Samurai Goal

売却


スポンサード リンク





<ニューカッスル>400億円の売却が「認められる方向」と英報道...資産約3兆4400億円以上のサウジ政府系企業 

1: 2020/06/23(火) 10:00:54.77
FW武藤嘉紀の所属するプレミアリーグのニューカッスルは、今夏のクラブ売却が報じられているものの、いまだ決定には至っていない。そんななか、英紙「デイリー・メール」は交渉が成立に近付いていると報道。3億ポンド(約400億円)での売却が間もなく成立する見込みだという。

 ニューカッスルは2007年から現オーナーのマイク・アシュリー氏が保有しているが、サウジアラビア政府系企業のPCPキャピタルパートナーズへの売却が進んでおり、成立は秒読みと伝えられてきた。同企業は260億ポンド(約3兆4400億円)以上の資産を持つとされ、買収後の大型補強の可能性も盛んに報じられている。

 先月にはリーグ側からの承認が下り、交渉成立間近と報じられていたものの、それから約1カ月が経過しても進展はなし。買収を試みているのはサウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子がチェアマンを務める政府系企業「パブリック・インベストメント・ファンド」。しかし、サウジアラビア政府が世界貿易機関(WTO)の定める法律違反に関与している可能性が指摘され、プレミアリーグが調査に乗り出したことで、交渉は暗礁に乗り上げることとなった。

 先の見えない状況に陥っていたクラブ売却問題だが、「デイリー・メール」によるとついに完了の発表が近付いているという。同紙は今週にも交渉成立となる可能性を指摘したうえで、「3億ポンドのディールは、サウジアラビアとの連係を強化したいイギリス政府の関与もあり、認められる方向だ」と伝えている。

 サウジアラビア当局は前述の「法律違反」に該当するプレミアリーグを放映する海賊版サイトを封鎖することを明言しており、これこそがクラブ売却が完了に向かっている証拠であると見る向きもあるようだ。早期の決着となれば、規模縮小が予想される今夏の移籍市場で、“金満”ニューカッスルの派手な動きが見られるかもしれない。

6/23(火) 8:40 フットボールゾーン
https://news.yahoo.co.jp/articles/847f914dda06bd2352c46758f97e77a46818e380

写真
no title

“この6人”は売却できない…今夏バルセロナが手放さない選手とは 

20200525-43480501-gekisaka-000-4-view

プレミアリーグのニューカッスルが世界最大級のサウジ政府系ファンドと英国の合同企業体への売却決定 

20200522-00010022-chuspo-000-1-view

コウチーニョのバルセロナ退団は確実…チェルシーらに売却オファー 

20200423-00010000-goal-000-1-view




1: 2020/04/23(木) 06:07:19.50
バルセロナがチェルシーをはじめとした複数のクラブにフィリペ・コウチーニョの売却をオファーしたようだ。イギリス『スカイスポーツ』が伝えている。

2018年冬にリヴァプールからクラブ史上最高額でバルセロナに加入したコウチーニョ。しかし、1シーズン半にわたり期待されていたほどの活躍を残すことができず、昨夏に1年間の期限付きでバイエルン・ミュンヘンに加入する。しかし、ドイツ王者が買い取りオプションを行使するとは考えられておらず、今夏にはカンプ・ノウに戻る予定だ。

しかし、コウチーニョの将来は不透明。新型コロナウイルス感染拡大によるシーズン中断により、財政面で苦境に立たされるバルセロナは、資金確保のために同選手を売却する可能性が高いが、キケ・セティエン監督がチームに残す可能性を示す一方で、代理人は同選手がプレミアリーグへの復帰を望むと明かしていた。

そんな27歳のブラジル代表MFに対して興味を示すのがチェルシー。昨夏の補強禁止以降、新戦力を獲得しておらず、今夏にビッグサマーを迎えると予想されている。すでに、ハキム・ツィエクの加入を内定させる同クラブだが、契約満了を迎えるウィリアンやペドロ、オリヴィエ・ジルーの退団が濃厚だ。

なお、現段階でバルセロナが希望する売却額は定かではないが、複数のメディアが9000万ユーロ(約105億円)前後を要求すると報じている

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200423-00010000-goal-socc
4/23(木) 5:14配信

チェルシー、夏にフランス代表MFカンテを売却か? レアル&PSGが興味 

20200410-00370171-footballc-000-1-view




1: 2020/04/10(金) 13:20:38.47
 チェルシーに所属する29歳のフランス代表MFエンゴロ・カンテが売却候補に浮上した。9日に英紙『デイリー・ミラー』が報じている。

【画像】チェルシーの基本フォーメーション

 同紙によると、レアル・マドリードとパリ・サンジェルマンが獲得を検討しているカンテに関してチェルシーが売却を考えているという。これまで主力選手として活躍してきたカンテだが、フランク・ランパード監督が就任した今季は怪我で離脱する期間もあり十分に実力をアピール出来ていなかった。

 2016年7月にレスター・シティからチェルシーに移籍したカンテ。2016/17シーズンはリーグ戦35試合に出場し1得点1アシストを記録してプレミアリーグ優勝に貢献した。2018/19シーズンはヨーロッパリーグ(EL)で10試合に出場しタイトル獲得に貢献している。チェルシーとの契約は2023年6月まで残っているが、夏に他クラブへ売却されるのだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200410-00370171-footballc-socc

ユヴェントス、71億円でC・ロナウドの売却を検討 候補地はマドリードとマンチェスターの古巣2クラブ 

20200407-00010001-sportes-000-1-view


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索