Samurai Goal

吉田麻也


スポンサード リンク





「傑作と言えるタックルで…」C・ロナウドを封じた吉田麻也に伊メディアが賛辞「ヨシダは完璧だった」 

スクリーンショット 2021-01-31 21.33.46




1: 2021/01/31(日) 20:45:20.21 _USER9
現地時間1月30日に開催されたセリエA第20節で、本拠地で3位のユベントスを迎え撃った10位のサンプドリアは0-2で敗れた。20分にフェデリコ・キエーザに先制点を奪われ、後半アディショナルタイム1分にラムジーのゴールでダメ押しをされた。

 絶対王者に地力の差を見せつけられたサンプドリアにあって、小さくない存在感を放ったのが、日本代表DFの吉田麻也だ。CBとして7戦連続先発出場を飾った32歳は、クリスチアーノ・ロナウドを相手に奮闘。42分には、縦パスに反応して裏に抜け出た相手エースから絶妙なタイミングでのタックルでボールをかすめ取り、大ピンチを防いでみせた。

 直後にもC・ロナウドの突破を食い止めるなど、最後の砦として存在感を示した日本代表DFには、現地メディアからも賛辞が寄せられている。

 イタリアのサッカー専門メディア『Calciomercat.web』は、「ヨシダは良かった」と銘打った採点記事において、吉田に及第点以上の「6.5」をつけ、こう寸評を綴った。

「0-1とされた場面でキエーザは味方の選手を振り切ってきたが、日本人DFはポジショニングがズレていた。しかし、前半の終わりのロナウドへのスライディングで完全にミスを帳消しにした。驚くべきことに、それは2回もあった。そこからのヨシダは完璧だった。2点目に関しては完全に間違っていたが、サンプドリア全体として前がかっていた」

 また、イタリアの全国紙『Gazzetta dello sport』は、C・ロナウドに焦点を当てた特集記事で、前半終了間際のマッチアップシーンを次のように描写した。

「ベンタンクールからの素晴らしいパスを受け、危険なエリアに侵入したロナウドだったが、掃除をしにきたヨシダの傑作と言えるタックルによってボールは彼の足から吹き飛んでいった。この時のロナウドのアイデアが何であったかは言葉では表わせない」

 ユベントスに敗れたものの、見せ場は作ったサンプドリア。次節は12位のベネベントと対戦するが、再び勝利をもぎ取れるだろうか。

https://news.yahoo.co.jp/articles/5d53f41d703aa570d05e36c3935e0bc1a518bd60

「日本のDFに対する評価は本当に低い」吉田麻也がイタリアでの苦悩を告白!「だれも僕のことを…」 

1: 2021/01/30(土) 17:18:20.61 _USER9
「カズさんが扉を開けてくれた。でも変えたのは…」

no title


先日、日本人で10人目となるセリエAでの初ゴールを記録した。だが、サンプドリア移籍から1年。吉田麻也が出場機会を手にしているのは、本職の守備で信頼を積み重ねてきたからだ。

 長友佑都や冨安健洋といった前例はあっても、守備の国イタリアで日本人DFがポジションを手にするのは容易でない。セリエAの公式YouTubeでの英語インタビューで、吉田は「とても多くの困難があった」と振り返っている。

「最初はだれも僕を知らず、日本のDFに対する評価は本当に低かったから、多くを納得させなければいけなかった。でも、そういう挑戦を本当に楽しんだし、今も楽しんでいる」

「まだだれもしていないことにトライしている。そういうモチベーションが自分をさらに強くする」

 カルチョの世界における日本人パイオニアといえば、ジェノアでプレーした三浦知良だ。ただ、特に大きなインパクトを残したのは、ローマでスクデット(優勝)も経験した中田英寿だった。

 吉田は「僕らが『キング』と呼ぶカズさんが扉を開けてくれた。でももちろん、変えたのは中田さんだ。日本人選手で初めてトップ・オブ・トップを成し遂げたと思う」と話している。

「当時のセリエAは世界トップリーグで、ローマでスクデットも獲得した。当時の彼は多くの日本人選手をインスパイアした。それから10年、そのパフォーマンスやキャリアを見ていた選手たちが欧州へ。僕やホンダ、ナガトモのような世代だ」
 
 イタリア・サッカーへの適応を手助けしてくれたというクラウディオ・ラニエリ監督を「素晴らしい人だから尊敬している」と称賛した吉田。一方で、チームの今季には「浮き沈みが多すぎる。とても良いときもあれば、信じられないくらいに悪いときもある。もっと安定しなければ」と課題を口にした。

