Samurai Goal

堂安律


スポンサード リンク





“堂安・武藤リスト入り”非公開なのに情報がダダ漏れ... 

doan
1   2018/05/15(火) 12:37:23.58 _USER9
日本サッカー協会は14日、ロシアW杯の予備登録メンバー35人を国際連盟(FIFA)に提出。日本代表歴のないMF堂安律(19)=オランダ1部・フローニンゲン=が入ったことが判明した。
今季ドイツ1部で8得点を挙げた武藤嘉紀(25)=マインツ=もリスト入りした。今月18日に親善試合ガーナ戦(30日)に臨む30人弱、31日に23人の最終メンバーを発表する。
日本代表の西野朗監督(63)は31日に最後の“サバイバルマッチ”を計画していることを明かした。

オランダで急成長を果たした19歳が、ロシア行きの可能性を残した。日本協会など複数の関係者によると、予備登録メンバー35人のリストに「堂安」の名前が残ったことが判明。
西野朗監督(63)は「基本的には今まで(代表に)参加した選手がベースにはなる」と語っていたが、“例外”として若きアタッカーを加えた形だ。
6月16日に20歳を迎える堂安がW杯メンバー入りすれば、過去の日本代表では98年フランス大会に18歳で出場したMF小野伸二(38)=札幌=に次ぐ2番目の若さとなる。

今季G大阪からフローニンゲンに移籍した堂安は、1年目から9ゴールをマーク。この数字は欧州主要リーグ(イタリア、ドイツ、イングランド、スペイン、フランス、オランダ)でプレーする10代で、
フランス代表FWムバッペ(19)=パリSG=の13点、オランダ代表などで活躍した父を持つ同代表FWジャスティン・クライファート(19)=アヤックス=の10点に次ぐ第3位。
欧州内でも注目の若手と名前が挙がるようになったレフティーを、西野監督も放ってはおかなかった。

堂安は今月9日に行われたスポーツ報知のインタビューで「もし(代表に)呼んでもらえれば、求められる仕事ははっきりしていると思う。評価されるとしたら点を取ったことだと思うので、点を取ります」
とロシア行きへの意欲をみせていた。23人の最終メンバーに残るかは不明だが、もし残らなかった場合も負傷者等が出た場合に追加招集される可能性もある。
昨年のU―20W杯で活躍したが、日本代表は候補合宿等も含めて経験はない堂安。東京五輪世代のエース候補が、西野ジャパンの“秘密兵器”となるかもしれない。

 ◆W杯予備登録 上限は35人。FIFAがリストを発表することはなく、公表は各国協会・連盟に任されている。日本協会が31日に発表する最終登録メンバー23人は、この35人の中から選ばなければならない。
しかし、W杯前にメンバーが負傷した場合は、初戦の24時間前までは変更可能で予備登録外からも招集できる。

スポーツ報知 5/15(火) 6:07配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180514-00000292-sph-socc

写真
no title

堂安律『完全移籍』決定!!フローニンゲンでの活躍を期待する声 

u-20-doan-thumb-550xauto-187617
1   2018/05/10(木) 18:27:08.50 _USER9
G大阪は10日、オランダ1部リーグのフローニンゲンに期限付き移籍しているMF堂安律(19)が7月1日から完全移籍すると発表した。

 フローニンゲン側は4月23日に、21年夏までの3年契約での獲得を明らかにしていた。

 堂安は昨年7月にフローニンゲンに加入。ポジションをつかみ、リーグ戦でここまで9得点の活躍を見せている。

 G大阪を通じ、「この度、フローニンゲンに完全移籍することが決まりました。13歳からの6年間本当にお世話になりました。サッカー以外のところで海外で上手く適応できたこのキャラはサッカーだけじゃなく、人としてガンバ大阪に育ててもらったと思っています。これから僕はサポーターの皆さんと同じガンバファンです。お互い切磋琢磨して頑張りたいと思います。有難うございました。」とコメントを発表した。

スポニチ 5/10(木) 18:04配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180510-00000145-spnannex-socc

堂安律だけじゃない!!欧州4大リーグで活躍する10代選手を一挙紹介!! 

main-1

 オランダ・エールディビジのフローニンゲンでプレーする堂安律が、サポーター投票による今シーズンのチームMVPを受賞した。堂安は1998年6月16日生まれの19歳。昨年6月にガンバ大阪からフローニンゲンに加入すると、ヨーロッパ初挑戦ながらも28試合9ゴールという優れた成績を残している。

 市場価値はうなぎ上りで、各国スカウトの注目を集める堂安だが、世界には彼と同等かそれ以上に存在感を見せる10代の選手たちも数多く存在する。そこで今回、スペイン、イングランド、ドイツ、イタリアという世界のトップリーグで10試合以上に出場する、堂安と同学年の1998年4月以降に生まれたティーンエージャーたちをご紹介しよう。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180507-00753868-soccerk-socc

