Samurai Goal

反町康治


スポンサード リンク





<JFA新技術委員長・反町康治氏が明かした日本サッカー“改革案”>「古い体制だったのは間違いない」 

1: 2020/05/21(木) 22:18:15.00
日本サッカー協会(JFA)は21日、本年度の第1回技術委員会をウェブ上で開催した。
終了後、新たに技術委員長に就任した反町康治氏が報道陣向けのオンラインブリーフィングを実施。

「常にどこにいたときも日本サッカーの成長と発展を考えてやってきた。なかなか日本がベスト16から上に行けないというのもあり、お手伝いができれば」と意気込みを述べた。

反町氏は3月29日、関塚隆氏(現ナショナルチームダイレクター)の後を継いで技術委員長に正式着任。
「前のチームである松本山雅を退任して、その後、Jリーグの開幕戦が始まる近いところで田嶋会長からそうした話をいただき、自分の中で整理する時間がほしいと話した中で決断させていただいた」と就任の背景を語った。

もっとも当時はすでに、新型コロナウイルス感染拡大の影響でJFA職員の自宅勤務が続いており、関係者とは一度も顔を合わせることができていないという。
それでも反町氏は「オンラインを通じていろんな方々といろんな部署、いろんな委員会とコミュニケーションを取れていて、僕自身いろんなものが見えた部分がある」と述べ、今後のビジョンを語った。

まずは「四位一体」と名付けた強化策だ。「そんな言葉はないんですけど」と照れ笑いを浮かべた反町氏は、これまで①代表強化、②ユース育成、③指導者養成で構成される「三位一体の強化策」に加え、
④普及に力を入れていく必要性を述べた。それはコロナ禍の影響で懸念されるサッカー離れに対応するだけでなく、日本サッカー全体の強化につながるという考えからだ。

「W杯の大会だけ特別に強いチームが生まれることはほとんどない。日本サッカー全体が強くならないと難しい」。そう力説した反町氏は「私の仕事は次の試合に向けて一番良い状況を保って、
一番良いパフォーマンスを出して、試合に勝つチームを作り上げること。それと同様、5年後や10年後に同じような大会でそれ以上に強いチームを作ること。

コロナの状況でサッカー離れしている状況を防ぎ、分母を広げることが大事になる」とし、次のように続けた。
「たとえば小学校6年生はあと4年後には高校生になり、大人のサッカーをすることになる。非常に速いスピードで上がっている。世界のサッカーもどんどん若い選手がたくさん出てきている中で、そのスピードに日本も合わせていかないといけない。
指導者の問題もあるし、周りの支えもあると思うし、広い分母をどうするかを技術委員会で英知を結集してやらないといけない問題だと思っている」。

 そうした問題意識の中、既存システムの改革も辞さない構えだ。「これまでやってきたことが全部ダメだと言うではないが、これは田嶋さん(田嶋幸三会長)にも伝えたが、少し古い体制だったことは間違いない。
良いところもあるし、どんどんリノベートしていかないといけないところもある」。反町氏は「痛みは伴うかもしれないが…」とした上で、改革案の具体例として公認指導者の資格更新におけるリフレッシュ講習を挙げた。

「喋っている人のレクチャーを聞いたらポイントがもらえるのではなく、それぞれの思っていることや意見を聞くような場を持つ会議形式とか、たとえば身体を動かして指導法を見ることでも良い。
そういうことを変えていきたいという気持ちがある。レポートを書くとか受け身になっているところを自分たちが持つことを発信してもらうとか。リニューアルしたところを作っていかないといけない」。

 とはいえコロナ禍では、リフレッシュ講習の開催自体も難しいのが現状だ。講習が無期限延期となっているため、指導者資格の更新期限を1年間延長するという案も挙がっており、
「いまはこういう状況になってしまったのもあるし、最初からいろいろやるとうまくいかないものもある。徐々に自分の中に描いているものもあるのでやっていきたい。全体を掴んでから徐々にやっていくという気持ち」と先を見据えた。

