Samurai Goal

南野拓実


スポンサード リンク





南野の覚醒待てるか セットプレー得点ゼロも気がかり…決勝トーナメントの課題  

2018y10m18d_132200979




1: 2019/01/19(土) 10:22:49.07
1次リーグで3連勝し、堂々と決勝トーナメント(T)進出を決めた日本代表。チーム状態は良好にみえる。
だが、決勝Tは、負ければ敗退し、アジア制覇への道は断たれる。好調の陰に隠れたチームの課題をスポーツ報知サッカー担当記者が、あえて“見た”。

攻撃陣の不安点を挙げるならば、トップ下のMF南野に“当たり”が出なかったことだ。
初戦は存在感を出せず、2戦目はポジショニングを修正してシュート4本を放ったが無得点。
「(シュートを)浮かせる、GKをギリギリまで見る、股を抜く、そういう余裕が少しなかった。
いいときは何も考えずに入っていく」と語っていたが、体のキレは感じさせ、決して状態は悪くない。
ただ前線の選手にとって、調子が悪くないのにシュートが入らない状態は、不安だという話を取材経験でもよく聞いた。

「入るまで打ってやろうと思っただけ」と強気に話している南野を、ここで先発から外す手はないだろう。しかし次の一手も考えておく必要はある。
幸い、ウズベキスタン戦ではFW武藤が代表で約3年3か月ぶりにゴール。右でん部痛で2試合欠場中の大迫は、決勝Tに照準を合わせている。
大迫が間に合えば武藤の2トップなど、前線のバリエーションは考えられる。南野の当たりを待つか、それとも他の選択肢か…。
森保監督には迅速でシビアな判断が求められる。

ここまでセットプレーからの得点がないのも、気がかりの一つ。
右のMF柴崎、左のMF堂安という2人のキッカーには、決勝Tでより重圧がかかる中で精度の高いボールが望まれるところだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190118-00000320-sph-socc
1/19(土) 7:03配信

埋まらない大迫の穴…北川をかばう長友「若手が生き生きプレーできないのはベテランの責任」  

no title




1: 2019/01/14(月) 02:51:23.94
[1.13 アジア杯F組第2節 日本1-0オマーン アブダビ]

2連勝で決勝トーナメント進出を決めたことは良かったが、その内容は到底満足できなかった。
日本代表DF長友佑都(ガラタサライ)は「勝って決勝トーナメントを決めることが大事だったので、結果に関しては良かったけど、内容的にはこのまま勝ち上がっても、
決勝トーナメントで強いチームと当たったら厳しくなるかなと思う」と厳しい表情を崩さなかった。

「初戦より良かったのは決定的なチャンスをつくったこと。初戦はそれさえつくれなかった。
いい連動からGKと1対1の状況に持って行ったり、連動、バリエーションは一戦目より良くなった」

立ち上がりからMF堂安律の突破やMF南野拓実の飛び出しなどで決定機をつくった。
しかし、クロスバーや相手GKの好守もあり、なかなか決め切れない。
前半28分にMF原口元気のPKで先制するも、後半はチャンスらしいチャンスをつくれぬまま1-0でタイムアップ。
「攻撃のバリエーションはいい形ができていたのは間違いない。
でも終わってみればPKの1点だけではあまりに物足りない」と率直に言った。

やはりエースの不在は痛かった。
9日のトルクメニスタン戦(○3-2)で
2ゴールを決めたFW大迫勇也は右臀部の違和感を再発させ、ベンチには入ったものの大事を取って欠場。
代わってFW北川航也が1トップで先発し、後半12分からはFW武藤嘉紀に代わったが、ともに見せ場をつくることができなかった。

「大迫は僕らの大黒柱。将棋で言うと、飛車、角のレベルの選手」。
大迫が絶対的なエースであることを認めつつ、その代役となる選手に対しては「(大迫の)代わりで出ているんじゃない。
大迫の代わりじゃないんだ、俺がチームを変えてやるんだという気持ちがほしい」と、あえて厳しい言葉で要求した。

