Samurai Goal

原口元気


スポンサード リンク





なんとビックリ!ナント・ハリル監督、原口と宇佐美を獲る!?  

20190415-00000038-tospoweb-000-1-view[1]




1: Egg ★ 2019/04/15(月) 16:54:29.21 ID:ZVNiRA9e9
元日本代表指揮官でフランス1部ナントを指揮するバヒド・ハリルホジッチ監督(66)が欧州でプレーする日本人選手の獲得に乗り出すことになった。昨年10月にナントと2020年6月までの契約を結んだ同氏は今オフに大型補強を検討しており、かつて“ハリルチルドレン”と呼ばれたMF原口元気(27=ハノーバー)、MF宇佐美貴史(26=デュッセルドルフ)らをリストアップしているという。

 欧州事情に詳しい代理人は「ハリルはチーム再建策の一つとして、日本人選手の獲得を考えているようだ。自分が高く評価している選手や、現在の所属チームで出場機会に恵まれない選手などを中心に狙うのではないか」と明かす。

 ハリルホジッチ氏は、昨年4月に日本代表監督を電撃解任された後、同10月に選手時代にプレーした古巣のフランス1部ナントの監督に就任した。それまで2部降格圏の19位に沈んでいたチームで公式戦4連勝をマークするなど奮闘を見せるも、現在15位と上位進出を果たせずにいる。契約最終年となる来季に向けてチームの強化が急務の状況だ。

 そこで白羽の矢を立てたのが、日本代表監督時代に抜てきした“チルドレン”だ。同代理人は「(日本人選手が所属する)ハノーバーと(同1部)ニュルンベルクは降格の可能性が高くなってきている。このまま落ちれば選手側は移籍先を探すだろうし、勝手知ったる指揮官のもとでプレーできるなら(選手も)行きやすい」と指摘する。

 最下位で2部降格が濃厚なハノーバーのMF原口はハードワークを武器に攻守両面で活躍が見込めるハリルホジッチ氏の“大本命”。アーセナル(イングランド)からレンタル移籍中で、買い取り条件を満たさないよう“起用禁止令”が出た同クラブのFW浅野拓磨(24)、ニュルンベルクのFW久保裕也(25)も候補だろう。また、かつてハリルホジッチ氏が寵愛した潜在能力の高いMF宇佐美も有力候補としてリストアップ済みとみられる。

 あえて日本人選手を狙うのは、指揮官がパフォーマンスを熟知していることに加え、ナントのチーム事情もかかわっている。1月にイングランド・プレミアリーグのカーディフへの移籍が決定後、エースのFWエミリアーノ・サラが飛行機事故で急逝。その移籍金の支払いを求めてナントが国際サッカー連盟(FIFA)に提訴し係争中で、資金繰りに苦労しており、獲得資金が比較的安価な日本人選手がターゲットになったわけだ。

 ハリルホジッチ氏は、ロシアW杯前の解任を巡る日本サッカー協会との裁判も自ら訴えを取り下げ、日本選手と仕事をするうえで“障壁”もなくなった。来季も続投となれば、ナントが“ハリルジャパン”と化すかもしれない。

4/15(月) 16:39配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190415-00000038-tospoweb-socc

原口元気も今夏の放出候補に…2部降格濃厚のハノーファーは複数の主力選手を売却へ 

20190410-00010014-goal-000-1-view[1]

ハノーバー監督が怒り爆発「臆病者のサッカー!」 

20190304-03040764-nksports-000-7-view

スペインの目利きが日本の全選手を個人評価。堂安、南野の課題は? 

20190210-00010001-sportiva-000-1-view

乾貴士が敗戦で激白「なんで自分じゃないのか」原口の連続先発に「批判ではなく…」 

20190202-00167908-soccermzw-000-18-view

森保Jを支える原口元気の走力。ダメ押し点は不遇を乗り越え生まれた 

20190130-00010005-sportiva-000-1-view

森保ジャパン、エース大迫の2発と原口弾で決勝へ! イランとの大一番を制してアジア王者奪還に王手 

20190129-00010006-goal-000-5-view

<海外メディア>辛勝続きの森保ジャパンに警鐘!「奇妙なほどに元気がなくなった」  

2019-01-14-japan-oman_ehk1604a1xrl16k4ctawd7mc1




1: 2019/01/14(月) 13:25:15.37
日本代表は現地時間13日、アジアカップグループリーグ第2節でオマーンに1-0で勝利した。初戦のトルクメニスタン戦(3-2)に続き、1点差での辛勝となったが、海外メディアは「日本は説得力のないスタートが依然として続いている」と警鐘を鳴らしている。

