Samurai Goal

原口元気


スポンサード リンク





ヘルタ原口元気の個人技に地元紙が賛辞 HSV酒井高には「あと一歩が遅かった」 

1: 名無しさん 2016/09/25(日) 16:39:49.28 ID:CAP_USER9
ブンデスリーガ第5節が24日に行われ、日本代表MF長谷部誠所属のフランクフルトと、同MF原口元気が所属するヘルタ・ベルリンが対戦した。

 ともに3勝1敗と好調のチーム同士の対決とあって試合はシーソーゲームとなったが、ホームのフランクフルトが後半アディショナルタイムに同点に追いつき、3-3で引き分けた。

 原口は開幕から5試合連続のフル出場を果たしたが、ベンチスタートの長谷部は出番がなかった。
 
 ベルリンの地元紙『Berliner Zeitung』は試合後の寸評で、「相手ディフェンスの周りを動き回ってインパクトを与え、ボールにも常に触れていた。しかしながら、勝機をもたらすような一押しをもたらすことだけができなかった」と、勝利につながるような決定的な動きこそなかったものの、試合を通じたパフォーマンスを高く評価。続けて「43分に見せた、この試合1番の鮮やかな突破は称賛に値するもので、原口はそれとともにベルリンに戻っていい」と加え、原口の個人技を称えるとともに、胸を張ってベルリンに帰るべきだとした。

 日本代表DF酒井高徳所属のハンブルガーSVは、今シーズン初勝利を目指して首位バイエルンをホームに迎えた。だが、開幕5連勝のバイエルンに善戦したものの、88分に酒井の右サイドを崩されて1点を失い4連敗を喫した。
 
 地元紙『Hamburger Morgenpost』は、右サイドバックで開幕から5戦連続のフル出場となった酒井を「彼にとっては今までで最も力を試された試合だったが、見事なまでに任務をやってのけた」と、強力な攻撃陣を抑えたことを評価。しかし、「終了間際(の失点)はあと一歩が遅かった」と指摘し、最後の最後で力尽きたことで、採点は「4」となった。(ドイツ紙の採点は最高1点、最低6点)

 10月1日の第6節では、原口所属のヘルタ・ベルリンが酒井所属のハンブルガーSVをホームに迎える。

http://www.soccer-king.jp/news/world/ger/20160925/497058.html?cx_top=newarrival
no title

言語の壁を乗り越えた先に活躍が!? ヘルタ指揮官「原口はチームにいるとき日本語を使わない」 

1: 名無しさん 2016/09/12(月) 20:22:34.04 ID:CAP_USER9
ドイツ語をマスターした原口

日本人選手が海外でプレイするとき、間違いなく問題となるのが言葉の壁である。今季開幕戦から2試合連続でマン・オブ・ザ・マッチに輝いたヘルタ・ベルリンに所属する日本代表FW原口元気は、その言葉の壁をすでに乗り越えたようだ。

ヘルタの指揮官パル・ダルダイがインタビューに応じ、原口の普段の様子を明かした。独『Berliner Morgenpost』が次のように伝えている。

「原口はチームにいるとき日本語をほとんど使わない。チームメイトと話すときもそうだが、チームの戦術ビデオを見るときも彼はちゃんとドイツ語を理解して見ているよ。できるだけ多くのドイツ語を学ぼうと常に頑張っているからね。今では、複雑な交渉をするときぐらいしか通訳を介さないよ」

やはり海外で活躍するためには、言語の壁を乗り越えることは必須事項。原口もそれを乗り越えたからこそ、今の活躍があると言えるだろう。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160912-00010023-theworld-socc
no title

【動画】ヘルタ原口、2アシストの活躍 インゴルシュタット下し2連勝!! 

1: 名無しさん 2016/09/11(日) 00:41:02.15 ID:CAP_USER9
Ingolstadt 0-2 Hertha Berlin

8' Vedad Ibisevic
86' Julian Schieber

http://www.livescore.com/soccer/germany/bundesliga/ingolstadt-vs-hertha-berlin/1-2272275/

no title

左ウイング考察 原口元気が再浮上し、最大の激戦区は“三つ巴”の様相に 

1: 名無しさん 2016/09/09(金) 14:29:49.10 ID:CAP_USER9
「キヨ君(清武)とか(宇佐美)貴史の中に入っていけたらいい」(原口)。

