Samurai Goal

堂安律


スポンサード リンク





堂安危険タックルに「インスタにあげてやろうと」 

20181211-00416021-nksports-000-7-view

移籍に向けた具体的な話も…プレミア王者、堂安律の獲得に自信 

20181210-08805395-gekisaka-000-1-view

日本代表新エース堂安律(20)伊メディアが絶賛「中村俊輔の左足と中田英寿のダイナミズムを持ったタレント」 

1: 2018/12/05(水) 18:33:29.59 _USER9
中村俊輔の左足と中田英寿のダイナミズムを持った選手としてイタリアは高評価

フランスのサッカー専門誌「フランス・フットボール」が今年から新設した21歳以下の最優秀選手に
贈られる“若手版バロンドール”の「コパ・トロフィー」は、パリ・サンジェルマンのフランス代表FWキリアン・ムバッペが受賞した。

最終候補10人にノミネートされていたフローニンゲンの日本代表MF堂安律は9位だったが、
イタリアメディアは20歳のレフティーを日本が誇るレジェンド二人を“足して2で割った存在”と評している。

オランダ挑戦1年目でいきなり9得点4アシストをマークした堂安は、今季もここまで全14試合に出場して4得点2アシスト。
現地時間2日のエールディビジ第14節NAC戦では、同点ゴールを含む計4得点に絡む大活躍でチームを5-2の大勝に導いた。

今年から新設された「コパ・トロフィー」の最終候補10人に残っていたなか、
現地時間3日のバロンドール発表の場でムバッペの受賞が発表され、堂安は最終的に9位だった。
しかし、海外メディアは依然として熱視線を送っている。

イタリアのサッカー専門サイト「トゥットメルカートウェブ・コム」は、「リツ・ドウアン:フローニンゲンの男はパリで9位」と特集。

「左利きのナカムラとダイナミズムを持った偉大なヒデトシ・ナカタの中間にいるリツ・ドウアンは、
アジアでベストタレントの一人だと考えられている」と記し、かつてイタリアでプレーした元日本代表MF中村俊輔(現ジュビロ磐田)
と元日本代表MF中田英寿氏を“ミックス”したタレントだと評している。

「21歳以下のバロンドールでは9位だったが、その人気は再び上昇するだろう。
得点力はまだ粗削りだが、テクニックはヨーロッパの同僚に引けを取らず、フローニンゲンで実証している」

記事では、今後その才能は洗練され、評価を高めていくと分析された堂安。
森保一監督率いる日本代表でも攻撃の中核として活躍しており、世界が注目する存在に飛躍している。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181205-00152244-soccermzw-socc

森保一体制の初陣で代表デビューを飾ったMF堂安
no title

堂安 オランダ名門アヤックス移籍浮上!蘭大手エージェントと契約“備え万全” 

1: 2018/12/05(水) 05:41:15.64 _USER9
オランダの名門アヤックスが、フローニンゲンの日本代表MF堂安律(20)に触手を伸ばしていることが4日までに分かった。
今冬に売却する可能性がある元U―20ブラジル代表MFの後釜としてリストアップ。
一方、堂安も今冬の移籍に備え、オランダの大手エージェント事務所と契約したことが判明した。
森保ジャパンの新BIG3の一角が、早くも悲願のステップアップを果たす可能性が出てきた。
飛ぶ鳥を落とす勢いの堂安がついに世界屈指の名門からの興味をも引きつけた。
関係者によればフローニンゲンと同じオランダ1部のアヤックスが、今冬の移籍市場に向けて堂安をリストアップ。
今後の状況次第で、正式オファーに発展する可能性があるという。
アヤックス関係者も「オランダに来てからの彼のプレーはずっと注意深く観察している」と証言した。

アヤックスは33回のリーグ優勝を含む国内タイトルはもちろん、前身の欧州チャンピオンズ杯を含め欧州CLも4度制覇している強豪。
今季もリーグではPSVアイントホーフェンとし烈な優勝争いを繰り広げ、欧州CLでは既に16強入りを決めている。
堂安と同じ右FWには、元U―20ブラジル代表で21歳のネレスがいるが今冬に移籍する可能性が高まっており、その後釜に堂安を推す声も上がっているという。

