Samurai Goal

堂安律


スポンサード リンク





<堂安律>東京五輪OA枠に来年54歳のカズを推薦!「背中で語れる選手」フジ宮司アナ「ええ~っ!すごい…」 

1: 2020/05/10(日) 19:42:47.37
1年延期された東京五輪世代でもあるサッカー日本代表MF堂安律(21=PSVアイントホーフェン)が9日、フジテレビ「S―PARK」(土曜深夜0・35、日曜後11・15)にリモート出演。東京五輪のオーバーエージ枠に、Jリーグ最年長選手のカズこと元日本代表FW三浦知良(53=横浜FC)を指名する場面があった。

 ネット回線を通じた宮司愛海アナウンサー(28)とのインタビュー。東京五輪が1年延期されたことについて率直な気持ちを聞かれ「今まで1年間、2年間、そのためにやってきたっていうのがあったので驚きはありましたけど、今は本当に考え方を変えて、モチベーションをキープというよりもむしろ自分のコンディションを上げてやろうという気持ちでいますね」と答えた堂安は他国リーグでプレーする選手で連絡を取っている人はいるのか聞かれると、日本代表の先輩でもあるDF長友佑都(33=ガラタサライ)やDF吉田麻也(31=サンプドリア)の名前を挙げた。

 そして、東京五輪のオーバーエージ枠で入ってほしい選手を問われると「やっぱりチームを引っ張ってくれる、鼓舞してくれる、背中で語れる選手っていうので言うと…」と条件を挙げた堂安は「三浦知良選手なんて…(いいのでは)」と日本代表と五輪代表を兼任する森保一監督(51)より2学年上で、来年2月には54歳になるカズを指名。思わず「ええ~っ!すごい…」と声をあげた宮司アナが「ものすごく意外な方ですけど…見てみたい」と受けると、堂安は「ですよね。皆さん、これ、1年後もしカズさんが出てたらすごいことですから」と笑顔だった。

5/10(日) 18:34配信 スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200510-00000187-spnannex-socc

写真
no title

蘭メディア、堂安律を「期待外れの契約11人」に選出「同額でもっと期待できる選手を…」 

20200413-00010022-goal-000-1-view




1: 2020/04/18(土) 21:04:01.20
PSVの日本代表MF堂安律について、オランダ国内では厳しい見方が強いのかもしれない。『Voetbalzone』は、「期待外れの契約11人」に選出している。

昨夏の移籍市場で、フローニンゲンから強豪PSVへ750万ユーロ(約9億円)と見られる移籍金でステップアップした堂安。大きな期待を受けて加入したが、今季は前半こそ出番があったものの、チームの不調と共に真価を発揮できず。2020年に入ってからはスタメン出場が1試合のみと、苦しい時間を過ごしている。

そんな中『Voetbalzone』は、パフォーマンスや移籍金、期待値などを考慮して「期待外れの契約11人」を選出。堂安は、不名誉な11人の中に選ばれている。寸評では、以下のように綴っている。

「750万ユーロをかければ、ここまでのドウアンよりは期待できる選手を連れてくることができる。21歳の日本人は、19試合で2ゴール1アシストしか記録していない。スタメンもたった12試合。そのうち10試合はマルク・ファン・ボメル前監督体制と、監督交代でさらにうまくいかなかった」

一方で「彼の年齢とクオリティを考慮すれば、ドウアンは評価するのはまだ早い」とし、将来性と能力に期待を込めた。

なおPSVからは、その他ブルマやトニ・ラト、ティモ・バウムガルトルと計4人が選出。ここまで4位と苦しんでいることが、そのまま反映された形となった。

エールディビジも新型コロナウイルスの影響によって中断し、再開のめどはたっていない状況。先行きは不透明だが、リーグ戦再開後に堂安は説得力のあるパフォーマンスを見せられるだろうか。

https://news.yahoo.co.jp/articles/f4914f392f0c92b32dfd2b8aff7267e6c368036f

ドリブル成功率はリーグ1位。新体制で不遇の堂安律、PSVでは本当に低調なのか? 

