Samurai Goal

名古屋グランパス


スポンサード リンク





【名古屋グランパス】2021年の予想布陣&最新情勢「絶対的固定メンバー4人」はACL両立でどうなる 

スクリーンショット 2021-02-01 13.59.07

なぜ“ミスターセレッソ”FW柿谷曜一朗は名古屋グランパス移籍を決断したのか? 

スクリーンショット 2020-12-27 11.15.13

<名古屋グランパス>浦和の元日本代表MF長沢和輝を完全移籍で獲得へ!C大阪・柿谷&木本に続き…強化着々 

1: 2020/12/26(土) 08:19:36.33 _USER9
名古屋グランパスが来季の戦力として浦和の元日本代表MF長沢和輝(29)を完全移籍で獲得することが25日、決定的となった。
千葉県出身の長沢は、専修大在学中に横浜Mの特別指定選手としてプレーし、2013年にケルン(ドイツ)へ入団。

その後、J2千葉を経て17年から浦和でプレーし、J1通算92試合、7得点をマークした。
中盤で複数のポジションをこなす器用さに加えて、フィッカデンティ監督が選手に求める球際の強さも特長の一つだ。

17年にはハリルホジッチ監督が率いる日本代表にも選出され、1試合に出場をした。浦和では、17年にアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の優勝を果たすなどアジアでの経験が豊富。
今年3位に入って9年ぶりにACLの舞台へ挑むグランパスにとっては、海外クラブと戦った経験値を持った貴重な存在となる。

クラブは24日にC大阪からFW柿谷曜一朗(30)、DF木本恭生(27)の獲得を発表し、センターラインの強化を進めている。

12/26(土) 5:05配信 中日スポーツ
https://news.yahoo.co.jp/articles/1cb1cd58d261e4875ec4bd76c1f857cb5b574c72

写真
no title


名古屋が、浦和の元日本代表MF長沢和輝(29)を獲得することが25日までに確実となった。複数の関係者によれば、既に条件面などで合意し、近日中にも正式発表される。
今季の長沢は主にボランチで27戦1得点。身長は1メートル72と小柄だが、デュエルにめっぽう強いタイプで17年のACL制覇にも大きく貢献。来季は9年ぶりにACL参戦が控える名古屋にとって、貴重な戦力となりそうだ。

12/26(土) 4:30配信 スポニチ
https://news.yahoo.co.jp/articles/092b3ac0b273c6c40aebaa51a19de6fd6fc08a8d

<セレッソ大阪>元日本代表FW柿谷曜一朗の名古屋グランパス完全移籍を発表!背番号8の国内移籍はクラブ史上初 

1: 2020/12/24(木) 15:24:39.21 _USER9
C大阪は24日、元日本代表FW柿谷曜一朗(30)が名古屋へ完全移籍することを発表した。

 今季は24試合出場1得点で先発出場は6試合のみ。序盤戦は過密日程の中で出場機会を得ていたが、徐々に出番が減り、後半戦ではベンチ外となることも増えていた。その状況下で名古屋から届いた2年連続の正式オファー。C大阪から契約延長オファーも提示されていたものの、最終的に移籍を決断した。クラブのエースナンバーである背番号8を背負っている選手が国内移籍をするのは、これがクラブ史上初めてとなる。

 4歳からC大阪の育成組織で育った柿谷は、クラブ史上最年少となる16歳でプロ契約。度重なる遅刻などで09年6月にJ2徳島へ期限付き移籍に出されたが、復帰後の12年に夏場からブレーク。翌年にJ1で21得点を挙げる活躍を見せ、同年7月には日本代表に初招集された。東アジア杯で得点王を獲得する活躍もあり、14年のW杯ブラジル大会にも出場した。

 W杯後にスイス1部バーゼルへ完全移籍。だが、欧州では思ったような活躍をできず、16年にC大阪へ完全移籍で復帰した。17年にはチームの2冠獲得に貢献するも、堅守をベースとするチームで徐々に絶対的な存在ではなくなっていた中、18年夏にG大阪、19年夏には名古屋から正式オファーを受けた。当時は熟考の末に残留したが、今回は活躍の舞台を新天地に求める決断をした。

12/24(木) 14:00 スポニチ
https://news.yahoo.co.jp/articles/e753af13d911b8fe8e55e4add8a290723c818c11

写真
no title

<名古屋グランパス>フィッカデンティ監督「補強をしていく」と宣言!川崎フロンターレMF斎藤学に食指! 