 幸いにもこの日、新たに京都・大阪・兵庫で緊急事態宣言が解除され、サッカー活動の再開に向けてさらに期待が高まった。「インドアでいることは余計な肉ばかりついてストレスもたまるし、そういう意味ではありがたい」
と冗談まじりに述べた反町氏は「サッカーの場合はグラウンドの芝生の匂いが嗅げることが喜ばしい。

残念ながら首都圏と北海道はまだまだ規制がかかる中でやらないといけないと思うが、徐々にそうなったことを嬉しく思っているし、良い形でJリーグの再開を期待している部分はある」と期待も語った。

5/21(木) 18:18配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200521-43480412-gekisaka-socc

写真
no title

Jリーグの新理事に3人追加、リーグ理事就任に反町康治 

news_299793_1




1: 2020/03/17(火) 20:57:33.72
20/3/17 20:54 【Jリーグ 一覧】
Jリーグ理事就任が内定した反町康治氏

 日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)は17日、第3回理事会を行った。2020~21年度の新理事として、日本サッカー協会(JFA)が推薦した3人の就任が内定。前松本山雅FCの反町康治氏は特任理事就任が決まったばかりだが、理事(非常勤)への役職変更となった。

 新たに就任が内定したのは須原清貴氏、反町氏、黛俊之氏。それぞれJFAの専務理事、技術委員長、審判委員長への就任が内定している。4月14日の第2回社員総会で選任されれば、正式なJリーグ理事就任となる。

 Jリーグは今月12日、新理事・監事、特任理事を発表。任期は2022年3月に行われる社員総会までの2年間となっている。

 2020~21年度の理事・監事、特任理事は以下のとおり(※は新任)

▽チェアマン(常勤)
村井満(Jリーグ)

▽副理事長(常勤)
原博実(Jリーグ)

▽専務理事(常勤)
木村正明(Jリーグ)

▽理事(常勤)
窪田慎二(Jリーグ)※
佐伯夕利子(Jリーグ)※

▽理事(非常勤)
野々村芳和(札幌/代表取締役社長CEO)
沼田邦郎(水戸/代表取締役社長)
大金直樹(FC東京/代表取締役社長)※
下川浩之(町田/代表取締役会長)
藁科義弘(川崎F/代表取締役社長)※
塚野真樹(鳥取/代表取締役)
榎徹(大分/代表取締役)※
立石敬之(シントトロイデン/CEO)※
為末大(DEPORTARE PARTNERS代表)
藤沢久美(シンクタンク・ソフィアバンク代表)
藤沢烈(一般社団法人RCF代表理事)※
馬場渉(パナソニック株式会社参与)※
須原清貴(JFA専務理事予定者)※
反町康治(JFA技術委員長予定者)※
黛俊之(JFA審判委員長予定者)※

▽監事(非常勤)
大塚則子
山崎忠史

▽特任理事(非常勤)
小西孝生(Jリーグ代表取締役社長)
外山晋吾(株式会社ビーネックステクノロジーズ執行役員)
秦英之(ONE CHAMPIONSHIP株式会社 代表取締役社長)
播戸竜二(サッカー解説者)

https://web.gekisaka.jp/news/detail/?299793-299793-fl

反町康治氏JFA技術委員長就任へ 関塚氏新ポスト 

202003100000702-w1300_0




1: 2020/03/11(水) 06:05:50.17
日本サッカー協会(JFA)の技術委員会の委員長に、Jリーグ特任理事(非常勤)の反町康治氏(56)が新たに就任することが10日、濃厚となった。

14日の理事会で報告され、29日の評議員会と新理事会を経て正式決定となる。
現委員長の関塚隆氏(59)は代表全般を統括するナショナルチームダイレクターとなり、A代表や東京五輪世代のU-23(23歳以下)日本代表などの強化に専念する。