20200413-00010011-goal-000-1-view

<PSV堂安律>新体制後の“不遇の理由”を現地記者が指摘「中盤ではマルチタレントだがスペシャリストではない」 

1: 2020/03/15(日) 07:40:15.94
PSV番記者のブーリンハ氏と元フローニンゲン強化部長のナイランド氏が議論を展開

no title


オランダ1部PSVの日本代表MF堂安律は、リーグ戦直近2試合でスタメン起用されたが、昨年12月にエルネスト・ファベル監督に代わって以降、我慢の時が続いている。サッカー専門誌「Voetbal International」のポッドキャストで、PSV番記者と元フローニンゲンの強化部長が日本人レフティーについて議論を展開。意見は大きく分かれている。

 フローニンゲンの2年間でリーグ戦61試合14得点を挙げた堂安は、今季2試合に出場した段階で同じオランダ国内の強豪PSVへ完全移籍。新天地で公式戦25試合に出場して2得点を記録しているが、昨年12月16日にファベル監督体制となって以降は13試合中9試合(先発3試合)と出場機会が一気に減り、3月1日のリーグ第25節フェイエノールト戦(1-1)で約1カ月ぶりの先発復帰となった。

 サッカー専門誌「Voetbal International」はポッドキャストで、PSV番記者のレオン・ブーリンハ氏とかつて堂安をフローニンゲンにリクルートした元強化部長のハンス・ナイランド氏を迎えて、「PSVにとって貴重な戦力になるか」というテーマで議論を展開。マルク・ファン・ボメル前監督の下ではプレーの場が与えられながら、ファベル監督の下では出場時間は激減した理由について、両者は自身の見解を語っている。

「堂安はいろいろなことができ、中盤ではマルチタレントだがスペシャリストではない。攻撃面ではクリエティビティーや爆発力が乏しく、守備でも弱い部分がある。前線や中盤の選手たちと比べると全員の状態がいいのであれば彼は第一選択肢に入っていない状態だ」

 このように堂安の課題を指摘するブーリンハ記者に対し、ナイランド元強化部長は「現在の状況は残念」としつつも、「堂安の状況は良くなると思う」と予測している。

「PSVに移籍する時も、オランダのトップでも大丈夫だと思っていたからPSVの人々にも大丈夫だとアドバイスしてた。どのタイミングで新しいクラブに行くかというのは選手の今後のキャリアに影響する。PSV自体がすごく大変なシーズンを戦っているなかで、新しい選手としてすぐにチームに馴染むことは難しい。それでも彼はすごくサッカーが上手いので私は心配していない。彼はオランダのトップクラブで活躍できるだろうし、技術面でもメンタル面でも大丈夫だと思っている」

 ハイランド元強化部長はきっかけさえつかめば、活躍はできると太鼓判を押している。

 新型コロナウイルスの影響で、オランダは直近2節分の試合が延期となり、今夏に東京五輪が控える堂安にとっては厳しい状況が続く。無事にパンデミックが収束し、リーグ戦が再開した際、堂安は再び出場機会を確保することができるだろうか。

3/15(日) 7:30 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200315-00251705-soccermzw-socc

堂安に壁?4連続ベンチスタート「理由分からない」 

20200209-02090271-nksports-000-6-view[1]

<森保ジャパンが壊滅ピンチ>長友&麻也はほぼ出場ゼロ、中島翔哉、南野拓実、堂安律の深刻な現状・・ 

20200207-01728273-tospoweb-000-10-view[1]




1: Egg ★ 2020/02/07(金) 18:45:00.68 ID:T34Ww2Nw9
森保ジャパンに異変が生じた。2022年カタールW杯アジア2次予選を戦う日本代表の欧州組がそろって苦境に立たされている。特に10番を背負うMF中島翔哉(25=ポルト)とともに“三羽ガラス”のMF南野拓実(25=リバプール)、MF堂安律(21=PSVアイントホーフェン)が今年に入りサブに降格するなど、3月決戦に向けて不安は広がっており、結果次第では森保一監督(51)の去就問題が再燃しかねない状況だ。

 危機的状況だ。イタリア移籍が破談したDF長友佑都(33)は所属するガラタサライ(トルコ)で選手登録を外れ、今後の公式戦出場が不可になるなど“飼い殺し”状態に追い込まれる中、サンプドリア(イタリア)に移籍した代表主将のDF吉田麻也(31)も、昨年からほぼ出場機会がなく、まだ再起のメドは立っていない。

 2人は日本代表の主力でDF陣のリーダー。元日本代表MF前園真聖氏(46)も、かねて「いくら欧州でプレーしていても試合に出られなければ、コンディション調整も難しくなるし、体力や試合勘などにも影響がないわけではない。決して万全な状態とは言えないでしょう」と話していたように、好パフォーマンスは期待できない。