この日、先発した北川は昨年10月に代表デビューしたばかりの22歳。
国際Aマッチ出場もこの試合がまだ5試合目で、先発は2試合目だった。
「まだ遠慮している。若いというのと経験がないということで自分自身を出し切れていない」。
そう指摘した長友は「彼とも話したい。若手が生き生きプレーできていないのはベテランである僕らの責任。
彼の責任だけじゃない」と若きストライカーをかばい、ピッチ外でもコミュニケーションを取りながらアドバイスしていきたい考えを示した。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190114-18086575-gekisaka-socc
1/14(月) 2:34配信

<南野拓実>決定機を逃して反省!「僕が決めれば楽になった試合」  

1: 2019/01/14(月) 08:07:18.87
【日本 1-0 オマーン AFCアジアカップ2019・グループステージ第2節】

 日本代表は13日、AFCアジアカップ2019・グループステージF組第2節でオマーン代表と対戦して1-0の勝利を収め、決勝トーナメント進出を決めた。FW南野拓実は、勝利という結果を喜びながらも、自身のパフォーマンスには納得していない様子だ

 第2戦のオマーン戦に勝ち、決勝トーナメント進出が決まった日本。南野は「チームとしてグループ突破を一番の目標にして挑んだ試合」であり、「それを決められてよかった」と語った。

 ただ、自身の決定機をゴールにつなげられなかった点は納得していない。南野は「自分としては、もっと楽な試合展開にできたという悔しさがある。そこにこだわらないといけない」と反省。「次にそういうところを改善していく必要があると思います」と話している。

 FW大迫勇也が不在の中での勝利について、「前の大黒柱がいない中で勝ったというのは一つの自信になる」と南野。「僕が決めなかっただけで、チームの攻撃の形は前回の試合より見えていた部分が多かった」と振り返り、チームとしての内容は悪くなかったと強調した。

1/14(月) 3:28 フットボールチャンネル
https://www.footballchannel.jp/2019/01/14/post304845/

写真
no title

金田喜稔がオマーン戦を斬る! 見逃せない南野の貢献度。柴崎はようやくパスにアイデアと意思が」 

spo1901130035-p1




1: 2019/01/14(月) 10:16:00.01
右で攻撃の起点を作れたのは収穫。
勝てたことは素晴らしい。でも後半が少し残念というか、物足りなかったね。相手が引かずになりふり構わず出てきてくれてるわけだから、余裕を持って仕留めてほしかったね。
そのへんのゲーム運びがうまくいかなかった。後半最初のシュートが75分を過ぎてからではね。

ただそれでも、1試合を通して失点をゼロに抑えたわけだから、守備に関しては及第点が与えられる。
もちろん、本当ならあと2、3点奪って楽なゲーム展開にするというのが理想だったし、そうあるべきだと思うけど、
この大事なゲームで勝利できたこと、確実に決勝トーナメント進出を決めたことは素直に評価していい。

収穫は右サイドのコンビネーションだろうね。堂安、酒井、そして柴崎。
この3人が絶妙な距離感でリンクして、攻撃の起点を右サイドに作れていたというのは、これまであまり見られなかった形。そこはすごく良かった
。中島がいなくても攻撃にスイッチが入るようになったからね。

開始直後には、堂安が右サイドを突破して、原口のシュートがバーを叩いたシーンがあったけど、
あれが入っていたら、あるいは南野が、何本かあった決定的なチャンスを決めていれば、あと2、3点は決められた。
 
その南野は、まったく存在感がなかったトルクメニスタン戦から、大きく変貌を遂げたよね。
ボールの受け方も巧いし、なによりシュートへの意識が非常に高い。つねにゴールに向かおうとするあの姿勢には、すごく好感が持てた。

そして彼は、守備の意識もものすごく高かった。トップ下のポジションに入る彼が、味方の最終ラインの前まで戻ってディフェンスに参加し、
相手のボールを奪いに行ったり、プレッシャーをかけたり、身体を張ったプレーを見せたりと、ホント、ほんの数日でこうも劇的に変わるかっていうくらい存在感は絶大だったね。