堂安律「アヤックス、PSVからコンタクトあった」名門クラブがこぞって奪い合いか 

885eeed3-1c1c-dee2-fbf9-5ec5908d7f5d
1   2018/05/04(金) 08:25:50.65 _USER9
アヤックスとPSVからコンタクト 「今の年齢で数多くの試合でプレーすることが大事」

オランダ1部フローニンゲンのMF堂安律には、すでに国内の名門2クラブから声がかかっているという。海外挑戦1年目で9得点と結果を残し、西野朗新監督の下でロシア・ワールドカップ(W杯)に挑む日本代表の“秘密兵器”との見方も強まるなか、現地紙「Dagblad van het Noorden」で今後の去就について語っている。

 その突破力と決定力から“日本のロッベン”という異名を与えられ始めた堂安は、オランダでの注目も高まっている。昨年行われたU-20W杯でも3得点を挙げるなど実績を残していることもあり、ビッグクラブもすでに目をつけているようだ。

「今年に入ってから、アヤックスとPSVからコンタクトがありました。それもあって、このリーグは若いフットボーラーにチャンスがすぐ来るんだなと知りました。今の年齢で数多くの試合でプレーすることが大事だと思っています。フローニンゲンでのシーズンの後にはW杯があります。これは僕の待っていたチャンスですしね」

 ロシアW杯のメンバー入りと同時に、意欲を感じさせるのはメガクラブへの移籍だ。堂安も口にした通り、ウルグアイ代表FWルイス・スアレス(現バルセロナ)や元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(現LAギャラクシー)ら数々の点取り屋を輩出したアヤックス、そして元韓国代表MFパク・チソンがマンチェスター・ユナイテッドで飛躍する前に実力を磨いたPSVが堂安に熱視線を送っていることは、本人にとっても大きなモチベーションになるだろう。

「ゴールに絡む必要性がある」

 とはいえ、堂安は自らの足元を見ることも忘れていない。

「ゴールに絡む必要性があると思います。なぜなら全力でプレーせず、ゴールを挙げることができなければ、僕はサッカー人生において何も成し遂げられないと思っているので」

 高まる評価と市場価値にも浮つくことのないヤングスター候補は、今後どのような成長曲線を見せてくれるだろうか。

5/4(金) 7:10配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180504-00101819-soccermzw-socc

堂安律、MVPキタ―!!フローニンゲン今季のMVPに選出! 

20180501-00195214-nksports-000-4-view
1   2018/05/01(火) 10:25:50.89 _USER9
5/1(火) 10:17配信
日刊スポーツ

フローニンゲンMF堂安(17年6月29日撮影)

<オランダリーグ:フローニンゲン4-0エクセルシオール>◇4月29日◇フローニンゲン

 オランダ1部フローニンゲンMF堂安律(19)が、ホームでのエクセルシオール戦後に今季のMVPとして表彰された。

 試合にはフル出場し、2-0の後半26分に今季9点目となるゴールを決め、4-0の快勝に貢献。「試合前は今日負けたら(受賞)スピーチしづらいと思っていたので、勝ててよかった」。移籍1年目について「本当に充実した1年だった。最後にワールドカップに行って終わりたい」と笑いながら話した。ヘーレンフェインMF小林祐希(26)は敵地でのNAC戦にフル出場し、試合は0-3で敗れた。(エリーヌ・スウェーブルス通信員)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180501-00195214-nksports-socc

【西野JAPAN】右ウイングは“堂安律”で良いと思うんだが 

db6f7010-550a-96a7-7d6e-1b6b5a5726cd

【快挙】堂安律、10ゴール達成!!西野監督の目にどう映る? 

0f1451850ab7c2f354803a8cfd5bb970_640px
1   2018/04/29(日) 23:24:49.49 _USER9
現地時間29日に行われたオランダ・エールディビジ第33節でフローニンゲンはエクセルシオールと対戦し、ホームで4-0と快勝した。堂安律は9試合連続のフル出場で1ゴールを記録。今季公式戦のゴール数を10とした。

 10位エクセルシオールと12位フローニンゲンの中位対決。この日も先発で出場した堂安は、序盤からゴールへの意欲をのぞかせた。

 前半の終盤に立て続けに2ゴールを決めたフローニンゲンは、2点をリードして折り返す。

 すると71分、堂安が勝負を決定づける3点目を決めた。左サイドの低めの位置からファン・ニーフがクロスを入れると、前に出た相手GKが処理を誤る。これを見逃さなかった堂安が、無人のゴールに流し込んだ。

