Samurai Goal

国際親善試合


スポンサード リンク





【快挙】「相手はPKの2点だけ」U-22日本、敵地でタレント揃いのブラジル撃破で国内からは驚きと称賛の声  

65331_ext_04_0




1: ラッコ ★ 2019/10/15(火) 15:32:59.12 ID:W0qzdO0N9
「サンロレンソの奇跡」「相手はPKの2点だけ」U-22日本、タレント揃いのブラジルを撃破!国内からは驚きと称賛の声

■タレントを揃えたブラジルを相手に“敵地”での逆転劇!

 ブラジルに遠征中のU-22日本代表が10月15日、サンロレンソダマタのアレナ・ペルナンブコでU-22ブラジル代表と対戦。日本が3-2の逆転勝利を収めた。
日本は今夏のトゥーロン国際大会の決勝でPK戦の末にブラジルに敗れていたが、見事にリベンジを果たす形となった。

 立ち上がりの15分にPKで先制を許した日本だったが、28分に田中碧の強烈なミドルシュートが決まり同点。
さらに後半に入り52分、再び田中がミドル弾でネットを揺らし、逆転に成功した。
日本の勢いは止まらず、68分には中山雄太のスーパーミドルがブラジルゴールに突き刺さり3点目。
その後、再びPKで1点差に迫られたものの、終盤は堅守で逃げ切り、日本は敵地でブラジルを破るという快挙を成し遂げた。

 この勝利には国内からも驚きや称賛の声が相次いだ。ブラジル戦勝利を伝える日本代表公式ツイッターの投稿には
「凄い!相手はPKの2点だけ!」
「サンロレンソの奇跡」
「アウェイで勝つのは本当に凄い!」
「敵地でトゥーロンのリベンジ」
「田中ナーイス、前回のリベンジだ!」
「田中碧は冬移籍しそう」
「最高にいい試合でした」
などと、返信が寄せられている。

 ブラジルは今季ライプツィヒと5年契約を結んだマテウス・クーニャやレアル・マドリーも獲得を狙っているとされるコリンチャンスのペドリーニョらが先発、
後半途中にはレアル・マドリーに所属するロドリゴを投入するなど、錚々たるメンバーが出場。
局面では個々のレベルの高さを感じさせたブラジルだが、日本は堂々たる内容で勝利を掴み取った。

 来年、東京五輪を迎える日本にとっては、大きな自信になる1勝となったはずだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

サッカーダイジェストWeb 2019年10月15日
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=65331
画像:ブラジル相手に2点を決めた田中。ブラジルはマテウス・クーニャ(19番)などが先発した。(C) Getty Images

ハイライト動画
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail2/id=65331

<再放送予定>(※※再放送多数あり)
サッカー U-22日本代表 ブラジル遠征 国際親善試合 U-22ブラジル代表 vs. U-22日本代表| J SPORTS【公式】
https://www.jsports.co.jp/program_guide/02/12/84798_2229731/

<関連情報>
国際親善試合 ~ブラジル遠征~|JFA|公益財団法人日本サッカー協会
https://www.jfa.jp/national_team/u22_2019/20191014/

<関連スレ・関連記事>
【サッカー/疑惑のPK判定×2】U-22日本(3-2)U-22ブラジル 解説者「会心の試合。日本の2失点も『それPKか?』というPKですから」(※実質3-0!?)
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1571120966/
【サッカー】<地元メディア>ブラジル撃破のU-22日本代表を称賛!「我々のチームは、日本のGKを怖がらせることがほとんどできなかった」
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1571097902/
【サッカー】ホームで日本に衝撃の逆転負け…ブラジルメディア落胆、ロドリゴらに厳しい評価
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1571114788/
【サッカー】U-22日本代表が“敵地”でブラジル撃破!ミドル3発、衝撃の逆転劇!!★2
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1571094636/
【サッカー】U-22日本代表、ブラジル戦スタメン発表
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1571077988/
【サッカー】U-22日本代表vsU-22ブラジル代表のテレビ放送が決定
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1570847440/
U-22日本代表、U-20サンパウロFC相手に3-0~ブラジル遠征~|日本サッカー協会
https://www.jfa.jp/national_team/news/00023077/

