Samurai Goal

外国人


スポンサード リンク





「こんなの見たことない」 外国人Jリーガーが日本文化に衝撃「尊重したい」柏レイソル オルンガ 

1: 2020/05/19(火) 09:21:11.39
柏のケニア代表FWオルンガ、欧州と日本の文化を比較「郷に入れば郷に従え、だね」

J1柏レイソルに所属するケニア代表FWオルンガが、Jリーグが主催した座談会のなかで日本独自のサッカー文化について言及し、「こんなのは見たことがない」と衝撃ぶりを明かしている。

 Jリーグ公式YouTubeチャンネルが1本の動画を公開。オルンガとともに、J1北海道コンサドーレ札幌の元イングランド代表FWジェイ、J1名古屋グランパスのオーストラリア代表GKミチェル・ランゲラックの3人が揃い、オンライン座談会で様々なテーマについて話し合った。

 そのなかで日本と欧州におけるサッカー文化の違いについてオルンガが言及。「ヨーロッパの様々なリーグでプレーした経験があり、ファンは非常に感情的で、本当にチームをサポートしようとしている」と語る。

 母国のクラブを渡り歩いたオルンガは、ユールゴーデン(スウェーデン)、貴州智誠(中国)、ジローナ(スペイン)を経て、2018年夏に柏へ加入。2019年にはJ2リーグ戦30試合に出場し、27ゴールマークした。最終節の京都サンガF.C.戦(13-1)でJリーグ1試合最多記録となる8ゴールを挙げて世界に衝撃を与え、J2優勝とともにJ1昇格に大きく貢献している。

「日本のファンもチームをサポートしてくれるなか、欧州ファンとの違いが見て取れる。ジェイが言うように、イギリスでは内容の良くないゲームをしたら、誰もが罵倒してくるし、ピッチに物を投げ込むんだ」

 海外ファンの過激ぶりに触れたオルンガは、「でも日本では、試合が終わったらお辞儀をする。こんなのは見たことがない。試合後、列に並んでお辞儀をするんだ」と驚きを明かしている。

「安全な場所に逃げるのがフットボールの常識だ。それが日本文化なので尊重したい。郷に入れば郷に従え、だね」

 今季J1開幕節の北海道コンサドーレ札幌戦でも2ゴールをマークして4-2の勝利に貢献したオルンガ。新型コロナウイルスの影響で中断しているシーズンの再開後、また爆発する姿を見せてくれそうだ。

no title


5/19(火) 6:40
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200519-00262418-soccermzw-socc

外国人FW、世界が絶賛する日本の“美的行為”に指摘 「知らない人が驚いているだけ」 

20200512-00261442-soccermzw-000-7-view

Jリーグ外国人DF、日本のコロナ対応と比較…嘆き節「マスク取れとバカにされ…」 

20200327-00253763-soccermzw-000-1-view




1: 2020/03/27(金) 06:38:34.16
東京Vのブラジル人DFクレビーニョが強調 「日本に来たことを全く後悔していない」

J2東京ヴェルディに所属するブラジル人DFクレビーニョが母国紙「O Dia」の取材に応じ、新型コロナウイルスの被害について訊かれるも「良い経験すぎて、日本に来たことを全く後悔していない」と強調した。
その一方、日本でのマスク着用を母国の人たちから茶化されたエピソードを明かし、「日本のように予防していなかったので、ブラジルは今の状態になってしまった」と嘆いている。

「コロナウイルスが中国で発生し、ここにも来るとなった時、僕たちはマスクを使い始めたのを覚えている」とブラジル紙「O Dia」に語ったのは、今季でJリーグ2年目を迎えている21歳のクレビーニョだ。
2019年夏、フラメンゴから東京Vに期限付き移籍し、同年8月の第29節水戸ホーリーホック戦でデビューし、正確なキックから1アシストをマーク。その後もコンスタントにプレーし、13試合に出場した。

