1: 2020/04/21(火) 23:16:39.36
バルセロナは21日、本拠地であるカンプ・ノウのネーミングライツを売却することを発表した。収益は新型コロナウイルス(COVID-19)関連の寄付に充てられるとのことだ。


1957年に開業した約10万人収容のカンプ・ノウはこれまで命名権を売却したことはなく、史上初めてのことになる。契約期間は2020-21シーズンの1シーズンとなっている。

バルセロナは声明にて「収益は世界的に大流行している新型コロナウイルス(COVID-19)に対する戦いや研究への資金に充てられる。人道危機に直面しているこの時期に、COVID-19と戦うべく収益を寄付する必要があると考えた」と発表。

スペインではCOVID-19による感染者が20万人を、死者が2万人を越えている。

4/21(火) 23:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200421-00373582-usoccer-socc

写真
no title