう。もちろん大久保もよくわかっているはず。
そして、ストライカーには挽回のチャンスがある。ゴールを決めて、チームを勝利に導く――結果で答えればいい。(専門委員)

スポニチアネックス 9月25日(日)8時32分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160925-00000080-spnannex-socc
no title

フロンターレ大久保嘉人、みそぎの“爆発予報” …てか『川崎フロンターレ 10カ条のフェアプレー精神』はどうなったん? 

1: 名無しさん 2016/09/20(火) 09:34:42.12 ID:CAP_USER9
 川崎Fの元日本代表FW大久保嘉人(34)が19日、天皇杯・J2千葉戦(22日、等々力)での汚名返上を誓った。17日のJ1リーグ大宮戦で退場になり、敗れたチームは第2ステージ首位から転落。次節25日の横浜戦は出場停止となるが、処分の対象にならない天皇杯のメンバーに入った。13年の川崎F移籍後は出場停止の処分を受けた後の試合で活躍しており、今回の騒動も終盤戦での爆発につなげる。

 練習を終えた大久保は「終わったことだから」と大宮戦の退場については口をつぐんだ。だが、報復行為で相手選手に頭突きして一発退場となり、敗戦につながってチームに迷惑をかけたことは、誰よりも分かっている。Jリーグの正式処分はまだだが、少なくとも25日の横浜戦は出場停止。一方で22日の天皇杯・J2千葉戦には出場可能な状況で、主力を温存するとみられている中、大久保は控え組とともにミニゲームなどで調整した。

 川崎Fに移籍して4年目。14年には看板を壊して2試合出場停止、昨年も警告の累積などで2度出場停止になった。処分明けの3試合全てで大久保は得点し、勝利に貢献している。今回はまだ出場停止そのものを迎えていないが、名誉挽回のため、期するものはある。

 「(大宮戦は)35分しかやってないから。勝てればいい」と話し、残り5試合の第2ステージ終盤戦に目を向ける。ウタカ(広島)を3差で追う得点王争いにも触れ「ここからが踏ん張りどころで負けられない。個人としては4試合、次節でどれだけ離されるか。(得点王は)あとで付いてくるもの」と初のステージ制覇、4年連続の得点王も諦めてはいない。

 MF中村も「嘉人(大久保)とは話していないが、本人が一番分かっていると思う。(挑発を)仕掛けてくるチームもあるだろうけど、退場になるとどれだけ影響があるか、相手に対する脅威も違う」と繰り返す。その上で「ガッといくところやワイルドなところも魅力」と、大久保の個性を称賛した。プロは結果で応えるもの。まずは天皇杯の千葉戦、そしてJ1の残り試合でゴールを重ね、信頼を取り戻す。

スポニチアネックス 9月20日 6時26分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160920-00000009-spnannex-socc
no title

川崎フロンターレ首位陥落…一発退場の大久保「頭は相手に当たっていない」 憲剛「冷静さが欠けていた」 

1: 名無しさん 2016/09/18(日) 09:26:26.78 ID:CAP_USER9
◇明治安田生命 J1第2S第12節 川崎F2―3大宮(2016年9月17日 熊谷陸)

 勝てば年間勝ち点で3位以内が確定し、初のチャンピオンシップ出場が決定するはずだった大一番。川崎Fはエースの退場が響いて競り負けた。

 前半36分、右CKから逆サイドでこぼれ球を狙った大久保が大宮のMF家長のファウルで転倒。倒れたまま家長の足を引っ掛けようとした大久保が起き上がると、これを見ていた相手MF横谷に背中を押されて再び倒された。

そして今度は起き上がりながら大久保が横谷の腹部に頭突き。エースが主審の目の前で報復行為に出て一発退場となった。15年10月24日の横浜戦以来、12度目の退場でストイコビッチのJ1リーグ最多記録にあと1と迫り、敗戦を招いた。

 「今日はない」と取材に応じなかった大久保だが、関係者に「(反スポーツ的な行為を)やってしまったのは悪いが、その前のプレーで(相手の挑発を)止めてほしかった。それに映像を見てもらえば分かるが、頭は相手に当たっていない」と漏らしたという。

最近は若い頃のやんちゃなイメージは影を潜め、退場の回数は激減。挑発に乗ることも少なかったが、この日は試合後もあいさつの際に両チームの選手が小競り合いをするなど後味の悪い試合となった。

 中村は「自滅というか1人減るとどれだけ大変か、嘉人(大久保)も自覚していると思う。冷静さが欠けていたという一言につきる。今日に限って挑発に乗ったのは不思議」と話し、風間監督は「試合を(大久保の退場が)壊してしまった。もう少し冷静にサッカーをしなければ」と嘆いた。

 10人となって先制を許しながら一度は2―1と逆転。しかし、終盤に運動量が落ちて再逆転を許し、チャンピオンシップ確定どころかステージ3位に落ちた。次節25日の横浜戦は大久保に加えてエドゥアルド・ネットも警告累積で出場停止。川崎Fの真価が問われる。