1: 2020/12/23(水) 18:54:23.14 _USER9
今季3位に躍進した名古屋グランパスが、川崎フロンターレの元日本代表MF斎藤学(30)の獲得に動くことが22日、分かった。

来季のアジアチャンピオンズリーグ(ACL)出場権を獲得したフィッカデンティ監督は「補強をしていく」と宣言。J1でも11年ぶりの優勝を実現させるため、最強王者川崎Fの攻撃の柱に白羽の矢を立てた。

斎藤は今季、前半戦こそ出場機会に恵まれなかったが、主に後半戦は先発の座を奪い返すなど、25試合1得点と活躍。横浜F・マリノスから18年に川崎Fに移籍後、最も存在感を示した。14年ワールドカップ(W杯)ブラジル大会代表の実力者で、巧みなボールコントロールやドリブルで得点機をつくる能力は日本人屈指だ。

名古屋は既に、セレッソ大阪FW柿谷や浦和レッズMF長沢の元日本代表勢、サガン鳥栖DF森下やC大阪DF木本ら、他クラブの主力を大量に獲得するつもりで、来季のタイトル獲得への本気度がうかがえる。

◆斎藤学(さいとう・まなぶ)1990年(平2)4月4日、神奈川県生まれ。横浜ユース出身で横浜、J2愛媛、横浜を経て18年川崎F移籍。12年ロンドン五輪、14年W杯ブラジル大会の日本代表。国際Aマッチ6試合1得点、J1通算258試合36得点。169センチ、66キロ

12/23(水) 4:00日刊スポーツ
https://news.yahoo.co.jp/articles/c055b673038c705fa8881fcb10b2adb6e37308c6

写真
no title

名古屋グランパス C大阪FW柿谷曜一朗の獲得決定的…2年連続ラブコールが心に響く 

スクリーンショット 2020-12-20 11.16.56




1: 2020/12/20(日) 07:35:19.40 _USER9
C大阪の元日本代表FW柿谷曜一朗(30)が今季限りで退団することが19日、決定的となった。複数の関係者によると、名古屋からの獲得オファーを熟考した結果、新天地でプレーする意向を示しているという。
この日のリーグ最終節・鹿島戦では後半から途中出場したがチャンスで不発。チームは4位を死守し、来季のアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)出場に望みをつないだものの、自身の“ラストゲーム”で得点に絡むことはできなかった。

今季最後の公式戦は消化不良に終わった。柿谷は互いに無得点の後半15分からピッチに入ると、1分後に右からのクロスにダイビングヘッド。
同20分にはMF清武のクロスをダイレクトで合わせたが枠を捉えられなかった。最大の好機は同34分。GKと1対1の絶好機を迎えたが右シュートは相手の好守に阻まれ、悔しげに天を仰いだ。

今年30歳を迎えたストライカーをめぐっては、名古屋が昨夏に続き獲得オファーを提示した。リーグ戦を3位で終えた名古屋は、元日本代表FW金崎夢生(31)が11月に右膝前十字靱帯(じんたい)と外側半月板を損傷。
全治約6~8か月の重傷で、新たなFWの獲得が急務となっていた。柿谷は今季リーグ戦24試合に出場し1得点。
そのうちスタメンはわずか6度と近年は出場機会に恵まれずにいるが、観客を魅了する華麗なテクニックは健在とあって白羽の矢を立てた。

柿谷は4歳で下部組織のスクールに入団した生え抜きで、元日本代表の森島寛晃社長(48)らが背負ってきたエースナンバー「8」を受け継ぐクラブの顔。
セレッソへの愛着も強く、昨年名古屋から打診を受けた際は残留を決断したが、2年連続でラブコールを送られたことが心に響いたもようだ。悲願のリーグ制覇を果たせぬまま、背番号8が新天地で再出発を図る。

◆柿谷 曜一朗(かきたに・よういちろう)1990年1月3日、大阪市生まれ。30歳。4歳でC大阪下部組織のスクール入団。2006年にクラブ最年少の16歳でトップ昇格。
09年途中から11年までJ2徳島に期限付き移籍し、12年に復帰。14年7月にスイス1部バーゼルに完全移籍し、16年から再び復帰した。J1通算181試合47得点。
日本代表では18試合5得点。14年ブラジルW杯出場。177センチ、68キロ。利き足は右。妻はタレントの丸高愛実。

https://news.yahoo.co.jp/articles/df7777e39b5939136a2f8287ea25535d2980c3fc

<名古屋グランパスDF太田宏介>パース・グローリー移籍を正式発表!「ACLの舞台で会いましょう」 

1: 2020/12/17(木) 17:49:14.21 _USER9
J1の名古屋グランパスは17日、元日本代表DF太田宏介がAリーグ(オーストラリア1部)のパース・グローリーFCへ完全移籍することを発表した。クラブ公式サイトで伝えられている。

 太田はクラブ公式サイトを通じて「このたび、オーストラリアのパースグローリーFCへ移籍することになりました。一年半という在籍でしたが、僕のキャリアにおいてまた一つ成長させてもらった、かけがえのない日々でした。この決断を後押ししてくれた小西社長、監督をはじめ、グランパス関係者の皆様に改めて感謝を申し上げます。このチームで培った経験を糧にオーストラリアでも自分らしく、楽しむことを忘れず、プレーしていきたいと思います。たくさんの応援、本当にありがとうございました!!ACLの舞台で会いましょう」とコメントしている。


