Samurai Goal

報酬


スポンサード リンク





<日本では札幌が報酬を自主返納も…>韓国が選手の年俸削減に懐疑的な理由 

1: 2020/04/07(火) 15:08:46.36
 北海道コンサドーレ札幌の所属選手一同が、報酬の一部を返納する申し出を行ったことが6日、明らかとなった。韓国メディアは自国のKリーグクラブで自発的な返納は「ない」としたうえで、同様の対応を取ることが極めて困難な状況を説明している。

 感染が拡大する新型コロナウイルスの影響で、世界各国のリーグは中断を余儀なくされており、財政健全を維持したい欧州の複数クラブが、選手の年俸削減を決断する事態となっている。

 Jリーグでは札幌に所属する全選手が、自主的に報酬の一部を返納することを発表。選手一同は「このような状況だからこそ、いつも以上に支え合わなければならないと感じています。その先にある北海道への支援につながると考えたからです」と自主返納の理由を明かしていた。

 一方で、韓国のKリーグでは自発的な年俸削減や返納を申し入れるクラブや選手は現時点で皆無だという。韓国紙『スポーツソウル』は、「一部のクラブで選手個人による寄付やマスクなどの物品支給が行われた事例はあるが、年俸削減に関する話題は出ていない」と説明する。

 Kリーグは他国のリーグとは異なり、自主的に収益を得ることが少ないため、親会社(企業球団)や地方自治体(市民球団)に予算を支給してもらい、運営を行っているクラブが大半だ。このため「給与カットに関する賛同を受けられない状況」に陥っているという。

 Kリーグのある関係者も「選手の年俸削減は非常に敏感な状況だ。欧州やJリーグのように新型コロナウイルスの感染者が発覚し、練習やクラブ業務がすべて中断されている状況ならともかく、(韓国では)選手が通常通り練習を行っている。与えられた環境で仕事をこなしている」と、年俸削減に関しては懐疑的な見方を示した。

 市民クラブでは、年俸削減に向けた話が挙がっているものの、企業クラブとの軋轢が生じる可能性もあり、別の関係者は「市民クラブだけが、政治的な影響を受けやすいからといって、当然のように(年俸削減)賛同するというような認識を持ってはならない」と話す。

 一方で「企業クラブ、市民クラブのいずれも、新人選手や若い職員の給料は決して良くない。どのクラブも上層部から率先する姿勢を見せてこそ、組織全体で共感が生まれる」と、現時点では選手の年俸削減を優先すべきではないとの見方を示している。

4/7(火) 14:29配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200407-00010016-goal-socc

写真
no title

<日本では札幌が報酬を自主返納も…>韓国が選手の年俸削減に懐疑的な理由 

1: 2020/04/07(火) 15:08:46.36
 北海道コンサドーレ札幌の所属選手一同が、報酬の一部を返納する申し出を行ったことが6日、明らかとなった。韓国メディアは自国のKリーグクラブで自発的な返納は「ない」としたうえで、同様の対応を取ることが極めて困難な状況を説明している。

 感染が拡大する新型コロナウイルスの影響で、世界各国のリーグは中断を余儀なくされており、財政健全を維持したい欧州の複数クラブが、選手の年俸削減を決断する事態となっている。

 Jリーグでは札幌に所属する全選手が、自主的に報酬の一部を返納することを発表。選手一同は「このような状況だからこそ、いつも以上に支え合わなければならないと感じています。その先にある北海道への支援につながると考えたからです」と自主返納の理由を明かしていた。

 一方で、韓国のKリーグでは自発的な年俸削減や返納を申し入れるクラブや選手は現時点で皆無だという。韓国紙『スポーツソウル』は、「一部のクラブで選手個人による寄付やマスクなどの物品支給が行われた事例はあるが、年俸削減に関する話題は出ていない」と説明する。

 Kリーグは他国のリーグとは異なり、自主的に収益を得ることが少ないため、親会社(企業球団)や地方自治体(市民球団)に予算を支給してもらい、運営を行っているクラブが大半だ。このため「給与カットに関する賛同を受けられない状況」に陥っているという。

 Kリーグのある関係者も「選手の年俸削減は非常に敏感な状況だ。欧州やJリーグのように新型コロナウイルスの感染者が発覚し、練習やクラブ業務がすべて中断されている状況ならともかく、(韓国では)選手が通常通り練習を行っている。与えられた環境で仕事をこなしている」と、年俸削減に関しては懐疑的な見方を示した。

 市民クラブでは、年俸削減に向けた話が挙がっているものの、企業クラブとの軋轢が生じる可能性もあり、別の関係者は「市民クラブだけが、政治的な影響を受けやすいからといって、当然のように(年俸削減)賛同するというような認識を持ってはならない」と話す。

 一方で「企業クラブ、市民クラブのいずれも、新人選手や若い職員の給料は決して良くない。どのクラブも上層部から率先する姿勢を見せてこそ、組織全体で共感が生まれる」と、現時点では選手の年俸削減を優先すべきではないとの見方を示している。

4/7(火) 14:29配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200407-00010016-goal-socc

写真
no title

<男子並みの報酬を>女子サッカー米代表 優勝祝う式典で訴え!「女子は男子よりよい結果を残している」  

K10011989641_1907110807_1907110811_01_02[1]




1: Egg ★ 2019/07/11(木) 09:07:37.48 ID:3jloLPcI9
サッカー女子ワールドカップで優勝したアメリカの選手たちを祝う式典がニューヨークで行われ、この中で選手の代表が男子選手より報酬が低いことは差別に当たると訴え、会場のファンからも同じ水準の報酬を支払うべきだと支持する声が上がりました。

サッカー女子ワールドカップのフランス大会で大会最多の4回目の優勝を果たしたアメリカの代表選手たちを祝うパレードが10日、ニューヨークのマンハッタンで行われ、選手たちは、トレーラーの荷台を改造した車に乗って、およそ1キロを凱旋(がいせん)しました。

アメリカの女子サッカーをめぐっては、代表選手たちが男子選手より報酬が低いことは差別に当たるとして、ことし3月にアメリカのサッカー連盟を提訴していて、パレードのあとに行われた式典で選手の代表が同じ水準の報酬を支払うべきだと訴えたのに対し、会場のファンからも「平等な報酬を」と支持する声が一斉に上がりました。

会場ではニューヨーク州のクオモ知事が、同じ労働をしている人に対して同一の賃金の支払いを求める法案に署名したうえで「女子選手は男子選手よりよい結果を残している。経済理論からいけば、男子選手の報酬は女子選手より低くすべきだ」と述べて、女子選手の報酬を上げるよう求めました。

これに対して、アメリカのサッカー連盟の会長は選手たちを前に、「あなたたちのために正しいことをする」と述べ、今後の対応に注目が集まっています。

2019年7月11日 6時51分 NHK
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190711/k10011989641000.html



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索