 ≪ピクシーに続くJ1ワースト2位≫大久保(川崎F)が前半36分にレッドカードで一発退場。大久保の退場は昨年10月24日・横浜戦以来、J1リーグ通算12度目。12度は歴代ワースト2位で、最多のストイコビッチ(名古屋)の13度にあと1回に迫った。ただし、大久保はプロ10年目までに退場11回とハイペースだったが、11年目から今季までの6年間では今回が2回目と大幅に減少している。

スポニチアネックス 9月18日 7時1分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160918-00000013-spnannex-socc

写真
no title


試合ハイライト
http://soccer.skyperfectv.co.jp/s/movies/jleague/rv7taq9opEA

【サッカー】<大久保“頭突き”>一発レッド!自身12度目の退場…J通算1位はピクシーの13度
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1474111325/

【サッカー】<Jリーグ・第2S第12節>大久保退場で10人の川崎フロンターレ、一時は逆転も乱打戦落とす…大宮MF江坂が劇的決勝弾
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1474110170/

大久保嘉人「この世界は。何があろうと結果出さなきゃ、たたかれて当然」 

1: 名無しさん 2016/08/09(火) 06:49:24.55 ID:CAP_USER9
 思わずもらい泣きしてしまった。6日の柔道女子48キロ級の3位決定戦をテレビの生中継で見ていた。近藤亜美選手は銅メダル獲得を決めたにもかかわらず、試合が終わるとすぐに泣いた。悔しさからだった。柔道の選手は五輪のために練習をやってきてる部分が、サッカー選手より大きいと思う。準決勝で一度負けたら気持ちが折れるはずなのに、立て直して勝った。それでも、涙だった。同じアスリートとして気持ちが分かる部分があった。

 結果がすべてだと思うんですよね、この世界は。何があろうと結果出さなきゃ、たたかれて当然。俺はそう思っている。柔道は期待も大きい。メダルを取るためにどれだけきつい練習をしてきて、どれだけいろいろなものを犠牲にしてきたか。それで(金メダルを目指した上での)銅メダルなら、そりゃあ悔しいと思う。結果を出せばボーンといけるし、世間の人にも知ってもらえる。結果が出なかったら自分の責任。そういう世界なんです。

 俺は、そういうプレッシャーの中でプレーしたい。今回、オーバーエージの候補に挙がった時も「日本の力になりたい」と思った。前回、ロンドン五輪の時もそうだった。それだけのプレッシャーの中でプレーする機会はなかなかないことだからね。怖さはあるよ。むしろ怖さしかない。結果がダメだったらオーバーエージがボロクソにたたかれる。自信があったから挑みたかった。あとのことは考えずにね。大きな重圧の中で結果を出すのは本当に気持ちがいいものだから。

 五輪と言えば岩崎恭子選手(競泳女子)や、金メダルを取って、お母さんの遺影を掲げた井上康生選手(柔道男子)が印象に残っている。それを見て、五輪に出たいなぁと思うようになった。自分が出たアテネ五輪ではチームとして結果を残すことはできなかった(1次リーグ敗退)。たたかれたけど、良かった。自分の力不足と思って努力できたし、今では「常に、何事にも貪欲に生きたい」と思っているから。俺は貪欲さがなくなった時、引退の時と決めているからね。(サッカーJ1川崎FW)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160809-00000001-sph-socc
no title

大久保嘉人「俺はどんどん周りに言うよ。金も稼げるんだから」「日本人は言わないからね、嫌われたくないから」 

1: 名無しさん 2016/07/14(木) 18:25:53.07 ID:CAP_USER9
「日本人は言わないからね、嫌われたくないから」
 
大久保は、竹を割ったような性格で、実直な男である。良いものは良い、悪いものは悪い。良くも悪くも、はっきりした物言いだ。
それゆえ、この日の大塚にはダメ出しした一方、以前「変なクロス」と指摘した車屋紳太郎のプレーについては、素直に称賛した。
 
「アイツは今日、めちゃくちゃ良かったよ。すごい積極的に行っていたし、サイドのポジショニングも、いつもはあまり前に出ないけど、今日に限っては前に出ていた。
今日は本当に素晴らしかった。アイツのクロスで何か起きるんじゃないかなと思った。あれを最低限に、これからどんどん良くなっていくだろうし、すごい期待している」
 
そして、「金も稼げるんだから」発言につながるのだ。
 
「言わないとね。日本人は言わないからね、嫌われたくないから。みんな気を使ってね。でも全然楽しくないよ、言わないと。
俺はどんどん言うよ、(それによって)良くなるならね。金も稼げるんだから」
 
周りに厳しく言うのは、その選手のためであり、引いてはチームのため。そして、その言動によりプレーの質が上がれば、
個人とチームの成績も上向き、最終的に選手の価値(サラリー)として返ってくる。「金も稼げる」の真意はそこにある。
 
大塚に対しては、これからも厳しい言葉が飛ぶ可能性もある。
しかし、大久保が「分かってくれると思う」と語るのは、期待の裏返し。エースの助言は金のように価値があり、文字どおり“金言”でもあるのだ。
 
SOCCER DIGEST Web 7月14日(木)11時30分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160714-00017487-sdigestw-socc
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索