だからこそ、今日の南野には2、3点ぶち込んでほしいっていうのがあったんだけど、無得点だからって、彼の貢献度を見逃すわけにはいかない。
僕の中での総合的な評価は、このオマーン戦のナンバーワンだ。

トルクメニスタン戦で南野は、途中で交代させられた。それもあってか、今日の試合にかける意気込みにはすさまじいものがあった。
絶対に点を取るんだ、すべての局面で全力を出し切るんだっていう強い気持ちや覚悟を彼は見せてくれた。

ああいうプレーを見せられると、単純な感想で申し訳ないけど、「やっぱすげーな」って思うよね。
次の試合でも、その次の試合でも、90分間フルにとは言わないけど、また同じようなプレーを観せてほしいっていう期待感が、僕の中ではすでに高まっている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190114-00052733-sdigestw-socc
1/14(月) 8:58配信

<南野拓実>強心臓な代表新エースの素顔 チームメートの外国人選手が激高すると「うっさいんじゃボケ」 

1: 2019/01/13(日) 19:15:27.48
1月5日より開幕するサッカー日本代表のアジアカップ。4年に1度、開催されるこの大会はワールドカップに次ぐ重要な大会となる。ここに“新エース”として臨む選手がいる。南野拓実、23歳。
「技術もあるし、フィジカルも、スピードもある。ストライカーとしての条件をすべて兼ね備えている選手ですね」

そう話すのは、10代のころから南野を取材しているサッカーライターの安藤隆人氏。技術はもちろんのこと、南野の素晴らしさはそれだけではないという。
「“俺が点をとる”ということに対してものすごく貪欲だったり、失敗してもめげない。そういったメンタル的な部分は、持っている能力を最大限に生かすために重要な部分ですが、それがある選手ですね」(安藤氏、以下同)

メンタルの強さは10代から。当時所属していたセレッソ大阪の試合で南野がシュートをはずした際、パスをもらえなかったチームメートの外国人選手が南野に対して激高すると、南野は強い口調で反論。当時、彼は19歳だった。
「“うっさいんじゃ、ボケ!”と言ったと物議を醸しましたが、言わないほうがおかしいなって思ってます。日本の選手って言われて黙っている選手が多いんですよ。あそこまで闘志むき出しで反論したことは、海外でもやっていけるなって思った瞬間であり、
うれしかったですね」

南野自身、のちに安藤氏の取材に対し、「あの事件ありましたね(笑)。海外では普通だと思います」と話している。そんなピッチ上では激しい南野だが、イケメンの素顔はというと、
「サッカーのときはとげとげしいというか、鬼気迫って他を寄せつけないような感じですけど、ピッチを離れたらかわいいですよ。

ザルツブルクの街を一緒に歩いたときも、“お腹すいてませんか?”とか、名所に連れて行ってくれてザルツブルクのよさを教えてくれたり。気さくな大阪のあんちゃんという感じですよ」
南野は代表チームでは、本田圭佑らに代わる“新ビッグ3”と呼ばれ、現在所属するオーストリアのレッドブル・ザルツブルクでは、昨年ヨーロッパリーグの若手ベストイレブンに選出されるほどのブレイクを見せている。

「本人も言っていましたが、親善試合でブレイクしたにすぎないんですよね。本人としては“ビッグ3”という言われ方は好きじゃない。厳しい言い方をすると、親善試合で結果を出すことは、日本代表の真の仕事ではないんです。
ワールドカップの最終予選と本戦で日本を勝たせること。それがすべてなんですけど、その次にくるのがアジアカップ。アジアカップで、もしダメだったら、“なんだよ、親善試合だけかよ”って言われますから。
彼としても真価を問われる場という覚悟で臨むんじゃないかと思います」

年明けからの真のブレイクに期待大!