今季もフル稼働が期待されていたなかで新型コロナウイルスが直撃し、Jリーグは一時中断。
当初は3月18日の再開を目指していたが断念し、現在は4月25日にJ3、5月2日にJ2、同9日にJ1と段階的に再始動する予定だ。

オフから地道に準備を進め、2月23日の開幕節・徳島ヴォルティス戦(0-3)にスタメン出場したクレビーニョだが、勝負の2年目で思わぬ事態に直面している。
それでも「良い経験すぎて、日本に来たことを全く後悔していない」と強調する。

開幕直後にリーグが一時中断された形だが、クレビーニョは母国紙に対して新型コロナウイルスの影響は最小限にとどまっていると説明。
「神に感謝しますが、ここでは感染があまり広がらなかったので、人々の態度も変わらなかった。クラブに到着するたびに体温計をつけ、大丈夫かどうか確認してくれた。
今ではすべて問題なく回っている」と語り、周囲の対応に感謝の意を示している。

「文化、文明、すべての物事が非常に組織化され、サッカーのレベルも非常に高い」
ブラジル紙「O Dia」は「若者は、日本人がどのように新型コロナウイルスに対応したかを話し、ブラジル人が時々からかったこともあると報告した」と指摘。
クレビーニョは日本と海外で異なる“マスク着用”の意識に触れつつ、一つのエピソードを口にしている。

「ブラジルの人たちから『マスクを取れ』とバカにされ続けたけど、それはデタラメだった。日本のように予防していなかったので、ブラジルでは今のような状態になってしまった」

米ジョンズ・ホプキンス大学が公表しているリアルタイム感染マップによれば(26日21時時点)、感染者数はブラジルが世界18位(2563人)、日本が同27位(1307人)。
死亡者数はブラジルが世界16位(60人)、日本が同18位(45人)とブラジルで被害が拡大している。両国の状況を受けて、クレビーニョは日本の予防策を称えていた。

「日本でとても楽しんでいる。この国の文化、文明、すべての物事が非常に組織化されていて、サッカーのレベルも非常に高く、来た選手がすべて活躍できるような場所ではない。
日本での生活をすごく気に入っているし、何年も続けたい」

 日本での成功を夢見る21歳のブラジルの若武者は、新型コロナウイルス騒動のなかでも前向きに努力を続けている。

Football ZONE web編集部

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200327-00253763-soccermzw-socc
3/27(金) 6:30配信

なぜJリーグのGKは外国人が多いか「日本人GKの課題」を指摘する名指導者の危機感! 

eijikawashima_01-thumb-600x400-21916




1: Egg ★ 2020/02/12(水) 18:26:39.95 ID:4OEjcusA9
パク・イルギュ(横浜F・マリノス)、クォン・スンテ(鹿島アントラーズ)、チ〇ン・ソンリョン(川崎フロンターレ)、キム・ジンヒョン(セレッソ大阪)……。

昨シーズンの明治安田生命J1リーグ上位クラブのGKを思い浮かべると韓国籍の実力派GKが数多く名を連ねる。JクラブのGKコーチが口々に「外国人GKが増え」「日本のGKのレベルが危うい」と言う理由とは? 

ジュニアからトッププロまですべてのカテゴリーの指導経験を持つGK界のスペシャリスト澤村公康が、現場の最前線で指導してきたからこそ感じる日本人GKの課題と、良い選手となるための条件を明かす。

「助っ人外国人=GK」という図式

18分の8。この数字が何を意味するかを答えられる人は、よほどのJリーグ通に違いない。これは2019年シーズンのJ1リーグにおいて、外国籍のGKを「正守護神」として起用したチームの数だ。およそ44%のクラブが、日本人ではなく外国籍のGKにゴールを任せていたのである(内訳は韓国5、ポーランド2、オーストラリア1)。

さらに、2019年シーズンのトップ5に目を向けると、2位のFC東京以外の4クラブが外国籍のGKを起用。全員が韓国の選手であり、代表経験者がずらりと並んでいる。助っ人外国人というと点取り屋の選手をイメージするが、現在のJリーグでは「助っ人外国人=GK」という図式が成り立っているのだ。

