Samurai Goal

収益


スポンサード リンク





サッカーくじ「toto」などの収益で新型コロナ影響のスポーツ界を支援 

K10012439001_2005211418_2005211444_01_02




1: 2020/05/21(木) 14:50:56.05
スポーツくじ収益で新型コロナ影響のスポーツ界支援 法改正へ

超党派の議員連盟は、スポーツ振興くじの収益の一部を新型コロナウイルスの感染拡大で影響を受けたスポーツ界への支援に充てるとともに、くじの対象競技にバスケットボールを加えることなどを盛り込んだ法案をまとめました。
スポーツの振興に取り組む超党派の議員連盟は、21日会合を開き、サッカーくじ「toto」などスポーツ振興くじに関する法律の改正案をまとめました。

それによりますと、新型コロナウイルスの感染拡大でスポーツ界も大きな影響を受けたことを踏まえくじの収益の一部をその支援に充てるとしています。

また、くじの対象競技にバスケットボールを加えるなどとしています。

議員連盟は、来週中にも各党の手続きを終え、今の国会に提出し、成立を目指すことにしています。

ソース:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200521/amp/k10012439001000.html

「デロイトフットボールマネーリーグ」の結果が公開…バルサが初の収益9億ドル突破 

20200122-01026009-soccerk-000-1-view[1]




1: 伝説の田中c ★ 2020/02/02(日) 21:52:00.24 ID:z28lPyZi9
 世界的な監査法人であり、独自の視点でスポーツビジネスを展開するデロイトが、サッカークラブの収入における長者番付である「デロイトフットボールマネーリーグ」第23版の結果を発表。2018-19シーズンの収益上位20クラブを明らかにした。上位20クラブの合計収益は106億ドルに拡大し、最高額を更新している。

 デロイトの発表によると、今回のマネーリーグではバルセロナが収益9億5,930万ドル(約1,055億1,033万円)で初めて首位となり、全クラブ中初めて収益が9億ドルの壁を突破した。レアル・マドリードは同8億6,400万ドル(約950億5,996万円)で2位に後退。首位と2位の差が9,530万ドル(約104億8,520万円)まで開いたのは、マネーリーグ史上最大とのことだ。同8億1,170万ドル(約893億575万円)のマンチェスター・Uは3位、同7億5,310万ドル(約828億5,840万円)のバイエルンは4位となり、同7億2,550万ドル(約797億9,542万円)のパリ・サンジェルマンが同6億9,660万ドル(約766億1,680万円)のマンチェスター・Cを抜いてトップ5入りを果たしている。

 2018-19シーズンの収益上位20クラブは、以下のとおり。

※[]内は昨年成績、()内は日本円
1位 [2位] バルセロナ 9億5,930万ドル(約1,055億1,033万円)
2位 [1位] レアル・マドリード 8億6,400万ドル(約950億5,996万円)
3位 [3位] マンチェスター・U 8億1,170万ドル(約893億575万円)
4位 [4位] バイエルン 7億5,310万ドル(約828億5,840万円)
5位 [6位] パリ・ サンジェルマン 7億2,550万ドル(約797億9,542万円)
6位 [5位] マンチェスター・C 6億9,660万ドル(約766億1,680万円)
7位 [7位] リヴァプール 6億8,990万ドル(約758億7,989万円)
8位 [10位] トッテナム 5億9,450万ドル(約653億8,715万円)
9位 [8位] チェルシー 5億8,530万ドル(約643億7,527万円)
10位 [11位] ユヴェントス 5億2,450万ドル(約576億8,807万円)
11位 [9位] アーセナル 5億830万ドル(約559億629万円)
12位 [12位] ドルトムント 4億3030万ドル(約473億2,732万円)
13位 [13位] アトレティコ・マドリード 4億1,940万ドル(約461億2,846万円)
14位 [14位] インテル 4億1,600万ドル(約457億5,450万円)
15位 [16位] シャルケ 3億7,060万ドル(約407億6,110万円)
16位 [15位] ローマ 2億6,360万ドル(約289億9,252万円)
17位 [該当なし] リヨン 2億5,190万ドル(約277億872万円)
18位 [20位] ウェストハム 2億4,680万ドル(約271億4,772万円)
19位 [17位] エヴァートン 2億4,290万ドル(約267億1,873万円)
20位 [該当なし] ナポリ 2億3,660万ドル(約260億2,573万円)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200122-01026009-soccerk-socc

スペイン「ラ・リーガ」2200億円超えの収益!2019年放映権料収入を公開!最も目立つのは放送権・放映権  

1: Egg ★ 2019/10/30(水) 18:37:46.45 ID:7DRGR2u79
28日(月)にラ・リーガの定例会が開催され、シーズン2018-2019シーズンの帳簿が過半数により承認された。

リーガは透明性の原則に従って、翌日の30日にプライスウォーターハウスクーパースによって監査を受けた帳簿の内容を公開した。

収益の中で最も目立つのは放送権・放映権によるものである。プレミアリーグなどの他国のリーグと比較すると、リーガのそれは抜きんでている。

レポートによれば、リーガは国内外における放映権の商業化で18億6,400万ユーロ(約2,255億円)の収入を得ており、前年比で2億ユーロ(約240億円)の増益となっている。

“プレミアリーグとのライバル争いにおいて、この放映権・放送権による収益は生き残りの武器となり、またこの収益はクラブにとって新規補強の獲得や選手の給与の支払いの源となる“とリーガ会長ハビエル・テバスは述べている。

リーガの今後の目標は20億ユーロ(約2,420億円)達成であり、世界中のありとあらゆる地域での放映をターゲットにしている。

またスポンサーとライセンスに関する収益も昨年の6,500万ユーロ(約78億6,000万円)から7,300万ユーロ(約88億円)と大幅にアップしているが、これはスペインの大手銀行サンタンデールやプーマ社とのスポンサーシップの締結によるところが大きい。

10/30(水) 18:03配信 スポルト
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191030-00010012-sportes-socc

写真
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索