 日本は初戦で2ゴールの活躍を見せたエースのFW大迫勇也(ブレーメン)が右でん部の負傷でベンチスタート。FW北川航也(清水エスパルス)とMF遠藤航(シント=トロイデン)が入り、初戦でボランチ起用されたDF冨安健洋(シント=トロイデン)は本職のセンターバックに配置された。

 トルクメニスタン戦で複数失点を喫した守備では改善が見られたのに対し、攻撃面ではボール支配率62.7%と主導権を握ったにもかかわらず、得点はMF原口元気(ハノーファー)のPKのみ。大迫不在の穴を埋めきれない決定力不足を露呈した。

 衛星放送「FOXスポーツ」アジア版は「日本はオマーンに勝利したが、インパクトを残すことに失敗」と見出しを打ち、日本がアジアカップで苦戦続きであることを伝えている。

「日本は説得力のないスタートが依然として続いている。イランとサウジアラビアは大会前の優勝候補という評判通りの力を証明しているのとは異なる。後半は奇妙なほどに元気がなくなった。決勝トーナメントを勝ち進むうえで試合ごとに確実に向上しなくてはならない」

 記事では、ライバル国とは異なる連勝、尻すぼみの展開となったことに警鐘を鳴らし、大会中の改善が必須であること強調した。

 日本はグループリーグ突破を決めて第3戦ウズベキスタン戦に臨む。2011年大会以来となる優勝を見据えるうえで、本来の姿を取り戻す貴重な場となりそうだ。

1/14(月) 7:01配信 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190114-00161840-soccermzw-socc

決勝PKの原口元気が危機感!「このままじゃ決勝トーナメントで勝てない」 

image-728x486




1: 2019/01/14(月) 00:36:03.79
 「アジア杯・1次リーグ、日本1-0オマーン」(13日、アブダビ)

 日本は1次リーグ2連勝で決勝トーナメント進出を決めたが、決勝点となるPKを決めたMF原口元気は、テレビ朝日などのテレビインタビューに「このままじゃ決勝トーナメントで勝てないと思います」と危機感を募らせた。

 日本は前半、左右からの攻撃や南野の抜けだしなどで再三、得点機を得たが、決めきれず。原口が倒されて得たPKの1点にとどまった。さらに、後半はペースダウンしスコアは1-0。初戦のトルクメニスタン戦に続いて辛勝となった。

 原口はテレビ朝日などのインタビューに、「まあ、勝ちましたし、予選は突破したんですけど、内容的には良くなかったですし…。まあ良くなかったですね」と振り返った。物足りないか、との問いに「そうですね。このままじゃ決勝トーナメントで勝てないと思いますし、もう1回、チームとしても個人としても精度を上げていかないといけないと思います」と反省点を挙げた。

 次戦のウズベキスタン戦に1位突破がかかるが、「1位で突破するのが僕らの目標なので、しっかり突破するように」と語った。

1/14(月) 0:32配信 デイリースポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190113-00000133-dal-socc

日本は判定に救われた?長友のハンドに見えたがCKで再開。VARは準々決勝から導入|アジア杯  

Nagatomo-1




1: 2019/01/14(月) 00:29:23.45
前半終了間際にあわやの場面が…

アジアカップのグループリーグ第2戦・日本代表対オマーン代表は1月13日、UAEのザイード・スポーツシティ・スタジアムにおいて現地17時30分にキックオフされた。
 
 試合は序盤から日本が攻勢を仕掛けて多くのチャンスを作ったが、決定力を欠いてなかなかゴールを奪えない。しかし、迎えた25分。南野のシュートのこぼれ球を拾った原口が、相手のファウルを誘ってPKを獲得。これを原口自らが決め、先制点を挙げた。

 その後も日本が主導権を握って試合を進めたが、前半終了間際にあわやという場面を作られてしまう。クロスのこぼれ球をオマーンのMFが拾ってシュート。これがブロックに入った長友に当たってゴールの枠を外れた。直後にオマーンの選手たちは、主審に詰め寄って長友のハンドを主張。

リプレー映像では、ブロックに入った長友の左手に当たったように見えたが、主審はハンドを取らずに、CKで試合は再開された。
 
 こうした得点に関わる重要なシーンの判定を助けるために、FIFAは該当シーンをビデオで確認するVAR制度を採用している。AFCも今回のアジアカップでVAR採用を決めているが、実施されるのは準々決勝から。日本は過去にVARでPKを与えたり、退場処分を受けたこともあったが、今回もVARが実施されていれば、PKを献上することになっていたかもしれない。

1/13(日) 23:44 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190113-00052711-sdigestw-socc

【サッカー】<どこよりも早い採点>オマーン戦、勝利も厳しい採点しかできない内容に。“大迫の代役”も見つからず
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1547392995/



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索