ここ数年、JクラブのGKコーチに取材をする中で「外国人GKが増え始めている」という話題が毎回のように出てきていた。同時に「このままでは、日本のGKのレベルが危うい」という話を聞いたのも、一度や二度ではない。なかでも大きな危機感を抱いているのが、ロアッソ熊本やサンフレッチェ広島でGKコーチを務めた、澤村公康氏だ。

澤村氏は熊本時代にレンタル移籍で加入したシュミット・ダニエルを大きく成長させ、昨シーズン所属した広島では、開幕前には4番手のGKだった大迫敬介の能力を見抜き、後に日本代表に選ばれるきっかけを作った人物だ。

ジュニアからプロまで、すべてのカテゴリーの指導経験を持ち、GKコーチとして25年を超えるキャリアがある澤村氏は「Jクラブが外国人GKを獲得するということは、即戦力、もしくはシーズンを通して仕事ができる日本人のGKが少なすぎるんだろうなというのが率直な感想です」と、悔しさを滲ませながら現状を分析する

2/12(水) 17:09配信

神戸、最多8人に上る外国籍選手の去就が気になる!来季の補強ポイントは? 

1: Egg ★ 2019/11/03(日) 23:17:45.67 ID:mi1ORqs29
課題はスタメンとサブの間にクオリティの差があること

J1リーグ30節の神戸vs仙台は、小川慶治朗の2ゴールで神戸が快勝した。今季4度目のクリーンシートも達成。この試合を見る限り、チームの骨格はすでに固まったように思われる。気になる来季の陣容は、去就が騒がれているルーカス・ポドルスキを含め、まず誰が残るかが大きなポイントになりそうだ。

 ポジション別の補強ポイントを見る前に、まず考えるべきは外国籍選手の数だろう。韓国やタイなどアジア圏を除いた数では、神戸の8人がJ1最多となる。続くのは横浜F・マリノスの6人。首位の鹿島、2位のFC東京はともにブラジル人3人。ヨーロッパの選手を5人も抱える神戸は、Jリーグの中で異色の存在と言える。

 ポドルスキの去就問題はさておき、この欧州の5人は神戸に欠かせない存在となる。残るブラジル2人とレバノン人ひとりがどうなるかが、ひとまずの注目点になるだろう。単純にプレータイムで判断すれば、DFダンクレーはキープすべき選手。8月10日の大分戦を最後に出番のないFWウェリントン、リーグ戦1試合のみ出場のDFジョアン・オマリは、本人が出場機会を求めるかどうかにもかかってくると思われる。

 1試合に登録できる外国籍選手は、ベンチも含めて上限5人。あまり多くの助っ人を抱えても、宝の持ち腐れになりかねない。人員を整理して、併用できる日本人選手やJリーグ提携国選手を補強するかどうか、この辺りがひとつの注目点と言っていいだろう。

 外国籍選手5枠との兼ね合いを考えてGKは現状のままか。今夏に補強した飯倉大樹を軸に、前川黛也、吉丸絢梓ら計5人もいる。過去には日本代表の川島永嗣の名前も浮上したが、今年7月にRCストラスブール(仏)と2年契約しており、結局は噂で終わっている。いずれにしても補強するなら日本人選手だが、現時点ではあまり必要性を感じられない。

 整理が必要なのはDF陣だろう。J2チームに期限付き移籍中の宮大樹(水戸)、小林友希(町田)、初瀬亮(福岡・育成型)を加えると所属は13人。MFやFWの約2倍の人数に上る。神戸がそれだけ守備の構築に苦しんできた証拠だ。

