Samurai Goal

名将


スポンサード リンク





名将ペップに“天敵”現る 苦手意識はモウリーニョやクロップ以上か 

スクリーンショット 2021-03-08 21.13.41

名将ペップ、自身の“哲学”変更か PKキッカーにGKエデルソン任命の可能性示唆 

スクリーンショット 2021-02-11 5.54.00

W杯制覇の名将リッピ氏が引退を表明「今後は別の仕事に」 トッティ、カンナヴァーロ、ピルロらでW杯制覇 

1: 2020/10/24(土) 14:04:22.31 _USER9
イタリア人指揮官のマルチェロ・リッピ氏が22日、イタリアのラジオ放送『ラディオ・スポルティーヴァ』のインタビューに応じた際に、監督業引退を表明した。

72歳のリッピ氏は、1985年にセリエC2(イタリア4部)ポンテデーラの指揮官としてキャリアを歩み出すと、長年にわたって輝かしいキャリアを築いた。特にユヴェントスとの絆は強く、2度にわたって指揮官に就任。合計8年間、チームの指揮を執り、スクデットを5回獲得したほか、チャンピオンズリーグやUEFAスーパーカップ、インターコンチネンタルカップ、コッパ・イタリア、スーペルコッパ・イタリアーナなど数々のタイトルを手にした。また2004年にはイタリア代表監督に就任。フランチェスコ・トッティやファビオ・カンナヴァーロ、アンドレア・ピルロら豪華メンバーを率いて2006年ドイツ・ワールドカップで優勝を飾った経験を持つ。

近年は広州恒大指揮官や中国代表監督など中国を舞台に活動を続けていたが、昨年11月に中国代表指揮官の座を退任。イタリア人指揮官はこのまま監督業を引退することを表明した。「監督の仕事は完全に終わりにした。もうこれで良いだろう。十分にやった。もしかしたら別の仕事で役に立てるかもしれないので様子を見てみたい。しかし来年の春までは休養を取るつもりだ」と明かしている。

ユヴェントスはリッピ氏の発言を受け、ツイッターを更新。「華麗なキャリアの素晴らしい1ページを共に描くことができて誇りに思っている。新たな役職においても成功を収めることができると確信している」とエールを送った。

https://news.yahoo.co.jp/articles/6d8a0b8818065b850adf2d8123c7b18db31d54e0
no title

名選手が名将になった!デシャン監督の負けにくいチームのつくり方 

スクリーンショット 2020-09-05 14.26.15

香川真司、スター選手らと堂々選出! 名将クロップ「最高の契約ベスト13」を英メディアが特集 

20200526-00263811-soccermzw-000-2-view




1: 2020/05/26(火) 23:25:41.41
 リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督の下で輝きを放った選手は数多い。
英メディア「GIVE ME SPORT」は「ドルトムントとリバプール時代のユルゲン・クロップの最高の契約ベスト13をランキング化」と特集。
世界屈指の名手が並ぶなか、MF香川真司(現サラゴサ)が堂々10位に選出されている。

 記事では「クロップは過去最悪の時期にリバプールを引き継ぎ、わずか4年でUEFAチャンピオンズリーグ(CL)の勝者に変貌させた。
彼はまた、リバプールをプレミアリーグ初優勝へと導こうとしている」と紹介。昨季、CLを制覇し、今季も初のリーグ制覇まであと2勝に迫っている。

 クロップ監督は、2008年から2015年までドイツのドルトムントを率いて一時代を築くと、2015年からリバプールで手腕を発揮。
そんな指揮官について、「クロップの監督としての成功は、移籍市場での優れた手腕にも起因する」と指摘している。さらに「クロップは掘り出し物を手に入れるコツを心得ており、多額の資金を投じても、大抵の場合は実を結んでいる」と記し、クロップ監督の“鑑識眼”を称賛した。

