Samurai Goal

外国籍選手


スポンサード リンク





横浜F・マリノス、歴代ガッカリ外国籍選手6人。SNS中毒で追放、4日で解雇…謎多き助っ人たちの系譜 

20200514-00010003-footballc-000-4-view




1: 2020/05/14(木) 14:15:50.86
1993年の開幕から28年目を迎えたJリーグでは、数多くの外国籍選手がプレーしてきた。活躍した選手もいる中で、期待を大きく裏切って帰っていった選手も少なくない。今回フットボールチャンネル編集部では、横浜F・マリノスで活躍できなかった外国籍選手を5人紹介する。※年齢は加入当時のもの

現ディナモ・ザグレブ監督
イゴール・ヨビチェビッチ(クロアチア出身)

生年月日:1973年11月30日(当時25歳)
在籍期間:1999年
J1通算成績:1試合出場/0得点

 世界的名門レアル・マドリードのBチームでもプレー経験を持つFWは、1999年に来日して練習生から横浜F・マリノスと正式契約を結んだ。しかし、将来を嘱望された過去の経歴による期待には応えられず、リーグ戦出場は1試合のみだった。

 その唯一の出場機会は1999年の2ndステージ第14節・清水エスパルス戦の終盤85分からだった。1-2でリードを許していた展開で同点ゴールが期待されながらノーインパクト。そしてホーム最終戦で優勝争いをしていた首位・清水に振り切られ、目の前で2ndステージ優勝を決められてしまった。

 もちろんマリノス は1999年で限りで退団となり、ブラジルのグアラニへ移籍する。そこからクロアチア時代の古巣NKザグレブ、フランスのメス、中国の瀋陽東進や上海連城(のちに上海申花に合併)、ウクライナのカルパティといったクラブを渡り歩き、選手としては不思議なキャリアを送った。

 それでも現役引退後は指導者としてステップアップしていき、今年4月からは数々の実力者を輩出してきたクロアチア屈指の名門ディナモ・ザグレブの監督を任されている。

●1999年J1・2ndステージ第14節:清水エスパルス戦の先発メンバー

▽GK
川口能活

▽DF
波戸康広
上野良治
小村徳男

▽MF
深澤仁博
遠藤彰弘
神田勝夫
永井秀樹
三浦淳宏

▽FW
ユ・サンチョル
城彰二

※ヨビチェビッチは85分から永井秀樹に代わって途中出場

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200514-00010003-footballc-socc
>>2以降に続く

鹿島アントラーズ、歴代ガッカリ外国籍選手5人。ブラジル代表での輝かしい実績も、日本の常勝軍団では輝けず 

20200511-00010001-footballc-000-2-view




1: 2020/05/11(月) 07:40:18.25
1993年の開幕から28年目を迎えたJリーグでは、数多くの外国籍選手がプレーしてきた。
活躍した選手もいる中で、期待を大きく裏切って帰っていった選手も少なくない。今回フットボールチャンネル編集部では、
鹿島アントラーズで活躍できなかった外国籍選手を5人紹介する。※年齢は加入時、成績は札幌在籍時のもの。

モーゼル(ブラジル代表)
生年月日:1960年9月19日(34歳)
在籍期間:1995年7月~96年
Jリーグ成績:17試合出場0得点

ジーコとともに1981年のリベルタドーレスカップでフラメンゴを初優勝に導いたモーゼルは、リバプールとのトヨタカップを制して世界一に輝いた。その後はポルトガルのベンフィカやフランスのマルセイユでリーグ優勝に貢献するなど、輝かしい経歴を持っている。ブラジル代表にも長年に渡って名を連ねてきたモーゼルは34歳のとき、鹿島アントラーズのテクニカルアドバイザーに就任したジーコに誘われて日本にやってきた。

1年目は半年で15試合に出場したが、9月30日のベルマーレ平塚戦では7分間で立て続けに2枚のイエローカードをもらうなど、退場処分となることが多く、35歳となったモーゼルのパフォーマンスは全盛期とは程遠かった。翌96年は2試合に出場したのち、ケガを理由に現役を引退している。


●1995年の基本先発メンバー

▽GK
佐藤洋平

▽DF
内藤就行
秋田豊
奥野僚右
相馬直樹

▽MF
ジョルジーニョ
本田泰人
サントス
レオナルド

▽FW
長谷川祥之
黒崎比差支

https://news.yahoo.co.jp/articles/659115f47850908aa7849c31dc47f5dad44030eb
5/11(月) 7:22配信

浦和レッズ、歴代最強外国籍選手5人。ドイツとの深いつながり、超強力ブラジル人たちと掴んだ栄光 

img_9f9b79cdf7091cd6419224d9fb04f50f428456




1: 2020/04/20(月) 15:53:59.12
サッカー休止の中、フットボール専門誌は過去の特集を始めた。
今回はフットボールチャンネルから浦和レッズの歴代最強外国人選手特集を紹介したい。

Jリーグ筆頭の人気クラブ浦和レッズを支えた5人の最強外国人選手たち。
誰も個性がありスタジアムを沸かせた人気選手だ。
あなたの思い出の選手はいるだろうか?