 賛否両論を覚悟の上で言うなら、課題はスタメンとサブのクオリティに差があることだ。

 29節のFC東京戦では、3センターバック中央の大﨑玲央が出場停止、左のフェルマーレンがベルギー代表の疲労を考慮して出場を回避。右からダンクレー、渡部博文、J・オマリというラインナップを組んだ。さらに右ウイングバックは西大伍の負傷で藤谷壮が先発。都合5枚のうち3枚を変更した結果、ポゼッションサッカーの生命線であるビルドアップが不安定に。結局、3点を献上して敗れた。

 誰が出ても同じサッカーができることをコンセプトに掲げる神戸。左ウイングバックの酒井高徳のバックアップ選手も含め、テコ入れが必要と言えるかもしれない

11/3(日) 15:46配信サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191103-00066228-sdigestw-socc

写真
no title

なぜラグビーは強くなったのに、サッカーは弱いのか  

images




1: 2019/09/28(土) 18:41:03.14 ID:pEbJgqQd0
電通のせい?

ラグビーW杯的視点でサッカーを見れば。日本代表に加えたい外国籍Jリーガーは誰だ  

20190927-00144337-roupeiro-000-3-view[1]




1: 豆次郎 ★ 2019/09/27(金) 19:15:18.84 ID:pZVqOyYc9
 先のパラグアイ戦、ミャンマー戦に招集された日本代表23人の中で、海外組の数は19人に及んだ。彼らは日本に帰国して1試合、ミャンマーに移動して1試合を戦い、そして欧州に戻っていった。

 一方、日本でいまW杯が開催されているラグビーは、日本代表30人中15人が外国出身者だ。サッカーをはじめとするそれ以外の競技と代表チームのコンセプトに違いがある。そこに違和感を覚える人がいても不思議はない。しかしである。彼らは全員、トップリーグのチームに所属しているサッカー的に言えば国内組だ。

 23人中19人が海外組で占められるサッカーと、30人中15人が外国出身者ながら、30人全員が国内組であるラグビーと。違和感を抱くのはどちらかと言えば、いい勝負になってきている。

 重要なのはルーツなのか、いまいる場所なのか。

 ルーツを重視するサッカーだが、この流れで行くと近い将来、代表チームの国内組はゼロになる可能性がある。全員海外組。となると、日本在住者はスタッフのみ。監督とコーチだけになる。彼らは通常、日本にいて海外でプレーする選手の現状をチェックできるのかという話になる。親善マッチを9割方国内で戦っているいまの代表戦の在り方にも、違和感を抱かざるを得なくなる。このスタイルで強化は進むのか。

 一方、海外組の中で、それぞれがプレーしている国の代表チームに入れそうな選手は、率直に言って誰一人いない。久保建英がスペイン代表になれるかと言えば、いまの時点ではノーだ。にもかかわらず、増加の一途を辿る海外組を見ていると、むしろラグビーの方があるべき姿に見えてくる。

 一方、Jリーグに、実力的に日本代表に入れそうな外国人選手は多数いる。滞在歴が3年以上というラグビーに用いられている規定を外せば、枠の半分ぐらいは直ぐに埋まるだろう。

 ラグビーは外国出身選手の顔がいま露出しやすい状態にある。W杯で活躍すればするほど、その知名度、認知度は上昇する。それに引き替えJリーグで活躍している外国人選手は……と、その姿が忍びなく見えてくる。脚光はもっと当てられるべきなのだ。

 いま、Jリーグでプレーする外国人選手の中で、日本代表に加えたくなる外国人選手は誰か。ラグビーW杯日本開催を記念して、まずはラグビー的な条件に適う選手からリストアップしてみたい。

 最上位に来る選手は誰か。日本代表でキャプテンを任せることができそうな、サッカー版のリーチ・マイケルは誰かといえば、それはレオ・シルバ(鹿島アントラーズ)だろう。2013年に来日。アルビレックス新潟で4シーズンを送った後、2017年、鹿島に移籍。現在そこで3シーズン目(通算7シーズン目)を送っているが、Jリーグのベスト11に輝いた過去はわずか1回(2014年)。2013年から現在に至るまでJリーグのベスト11に輝いてきた選手と、レオ・シルバの力量を比較すれば、選者の見る目に思わず疑問を抱きたくなる。格が違うだろと言いたくなる。