1/13(日) 17:00配信 週刊女性プライム
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190113-00014193-jprime-ent

写真
no title

“大迫依存“脱却なるか?正念場のオマーン戦、カギはサイド攻撃と武藤・南野のタテ関係 

20190113-00010016-goal-000-3-view

【サッカー】<日本代表>森保チルドレン揃って大誤算! 香川、本田がいなきゃダメなのか?  

1: 2019/01/10(木) 19:48:59.08
まさかの失態だ。アジアカップ1次リーグF組初戦に臨んだ国際サッカー連盟(FIFA)ランキング50位の日本は、同127位のトルクメニスタンに先制を許すなど大苦戦した。
ロシアW杯組の奮闘で逆転し、3―2と辛勝したものの、躍進を期待して送り出した若手の“森保チルドレン”たちがミスを連発する大誤算。アジア王座の奪還に向けて暗雲が垂れ込めてきた。

日本は0―1で迎えた後半の3得点で逆転勝ちした。後半11分、FW大迫勇也(28=ブレーメン)が巧みな切り返しから右足で同点ゴール。
4分後にDF吉田麻也(30=サウサンプトン)のロングボールを起点に左を崩して再び大迫が決め、同26分にはMF堂安律(20=フローニンゲン)が加点した。
守備陣は前半26分にロングシュートを浴びて先制を許し、後半34分にはPKで失点。相手への寄せやカウンターのリスク管理に課題を残した。

日本は序盤から押し込まれると、前半に先制を許し、焦りから空回り、後手後手の展開。
後半にはロシアW杯のヒーロー・大迫の2得点などで何とか逆転したが、実力差のある格下の相手に薄氷を踏むギリギリの勝利となった。

主将の吉田は「前半は体が動いていなかった。自分たちで試合を難しくしてしまった。本当に覚悟と決意を持って試合に臨めたのか自問自答しなければならない」と自身を含めて苦言を呈し、
DF槙野智章(31=浦和)も「引いて守る相手への工夫をもっとやらないといけない」と厳しい表情だった。

チーム全体としてパフォーマンスが低調だったが、特に目立ったのが森保一監督(50)が抜てきした若手だ。最初の失点は、堂安のパスミスから相手にカウンターを許したことが原因。
2点目も途中出場のFW北川航也(22=清水)が簡単にボールを奪われてピンチを招き、PKを与えてしまった。

ゴールこそ奪ったが試合を左右しかねない失敗を犯した堂安は「僕が取られてからの失点だった。それは感じている。試合後に『僕が苦しくしてすんません』と(周囲に)言った」と頭を下げれば、
北川も「自分が入って(試合の)流れを変えることができず、相手を勢いづかせてしまった」とうなだれた。

また森保ジャパン発足後に5試合で4得点を決め、今大会でエースとしての働きを期待されていたMF南野拓実(23=ザルツブルク)もリズムを生み出すことができず、
後半27分にチーム最初の交代を命じられた。「細かいミス、イージーミスもあった。修正していかないといけない」と反省の弁を口にした。

ここまで躍動してきた若手が揃って直面した大きな壁。かねてDF長友佑都(32=ガラタサライ)が「アジアカップは若手だけで戦えるわけではない」と危惧していた言葉が的中した格好。
やはりMF本田圭佑(32=メルボルンV)やMF香川真司(29=ドルトムント)不在の穴は予想以上に大きいようだ。

森保監督が「自分たちで新しい日本代表を築いていくという考えから、この(若手)メンバーを選んだ」という“チルドレン”たちは巻き返せるのか。アジア王座奪還に向け、次戦以降に真価が問われそうだ。

1/10(木) 16:32配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190110-00000030-tospoweb-socc

