Samurai Goal

善戦


スポンサード リンク





「日本に完敗した」敗戦したコートジボワール代表に海外メディアが嘆きの声!「ベルギーとは善戦したのに…」 

スクリーンショット 2020-10-14 20.44.22

日本代表、ウルグアイ相手の善戦に海外メディア驚き「全く予想外」【コパ・アメリカ】  

20190621-00327280-footballc-000-3-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/06/21(金) 11:48:32.20 ID:dPoF471S9
【日本 2-2 ウルグアイ コパ・アメリカ2019・グループC組第2節】

コパ・アメリカ2019・グループC組第2節、日本代表対ウルグアイ代表の試合が現地時間20日に行われた。試合は2-2の引き分けに終わっている。
この結果を受けて、ノルウェーメディア『abcnyheter』が戦評を書いている。

試合開始して25分、柴崎岳のサイドチェンジから三好康児がドリブルでゴール前まで仕掛け、自らシュートを放って先制点を決めた。
しかし32分、ペナルティーエリア内で植田直通がファールを犯したとして、
主審がVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)を確認した上でウルグアイにPKのチャンスを与える。このPKをルイス・スアレスが決めてウルグアイが同点に追いついた。

それでも59分、ウルグアイのGKフェルナンド・ムスレラが弾いたボールを三好が押し込み再び勝ち越しに成功。
だが66分、コーナーキックからホセ・ヒメネスにヘディングシュートを決められ、またもウルグアイに追いつかれてしまう。結局、試合は2-2の引き分けに終わった。

同メディアはタイトルに「日本代表がウルグアイ代表と引き分けるとは驚いた」とつけ、「日本は初戦でチリ代表に0-4。対するウルグアイはエクアドル代表に4-0。
そのため、日本がウルグアイを阻むとは、全く予想外だった」と伝え、南米強豪相手に善戦した日本に驚きを隠せない様子を見せている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190621-00327280-footballc-socc
6/21(金) 11:08配信



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索