日本代表 11月にベネズエラと親善試合 通算成績は1勝3分け  

20190925-00000080-dal-000-3-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/09/25(水) 16:40:08.58 ID:j8ld2ukJ9
日本サッカー協会は25日、日本代表が11月19日に開催する国際親善試合の対戦相手が、ベネズエラ代表に決まったと発表した。

 ベネズエラは今夏にブラジルで行われた南米選手権で8強入りし、FIFAランク26位。同31位の日本とは昨年11月16日に大分で親善試合(2-2)を行って以来、5度目の対戦。通算対戦成績は日本の1勝3分け。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190925-00000080-dal-socc

復帰戦のネイマールがコロンビア相手に1G1A! ラフプレーで一触即発の場面も 

20190907-43471371-gekisaka-000-3-view[1]

W杯予選に臨む韓国代表メンバー発表…Jリーグからは3人 

20190826-43470927-gekisaka-000-1-view[1]

森保監督、W杯予選で東京五輪を見据え若手強化プラン!久保建英(Rマドリード)ら若手中心の編成  

20190820-00000289-sph-000-view




1: Egg ★ 2019/08/21(水) 06:15:27.33 ID:3zFjQZme9
日本代表の森保一監督(50)が20日、W杯アジア2次予選ミャンマー戦(9月10日・ヤンゴン)のメンバー選考で、
MF久保建英(18)=Rマドリード=ら若手中心の編成を選択肢に入れていることを明かした。

国際親善試合のパラグアイ戦(同5日・カシマ)が行われる茨城県の県庁(水戸市)を訪問後に取材に応じた。
東京五輪を見据えた(A)若手強化型のほか、(B)慣例踏襲、(C)移籍組配慮と3つのプランがあり、30日に予定されるメンバー発表までに決断する。

森保監督は初めて挑むW杯予選を前に、3つの方向から選考に迫っていく。アジア2次予選開幕戦となるミャンマー戦へ向け、
「基本は現状のベストなチーム」と方針を示しながら「ひょっとしたら若手選手の方が多くなるかもしれない。柔軟に考えたい」と明かした。
1年後の東京五輪を見据えたもので、まずはこれがプラン(A)「若手強化型」になる。

ミャンマーはFIFAランク135位。アウェーでの対戦とはいえ、同33位の日本から見れば実力差は歴然としている。
A代表が参加した6月の南米選手権で世界と戦えることを示した18歳MF久保、2得点と結果を残したMF三好康児(22)=アントワープ=ら、
東京五輪世代を選んだとしても結果が望める。そして、メダル獲得を目指す五輪世代の強化にもつながる。

ただ、指揮官の頭の中には4年前の苦い記憶も残る。ハリル・ジャパンが挑んだ2次予選の初戦・シンガポール戦は、ホームで0―0のドローに終わっている。
ミャンマーが守備重視の戦術を取る可能性は高い。切り崩すには時には経験と連係面の成熟が必要になる。初戦の難しさに重点を置いた場合は、実績のあるメンバーで構成したプラン(B)「慣例踏襲」となる。

プラン(C)は「移籍組配慮」の構成。今夏、多くの代表候補が欧州に渡り、欧州内でも多くの移籍があった。シーズン序盤はクラブ内で地位を確立する大事な時期。
残留した選手、または移籍してもポジションを確保した選手に絞って招集する考えもある。今回は、慣例よりも多くの選手に招集の可能性がある文書を送付している。

森保監督は「状況を見極めて選びたい」と話した。メンバー発表の30日まで、あと10日。欧州で視察にあたっている5人のスタッフから送られてくる情報を精査し、
東京五輪、そして22年カタールW杯で結果を残すことを念頭に選考の軸を決めていく。(内田 知宏)