写真
no title

原口、南野、堂安の2列目トリオは機能するか?アジア杯初戦トルクメニスタン戦は20時キックオフ 

20190109-00010007-goal-000-view




1: 2019/01/09(水) 12:30:33.54
1/9(水) 11:56配信
GOAL
あらためて確認する初戦の重要性

原口、南野、堂安の2列目トリオは機能するか?森保ジャパンアジアカップ初戦・トルクメニスタン戦プレビュー

森保一監督率いる新生日本代表にとって重要な最初の試金石となるAFCアジアカップ2019UAEがいよいよスタートする。


本日20時(日本時間)キックオフ、グループステージ初戦の相手はトルクメニスタン。 2004年大会以来、4大会ぶり2度目のアジアカップ出場となる。FIFAランキングでは127位だが、これは国際試合が少ないという理由もある。また、ロシア・ワールドカップ予選ではイランと引き分けている。ランキングだけ見れば50位の日本と圧倒的な差があるが、今大会では同41位の前回大会王者・オーストラリアが109位のヨルダンに初戦で苦杯を喫した例もある。

「そういうのを見ると、やっぱり『アジアカップが来たな』って感じですよね。オーストラリアの初戦もちょっと気が抜けていた部分があったのか、入りがスローだった。僕らも2011年(カタール大会)はかなり苦戦した。絶対そういうことはないようにしたいですね」と、3度目のアジアカップに挑むベテラン・長友佑都(ガラタサライ)はあらためて気合を入れ直した。指揮官も「どのチームと戦うときも厳しい試合を覚悟しながら最善の準備をしていかなければいけない」と強調する。

選手を選ぶ際に「コンディションは重要」

原口、南野、堂安の2列目トリオは機能するか?森保ジャパンアジアカップ初戦・トルクメニスタン戦プレビュー
トルクメニスタン戦予想フォーメーション(C)Goal
注目の先発メンバーだが、森保監督は「選手を選ぶ判断材料としてコンディションのところは重要だと思っています」と説明していた。となれば、6日に合流したばかりの吉田麻也(サウサンプトン)、武藤嘉紀(ニューカッスル)、遠藤航(シント=トロイデン)、追加招集の乾貴士(ベティス)と塩谷司(アル・アイン)、そして右でん部打撲で国内合宿から別メニュー続きだった大迫勇也(ブレーメン)は使いづらい状況ではある。

しかしながら、初戦の重要性を考えると、まず守備陣の軸は外せない。やはり最終ラインは右から酒井宏樹(マルセイユ)、三浦弦太(ガンバ大阪)、吉田、長友という計算できる面々で行くだろう。GKについては東口順昭(G大阪)か権田修一(鳥栖)か判断がつきかねるが、5日のアル・ワハダとの練習試合に先発した権田が今回は有力。2011年カタール大会優勝メンバーの一員として、その経験値を存分に発揮してくれるはず。

判断が難しいのはボランチだ。ここまでの流れを考えると、柴崎岳(ヘタフェ)と遠藤のコンビだが、遠藤が発熱で出遅れて3日しかトレーニングができていない。

「僕はやれと言われたらできますし、逆に試合をやっていけばコンディションは上がっていく。ただ、選ぶのは監督なので」と本人は語っていたが、慎重にならざるを得ない。仮に遠藤を回避する場合、次の選択肢は青山敏弘(サンフレッチェ広島)になる。が、柴崎と青山だと守備の強度が落ちるかもしれない。となると、5日の練習試合でテストした冨安健洋(シント=トロイデン)を含め、森保監督はベストチョイスを最後まで模索するだろう。

冨安が出る場合は「ボランチをやるのはアビスパ福岡以来」とのことだが、「僕的にはどこをやるにしても100%でプレーするってことは変わらない」と20歳とは思えない冷静さを見せている。8年前のアジアカップでアルベルト・ザッケローニ監督(現UAE監督)が代表実績ゼロに近かった吉田を抜擢したように、若い才能を送り出すのも一つの選択肢であり、そこはぜひ見てみたいところだ。

2列目は中島翔哉(ポルティモネンセ)の離脱によって、南野拓実(ザルツブルク)、堂安律(フローニンゲン)との「新2列目トリオ」が崩れたが、左に原口元気(ハノーファー)や乾という2018年ロシア・ワールドカップ16強戦士が陣取っているのは心強い。若手2人との連係面を考えると、ここまでトレーニングを積んできた原口が確実だ。背番号8が若い南野と堂安をサポートしつつ、自らも生きる形を見いだせれば理想的。「笛が鳴った瞬間から圧倒していければ必ず勝てる」と言い切る原口のけん引力と統率力に期待したい。