[ロシアワールドカップ・アジア最終予選]タイ 0-2 日本/9月6日/ラジャマンガラ・スタジアム
 
ハリルジャパンの最大の激戦区が左ウイングだ。現時点での主な候補者は、以下の4人で異論はないだろう。
 
宇佐美貴史、清武弘嗣、原口元気、武藤嘉紀。
 
9月シリーズでは、初戦のUAE戦では清武が先発し、宇佐美が途中出場した。
5日後のタイ戦では原口がスタメンを勝ち取り、再び、宇佐美が途中投入されている。
 
昨年の11月シリーズ以来の招集となった武藤は、今回はCFでプレーしたものの、
以前は左ウイングでも起用されていただけに、指揮官の中では選択肢に入っているはずだ。
 
このポジションで最も多く先発しているのが宇佐美である。ハリルホジッチ監督が大きな期待を寄せているのは間違いないが、
今回の9月シリーズを振り返ると、完全なファーストチョイスではなさそうだ。
 
競争を激化させているのが、清武だろう。UAE戦や6月のキリンカップでのブルガリア戦で先発し、好パフォーマンスを披露していた。
トップ下の香川との相性の良さも、今の立ち位置を後押ししている。
 
さらに、ここに来て存在感を示しているのが、原口だ。
UAE戦に敗れた後、絶対に勝たなくてはならなかったタイ戦でスタメンに名を連ねると、勝利に導く値千金の先制点をゲット。
見事にチャンスをモノにし、一気に定位置争いに名乗りを挙げた。
 
その原口は、熾烈なバトルを次のように見ている。
 
「それぞれ良さが違うので、監督も相手によって代えたりとかもすると思う。
最近(の自分)はボランチで使われたりしていて、前でやりたい気持ちが強かった。
今日(タイ戦)は結果を出せて、(監督が)もう1回、左で使ってみようという気になってくれたらいいし、
キヨ君(清武)とか(宇佐美)貴史の中に入っていけたらいい」
 
原口は2次予選でレギュラーを掴みかけた時期もあったが、それも長くは続かなかった。
ただ、今回のタイ戦でのインパクトは相当に大きかったはずで、
宇佐美と清武を含めた“三つ巴”の様相に、ハリルホジッチ監督も嬉しい悲鳴を上げているかもしれない。
 
この3人に加え、4番手に位置する武藤、あるいは乾という存在も控えている。
国内組に目を転じれば、横浜の齋藤が圧巻のパフォーマンスを披露している。
 
最終予選を通じて、誰が抜け出すか――。指揮官がどんな采配を見せるか、今から10月シリーズが楽しみでならない。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160909-00018755-sdigestw-socc
SOCCER DIGEST Web 9月9日(金)12時0分配信

no title

原口元気“本職”左ウイングで起用か、高ぶるあまり饒舌隠しきれず!! 

1: 名無しさん 2016/09/05(月) 09:40:35.75 ID:CAP_USER9
W杯アジア最終予選B組 日本―タイ (9月6日 タイ・バンコク)

FW原口が左MFで先発する可能性が出てきた。

UAE戦はボランチで途中出場したが、この日の練習では主力組に入り、本職のウイングで起用されたもようだ。

この日は取材対応はなかったが、公開された冒頭15分の練習では先頭を走るなど戦闘モード。
ミックスゾーンでも協会広報に「俺しゃべってもいい?」と話すなど、高揚感を抑えきれない様子だった。

http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2016/09/05/kiji/K20160905013298620.html
2016年9月5日 06:55

no title

【動画】先制起点のヘルタ原口元気が2点に絡む!両足つるもフル出場でヘルタ・ベルリンの開幕白星に貢献!フースコではMoMに!! 

1: 名無しさん 2016/08/29(月) 01:06:48.39 ID:CAP_USER9
ヘルタ・ベルリン 2-1 フライブルク

[ヘ]ヴラディミール・ダリダ(62分)
[フ]ニコラス・ヘフラー(90分)
[ヘ]ユリアン・シーバー(90分)

http://liveticker.bundesliga.com/jp/co12/bundesliga/#,ma8257858,n2,c1

ブンデスリーガは28日、第1節3日目を行い、FW原口元気の所属するヘルタ・ベルリンはホームでフライブルクと対戦し、2-1で競り勝った。
原口は左サイドハーフでフル出場。先制点の起点となるなど2点に絡み、勝利に貢献した。

スコアレスで折り返した後半17分、ヘルタは左サイドに開いた原口がボールを受けると、ドリブルで中に持ち込み、くさびのパス。
FWベダド・イビセビッチがワンタッチで落としたボールをMFブラディミル・ダリダが右足ミドルでゴール右隅に流し込み、先制点を奪った。

先制点の起点となった原口はその後も精力的にプレー。
後半42分には両足をつったか、チームメイトに足を伸ばしてもらっていたが、そのままフル出場を果たした。

チームは後半アディショナルタイム3分にCKからDFニコラス・ヘフラーにヘディングシュートを決められ、失点。
その直前にMFペア・シルヤン・シェルブレットが左太腿裏を負傷し、すでに3人の交代枠を使い切っていたため、ピッチ上は一人少ない時間帯だった。

試合終了間際の痛恨の失点でこのまま引き分けかと思われたが、後半アディショナルタイム5分、原口が強引に右足でミドルシュートを狙うと、
DFに当たったセカンドボールをMFイェンス・ヘゲラーが拾い、相手ともつれてPA内にこぼれたボールをFWユリアン・シーバーが左足で流し込んだ。
土壇場の劇的弾で2-1。ヘルタがホームでの開幕戦を白星で飾った。

http://web.gekisaka.jp/news/detail/?197387-197387-fl

写真
no title

【画像】清武弘嗣と原口元気と AAA 浦田直也が食事後にパシャリ!! 

