1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/12/05(木) 14:27:13.40 ID:1Q8SgBQo9
ヴィッセル神戸MFアンドレス・イニエスタ(35)が5日、右足親指を骨折していたことを明かした。

合同インタビューがこの日、神戸市内のクラブハウスで行われた。
前節の鹿島アントラーズ戦を欠場したイニエスタは、右足親指にテーピングを施して現れ、「直近の試合で親指の軽い骨折や打撲があった。アンラッキーだった」と明かした。

本人によると、負傷したのは9月28日の川崎フロンターレ戦という。
続くサンフレッチェ広島戦は先発出場も、10月19日のFC東京戦は欠場。その後、3試合連続先発出場で前節は欠場と、残留争いの中にあったチームのために強行出場もしていた。

最終節の7日ジュビロ磐田戦(ノエスタ)に関しては「今週末(試合前)のパフォーマンスを見て決めたい」とした上で、
「一番大事なのは天皇杯2試合」と語った。21日の清水エスパルスとの準決勝(ノエスタ)、そして勝ち上がれば元日の決勝へ。
クラブ初のタイトル、優勝すればアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)出場権が得られる戦いを最優先に、見極めていく考えを示した。

今季残りの戦いは盟友の元スペイン代表FWダビド・ビジャ(38)とのラストパフォーマンスとなる。「彼のためにも素晴らしい試合をしていきたい。特に天皇杯。
クラブにとって歴史的なタイトルが目の前にある。1月1日の決勝でいい試合をして勝利すれば、彼にとって最高だし、自分にとっても間接的だが素晴らしいことになる」と気合をみなぎらせた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191205-12050273-nksports-socc
12/5(木) 13:01配信

no title

no title