東京五輪のエースとして期待される堂安は、A代表でも森保監督の初陣から招集されて攻撃の軸に成長。南野、中島とともに“新BIG3”を形成している。
決定力、突破力を誇るレフティーはフローニンゲンでは移籍1年目の昨季にいきなり29試合9得点と活躍し、今季も既に14試合で4得点。
フランス・フットボール誌選定の21歳以下の世界最優秀選手コパ賞の候補にも選ばれた。
コパ賞はフランス代表FWエムバペ(パリSG)に譲ったが、欧州でも注目を集める存在となった。

堂安自身も「いろいろ考える必要がある」と今冬のステップアップを視野に入れ、
先日にはリヨンのオランダ代表FWデパイらを顧客に持つオランダの大手エージェント事務所、スポーツ・エンターテインメント・グループ(SEG)と契約したことも判明した。

堂安は来年1月のアジア杯での招集も確実な状況。
冬の移籍期間は1月3?31日とあって活躍次第でさらなるビッグクラブが獲得に動く可能性もありそうだ。

https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2018/12/05/kiji/20181204s00002000487000c.html
2018年12月5日 05:15

no title

https://kruf468c.user.webaccel.jp/files/topics/47130_ext_04_0.jpg

代表”新三銃士”が同日ゴール!「南野はC・ロナウドのよう」「中島は攻撃の核」「堂安との悪友コンビがカギ」 

名称未設定 1




1: 2018/12/03(月) 06:57:24.04 _USER9
写真
https://kruf468c.user.webaccel.jp/files/rcms_conv_webp/files/topics/51038_ext_04_0_1543773167.webp?v=1543787309

🌑ポルトガル、オーストリア、オランダ、それぞれのリーグで躍動!

森保ジャパンに選出され、新たな”日本代表の顔”として存在感を増し続けている3人の海外組、南野拓実、中島翔哉、堂安律。彼らが奇しくも同日、各リーグ戦でゴールを決め、チームを勝利に導いた。

【動画】中島翔哉、今シーズン5点目の技ありシュート!
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail2/id=51035


 その活躍ぶりを、現地メディアも非常に興奮した様子で報じている。ひとりずつ紹介しよう。

 現地時間12月2日、オーストリア・ブンデスリーガ第16節、レッドブル・ザルツブルクvsラインドルフ・アルタッハの試合では、日本代表の南野拓実が3試合ぶりに先発出場した。

 18分、CBアンドレ・ラマーリョがペナルティエリア内へロングフィードを送る。走り込んだ南野は相手DFのプレッシャーを背に受けながらも、背後から供給されたボールに右足を合わせる、非常に難度の高いダイレクトボレーでゴールネットを揺らした。

 このゴールをオーストリアのオンラインTVメディア「LAORA1」は、「ミナミノの決勝点はクリスチアーノ・ロナウドのようなシュート!」と絶賛している。

「ミナミノはC・ロナウドと”邂逅”する。これは11月7日に行なわれたチャンピオンズ・リーグ(CL)のマンチェスター・ユナイテッド戦で、ユベントスのC・ロナウドが決めたゴールを彷彿とさせる得点だった。これが先制点であり決勝点となったのだ。今日の勝利は、南野のゴールが間違いなくクラブを勝利に導いた」

 試合は南野の決めた1点を守り切り、ザルツブルクが勝利した。

 同日に行なわれたポルトガルリーグ第11節、中島翔哉が所属するポルティモネンセとトンデラの一戦は、3-2でポルティモネンセが制した。

 開始15秒で先制されたポルティモネンセだが、ペナルティエリアで中島が獲得したPKで同点に追いつく。その後、さらに1点を加えてリードすると、前半終了間際には中島自身が決めて3-1に。後半に1点を許したが、そのまま逃げ切った。

 試合を通してポルティモネンセの”核”としてプレーした中島を、ポルトガル地元紙『Diário de Notícias』は「ポルティモネンセの”実力”がトンデラの有利を長続きさせなかった」と讃えている。

「開始すぐにトンデラが得点したのは選手、スタッフだけではなく視聴者も驚かせた。だが、試合内容はポルティモネンセのものだ。PKを決めたパウリーニョとジャクソン・マルティネスの2点目、そして前半終了間際の中島のゴールでトンデラの優勢は吹き飛ばされてしまった。