続きはこちら↓
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190109-00010007-goal-socc

代表”新三銃士”が同日ゴール!「南野はC・ロナウドのよう」「中島は攻撃の核」「堂安との悪友コンビがカギ」 

名称未設定 1




1: 2018/12/03(月) 06:57:24.04 _USER9
写真
https://kruf468c.user.webaccel.jp/files/rcms_conv_webp/files/topics/51038_ext_04_0_1543773167.webp?v=1543787309

🌑ポルトガル、オーストリア、オランダ、それぞれのリーグで躍動!

森保ジャパンに選出され、新たな”日本代表の顔”として存在感を増し続けている3人の海外組、南野拓実、中島翔哉、堂安律。彼らが奇しくも同日、各リーグ戦でゴールを決め、チームを勝利に導いた。

【動画】中島翔哉、今シーズン5点目の技ありシュート!
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail2/id=51035


 その活躍ぶりを、現地メディアも非常に興奮した様子で報じている。ひとりずつ紹介しよう。

 現地時間12月2日、オーストリア・ブンデスリーガ第16節、レッドブル・ザルツブルクvsラインドルフ・アルタッハの試合では、日本代表の南野拓実が3試合ぶりに先発出場した。

 18分、CBアンドレ・ラマーリョがペナルティエリア内へロングフィードを送る。走り込んだ南野は相手DFのプレッシャーを背に受けながらも、背後から供給されたボールに右足を合わせる、非常に難度の高いダイレクトボレーでゴールネットを揺らした。

 このゴールをオーストリアのオンラインTVメディア「LAORA1」は、「ミナミノの決勝点はクリスチアーノ・ロナウドのようなシュート!」と絶賛している。

「ミナミノはC・ロナウドと”邂逅”する。これは11月7日に行なわれたチャンピオンズ・リーグ(CL)のマンチェスター・ユナイテッド戦で、ユベントスのC・ロナウドが決めたゴールを彷彿とさせる得点だった。これが先制点であり決勝点となったのだ。今日の勝利は、南野のゴールが間違いなくクラブを勝利に導いた」

 試合は南野の決めた1点を守り切り、ザルツブルクが勝利した。

 同日に行なわれたポルトガルリーグ第11節、中島翔哉が所属するポルティモネンセとトンデラの一戦は、3-2でポルティモネンセが制した。

 開始15秒で先制されたポルティモネンセだが、ペナルティエリアで中島が獲得したPKで同点に追いつく。その後、さらに1点を加えてリードすると、前半終了間際には中島自身が決めて3-1に。後半に1点を許したが、そのまま逃げ切った。

 試合を通してポルティモネンセの”核”としてプレーした中島を、ポルトガル地元紙『Diário de Notícias』は「ポルティモネンセの”実力”がトンデラの有利を長続きさせなかった」と讃えている。

「開始すぐにトンデラが得点したのは選手、スタッフだけではなく視聴者も驚かせた。だが、試合内容はポルティモネンセのものだ。PKを決めたパウリーニョとジャクソン・マルティネスの2点目、そして前半終了間際の中島のゴールでトンデラの優勢は吹き飛ばされてしまった。

 それでもトンデラは後半、前半よりも積極的に攻め、攻守の切り替えも速くなったけれど勝利には届かなかった。それに、得点こそ許さなかったが、守備陣とGKのクラウディオ・ラモスは、中島を阻みきれていなかった。

 ゴールを決めたシーン以外にもそれは現われていた。象徴的だったのが84分のシーン。日本人選手はフリーでシュートを叩き込んだ。得点にはならなかったが、それを阻んだのは、人の手ではなくゴールポストだったのだから…」

つづく

12/3(月) 6:43 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181203-00051038-sdigestw-socc

南野拓実、公式戦3試合ぶりのゴール!価値ある先制点で今季11得点目 

20181202-00010015-goal-000-4-view


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索