 鹿島はアジアチャンピオンズリーグ準々決勝で広州恒大に通算スコア1-1、アウェーゴールルールの差で惜敗したが、レオ・シルバのプレーは光った。相手の広州恒大にはパウリーニョがいた。つい1、2年前までバルサでプレーしていたブラジル代表選手。知名度の高い実力者であるが、レオ・シルバは、それさえも上回るプレーでチームを牽引した。得点も叩き出している。

 所属選手が続々と海外組に転じていく中、鹿島がなおコンスタントに上位を維持していられるのは、このブラジル人選手の存在と深い関係がある。チームの屋台骨を支えるキャプテンと呼びたくなる大黒柱なのだ。「ルーツなのか、いまいる場所なのか問題」に一石を投じる貴重なサンプルと言ってもいいほどだ。

 レオ・シルバ率いる鹿島に現在、勝ち点1差で先行しているFC東京も、一人の突出した外国人選手に支えられている。2016年柏レイソルに入団。昨年からFC東京でプレーするストライカー、ディエゴ・オリベイラだ。今季これまで叩き出したゴール数は13で、得点ランキングは首位タイ。彼のいないFC東京は考えられない状態にある。

 2トップを共に張る永井謙佑は日本代表に抜擢され、それなりに話題を集めているが、それ以上の存在であるディエゴ・オリベイラに脚光が当たる機会はあまりにも少ない。

続きはこちらで↓
https://news.yahoo.co.jp/byline/sugiyamashigeki/20190927-00144337/

サッカー中国代表、外国人9選手が帰化申請w W杯出場のため11人中9人が外人になる可能性もwww  

20190823-00000034-jij_afp-000-2-view[1]




1: 47の素敵な(SB-Android) (9級) 2019/08/23(金) 18:13:39.40
サッカー中国代表、W杯出場へ後押し 外国人9選手が帰化申請(AFP=時事) - Yahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190823-00000034-jij_afp-socc
VIPQ2_EXTDAT: none:none:1000:1000:512: EXT was configured

ジュビロ磐田・鈴木秀人監督、就任1か月で退任へ…3連敗中で最下位に低迷。新監督は外国人を中心に人選  

1: Egg ★ 2019/08/15(木) 06:50:41.51 ID:G94AnePA9
磐田・鈴木秀人監督(44)の退任が濃厚になったことが14日、分かった。6―0で大勝した天皇杯3回戦の八戸戦は、体調不良のため小林稔ヘッドコーチ(43)が監督代行として指揮を執っていた。鈴木監督は名波浩・前監督(46)の退任後の7月1日に就任したが、リーグ戦では3連敗中で最下位に低迷

 新監督は外国人を中心に人選を進めている模様だ。18日のリーグ・G大阪戦(パナスタ)は小林ヘッドコーチが指揮を執る可能性が高い。

8/15(木) 3:03 スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190815-00000065-sph-socc

写真
no title

Jリーグは外国人守護神だらけ、日本人GKに未来はあるのか  

1: ばーど ★ 2019/08/01(木) 15:12:52.85 ID:DXKhQjvl9
今年7月、シント・トロイデンに移籍した日本代表GKシュミット・ダニエルと入れ替わる形で、元ポーランド代表GKヤクブ・スウォビィクがベガルタ仙台に入団している。デビュー戦となった前節のセレッソ大阪戦では、身長190㎝の巨躯を自在に動かし、神がかったセービングを連発。ハイボールやキックなどの技術でも堅実さを見せた。10代からプロの試合出場を重ねてきたスウォビィクは、すでに老獪さを身につけている。

「日本人GKも、若いときから実戦を積むことで、もっと成長が望める。出場試合0で、上達はあり得ない。指導者には、その能力を見極め、ポジションを与えられるかどうかが求められる」