「僕らはインテルに勝ち、ミラン戦で良い試合をした。それはとても良いことだ。それでスペツィアやベネベントに負けた。そういうポイントを落としたことが、僕らをより難しい状況にしている。(残留ラインとされる)40ポイントを挙げることが大切だけど、競争相手にポイントを与えないことも重要だ。それがトップ10にとどまるために大切だよ」

 2連勝中のサンプドリアは、さらなる安定を求めたいところ。ただ、後半戦初戦となる30日の第20節で対戦するのは、王者ユベントスだ。

 クリスチアーノ・ロナウドを擁するユーベとの対戦を前に、吉田は「世界最高の選手と対戦できるとなれば、モチベーションは自動的に自分の中から得られるものだ」と意気込んだ

「彼やユーベを強くリスペクトしなければいけない。でも、自分たちのこともリスペクトしなければならないんだ。もっと自信をもって、連帯しないと。それが良い守備になる」

 吉田とサンプ守備陣は、C・ロナウドを抑えることができるだろうか。

1/30(土) 17:11
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20210130-00085646-sdigestw-socc

セリエA第19節 吉田麻也(32)がセリエA初ゴール! サンプドリアは2発完封で連勝達成 

スクリーンショット 2021-01-25 10.07.07




1: 2021/01/25(月) 08:38:51.29 _USER9
[1.24 セリエA第19節 パルマ0-2サンプドリア]

 セリエAは24日に第19節を行い、DF吉田麻也が所属するサンプドリアはパルマと対戦。吉田が前半25分にセリエA初ゴールを決め、2-0で勝利を収めた。

 センターバックで定位置を確保している吉田は、4バックの右CBとして先発出場。サンプドリアは前半25分に中盤でFKを得ると、リスタートしたボールは右サイドに流れる。FWアントニオ・カンドレーバが右サイドからクロスを上げ、相手選手に当たると、ボールはゴール前の吉田のもとへ。吉田は冷静に左足で押し込み、先制点を決めた。

 サンプドリアは前半34分に追加点。相手の最終ラインのミスを突き、カウンターからFWケイタ・バルデが仕留める。2-0で前半を折り返すと、吉田ら守備陣が試合を締め、2-0で試合終了。サンプドリアが連勝を飾った。

 2020年1月からセリエAに挑戦している吉田は、今節の得点がセリエA初ゴールに。今月18日には22年6月30日まで契約を延長したばかりだった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/af0f880704017aaf1c062c48436487302fc6ac35
1/25(月) 7:43配信

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20115895
試合スコア

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/standings/53
順位表

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/stats/53
得点ランキング

https://www.youtube.com/watch?v=3df8jPn1JMU

サンプドリア、日本代表DF吉田麻也との契約延長発表! 新契約は2022年6月末まで 

スクリーンショット 2021-01-19 7.08.39




1: 2021/01/19(火) 00:42:10.13 _USER9
サンプドリアは18日、日本代表DF吉田麻也との契約を延長したと発表した。クラブ公式サイトで伝えている。

 現在32歳の吉田は昨年1月、7年半在籍したサウサンプトンを離れてサンプドリアに加入した。昨年夏から完全移籍でサンプドリアに加わり、2021年6月30日までの契約を結んでいた。

 5戦連続で先発出場を果たすなど守備の中心として活躍する吉田は、ここまでリーグ戦で15試合に出場し1アシストを記録している。

 同クラブは今回吉田と契約延長で合意に至ったと発表。新たな契約期間は2022年6月末までとなる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/4aadc2de36d10d91e336622b1aa766c491bce4d0

<吉田麻也>サイドバック出場で「違うスポーツやん」…“先輩SB”からは歓迎の言葉「Welcome to SB」 

1: 2021/01/07(木) 10:23:23.35 _USER9
サンプドリアに所属するDF吉田麻也が6日、勝利したインテル戦後に自身のインスタグラムを更新した。

 吉田は6日、セリエA第16節インテル戦にフル出場。相手にボールを支配される時間が多く続いたものの、リーグ戦で2位を走る好調なインテルからの失点を1に抑えてチームの勝利に貢献した。

 センターバックを主戦場とする吉田は、前節ローマ戦と今節で右サイドバックとして先発出場を果たした。試合後のSNSの投稿では「#サイドバックは違うスポーツやん」と、慣れないポジションでプレーする難しさを味わったようだ。

 そのインスタグラムの返信には日本代表の左サイドバックとしても活躍したヴィッセル神戸の元日本代表DF酒井高徳から「Welcome to SB(サイドバックへようこそ)」と歓迎の言葉も。吉田は「攻める度心臓はちきれそう」と攻守の切り替えが激しいサイドバックというポジションを堪能したようだ。

1/7(木) 9:58 サッカーキング
https://news.yahoo.co.jp/articles/1dc8182e7f231ec5b2536f1708958f8b056cd005