 攻撃陣も安定していない。中でも深刻なのは森保ジャパンの象徴となった“三羽ガラス”だ。欧州チャンピオンズリーグでも存在感を示し、日本代表で5試合連続得点をマークした南野は、1月に名門リバプール(イングランド)入りを果たすも予想通りに出場機会は激減。イングランド協会カップ(FA杯)で2試合先発もリーグ戦は2試合の途中出場にとどまるなど、今後のW杯予選への影響も懸念される。

 堂安はクラブの監督交代でサブに降格。今年に入ってからは途中出場の1試合のみと苦しんでいる。また、中島も今季リーグ19試合で先発4試合と定位置を確保できていない中、1月に負傷離脱。4日のポルトガルカップ準決勝で途中出場したものの、まだベストコンディションとは言えず、日本代表は攻守両面で不安を抱えている。

 3月にW杯予選ミャンマー戦(同26日)と、同モンゴル戦(同31日)を控えて、レギュラー陣が“壊滅状態”とあってはベスト布陣で臨めるかは微妙だ。その上、森保監督が兼務する東京五輪代表はU―23アジア選手権(1月、タイ)の1次リーグで敗退し、批判が噴出している。3月決戦でふがいない戦いを見せれば、解任論の再浮上は避けられない。

 7日に欧州視察へ出発する森保監督は以前から「結果が伴わなければ責任問題、批判は当然出てくるもの」と話していたが、チームの危機的な状況を打開する策はあるのだろうか。

2/7(金) 16:40配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200207-01728273-tospoweb-socc

堂安律、ヘディングで今季3点目。PSVが5得点大勝  

20191208-00351796-footballc-000-1-view[1]




1: ぜかきゆ ★ 2019/12/08(日) 06:01:05.34 ID:a6o84BdO9
【PSV 5-0 シッタート エールディビジ第16節】

 オランダ1部リーグ第16節のPSV対シッタートが現地時間7日に行われた。試合は5-0でホームのPSVが大勝している。PSVの堂安律はフル出場し、今季3点目を記録した。

 リーグ戦直近6試合で1勝と苦しんでいるPSVだが、この日は好スタートを切った。開始8分、ペナルティエリア左からの折り返しに堂安がヘディングで合わせて先制する。堂安にとっては今季3点目。PSVでは第8節ズヴォレ戦以来となる2ゴール目となっている。

 PSVは14位のシッタートを相手にその後も順調。前半さらに2点を加えて折り返すと、後半にも2ゴール。5-0の大勝を飾った。

【得点者】
8分 1-0 堂安律(PSV)
26分 2-0 マレン(PSV)
42分 3-0 ベルフワイン(PSV)
52分 4-0 イハッタレン(PSV)
84分 5-0 ガクポ(PSV)

フットボールチャンネル編集部 12/8(日) 5:46配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191208-00351796-footballc-socc

U22日本代表、初の“ガチ”メンバー!久保建英、堂安律らを五輪に集中!A代表には招集しないことを明言  

1: Egg ★ 2019/11/06(水) 06:28:57.70 ID:5m9IaJcW9
東京オリンピック(五輪)世代U-22日本代表が“ガチ”メンバーをそろえた。森保一監督(51)は5日、都内のJFAハウスで、国際親善試合U-22コロンビア代表戦(17日、Eスタ)の招集メンバーを発表。MF久保建英(18=マジョルカ)、MF堂安律(21=PSV)らを五輪世代の活動に集中させ、W杯アジア2次予選キルギス戦(14日、アウェー)に臨むA代表には招集しないことを明言した。

   ◇   ◇   ◇

U-22日本代表が初めてのベストメンバーで戦う。初の国内親善試合に向けてMF久保、MF堂安、DF板倉らのA代表組や、今夏欧州に渡り活躍中のMF食野、MF菅原ら新鋭を招集。森保監督、関塚技術委員長ともに、この22人を「現時点でのベストメンバー」と言い切った。

11月の国際Aマッチ期間で日本は、14日にA代表のW杯アジア2次予選キルギス戦(アウェー)、17日にU-22代表の国際親善試合コロンビア戦(Eスタ)、そして19日にA代表の国際親善試合ベネズエラ戦(パナスタ)と3試合を戦う。森保監督は14日のキルギス戦を終えて帰国し、16日の前日練習からU-22代表の活動に合流予定。久保らも同様のスケジュールで動くものと考えられていたが、指揮官は五輪世代の活動に専念させることを選んだ。