ヴィッセル神戸を率いたスペイン人監督フアン・マヌエル・リージョはそう言って、若く経験のないGK前川黛也を積極的に登用していた。鶏が先か、卵が先か。日本のゴールを長年にわたって守ってきた楢崎正剛、川口能活の2人は、若いときからチャンスを与えられている。

その一方、国際的に見て日本人GKの実力に懐疑的な見方も多い。欧州で足跡を残したのは、川島永嗣(ストラスブール)ひとりだけ、という現状がある。

「どこかの国のGKを帰化させられないのか?」

かつて日本代表を指揮したある外国人監督は、真剣に代表関係者に相談したという。それは極端な例だとしても、過去に代表を率いた外国人監督の多くは、日本人GKの総合力に満足していない。

日本人GKの実力と未来とは?

今シーズンのJリーグでは、冒頭に記したスウォビクだけでなく、身長190cmを超えるポーランド人カミンスキー(ジュビロ磐田)、オーストラリア人ランゲラック(名古屋グランパス)ののセービングも異彩を放っている。日本人GK以上に、止められないシュートを止め、チームを救い、勝機を引き寄せる。特別な存在だ。

他にJ1で際立っているのは、韓国人GKの存在だろう。

チョン・ソンリョン(川崎フロンターレ)、キム・ジンヒョン(セレッソ大阪)、ク・ソンユン(コンサドーレ札幌)、キム・スンギュ(ヴィッセル神戸→蔚山現代)、クォン・スンテ(鹿島アントラーズ)。横浜F・マリノスのパク・イルギュは日本生まれ、日本育ちの韓国人GKだ。

昨シーズンまであった「アジア枠」は、彼らの移籍を後押しした。しかし、彼らが定着して一大勢力を作った理由は、その実力によるものだ。

「同じ身長だと、(韓国人GKは)スピード、パワーで日本人GKより上かなと、正直に認めるところはありますね」

Jリーグ22シーズン目になるGK南雄太(横浜FC、39歳)は、そう説明している。南は18歳から柏レイソルのゴールを守り続け、昨シーズンはJ2横浜の守護神としてJ1昇格プレーオフを戦った。

「韓国人GKは、身長190cmオーバーでも俊敏に動けて、止められる。単純なパワーは日本人と違う。例えば、体勢が悪くて入っちゃいそうなシュートを、強引に掻き出せるというか......。同じ身長なら、彼らを使うことになるかもしれません。たとえば、チョン・ソンリョンは、醸し出す空気がどっしりし、信頼できる感じが伝わってきますね。一方で日本人の場合、180~185cmくらいだと俊敏に動ける選手が多いから、そういう選手はポジションを取っています」

ロシアW杯日本代表の川島永嗣、東口順昭(ガンバ大阪)、中村航輔(柏レイソル)も、大柄ではないが俊敏で、高いゴールキーピング力を誇る。

「でも、日本人でも最近はシュミット・ダニエルなどが出てきています。GKは大型化しているし、時代の流れを感じますよ。これからはどんどん変わるはずです。ユース年代のGKを見ると、親が国際結婚した子どもたちが増えていますしね。自分はこの時代に生まれてよかったですよ」

南はそう言って笑みを洩らしたが、当然、日本人GKとしての特性も肌で知っている。

「これは自分の場合ですが、サイズもなくて身体的に恵まれなかったからこそ、いろいろ考えてプレーするようになりました。たとえば、1ステップで届かないなら、2ステップ踏んで届くようにするとか。なにより、ディフェンスを動かせるか。届かないなら、コースを切らせて、一緒に守る。考えることで、埋められることもあります」

体格的な資質はつきまとう。「でかくて速い」のは、それだけで武器になる。しかしディテールを突き詰めることで、日本人GKの活路は広がるとも言える。

以下ソース先で

8/1(木) 6:37
webスポルティーバ
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190801-00866930-sportiva-socc&p=1
.



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索