Samurai Goal

和解


スポンサード リンク





ベンゼマが東京五輪でフランス代表に復帰!? 元代理人と仏メディアが“可能性”を示唆「デシャンとの和解は…」 

1: 2021/02/02(火) 05:13:10.68 _USER9
「ベンゼマはずっと代表に戻ることを望んでいる」

no title


新型コロナウイルスの感染拡大により、開催の是非が問われている東京五輪だが、各競技に参戦しようとするスターは少なくない。

 レアル・マドリーの主砲カリム・ベンゼマもその一人なのかもしれない。現地時間1月31日にフランス・メディア『Europe1』で、元代理人で、友人のカリム・ジャジリ氏が興味深いコメントを発した。

 現在33歳のベンゼマは、マドリーの頼れるエースであるのは周知の通りだ。今シーズンもラ・リーガでは18試合に出場して10ゴール・5アシストと絶対的な存在感を放っている。

 一方でフランス代表からは2015年10月の招集を最後に遠のいている。チームメートだったマテュー・ヴァルブエナに対する恐喝事件への関与が取りざたされ、さらにディディエ・デシャン監督に対して「彼は一部のレイシストの圧力に屈した」と言い放ち、確執を生んだからである。

 ヨーロッパでも有数の実力者を擁するフランスU-21代表は、東京五輪の金メダル獲得候補だ。チームを率いるのは、確執問題のあるデシャンではなくシルバン・リポル監督である。具体的な招集オファーが届けば、ベンゼマがそれに応じる可能性はゼロとは言い切れない。

 そんなベンゼマの五輪出場の可能性について、ジャジリ氏は「呼ばれれば、喜んで応じるだろう」と明言した。

「東京オリンピックに呼ばれたら彼は参戦する意欲を示すだろうね。彼は代表のために尽くそうとしている選手だし、それにオリンピックのチームに呼ばれて行きたくない選手なんているかい? ベンゼマもすぐにでも行くはずだよ」

 実際、可能性はどのくらいあるのか。ジャジリ氏のコメントを報じた『Europe1』は、「ベンゼマの野心は再びフランス代表のユニホームを着ることにある」と綴っている。

「ベンゼマはずっと代表に戻ることを望んでいる。だが、デシャンとは相いれない関係にあり、両者の溝はもはや埋まることはない。和解は不可能だと言っていい。しかし、東京オリンピックを目指すチームを仕切るのはリポル監督だ。フランス・サッカー連盟が『ノー』と言わず、ヴァルブエナとの問題に裁判で決着がついているのであれば、呼ばれる権利と可能性はある」

 マドリーの絶対的エースが、レ・ブルー(フランス代表の愛称)のために東京で戦うとなれば、世界的な話題となることは必至なだけに、今後の動向に注目したい。

2/2(火) 5:01
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20210202-00010000-sdigestw-socc

バルサ会長、メッシとの和解希望 辞任の意思はなし 

スクリーンショット 2020-09-20 17.46.49

チームと”和解”ポルトの中島翔哉が半年ぶり全体練習に復帰 開幕戦までにファンらに”真相”伝える 

スクリーンショット 2020-09-01 19.25.35

【群馬】ハンマーが頭に当たりサッカー部の高2年男子が死亡した事故…群馬県、両親と賠償金4890万円で和解  

images000




1: ばーど ★ 2019/10/09(水) 15:06:13.92 ID:ownk00O19
 群馬県立藤岡中央高で2017年12月、陸上競技用のハンマーが頭に当たったサッカー部の2年男子生徒が死亡した事故で、群馬県議会は9日、県が生徒の両親に賠償金約4890万円を支払って和解する議案を全会一致で可決した。

 事故は17年12月20日午後、陸上部の練習に参加していた元部員の3年男子生徒が投げた鉄製ハンマーが、約50メートル先にいたサッカー部員大広一葉さん=当時(17)=に当たった。サッカー部と陸上部は同じグラウンドで同時に練習していた。

 県教育委員会によると、学校管理下で起きた事故のため、投げた生徒に賠償責任は生じないという。

2019年10月9日 11時11分
共同通信
https://news.livedoor.com/article/detail/17205088/

“ブチキレ監督”と和解の抱擁!中島翔哉、リーグ戦2試合連続途中出場! ポルトは5連勝で暫定2位に浮上  

1: Egg ★ 2019/09/23(月) 08:53:00.01 ID:PZaVPYi59
試合後に中島に駆け寄り…

現地時間9月22日、ポルトガルリーグの第6節が行なわれ、ポルトはホームにサンタ・クララを迎え、2-0で勝利した。ポルトに所属する中島翔哉はベンチスタートで、途中出場を果たしている

 開始15分にゼ・ルイスのゴールで先制したポルトは、41分にもオウンゴールで加点し、2点をリード。サンタ・クララを圧倒して前半を終えた。

 後半は、反撃に出るアウェーチームに対し、自陣できっちり守備を固めて対応する。そんななか、66分に中島翔哉がルイス・ディアスと交代してピッチに入る。

 奇しくも指揮官の”ブチキレ”騒動が起きたポルティモネンセ戦と同様、残り30分弱、2-0をリードした状態で投入された中島は、いきなり左サイドからボックス内までボールを運び、シュートに持ち込んだ。これはGKにキャッチされたが、ホームスタジアムを沸かせた。

 ポルトは78分、マレガからパスを受けたゼ・ルイスが絶好機を迎えるが、大きく枠を外してしまう。3点目を奪うことはできなかったが、2-0の完封勝利。開幕節で敗れて以降は5連勝で、暫定2位に浮上している。

 中島はボールタッチこそ多くなかったものの、いくつかチャンスの起点となったほか、周囲との連携を確かめるようにプレー。これに満足したのか、試合後にはセルジオ・コンセイソン監督がフィールド上の日本代表MFに駆け寄り、お互いに笑顔を浮かべ、ハグする姿もみられた。

 ポルトは9月25日に国内カップ戦で再びサンタ・クララと対戦したのち、週末にはリオ・アベとのアウェー戦に挑む。

9/23(月) 6:30配信サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190923-00064469-sdigestw-socc

写真
no title


中島翔哉、リーグ戦2試合連続途中出場。ポルトは2-0で勝利し5連勝達成
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190923-00339521-footballc-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索