 それでもトンデラは後半、前半よりも積極的に攻め、攻守の切り替えも速くなったけれど勝利には届かなかった。それに、得点こそ許さなかったが、守備陣とGKのクラウディオ・ラモスは、中島を阻みきれていなかった。

 ゴールを決めたシーン以外にもそれは現われていた。象徴的だったのが84分のシーン。日本人選手はフリーでシュートを叩き込んだ。得点にはならなかったが、それを阻んだのは、人の手ではなくゴールポストだったのだから…」

つづく

12/3(月) 6:43 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181203-00051038-sdigestw-socc

「堂安律はスアレスと同じ道を辿れ」。フローニンゲン監督が移籍先を助言 

20181128-00299096-footballc-000-1-view

森保ジャパンで売り出し中の欧州組・中島、堂安、南野の評価が急上昇中!それぞれの移籍事情は? 

1: 2018/11/24(土) 06:55:52.38 _USER9
no title


森保ジャパンで売り出し中の欧州組・新ご三家の評価が急上昇中だ。

 ポルトガル・ポルティモネンセのMF中島翔哉(24)は、スペイン国内で「移籍金が50億円にまで急騰」と報じられたこともあったが、欧州での適正移籍相場は「20億円前後」ともっぱらだ。

「ポルトガルでビッグ3と呼ばれている欧州CL常連のポルト、ベンフィカ、スポルティングが中島を高評価しており、20億円程度の移籍金はポンと払える。スペインのセビージャも興味津々といわれ、あと元代表FW岡崎慎司の放出が噂されている英プレミアのレスターも触手を伸ばしている」(サッカー関係者)

 オランダでプレーしている20歳MF堂安律(フローニンゲン)にはセリエAのユベントス、ドイツのドルトムント、英プレミアのマンチェスターUといった名門クラブが関心を寄せ、オランダの強豪アヤックスとPSVが引き抜きを画策中と国内で話題となっている。

「移籍金相場は4億円前後。ロシアW杯後の移籍期間中に元代表MF本田が所属していたロシアのCSKAモスクワから正式オファーが届き、堂安本人は『欧州CLに出られるのなら』と前向きだったが、移籍話は流れてしまった。フローニンゲン自体、アヤックスとPSVとはクラブ職員も含めて人的交流があり、まずは国内トップクラブに移籍して活躍し、それから欧州4大リーグの英プレミア、スペイン、ドイツ、イタリアを目指すでしょう」(前出の関係者)

 2015年にオーストリアに渡り、上位クラブのザルツブルクで4シーズン目を戦っているMF南野拓実(23)。毎年コンスタントに活躍し、森保ジャパンでは「点の取れるトップ下」として存在感をアピールしている。

「ここ数年、ザルツブルクの主力選手が“スポンサーが同じで兄弟クラブといわれる”ドイツ1部ライプチヒに10人以上移籍している。しかし南野はドイツ行きのリストに載ったことがない」(マスコミ関係者)

 どうやら欧州内では人気薄のようである

2018/11/24 日刊ゲンダイ
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/242299/1

<釜本邦茂>香川ら海外組ベテラン呼ぶな!おとなしい若手がさらに萎縮してしまう 

prm1410100005-p1




1: 2018/11/22(木) 21:03:26.27 _USER9
日本代表で歴代トップの国際Aマッチ通算75得点をマークし、日本協会の副会長などを歴任した釜本邦茂氏(74)が、年内最終戦だった20日のキルギス戦を分析した。
チャンスを与えられた国内組は、低調なパフォーマンスだったと一刀両断。来年1月のアジア杯にMF香川ら海外組のベテランを呼び戻すべきか、提言した。

これまでの4試合と違い、キルギス戦は新しい選手が出場して早い時間に得点したのはよかったが、それだけ。
相手の攻撃がお粗末で、守備はテストにすらならなかった。アジア杯前最後の試合としては、物足りなかった。

先発メンバーは特長を出せなかった。みんなミスを恐れ、セーフティーにプレーし、アピールする姿勢に欠けていた。
DF山中も得点こそしたが、DF長友(ガラタサライ)を脅かす存在とはいえない。FW杉本もそう。「自分の良さは何なのか」を考えてプレーする必要がある。

後半にFW大迫、MF南野、MF中島、MF堂安が入って流れが変わった。やはりひと味違う。前線でボールが収まり、人も流動的に動く。前半と後半では完全に別のチームだった。