A代表のW杯予選で多忙を極めた森保監督にとっては、久しぶりのU-22代表活動となる。横内コーチが監督代行を務めたチームはその間、10月に敵地で同ブラジル代表を撃破するなど、着実に力を付けている。森保監督は「これまでやってきたことの成果が表れ、世界のどの相手とも台頭以上に戦えることを見せてくれている。久しぶりに選手、スタッフと戦えること、成長を見られることを心待ちにしています」と胸を弾ませる。

東京五輪のメンバーは、オーバーエージ枠を含めてたった18人。久保や堂安らを迎えたU-22代表では、ここから激しいポジション争いが繰り広げられる。オーバーエージ枠の使用有無について問われた指揮官は、「東京五輪で金メダルを取るために最強のメンバーを招集したい」と話した。金メダルへの道は、広島からスタートする。【杉山理紗】

11/5(火) 20:17配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191105-11050848-nksports-socc

写真no title


【サッカー】<森保監督>東京五輪でのOA枠は「まだ決めていない」「東京五輪で金メダルを獲るために最強メンバーを招集したい」
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1572950537/

森保監督、U22に堂安と久保を「招集したい」  

20191101-11010694-nksports-000-7-view[1]




1: ぜかきゆ ★ 2019/11/01(金) 18:56:43.69 ID:hokQsRUw9
日本代表森保一監督(51)は1日、兼務するU-22(22歳以下)日本代表監督として臨む17日の親善試合同コロンビア戦(Eスタ)に、MF堂安(PSV)と久保(マジョルカ)を招集する意向を示した。

A代表固定の2人が招集されれば、同監督が指揮する五輪世代の試合では初めて。今回はU-22が初めて国内で行う親善試合。本番想定の招集を日本協会に求めた。現在、最終調整中でメンバー発表は5日の予定。

森保監督はこの日、コロンビア戦の舞台となる広島市内であいさつ回りを行った。注目はメンバー選考で、堂安と久保について問われると「結論は出ていない」と前置きしながら「東京五輪を目指すチームなので可能な限り招集したい」と話し「日本協会にはリクエストしている」と各所属先との交渉待ちを強調した。

A代表の14日W杯アジア2次予選キルギス戦を敵地で終えれば、複数の欧州組は所属先に戻る予定。逆に堂安や久保は離脱せずに帰国し、五輪世代と合流してコロンビア戦に臨むのが理想の流れだ。A代表で臨む19日ベネズエラ戦を含めて「3チームの構成で考えている」。わずか6日間で3試合を指揮する森保監督の苦悩は続く。

11/1(金) 18:48配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191101-11010694-nksports-socc

U23アジア選手権フルメンバー招集へ 久保ら海外組含め“骨格”定める  

20191016-00000017-dal-000-4-view[2]




1: 久太郎 ★ 2019/10/16(水) 11:34:05.29 ID:VDrkuMJl9
 日本サッカー協会が、来年1月にタイで行われるサッカーのU-23アジア選手権でMF久保建英(18)=マジョルカ=ら海外組を含めたベストメンバーでの編成に動いていることが15日、分かった。同選手権ではクラブ側には選手派遣の義務が生じないため、実現へのハードルは高いが、東京五輪で悲願の金メダル獲得に向けて最強メンバーの編成を目指す。

 東京五輪イヤーの幕開けとなる同選手権は、来年1月8日開幕で五輪本大会のアジア予選を兼ねる大会。開催国として出場権を得ている日本を除き、アジア代表として3枚の本大会切符を各国が争う真剣勝負の場だ。開催期間中にはA代表の活動もなく、兼任する森保監督が指揮を執ることができる貴重な舞台となる。

 関係者によると、これまでA代表、U-22代表、U-20代表とそれぞれのカテゴリーで代表に参加していた五輪世代のフルメンバー招集を目指すプランを立てているという。森保監督が兼任監督に就任以降、A代表に引き上げたMF久保建、MF堂安、DF冨安らに加え、MF安部(バルセロナ)ら海外組も交えたチームを編成し、東京五輪代表チームの“骨格”を定めることが目的となる。

 ただ、実現に向けてクリアすべきハードルは高い。決勝までいけば最長で1月下旬までとなる同選手権は派遣義務が発生せず、欧州各国もシーズン中。参加にはクラブ側の協力が不可欠となっている。困難なタスクだが、クリアすれば金メダルに向けてメリットは大きい。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191016-00000017-dal-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索