 2試合ぶりの得点となった堂安は、これがリーグ戦9点目。カップ戦での1ゴールを合わせると、今季2桁ゴールを達成だ。

 その後、さらに1ゴールを加えたフローニンゲンは、4-0で快勝した。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180429-00267491-footballc-socc

堂安律、「新ロッベン」と称されビッグクラブからも一目置かれる存在に 

1   2018/04/29(日) 05:54:20.96 _USER9
フローニンゲンはシティのオファーを拒否「全権利を持つ方が有益と考えた」
 
オランダ1部フローニンゲンに期限付き移籍中のMF堂安律は24日、クラブが買い取りオプションを行使し、2021年までの3年契約を結ぶことが発表された。
プレミアリーグの強豪マンチェスター・シティが移籍金を肩代わりして共同保有を申し出ていたとも報じられたが、フローニンゲンはこれを拒否して完全移籍への切り替えを決断。
スペイン紙「ムンド・デポルティーボ」も、「新ロッベン」として堂安を紹介している。

昨年6月にガンバ大阪から期限付き移籍で海を渡った堂安。開幕戦でスタメンを奪取すると、その後はチームの中心選手へと成長した。
ここまではリーグ戦27試合に出場し、8得点4アシストという成績を残し、同クラブにおける10代選手の得点記録では元オランダ代表MFアリエン・ロッベンの記録に並んでいる。

レンタル期間は今季終了までで、フローニンゲンは5月1日までに来季もチームに残すか決定する必要があったが、買い取りオプションを行使。
今季以降の彼の個人的な条件についても同意し、契約更新に至ったとされている。

一方で、オランダやベルギーなどのメディアで報じられたのは、ペップ・グアルディオラ監督率いるマンチェスター・シティが堂安に関心を寄せていたという事実。
「ムンド・デポルティーボ」紙も、「シティはエールディビジのセンセーションの一人、リツ・ドウアンに興味を持った」と触れ、
「シティは200万ユーロ(約2億6000万円)でドウアンの共同保有を申し出たが、フローニンゲンは全権利を持つ方が有益と考えて、このオファーを拒否した」と報じた。

記事では、シティのことを「世界の移籍市場をコントロールする数少ないチーム」「ビッグネームとサインするだけでなく、将来的に化ける可能性がある若手にも気を配っている」と紹介。
「その一人が“新ロッベン”と呼ばれる日本の19歳リツ・ドウアンだったが、今回は実らなかった」と記している。

海外挑戦1年目ながら、強烈なインパクトを残した堂安は、世界を代表するビッグクラブからも一目置かれる存在になりつつあるようだ。

4/28(土) 19:30配信 フットボールZONE
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180428-00100620-soccermzw-socc&pos=3

写真
no title

【西野JAPAN】“秘密兵器”「堂安律&伊藤達哉」の招集はありえるのか 

DoanRitsu20180212-thumb-600x444-199451
1   2018/04/27(金) 06:52:48.93 _USER9
ロシアW杯に臨む日本代表メンバーの候補にFW堂安律(19)=フローニンゲン=とMF伊藤達哉(20)=ハンブルガーSV=が入っていることが26日、分かった。西野朗監督(63)はバヒド・ハリルホジッチ前監督(65)の体制では未招集の選手にも注目し、森保一コーチ(49)が指揮するU―21日本代表の主力を候補に加えた。東京五輪世代が西野ジャパンの“秘密兵器”になる可能性が浮上した。

日本サッカーの未来を担う若武者がロシアW杯メンバーに大抜てきされる可能性が浮上した。5月14日の35人の予備登録期限に向け、選手を絞り込む作業が行われている中、FW堂安とMF伊藤の東京五輪世代コンビが候補に入ったことが判明した。

G大阪の下部組織で育った堂安は16歳11か月18日でのクラブ最年少でリーグ戦デビューを飾るなどし、昨年6月にオランダ1部・フローニンゲンに期限付き移籍。左足からの強烈なシュートと積極果敢なドリブルで定位置を確保すると、15日のローダ戦では今季8点目を奪った。活躍を高く評価したクラブ側は25日に完全移籍で獲得。現地紙「テレグラフ」が強豪マンチェスターCからのオファーを断ったと報じるなど評価は急上昇中だ。

一方、柏の下部組織出身の伊藤はJリーグを経由せずドイツに渡り、昨年9月にデビュー。U―21日本代表の森保監督は強気にドリブルを仕掛けるプレースタイルを高く評価し、3月の同代表のパラグアイ遠征で初招集。「目の前に相手がいても突破してチャンスにつなげていくところに期待している。本当に貪欲な選手」と話していた。