同委員会は代表監督の選定などに関わる、強化の根幹となる組織。
反町氏は08年北京五輪でU-23日本代表を指揮し、A代表でもコーチ経験がある。
12年から昨季までは松本の監督を務め、18年にはJ2優勝に導いた。
国内の事情にも明るいことから、日本協会が白羽の矢を立てた。強化、育成といった全般を主導することになる。

関塚氏が就任するナショナルチームダイレクターは森保体制のサポート役。
A代表とU-23日本代表を森保監督が兼任しており、両チームの活動スケジュールが重なる部分も多い。
技術委員長として森保氏を代表監督に推挙した関塚氏が専念することで、JFAとしてバックアップ体制を整える。

五輪世代は1月のU-23アジア選手権(タイ)で1次リーグ敗退に終わるなど、逆風の中にあるのも事実。
反町、関塚両氏を新たなポストに立て、日本代表と日本サッカー界の成熟に力を注ぐ。

◆反町康治(そりまち・やすはる)1964年(昭39)3月8日、埼玉県生まれ。清水東高-慶大-全日空。
社員として全日空、横浜Fでプレー。日本代表として国際Aマッチ4試合出場。
94年に平塚(現湘南)とプロ契約、97年に引退。01年に新潟、06年から五輪代表監督を務め08年北京五輪に導く。
09年に湘南、12年に松本の監督に就任。新潟、湘南、松本をそれぞれJ1に導いた。

◆関塚隆(せきづか・たかし)1960年(昭35)10月26日、千葉県生まれ。八千代高-早大-本田技研。
91年に引退し、早大監督、鹿島、清水コーチを経て04年に川崎F監督に就任。
10年から五輪代表を率い、12年ロンドン五輪で4強。磐田、千葉の監督などを経て、18年4月から現職。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200311-23100702-nksports-socc
3/11(水) 5:00配信

松本、反町康治監督の辞任を発表…指揮8年でクラブ初の昇格、2度のJ1挑戦も定着できず  

20191208-00010019-goal-000-1-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/12/08(日) 14:49:07.18 ID:CkwtPpQC9
松本山雅FCは8日、反町康治監督(55)が2019シーズンをもって辞任することを発表。後任については決定後に知らせることも伝えている。

現役時代に日本代表としてもプレーした反町監督は、2001年にアルビレックス新潟で指揮官としてのキャリアをスタート。
2006年から北京五輪世代の代表を指揮した後、湘南ベルマーレで采配を振るい、2012年から松本の監督に就任していた。

松本では、就任3年目にしてクラブ史上初のJ1昇格を達成。しかし、2015年にはわずか1年間で降格の憂き目にあい、
それから3年間で再び昇格にこぎつけたものの、再挑戦となった今シーズンを6勝13分け15敗の17位で終えて降格を喫している。

松本を離れる決断を下した反町監督は、「8年間にわたり、たくさんのご指導ご鞭撻、サポートありがとうございました。
この経験は何事にも変えがたいものです。クラブの益々の発展を願ってやみません。ありがとうございました」とクラブにエールを送り、別れの挨拶としている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191208-00010019-goal-socc
12/8(日) 13:25配信

松本・反町監督、退任示唆 来季J2降格「現場が責任を取るのは当然」  

1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/12/05(木) 06:23:59.96 ID:1Q8SgBQo9
来季J2降格が決まった松本山雅の反町康治監督(55)が4日、今季限りの退任を示唆した。

結論は先送りしたものの、自身の責任などに言及。
同一クラブでは自身最長の8年目を迎え、7日に湘南との今季最終戦を控える指揮官が、大きな決断を迫られている。

湘南戦に向けた練習後、反町監督が注目される去就について口を開いた。
2、3日をオフとして自身も自宅がある東京で休養したという指揮官は「閉じこもって、犬の散歩でしか外に出ていない」と話し、進退についてじっくり考えたようだ。