ドイツ流を叩き込んだ闘将

1995シーズンの基本先発メンバー

ギド・ブッフバルト(元ドイツ代表)

生年月日:1961年1月24日(58歳)
在籍期間:1994年~1997年
J通算成績:127試合出場/11得点

自身2度目だった1994年アメリカワールドカップ出場後に浦和レッズへ加入し、最終ラインに闘魂を注入。1995年には“Jリーグのお荷物”とまで呼ばれた弱小クラブを年間4位に躍進させた。そして個人としても1995年と1996年、2年連続でJリーグベストイレブンにも選ばれている。

3年半の在籍でリーグ戦127試合に出場し、1997年10月に行われた退団セレモニーでは白馬に乗って場内を回った。ピッチ内での力強いプレーやピッチ外での模範的な振る舞いでも愛された闘将は、2006年に監督として浦和に帰還し、Jリーグ初優勝と天皇杯制覇に導いている。

●1995シーズンの基本先発メンバー

▽GK
土田尚史

▽DF
曹貴裁
ブッフバルト
田口禎則

▽MF
山田暢久
広瀬治
土橋正樹
バイン
福永泰

▽FW
福田正博
岡野雅行


エメルソン(ブラジル出身/元カタール代表)

生年月日:1978年12月6日(41歳)
在籍期間:2001年~2005年
J1通算成績:100試合出場/71得点
J2通算成績:52試合出場/50得点

ピッチ外でも話題多き男だった。爆発的なスピードを武器にゴールを量産し、2004年には27得点でJリーグ得点王に輝いた。2000年から日本でプレーしていたこともあり、一時は日本国籍を取得しての日本代表入りがささやかれるほどに。

ところが2005年夏、多額の報酬に惹かれたのかカタールのアル・サッドに移籍していってしまう。そして2006年1月には2通の出生届を悪用して年齢詐称をしていたことが判明。本名は「マルシオ・パッソス・ジ・アルブケルケ」だったが、日本時代は「マルシオ・エメルソン・パッソス」として登録し、実際の年齢より3歳若く申告していた。

さらに同年10月にはカタール国籍を取得し、2007年には国際親善試合でカタール代表デビューも果たした。母国に戻った後はフラメンゴ、フルミネンセ、コリンチャンス、ポンチ・プレッタと複数の強豪クラブでプレーし、2018年に現役引退。最後のクラブとなったコリンチャンスでは引退試合が開催されるほど愛された。

●2004シーズンの基本先発メンバー

▽GK
山岸範宏

▽DF
アルパイ
田中マルクス闘莉王
内舘秀樹

▽MF
平川忠亮
鈴木啓太
長谷部誠
三都主アレサンドロ
山田暢久

▽FW
田中達也
エメルソン

>>2に続く

Posted on 2020.04.20 / text by 編集部 / photo Getty Images
シリーズ:編集部フォーカス
https://www.footballchannel.jp/2020/04/20/post371261/

<Jリーグ・J1外国籍選手の最強イレブンを選出!>イニエスタら名手が勢ぞろい 

1: 2020/04/19(日) 18:22:52.62
ヴィッセル神戸をはじめとしてワールドクラスの外国人選手がプレーする明治安田生命J1リーグ。『Goal』では、2019シーズンのJ1でのプレーを加味しつつ、現役外国籍選手の最強ベストイレブンを選出した。

●GKキム・ジンヒョン(セレッソ大阪/元韓国代表)昨季成績:34試合25失点、15クリーンシート
昨シーズンのJ1で最少失点を誇ったC大阪の守護神を選出。クリーンシートの「15」はリーグトップであり、ミゲル・アンヘル・ロティーナ監督の下でボール回収後の繋ぎにも磨きがかかった。
チーム全体の強固な守備のなかで、システマティックかつ安定感のあるセービングを披露している。

●DFエウシーニョ(清水エスパルス/ブラジル人)昨季成績:27試合4ゴール4アシスト
川崎FでJ1連覇に貢献し、昨年初めに清水に移籍した超攻撃的右SB。積極的にオーバーラップして攻撃に幾度も絡んでいく姿勢はどのチームにとっても脅威であり、この選手を配置するだけで攻撃の選択肢が1つ増えるほどだ。