日本協会関係者は「日本の将来を考えるとロシアには若い選手を連れていくことが必要」と語り、協会内でも堂安と伊藤を推す声があるという。27日に出発する西野監督の欧州視察先には入っていないが、継続的に情報収集しており、今後のパフォーマンスを見極める。98年フランス大会では当時18歳のMF小野伸二が抜てきされた。その後、海外移籍やW杯3大会連続出場を果たし日本代表の主力に定着した経緯もあるだけに、早い時期に世界を知ることのメリットは計り知れない。最終メンバー23人の発表は5月31日。20年東京五輪、22年W杯カタール大会を見据えた選考となるのか注目される。

 ◆2人の日本代表のライバル 所属クラブで堂安は右FW、伊藤は左FWで起用されることが多いが、いずれもポジション争いの最激戦区といえる。左FWにはレギュラー格の原口を筆頭に乾、中島、宇佐美ら。右FWには久保、本田、浅野、小林らが候補。西野ジャパンではハリル体制からシステムが変更される可能性もあるが、岡崎が左右FWに入ることも予想され、しれつを極めるのは間違いなさそうだ。

 ◆堂安 律(どうあん・りつ)1998年6月16日、兵庫・尼崎市生まれ。19歳。G大阪ユース時代の2015年からトップチームに帯同し、同5月27日のACL、FCソウル戦でクラブ史上2番目に若い16歳11か月11日で公式戦デビュー。同6月3日の鹿島戦ではクラブ史上最年少でのリーグ戦デビュー。17年6月にフローニンゲンに期限付き移籍し、今年4月に完全移籍。J1通算15試合3得点。172センチ、70キロ。

 ◆伊藤 達哉(いとう・たつや)1997年6月26日、東京都生まれ。20歳。小学生時代から柏の下部組織で育ち、Jリーグを経由せずに、2015年7月にドイツ1部・ハンブルガーSVと契約。U―19からスタートし、17年9月にはトップチームデビューを果たした。168センチ、59キロ。

4/27(金) 6:05配信 スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180427-00000015-sph-socc

伊藤達哉と堂安律の今季成績
no title

【サッカー】オランダで活躍した先人達に堂安律は追いつき、追い越せるのか? 

image03_1_
1   2018/04/26(木) 17:28:09.22 _USER9
 ガンバ大阪からフローニンゲンへレンタル移籍していた堂安律が、3年契約で完全移籍を果たした。これまで多くの日本人がプレーしてきたエールディビジの舞台で、堂安はどんなキャリアを築いていくのか。今後の活躍を占う上でヒントになるであろう先人たちの「オランダキャリア」を振り返る。

■小野伸二(フェイエノールト)

 浦和レッズでの活躍を評価され、2001年にフェイエノールトへ加入した。初年度から持ち前の技術の高さを披露し、リーグ戦30試合に出場するなど主力に定着。さらにヨーロッパリーグ制覇を経験するなど、輝かしい成績を残して後輩たちにレールを敷いた。

2001-02 リーグ戦30試合3ゴール
2002-03 リーグ戦29試合7ゴール
2003-04 リーグ戦24試合2ゴール
2004-05 リーグ戦25試合7ゴール
2005-06 リーグ戦4試合0ゴール

■平山相太(ヘラクレス)

 高校時代に“怪物”と称された平山は、プロキャリアをオランダでスタートさせる。入団先のヘラクレスでいきなり8ゴールをマークするなど存在感を発揮。才能の高さを証明した。しかし、翌シーズンは新監督の信頼を掴めず、ほぼ試合に出ることがないまま日本へ帰国することとなった。

2005-06 リーグ戦31試合8ゴール
2006-07 リーグ戦1試合0ゴール

■本田圭佑(VVVフェンロ)

 オランダでの生活は降格という苦い経験から始まったものの、2部に戦いの場を移して状況は一変する。背番号「10」を背負い豪快なミドルシュートでネットを揺らしたかと思えば、華麗なFKでもゴールを量産。リーグ年間最優秀選手賞を獲得するとともに、チームを1年での昇格に導く。その後も活躍を続け、2010年の冬にCSKAモスクワへ旅立った。

2007-08 リーグ戦14試合2ゴール
2008-09 リーグ戦36試合16ゴール(2部)
2009-10 リーグ戦18試合6ゴール

■吉田麻也(VVVフェンロ)

 09-10シーズンにVVVへ入団するも、いきなり左足首を骨折する重傷を負い、加入初年度の出場機会は0だった。心機一転望んだ翌シーズンに出場機会を増やし、11-12シーズンには主力に定着。その後、活躍の場をイングランドのサウサンプトンへ移すこととなった。

2009-10 リーグ戦0試合0ゴール
2010-11 リーグ戦20試合0ゴール
2011-12 リーグ戦32試合5ゴール
2012-13 リーグ戦2試合0ゴール

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180426-00748129-soccerk-socc

>>2以降に続きます



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索