 クロップ監督がドルトムントとリバプールで契約を結んだ選手の中から、英メディアが「最高の契約ベスト13」をランキング化。そのなかで10位に食い込んだのが香川だ。

 現在31歳の香川は2010年、セレッソ大阪からドルトムントへ移籍。移籍金はなく、育成補償金として35万ユーロ(当時約4000万円)がC大阪に支払われた。
1年目からスタメンに定着した香川は、クロップ監督の下で存在感を発揮。リーグ戦18試合8ゴールの活躍で優勝に貢献すると、翌シーズンも31試合13ゴールの結果を残し、2年目にはクロップ監督とともにリーグ連覇とDFBポカールの2冠を達成した。

 記事では「クロップは実際には香川と2回契約を結んでいる。今回の選出は、香川が最初に契約した時のものだ」と指摘。ドルトムントで活躍後、2012-13シーズンにマンチェスター・ユナイテッドへ移籍した香川は、2014-15シーズンにドルトムントへ帰還。
その後2018年夏まで在籍し、古巣復帰後はクロップ監督と1年間のみ共闘している。

 クロップ監督の下でドルトムントがリーグ連覇を成し遂げたインパクトは大きく、「香川は、ドルトムントが2010年と2011年にブンデスリーガで連覇した時、重要な役割を果たした。彼は(2シーズン)公式戦71試合で29ゴールを挙げ、2012年にマン・ユナイテッドへ移籍した」と言及。
センセーションを巻き起こした香川の存在も高く評価されている。

 その一方、ランキングで上位に食い込んだのは、3位元ドイツ代表DFマッツ・フンメルス(ドルトムント)、2位ポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキ(バイエルン)、1位オランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイク(リバプール)。いずれも世界屈指の存在へと成長を遂げた選手ばかりだ。
なかでもファン・ダイクに関しては、「現在、世界最高のディフェンダーとしての地位を確立」と称賛している。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200526-00263811-soccermzw-socc

【あなたは誰を選びますか?】Jリーグワースト監督は誰?クラブがあっという間に失墜…   

1: Egg ★ 2019/06/30(日) 16:05:26.33 ID:YWECDnV+9
写真
no title


リバプール(イングランド)を2018-19シーズンUEFAチャンピオンズリーグ(CL)制覇へと導いたユルゲン・クロップ監督、マンチェスター・シティをイングランド・プレミアリーグ2連覇へと導いたジョゼップ・グアルディオラ監督を筆頭に「世界的名将」と呼ばれる指導者は世界に数多くいる。

 04-05シーズン以来のCLタイトルを獲得したリバプールに象徴される通り、ラファエル・ベニテス、クロップという優秀な指導者がいる時のチームの実績は頭抜けている。「サッカーの戦績は監督の力によるところが大きい」と日本屈指の戦術家で知られる松本山雅の反町康治監督も語っていたが、どういう人物がトップに立つかどうかでクラブの命運は大きく左右されると言っても過言ではない。

 Jリーグを見ても、93年のJ発足から一度も2部落ちしていない鹿島アントラーズと横浜F・マリノスは「ダメ監督」と断罪されるような指揮官はほぼいない。とりわけ、鹿島は代々の監督たちがある程度の結果を残している。近年も、2015年途中にトニーニョ・セレーゾを解任せざるを得ない苦境に陥ったが、後任となった石井正忠が巻き返しを図ってタイトルを獲得。その石井も2017年途中にクビを切られる状況となったが、後を引き継いだ大岩剛監督もチームをアジア王者へと導いている。今季に関しては小笠原満男という長年精神的支柱だった選手が引退し、大幅な若返りを図らなければならない状況ながら、アジアチャンピオンズリーグ(ACL)では8強入り。「勝つべきところでは勝つ」という伝統は依然として健在のようだ。

 そんな常勝軍団とは対照的に、いわゆる「ダメ監督」の登場によってチームが大きく崩れたケースは少なくない。最たる例が2012年に就任し、公式戦5連敗と最悪のスタートを切った時点で更迭されたガンバ大阪のジョゼ・カルロス・セホーン監督だろう。

 そもそも同氏就任に関しては、最初から「いわくつき」と言われる状況だった。

AERA6/30(日) 16:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190630-00000006-sasahi-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索