報道陣を前に「一日たりとも無駄にしてこなかったつもりではいるけど、自分の力足らずだった。誰のせいでもない。現場が責任を取るのは当然。長くいる弊害もある」と心境を告白。
シーズン中から8年目となる長期政権の問題点に関して話したことはあったが、2度目のJ2降格が決まったこのタイミングで現場を預かる指揮官としての責任とともに改めて指摘した。
降格決定直後で去就問題に関して「少し頭が真っ白」などと話すにとどめたG大阪戦(11月30日)終了時よりも踏み込み、退任を覚悟したかのようだった。

それでも結論について「最終的に会社と話さないといけない」と説明。「最後の試合もあるし(順位次第で)来季のルヴァン杯に出られるかどうかもある。
我々のチームの影響だけじゃないし、(神田)社長と話す前にあなた方(報道陣)に言うはずはない」とあくまでも明言は避けた。

これまでも去就が注目されたシーズンはあったが、いずれもクラブがシーズン中に続投要請を出し、反町監督が応じる形だった。
今回は神田社長がG大阪戦終了後に「8年間、反さんに育ててもらった。
敬意を表して直接話したい」と語った一方で「変化、進化が必要なタイミング」と監督交代に踏み切る可能性を否定しなかった。

今季最終戦が“反町山雅”の最後となる可能性を残す中で、指揮官は「サポーターは辛抱強く、明るくサポートしてくれている。
“応援してきて良かった”と思う試合をしたい」と強調。4月20日の鳥栖戦以来となるホームでの勝利を誓った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191205-00000064-spnannex-socc
12/5(木) 5:30配信

no title

no title

no title

松本山雅 反町監督、退任も 3連敗で最下位転落「決定力の差」  

201802060007-spnavi_2018020700022_view




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/12/01(日) 10:44:30.50 ID:munB8WAS9
◆明治安田生命J1リーグ第33節 G大阪4―1松本(30日・パナスタタ)

松本は3連敗で最下位に転落し、2度目のJ1挑戦も1年での降格が決まった。
前半9分、カウンターからFW永井がチャンスを迎えたが決めきれず。直後に失点し、その後も失点を重ねた。
今季の得点数はリーグ最少の20。夏にはU―22日本代表FW前田がポルトガル1部・マリティモに移籍と戦力の流出もあった。
反町康治監督(55)は「決定力の差と言ってしまえばそれまでなんですけど、今日の試合に象徴されるようにシーズン通して難しかった」と語った。

J1初挑戦の15年と同じく、1年でのJ2降格。
今季で契約の切れる反町監督は、自身の去就について「ここでコメントすることはできない」と明言せず。
神田文之社長(42)は「(反町監督と)一緒につくってきた部分もある。片方だけで決めてはいけないことかなと思ってはいますが、何か変化、進化が必要。
話し合って決めていきたい」と説明。J2に昇格した12年から8年間率いてきた指揮官が、今季限りで退任する可能性が浮上した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191201-11300316-sph-socc
12/1(日) 6:00配信

松本 反町監督、J2初Vから一夜「ホッとした」 移籍市場でも「強気で勝負」 

20181118-00000103-spnannex-000-3-view

宇佐美弾に松本・反町監督ガックリ 皮肉っぽく「あとは体脂肪を落としたら、もっとね~」 

1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/04/29(水) 22:58:51.60 ID:???*.net
「J1、G大阪1-0松本」(29日、万博)

2位のG大阪はホームで松本と対戦し、1-0で勝利した。

前半16分に、日本代表FW宇佐美貴史(22)がクラブ記録に並ぶ6試合連続ゴール(エムボマ、播戸ら6人)を記録した。

 “取らせてはいけない男”にゴールを許し、松本・反町監督は「宇佐美対策はしてきたんだけど」と肩を落とした。

「やっぱり資質は持っているし、(ドイツ1部)バイエルンやホッヘンハイムで生存していく厳しさを学んだんだと思う」と、きっぱり。

「あとは体脂肪を落としたら、もっとね~」と皮肉っぽく話したが、「これだけできるなら問題ないと思う」と敵将ながら“及第点”を与えていた。

デイリースポーツ 4月29日(水)22時15分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150429-00000104-dal-socc
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索