●DFシマオ・マテ(ベガルタ仙台/モザンビーク代表)昨季成績:24試合3ゴール
世界最高峰のリーグであるリーガ・エスパニョーラのレバンテで主力として3年間を過ごしたことのある、仙台の主将。昨年初めにはそれほど多くの出場機会を与えられなかったが、シーズン半ばごろからポジションを奪取すると、
闘志あふれるプレーでファンを魅了した。恵まれたフィジカルを生かして数々の屈強なフォワードに競り勝ち、DFラインの門番となった。


●DFトーマス・フェルマーレン(ヴィッセル神戸/ベルギー代表)昨季成績:8試合1アシスト
この現役ベルギー代表は昨年夏にバルセロナから神戸に移籍。半期だったため出場試合数は多くないが、すぐにワールドクラスの実力を見せつけ、神戸の中でも欠かせない選手の1人となった。
ボールを支配するフットボールにおいては世界屈指の素質を備え、守備のみならず攻撃の始点として活躍する。

●DFティーラトン(横浜F・マリノス/タイ代表昨季成績:25試合3ゴール4アシスト
昨シーズンの最終節FC東京戦で先制ゴールを決め、J1制覇に大きく貢献。アンジェ・ポステコグルー監督のもとでサイドをアップダウンするだけではない難しい役割をこなしつつ、“悪魔の左足”から強烈なシュートを放てる瞬間を常にうかがう。

4/19(日) 17:31配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200419-00010018-goal-socc

写真
no title

神戸、最多8人に上る外国籍選手の去就が気になる!来季の補強ポイントは? 

1: Egg ★ 2019/11/03(日) 23:17:45.67 ID:mi1ORqs29
課題はスタメンとサブの間にクオリティの差があること

J1リーグ30節の神戸vs仙台は、小川慶治朗の2ゴールで神戸が快勝した。今季4度目のクリーンシートも達成。この試合を見る限り、チームの骨格はすでに固まったように思われる。気になる来季の陣容は、去就が騒がれているルーカス・ポドルスキを含め、まず誰が残るかが大きなポイントになりそうだ。

 ポジション別の補強ポイントを見る前に、まず考えるべきは外国籍選手の数だろう。韓国やタイなどアジア圏を除いた数では、神戸の8人がJ1最多となる。続くのは横浜F・マリノスの6人。首位の鹿島、2位のFC東京はともにブラジル人3人。ヨーロッパの選手を5人も抱える神戸は、Jリーグの中で異色の存在と言える。

 ポドルスキの去就問題はさておき、この欧州の5人は神戸に欠かせない存在となる。残るブラジル2人とレバノン人ひとりがどうなるかが、ひとまずの注目点になるだろう。単純にプレータイムで判断すれば、DFダンクレーはキープすべき選手。8月10日の大分戦を最後に出番のないFWウェリントン、リーグ戦1試合のみ出場のDFジョアン・オマリは、本人が出場機会を求めるかどうかにもかかってくると思われる。

 1試合に登録できる外国籍選手は、ベンチも含めて上限5人。あまり多くの助っ人を抱えても、宝の持ち腐れになりかねない。人員を整理して、併用できる日本人選手やJリーグ提携国選手を補強するかどうか、この辺りがひとつの注目点と言っていいだろう。

 外国籍選手5枠との兼ね合いを考えてGKは現状のままか。今夏に補強した飯倉大樹を軸に、前川黛也、吉丸絢梓ら計5人もいる。過去には日本代表の川島永嗣の名前も浮上したが、今年7月にRCストラスブール(仏)と2年契約しており、結局は噂で終わっている。いずれにしても補強するなら日本人選手だが、現時点ではあまり必要性を感じられない。

 整理が必要なのはDF陣だろう。J2チームに期限付き移籍中の宮大樹(水戸)、小林友希(町田)、初瀬亮(福岡・育成型)を加えると所属は13人。MFやFWの約2倍の人数に上る。神戸がそれだけ守備の構築に苦しんできた証拠だ。

 賛否両論を覚悟の上で言うなら、課題はスタメンとサブのクオリティに差があることだ。

 29節のFC東京戦では、3センターバック中央の大﨑玲央が出場停止、左のフェルマーレンがベルギー代表の疲労を考慮して出場を回避。右からダンクレー、渡部博文、J・オマリというラインナップを組んだ。さらに右ウイングバックは西大伍の負傷で藤谷壮が先発。都合5枚のうち3枚を変更した結果、ポゼッションサッカーの生命線であるビルドアップが不安定に。結局、3点を献上して敗れた。

 誰が出ても同じサッカーができることをコンセプトに掲げる神戸。左ウイングバックの酒井高徳のバックアップ選手も含め、テコ入れが必要と言えるかもしれない

11/3(日) 15:46配信サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191103-00066228-sdigestw-socc

写真
no title

遠藤保仁、衝撃のJリーグ海外助っ人は? 「一度も勝てると思えなかった唯一の選手」 

20190902-00214560-soccermzw-000-5-view[2]


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索