8/21(水) 6:10配信 スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190820-00000289-sph-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20190820-00000289-sph-000-view.jpg

永井、国際舞台で“7年ぶり”輝き 代表初得点含む2ゴールで「FWはゴールが求められる」 

20190609-00194856-soccermzw-000-16-view[1]

<久保建英(18)>A代表デビューに密着!中継TBSが異例の“専用カメラ”設置へ  

1: Egg ★ 2019/06/09(日) 06:35:17.17 ID:uV/tvz3k9
 【国際親善試合 日本―エルサルバドル ( 2019年6月9日 ひとめS )】 「令和」の新スターを見逃すな!日本代表は9日、ひとめぼれスタジアム宮城で国際親善試合エルサルバドル戦に臨む。森保一監督(50)は8日の公式会見で、MF久保建英(18)のメンバー入りと途中出場させる方針を明言。関係者によれば、中継するTBSでは、A代表デビューの期待が高まる久保だけを追う“久保カメラ”を設置することが分かった

2019年06月09日 05:30 スポニチ
https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2019/06/09/kiji/20190609s00002014013000c.html

写真no title

なでしこ、W杯前最後の実戦はスペインと1―1ドロー 不運PKで失点も菅沢が同点弾  

20190602-00000277-spnannex-000-6-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/06/02(日) 22:43:46.50 ID:Z2FEbioG9
◇国際親善試合 日本1―1スペイン(2019年6月2日 フランス・ルトゥケ)

 7日に開幕するW杯フランス大会に臨む女子日本代表「なでしこジャパン」は2日、フランス・ルトゥケでスペインとの国際親善試合に臨み、1―1で引き分け。大会前最後の実戦で、途中出場のFW菅沢優衣香(28=浦和レディース)が同点弾を決めた。

 最新のFIFAランキングでは日本が7位で、スペインは13位。だが、前半22分にアンラッキーな形で失点。右サイドからのクロスに対応したDF市瀬の手にボールが当たってPKとなり、相手選手に落ち着いて決められた。

 前半は0―1のまま終了。後半は左サイドバックのDF鮫島が攻撃参加する場面も増えたが、なかなか決定機をつくるまでには至らなかった。それでも後半40分、途中出場のFW遠藤が左サイドからグラウンダーのクロスを送ると、中央に走り込んだ菅沢が流し込んでゴール。終盤に同点に追いつき、1―1の引き分けで試合を終えた。

 W杯前最後の実戦は欧州の強豪とドロー。W杯初戦は日本時間の11日、アルゼンチンと対戦する。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190602-00000277-spnannex-socc

【速報】国際親善試合 なでしこジャパン対スペイン戦 後半40分、菅澤弾で追いつき1-1のドロー 

GettyImages-893355974-1-800x533

<なでしこジャパン>FIFフランス(FIFAランキング4位)に3失点!一時同点も力負け...1―3で敗れる  

20190405-00000106-spnannex-000-3-view[1]




1: Egg ★ 2019/04/05(金) 06:04:24.32 ID:YguYxAli9
サッカー女子日本代表「なでしこ1―3で敗れジャパン」は4日(日本時間5日)、フランスのオセールでの国際親善試合でフランスと対戦、1―3で敗れた。

 日本はFIFAランキング7位の日本は、同4位のフランスに前半4分に先制を許し追いかける展開。24分に中島のシュートGKがはじいたところを小林が決めて追いついたが、34分に勝ち越されて1―2で折り返した。

 後半はフランスの攻勢をしのいでいたが、37分にカウンターからのドリブルからシュートのこぼれ球を決められリードを広げられた。

 今回は6月にW杯フランス大会開幕を控えての欧州遠征で、9日にはドイツと対戦する。

4/5(金) 5:54配信 スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190405-00000106-spnannex-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索