★: 名無しさん



CljxKd2UoAAZ3oK

ボランチでの出場も問題なし…原口元気、ハリルの要求は「ハッキリわかった」 

1: 名無しさん 2016/05/30(月) 21:55:34.84 ID:CAP_USER9
 6月3日と7日に行われるキリンカップに向け、日本代表が30日より愛知県内で合宿をスタートさせた。

 今合宿に先立ち、前日まで実施された欧州組の強化合宿にも参加していたFW原口元気(ヘルタ・ベルリン)は、
ヴァイッド・ハリルホジッチ監督との面談で自身が求められている役割について「ハッキリわかった」と強調した。

 3月29日に行われた2018 FIFAワールドカップロシア アジア2次予選のシリア代表戦では、
負傷したMF山口蛍(ハノーファー)に代わって、後半途中からボランチで出場した原口。
本職ではないポジションでのプレーだったが、「前回はもう練習でもボランチってわかっていたんで」と振り返ると、
「でも、さらに細かくというか、何を求めているかっていうところまでハッキリわかったので」と、
指揮官の要求がより明確になったと話す。

 キリンカップに向けては、「もう結果を残すことだけですね。
そのための準備、攻撃でも守備でも監督が目指しているものを出せるように、それプラス結果を出せるように」
と意気込むと、「ボランチで出てもサイドで出ても、ボールを取るところと、
取ってから(前に)出ていくところっていうのは意識してやりたいなと思います。
やっぱり推進力であったり、ボール運ぶところっていうのは求められているところではあるし」と、
自身の長所を活かしてプレーしたいと主張した。

 得意とするサイドではなくボランチでの出場でも問題はないようで、
「年齢も25ですけど、またここにきて新しいポジション、新しい役割を任せられて、自分としても面白い部分はすごくあるし、
いろいろ発見できますよね」とポジティブに捉えている。

 ハリルホジッチ監督からは、FW岡崎慎司所属のレスターで優勝の立役者となった
フランス代表MFエンゴロ・カンテのプレーを参考にするようにと指示があったようで、
「『カンテは見とけ』みたいな(笑)。ああやってボールを取って(前に)出ていくところとかはすごくいい選手だと思うし、
取るだけじゃなくて、やっぱりプラスアルファ。バランスとか守備だけを考えていたら僕を使う必要はないと思うし、
プラスアルファを出せるようなボランチは考えていますけど」と述べた。

 ただ、ここまでボランチについて語った原口は最後に、「前でも出たい」という気持ちも明かし、
「ボランチの話ばっかりですけど、FWで呼ばれていますからね、僕(笑)」と、前線でのプレーにも意欲を見せている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160530-00449589-soccerk-socc
no title

【画像】原口、岡崎、清武が名古屋へ移動中にパシャリ!!岡ちゃん相変わらずの変顔www 

★: 名無しさん



Cjmv-nuWUAAhiYs

ガンバ遠藤保仁「彼(原口元気)にボランチの適性があるかどうかは分からないけど、ボールを前に運べるのは魅力」 

1: 名無しさん 2016/04/01(金) 16:13:25.87 ID:CAP_USER*.net
G大阪の元日本代表MF遠藤保仁が“ボランチ原口”にエールを送った。

ロシアW杯アジア2次予選シリア戦の後半途中からボランチで起用されたMF原口元気(ヘルタ)について
「彼にボランチの適性があるかどうかは分からないけど、ボールを前に運べるのは魅力。
速く相手ゴールに向かうのが今の代表ですし、チャレンジして良い段階だと思う」。

代表の司令塔として2006年ドイツW杯から3大会連続W杯出場し、
A代表キャップも最多152試合を数えるが、自らの持ち味とは違う原口の良さを口にした。

一方で「カウンターは紙一重で、間延びすることも多い。シュートまでやり切れれば良いけど、ミスをすればピンチを招く」
とハリルジャパンの戦い方がピンチとチャンスの表裏一体型であると言及。

「ボランチは特殊なポジション。360度に神経を巡らせないといけないし、
ゲームを読み切る力が必要になる」と自らの代表復帰も見据えつつ、さらなる原口の成長に期待を寄せた

スポニチアネックス 4月1日(金)16時2分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160401-00000130-spnannex-socc
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索