写真
no title

吉田麻也、サンプドリアに香川真司獲得を推薦。「フリーで経験豊富でまだ若い」 

スクリーンショット 2020-12-07 15.27.35

「ラニエリは落第にした」吉田麻也がレギュラー降格に? 現地メディアが見解「再考の時期がきた」 

スクリーンショット 2020-12-02 23.28.47




1: 2020/12/02(水) 20:39:27.38 _USER9
ハーフタイムでの交代という荒療治は、今後の起用法にも影響するのだろうか。

 サンプドリアに所属する吉田麻也は、11月30日のセリエA第9節トリノ戦で、7試合連続となる先発出場を果たした。だが、チームが先制を許して迎えたハーフタイムに、ロレンツォ・トネッリとの交代を命じられている。

 チームは後半に2点を奪い、一時逆転に成功。その後再び同点とされ、4試合ぶりの白星こそ逃したが、公式戦での連敗を3で止めている。

 複数のイタリア・メディアは、前半だけでプレーを終えた吉田に、及第点の6点ないし、それをわずかに下回る5.5点をつけた。一方で、サンプドリア専門サイトの『samp news24』は「彼の日ではなかった」と、4点と厳しく採点している。
 
 そのsamp news24は、一夜明けた12月1日、吉田がレギュラーの座を失う可能性もあると報じた。「ラニエリはヨシダを落第に、守備において再考の時期」と、クラウディオ・ラニエリ監督が最終ラインの構成を考え直すかもしれないと伝えている。

「トネッリの交代は、監督からのチームに対する明確なメッセージだ。さらに、アレックス・フェラーリ復帰が監督に新たな解決策を与える。ラニエリはフェラーリとオマール・コリーで4人のDFのレギュラー候補を取り戻す。チーム内で再考の時期。守備陣でポストが保証されている者はいない」

 11位に転落したサンプドリアは、次節でミラン、その翌節でナポリと、強豪との連戦を控えている。吉田は、3節から手にしていたレギュラーの座を守ることができるだろうか。

https://news.yahoo.co.jp/articles/1d5b900131e8f1a6e7705e2d3974b52359ef1940

吉田麻也との日本人対決は冨安健洋に軍配…ボローニャがサンプドリアに逆転勝利 

スクリーンショット 2020-11-23 8.01.16




1: 2020/11/23(月) 01:07:46.08 _USER9
セリエA第8節が22日に行われ、サンプドリアとボローニャが対戦した。

サンプドリアは吉田麻也、ボローニャは冨安健洋が先発し、日本人対決が実現した。試合は7分にサンプドリアが先制。コーナーキックからモルテン・トルズビーが頭で叩き込み、ネットを揺らす。

16分にはドリブルで抜け出したロドリゴ・パラシオがゴール右からシュートを放つも、サンプドリアGKにセーブされ、同点ゴールは生まれず。さらに24分、ボローニャのマティアス・スヴァンベリのスルーパスに抜け出したリカルド・オルソリーニが左足で狙うが、バーに嫌われる。

それでも前半終了間際にボローニャが同点に追いつく。コーナーキックからサンプドリアDFバスコ・レギーニがオウンゴールをしてしまい、1-1で前半を終える。

後半に入ると、ボローニャが勝ち越し。52分、左サイドからムサ・バロウのクロスにオルソリーニがファーで合わせ、ネットを揺らす。

その後、サンプドリアはファビオ・クアリアレッラ、アントニオ・カンドレーヴァがチャンスを得るも、GKの好守で決めきれず。逆にボローニャもバロウ、パラシオがシュートを放つが、こちらもネットを揺らすには至らない。

終盤にはサンプドリアのクラウディオ・ラニエリ監督がレッドカードで退席処分に。結局、試合は1-2のまま終了し、ボローニャが3ポイントを手にした。一方のサンプドリアは連敗となっている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/b1f764c19753ceb70c716cfdb67161f36df445b4

吉田麻也、3バックでパナマに苦戦も「悲観することはない」。手応えを語った理由とは? 