 太田は2017年にフィテッセから古巣のFC東京に移籍。昨年7月に名古屋へ移籍となった。今季はここまで公式戦12試合に出場していた。

 パースは今季のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)に出場。FC東京と同組のグループFに入ったが、1勝もできずグループリーグ敗退となった。パースがACLの舞台に戻って来れば、日本勢と対戦する可能性もある。太田の新天地での活躍に期待したい。

12/17(木) 15:35 フットボールチャンネル
https://news.yahoo.co.jp/articles/e834d99da77646746ba38476f8c5ebfa6ef1ed76

写真
no title

名古屋グランパスが“勝訴”。FIFAがジョーとコリンチャンスに賠償金命令とブラジル報道 

スクリーンショット 2020-11-25 19.58.50




1: 2020/11/25(水) 18:41:32.72 _USER9
 J1の名古屋グランパスが元ブラジル代表FWジョーとの契約解除をめぐる紛争の解決を国際サッカー連盟(FIFA)に委ねていた一件について、FIFAはジョーおよび同選手が現在所属するコリンチャンスに対して名古屋への賠償金支払いを命じる裁定を下したようだ。ブラジル『エスポルチ・インテラチーヴォ』が24日に伝えた。

 コリンチャンスは今年6月にジョーを完全移籍で獲得したことを発表。名古屋はその数日後にジョーとの契約を「正当な理由により」解除したと発表しつつ、「この件につきましては現在FIFA紛争解決室に委ねています」とも表明していた。


 ブラジルメディアの報道によれば、ジョー側は名古屋による契約解除の理由が正当であるとは考えていないと主張。だがFIFAは名古屋側の正当性を認め、ジョーおよびコリンチャンスから名古屋へ約340万ドル(約3億5500万円)の賠償金を支払うことを命じたと報じられている。ジョーおよびコリンチャンス側はこれを不服とし、スポーツ仲裁裁判所(CAS)への上訴を行う意向とのことだ。

『グローボエスポルチ』がジョーの弁護士のコメントを通して伝えたところによれば、ジョーは新型コロナウイルスの影響によりJリーグが中断されていた期間中にブラジルへ帰国したが、名古屋はチームを離れる許可を与えていなかったとしてジョーの契約不履行を主張。給与支払いを差し止め、その後契約を解除したとされている。ジョー側は契約解除が不当であるとしていたが、FIFAは名古屋の主張を認めたようだ。

 過去にマンチェスター・シティやエバートンなどでもプレーしたジョーは、コリンチャンスで2017年にブラジル全国選手権得点王に輝いたあと翌年名古屋へ移籍。J1でも1年目に得点王に輝くなど活躍をみせていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20201125-00399342-footballc-socc

名古屋グランパスのフィッカデンティ監督「処分受けるべき」神戸選手のプレー非難 

1: 2020/09/30(水) 23:52:47.55 _USER9
<明治安田生命J1:神戸1-0名古屋>◇第29節◇30日◇ノエスタ

2連勝を逃した名古屋グランパスのフィッカデンティ監督が、前半31分のヴィッセル神戸MFサンペールのプレーを厳しく非難した。

【写真】神戸に敗れ悔しそうな表情を見せる名古屋イレブン

MF米本が左すね内側をスパイクで踏まれたもので、警告は出なかった。「あれは選手のキャリアが終わってしまうプレー。実際に意図的でもなくても処分を受けるべき。

4人の審判がいた。なぜ退場にならないのか。全選手のために(報道で)騒いでほしい」。口調こそ冷静だったが異例の抗議会見だった。

写真 神戸対名古屋 前半、名古屋FWマテウス(左)のナイスプレーにサムアップポーズを見せる名古屋・マッシモ・フィッカデンティ監督(撮影・上田博志)
no title


9/30(水) 22:01配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/8146e83f85d222aca1849072e19badb9e62dadfd

<名古屋グランパス>FKで壁が割れるミスにフィッカデンティ監督が大激怒!「バカなんじゃないかと」 

1: 2020/09/23(水) 22:45:45.40 _USER9
◆明治安田生命J1リーグ第17節 G大阪2―1名古屋(23日、パナスタ)

名古屋のフィッカデンティ監督が、上位生き残りをかけた試合での手痛い逆転負けに怒りを爆発させた。

指揮官が怒りの矛先を向けたのは、後半8分にG大阪MF山本に直接FKを決められて同点に追いつかれたシーン。
FKの壁が割れ、その間を通ったシュートにネットを揺らされた。

「バカなんじゃないかと。そういった表現しかできないような失点の仕方。あんな取られ方をしてしまったら、
壁が割れてしまう、ということをやっていたら、どんなにいいプレーをするチームでも勝てない」とまくしたてた。
 
9/23(水) 21:46配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/4e5aebd25f86ca867f7daeec31902fa08ece8b03

写真
no title


動画
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索