もっとも、国内組の若手に代えてMF香川(ドルトムント)やFW岡崎(レスター)らベテランをアジア杯に呼ぶべきかといえば、そうは思わない。
実績のあるベテランが入ると、おとなしい若手がさらに萎縮してしまう。南野らをチームの中心に据え、若手に経験を積ませた方がいい。いまは切り替えの時期と割り切るべきだ。

杉本、FW北川らアピール不足だった国内組の若手はJ1の残り2試合で持ち味を出し、オフ期間に入っても個々のトレーニングで世界と戦う準備をしてほしい。
主力から先発を奪う気概を持てば、代表チームの競争は活性化する。(1968年メキシコ五輪銅メダリストで得点王)

2018.11.22 10:00 sanspo
https://www.sanspo.com/soccer/news/20181122/jpn18112210000006-n1.html

【サッカー日本代表】 退屈だった後半途中までの「典型的な日本」  

img_935aa47b67a195f8b25d60805bcacbf4214077




1: 2018/11/22(木) 13:38:20.65 _USER9
勝てなくても見ていてストレスのなかったのが先週末のベネズエラ戦だとしたら、勝っていてもストレスフルな気分になってしまったのが、後半途中までだった。

出来の悪い選手が多かったわけではない。2度の決定機を外した伊東などは、わたしが親であれば家に帰ってから懇々と説教をカマすところだが、持ち前のスピードスターぶりを発揮したのも事実。箸にも棒にもかからない出来、というわけではなかった。

 伊東だけではない。代表デビューで初ゴールを決めた山中の名前を覚えた人は多かっただろうし、中盤の底を支えた守田の働きは見事だった。守備陣のミスが皆無に近かったのも、見逃せないポイントである。

 にもかかわらず、後半途中までの試合内容に、わたしは思いっきり退屈してしまっていた。ピンチもなければチャンスもない。そう、力の差のある相手と戦う際の、いってみれば典型的な日本だった。

 だが、大迫、堂安、南野、そして中島。この4人が入ったことで試合の空気は激変した。彼らのプレーを見れば、なぜ彼らが入る以前の試合が退屈だったのかがよくわかった。

 先発した11人は、チームが勝つために全力を尽くしていた。その思いが強すぎたあまりか、ほとんどのプレーのファーストチョイスは「安全」だった。絶対に負けてはいけない。相手にボールを与えてはいけない。これが公式戦だというのであれば、そうやって当然の戦い方である。

 だが、交代して入ってきた4人の考え方は少し違った。もちろん、彼らも勝利は欲していただろうが、それに負けないぐらい、自分の存在感を示すことに飢えていた。

 決定的な、しかしかなり難易度の高いシュートを外した南野は、簡単なシュートを外した伊東よりも感情をむき出しにしていた。まだ勝負が決していない時間帯にシュートを外した伊東よりも、激しく審判と自分に対して腹を立てていた。

 本来、それは先発した選手たちが持っていなければならないメンタリティーではなかったか。

 まだレギュラーは決まっていない。けれども、キルギス戦での先発を命じられたということが、すなわちアジアカップでは控えに回る可能性を示唆していることぐらい、選手たちは当然気づいていたはずである。

 だから、これが欧米の選手であれば、公式戦よりは失敗の許されるテストマッチということもあり、まず自分の存在をアピールすることに主眼をおいてプレーしただろう。そうしなかったのがほとんどのJリーガーたちで、そうしたのが海外でプレーする元Jリーガーだった。

 アピールしようという気持ち。リスクを冒してでも実を取ろうとする気持ち。Jリーガーと元Jリーガーの差は、せいぜい5%あるかないかだろう。だが、そのたった5%が、集団となると大きな違いになって表れるということがよくわかった。

 そうそう、ちょっと心配なのは柴崎だ。明らかにチーム内での存在感が薄れてきている。アジアカップ制覇に向けて、いまのところ唯一の不安である。

https://www.sponichi.co.jp/soccer/yomimono/column/kaneko/kiji/20181121s000023CF269000c.html

『ボールくれ』『20分しかないぞ』”停滞感”を打破した堂安の強気なメンタリティ 

20181121-00050472-sdigestw-000-10-view


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索