1: 2020/11/14(土) 09:46:35.68 _USER9
【日本 1-0 パナマ 国際親善試合】

 日本代表は現地13日にパナマ代表との国際親善試合に挑み、1-0で勝利を収めた。

 キャプテンの吉田麻也は3-4-2-1の3バックの中央で先発フル出場し、無失点での勝利に貢献した。


 右には植田直通、左に板倉滉と、普段とは違う選手たちとディフェンスラインを組むことになったが、「メンバーを多少入れ替えて、違う形でやって、というのでいきなり最初からうまくいくとは思っていない」という前提のうえで3バックへの手応えを語った。

「もちろん今日も4バックで最初からやっていれば、もっとスムーズだったという意見もあると思いますけど、僕らは今それ(3バック)をあえてトライして、自分たちの選択肢を広げている段階なので、悲観することはないんじゃないかと、僕は個人的には思います」

 吉田曰く「今やろうとしていること、取り組んでいること」に「6:4」で重心を傾けているという。前半はなかなか縦パスが入らず、ボールもテンポよく動かずに苦しんでいたが、「前半はおそらく相手も動いてオーガナイズはしっかりしてくるけれど、後半は落ちるだろうなと思っていたので、そこで(パスを)つけれたのと、しっかり守ってカウンターから一発というのを狙っていたので、意図としては悪くないと思う」と一定の手応えを感じていたようだ。

 クリアがミスになって相手にボールを拾われて二次攻撃、三次攻撃につなげられるシーンも散見されたものの「ミスが起こることは想定していて、ミスが起こった時にどうリカバリーするか、というところまで僕らは今日求めていたところ」だと吉田は語る。

 ミスが出ても最後まで体を張って守り、無失点で終えられたことで「どこまで理想を追い求めて、どこまで現実的にやるかというところのバランスだと思うんですけど、今日は悪くなかったギリギリのところかなと」と、腕章を巻くディフェンスリーダーは新しい取り組みが前に進みつつある現状認識でいる。

 17日に予定されているメキシコ代表戦でも3バックを継続するかは現時点でわからない。それでも、来年3月に再開されるワールドカップ予選に向けて戦い方の幅を広げるためのチャレンジは徐々に形になりつつあるようだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/2946c500dc2425ccc479f9a566aeb92e6b8ad2a0
11/14(土) 9:30配信

no title

「困難に陥った」吉田麻也の“スピード不足”を現地メディアが指摘!5試合ぶりの敗戦に「軽率だった」 

スクリーンショット 2020-11-09 7.59.17




1: 2020/11/09(月) 00:46:53.88 _USER9
数的不利に陥り、厳しい状況に

𠮷田が先発した試合での黒星はカリアリ戦が今シーズン初めてだった。

「困難に陥った」吉田麻也の“スピード不足”を現地メディアが指摘!5試合ぶりの敗戦に「軽率だった」月7日のセリエA第7節で、サンプドリアはカリアリに敵地で0-2と敗れた。開幕2連敗以来となる黒星だ。吉田麻也は先発フル出場している。

 サンプドリアは前半37分、バックパスをミスしたトンマーゾ・アウジェッロが、ナイタン・ナンデスを倒して一発退場。数的不利に陥ると、後半立ち上がりにロレンツォ・トネッリがジョアン・ペドロを倒してPKを献上し、これをペドロに自ら決められてビハインドを背負う。

 69分には、センターライン付近でジョバンニ・シメオネのスルーパスから吉田麻也がナンデスに裏を取られ、そのまま追加点を許す。リッカルド・ソッティルのゴールはオフサイドで取り消されたが、1点も奪えないまま終了の笛を迎えた。

 2ゴールを許してチームが敗れ、2点目の場面で失点に絡んだとあれば、吉田も厳しい評価を受けるのは避けられない。イタリア衛星放送『Sky Sport』は5点、『Sport Mediaset』は5.5点と、いずれも及第点を下回る採点となった。

『Gazzetta dello Sport』紙と『Corriere dello Sport』紙も、前者が5.5点、後者が5点と同様の評価。ともにナンデスにゴールを許したことを指摘しており、Corriere dello Sport紙は「軽率」と手厳しい。

『Calciomercato.com』、『TUTTOmercatoWEB』、サンプドリア専門サイト『sampnews24』と、ウェブメディアもそろって採点は5.5点。Calciomercato.comは「後半ホームチームのスピードに苦しんだ」と指摘している。

『TUTTOmercatoWEB』は「守備陣中央でシメオネに対する先回りもヘディングでも正確だった。だが、2点目の場面におけるナンデスのようにスピードで狙ってこられると困難に陥った」と評価。sampnews24も「守備陣の味方との協調は前半45分間で確認。数的不利になって苦しみ、2点目の場面でナンデスを見失う」と、いずれも一定の評価をしつつ、失点に絡んだ場面を批判した。

 今シーズン3敗目を喫してインターナショナルウィークを迎えたサンプドリアは、22日の次節で冨安健洋が所属するボローニャと対戦。25日にはコッパ・イタリア4回戦でジェノアとのダービーマッチに臨む。

https://news.yahoo.co.jp/articles/3df856e7ef97ed562d72d256545bb26b457608eb
11/8(日) 16:51配信

https://www.soccerdigestweb.com/news/detail2/id=81727
動画



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索