スクリーンショット 2021-02-16 19.50.14




1: 2021/02/16(火) 18:15:10.82 _USER9
J1浦和の戸苅淳フットボール本部長(52)は16日、オンラインで緊急会見を開き、沖縄キャンプ中の規律違反で厳重注意と罰金処分を受けていた元日本代表MF柏木陽介(33)について、クラブを退団し、移籍先を探すことで本人と合意したと発表した。

 柏木は沖縄県金武町でキャンプ中の今月4日、クラブが新型コロナウイルス感染防止対策として近隣コンビニ以外への外出を禁じていたにもかかわらず、FW杉本健勇(28)と2人で外食に出掛けた。当時、沖縄県は独自の緊急事態宣言を発出していた。クラブが問題発覚後、両選手の事情聴取などを行い、練習参加を停止していた。杉本は厳重注意と罰金処分後にチームに合流したが、昨秋にも規律違反を犯していた柏木の合流時期は決まっていなかった。

 柏木に対して、リカルド・ロドリゲス監督は「チームづくりには団結力と規律が重要。(柏木が)繰り返しの振る舞い、行動を取ったことに対して、クラブの中で”疲れ”を感じている人もいる」と厳しく指摘していた。

 柏木は2018~19年シーズンに主将を務めるなど、チームをまとめるベテランとしての役割を担っていた。しかし、今回の問題を受けて退団する方向が決定。経験も責任もある立場にもかかわらず、すべての関係者の尽力を裏切るような重大な違反行為を繰り返したことによる代償はあまりにも大きかった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/dfb60f7406367a142bc7bdb8c3b73d2c960b0904
2/16(火) 18:10配信