Samurai Goal

同僚


スポンサード リンク





板倉滉「“同僚”ロッベンはいい人。でもまだ誰もイジれない」「周りがジコチューすぎてムカつくことも…… 

1: 2020/09/13(日) 12:04:35.59 _USER9
■「周りがジコチューすぎてムカつくことも……

――それはヨーロッパで必要な姿勢なのでしょうか。

「こっちに来ている日本人選手は皆、そういう気持ちで戦っていると思います。試合に出られていない時は、とにかく孤独です。そこでどれだけしっかり戦えるか、気持ちを強く持ってやっていけるかが大事かなと思いますね」

 ヨーロッパで生き残っていく、さらに上に行くためには、野心が必要だ。そういう仲間たちと切磋琢磨する日々を送っている。

――フローニンゲンは若い選手が多く、より野心的なのではないでしょうか。
「どうなんですかね。そこまでの気持ちを持っているのかはわかりませんが、良くも悪くも自己中心的な選手が多いですね(笑)。『オレが、オレが』という選手が多いから、皆が何かを目指してやっているんだろうなと感じます。
ヨーロッパは、どこでもそうじゃないですかね。時々、ジコチューすぎてムカつくこともありますけど(笑)、結果を出そうという強い気持ちが出ているんだと思います」

――協調やチームワークといった言葉は、欧州では美徳ではないのでしょうか。
「でも、フローニンゲンは監督がすごく細かくて、試合になったらチーム戦術がすごくしっかり存在しているので、それをしっかりやらないと使ってもらえません。だから、チームとしてしっかりやれていると思いますよ」

■まさかの「同僚がロッベン」
 その若いチームにこの夏、一味違う緊張感がもたらされた。長年オランダサッカーの顔として活躍し、昨夏に一度は引退したアリエン・ロッベンが、プロキャリアをスタートさせた古巣であるフローニンゲンで現役復帰を果たしたのだ。

――1年ほどプレーから離れていたロッベンですが、やはりものが違いますか・
「すごくプロフェッショナルというか、一緒にやっていても意識の高い選手だと感じます。これからさらに仕上がっていくだろうし、実戦練習をしていくことで、どんどんコンディションも上がってくると思いますが、
今でも単純なパスやボール回しの練習から“やはり違うな、意識が高いな”と感じますね。

――若手の様子はどうですか。
「たぶんビビッてますよ。まだ誰もイジっていないし、たぶんロッベンが守備をしなくても、誰も何も言えないでしょうね(笑)。皆、ビビッていると思います。

――人柄はどうですか。
「めちゃくちゃ良い人です。あれだけのトップレベルの選手なのに、すごく普通というか、すごく良い人で。若手が多い僕らのチームには、間違いなくすごく良い経験になると思うし、いろいろなことが学べると思います。
単純なポゼッションゲームでもガチガチきますし、そういうピリつきも出してくれるので、すごいなと思います」

 オランダで日々刺激を受け、板倉はさらに大きく成長している。

9/12(土) 19:16配信 サッカー批評
https://news.yahoo.co.jp/articles/5e84913fe7919a8447ba180cdba50fcf643b6f65?page=1
写真
no title

「君は最高の仲間だ!」 久保建英にマジョルカ同僚が惜別メッセージ「別れが寂しい」 

20200720-00273169-soccermzw-000-2-view

“バルサイズム”を持つタレントの現在地…久保のバルセロナ時代の同僚たちは今どこに? 

20200701-01091296-soccerk-000-2-view

久保建英の“同僚”キ・ソンヨン、お騒がせ男はKリーグ復帰にも障壁 

20200629-43481387-gekisaka-000-2-view

「ホンダが来てくれるなんて…」ボタフォゴ同僚が“アイドル”本田圭佑に感銘 

20200404-43479415-gekisaka-000-4-view




1: 2020/04/10(金) 20:00:58.73
 ボタフォゴに所属するMFアレクサンデル・レカロスがFW本田圭佑とチームメイトになった喜びを語っている。ペルー『Futbol peruano』が伝えた。

 本田は昨年12月にオランダ・エールディビジのフィテッセを退団してフリーになると、1月にブラジルのボタフォゴに加入。3月15日のデビュー戦でいきなりゴールを決めると、SNS上でも広告塔として活躍している。

 同僚のレカロスは今季母国ペルーを離れ、レアル・ガルシラソからボタフォゴに加入。海外初挑戦となった20歳は本田の入団、試合の仕方などに感銘を受け、「彼と一緒にプレーできるなんて思わなかった」と語っている。

 レカロスの母国メディア『Futbol peruano』は、「国民的ウインガーはサッカー界で最も偉大なアイドルの一人である日本人、ケイスケ・ホンダと同僚になった喜びに満ちている。レカロスは小さい頃、テレビでホンダを追っていた」と伝え、レカロスのコメントを伝えている。

「ホンダが来てくれるなんて、想像もできなかったことだよ。彼は前にメキシコでプレーしていたから、少しスペイン語を話すんだ。僕たちはサッカーではなく、それぞれの生活について話している。同じチームになったときは、彼にパスを出したらスペースに入るように言われているよ」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200404-43479415-gekisaka-socc

「アイツは狂ってる」「本当にイライラした」イブラをLAギャラクシー時代同僚が酷評! 

20200307-00010015-goal-000-1-view




1: 2020/03/08(日) 20:30:25.52
LAギャラクシーMFセバスチャン・レットゲットが、昨年まで共にプレーしていたFWズラタン・イブラヒモヴィッチについて語った。

2018年にLAギャラクシーに加入したイブラヒモヴィッチ。MLSでは、2シーズンのプレーで58試合53ゴール15アシストと驚異的なパフォーマンスを見せた。契約満了に伴い昨年末に退団し、フリーで古巣ミランへと復帰している。

そんな元スウェーデン代表FWについて、レットゲットが『BSI: The Podcast』で言及。不満を爆発させている。

「(イブラヒモヴィッチ退団後)周辺の雰囲気が良くなっていることは間違いないよ。ケミストリーは、時間のみが構築していくものだ」

「自由にプレーできなかった。本当にイライラしたよ。文字通りブーツを脱いで、ピッチから出ていきたかった。彼と対戦するのも、一緒にプレーするのも難しいんだ」

また、昨シーズンの宿敵ロサンゼルスFCとの一戦で大きな話題となったシーンに言及。相手FKの際に壁に入っていたレットゲットだったが、隣にいたイブラヒモヴィッチに突き飛ばされ、壁から外れてそばにいた選手をマークすることとなった。このシーンについて、「本性を見せた」と振り返っている。

「アイツの面白いところだ。チームメイトにあんなことするのは狂ってるよ! 完全に狂ってる」

「僕は聞いたんだ。『相手が1人いるけど、行こうか?』って。そうしたら『いや、残れ』って言われたよ。まさに相手が蹴ろうとしている瞬間、僕は押し出された。ビデオでは僕がとてもクールにプレーしているね。翌朝目が覚めると、SNSで拡散されていた」

「あれは彼が本性を見せた瞬間だよ」

38歳となった今でもトップレベルを維持し、加入後のミランは公式戦10試合で6勝3分け1敗と、不振に苦しんでいた古巣の救世主となっているイブラヒモヴィッチ。しかしチームにとっては、良くも悪くも“劇薬”なのかもしれない。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200307-00010015-goal-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索