Samurai Goal

告発


スポンサード リンク





FIFA理事への買収告発 18、22年W杯招致で米地裁 

20200407-00000034-kyodonews-000-4-view




1: 2020/04/07(火) 11:34:33.54
【ロサンゼルス共同】米ニューヨークの地方裁判所は6日、サッカーの2018、22年ワールドカップ(W杯)招致に絡み、投票の際に複数の国際サッカー連盟(FIFA)理事への買収があったとの告発を明らかにした。AP通信が報じた。

 起訴状によると元南米サッカー連盟会長の故ニコラス・レオス氏や元FIFA副会長のジャック・ワーナー氏、元ブラジル連盟会長のリカルド・テイシェイラ氏ら複数が賄賂を受け取っていた。

 また、18年W杯ロシア大会からの2大会分の米国内放送権で、入札情報を得るために南米連盟の関係者に賄賂を送ったとして、21世紀フォックス社の元重役2人を告発した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200407-00000034-kyodonews-socc

トッテナムMFデレ・アリ、FAから告発される…新型コロナに言及した不適切なSNS投稿 

20200227-01040406-soccerk-000-1-view




1: 2020/02/27(木) 10:50:33.56
イングランドサッカー協会(FA)が、トッテナムに所属するイングランド代表MFデレ・アリを倫理規定違反で告発した。26日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が報じた。

 アリは今月8日、「Corona whattt、ボリュームを上げて聞いて」というタイトルの動画をスナップチャットに投稿。フェイスマスクをした自撮りをし、カメラを一般アジア人男性に向けた、という内容のものだった。さらに、消毒器の写真に「僕を捕まえるには、ウイルスはもっと速くならないとね」と付け加え投稿していた。この一連の投稿はすぐに削除され、アリは9日に中国のSNSプラットフォームWeiboを通じて謝罪していた。

 FAは公式声明を通じて、デレの投稿がソーシャルメディアへの利用方法を規定したFAのルールE3に抵触している可能性があることを指摘した。

「トッテナムのMFの投稿は、『“侮辱”および/または“不適切”および/または“試合の信用失墜”』に関するFAのルールE3(1)に違反したと言われています」

「さらにこの投稿は、FAルールE3(2)で定義されている『明示または黙示を問わず、“人種”および/または“肌の色”および/または“民族的出身”および/または“国籍”への言及』が含まれていたため、『さらに重大な違反』に当たると主張されています」

「彼は2020年3月5日(木曜日)までに、(告発内容について)返答する必要があります」

 今季前半には、マンチェスター・Cに所属するポルトガル代表MFベルナルド・シルヴァが同様のケースでFAの処分対象に。同選手は昨年11月、自身のSNSに同僚のフランス代表DFバンジャマン・メンディの幼少期の写真と、菓子ブランド「コンギトス」のチョコレート色のキャラクター画像を並べて投稿したことで、1試合の出場停止と罰金5万ポンド(約700万円)の処分を言い渡された。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200227-01040406-soccerk-socc

「ソン・フンミンのダイブを告発」 “疑惑のPK獲得”に英物議「韓国人の飛び込みを非難」 

20200206-00245151-soccermzw-000-2-view[1]


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索