Samurai Goal

南野拓実


スポンサード リンク





クロップが前半で南野拓実を交代させた理由は?ファンの評価は割れる「スピードがない」「中央の方が向いている」 

20200622-00010005-goal-000-5-view




1: 2020/06/22(月) 06:21:00.77
HTでの交代はクロップの新たな試み?

交代理由を明かす(C)Getty Images

エヴァートン戦で45分間のみのプレーに終わったリヴァプールFW南野拓実について、ユルゲン・クロップ監督が交代理由を明かした。

1月の移籍市場でリヴァプールに加入した南野。
プレミアリーグではなかなか出番を得られていなかったが、再開初戦となった21日の第30節のエヴァートン戦ではコンディション不良のモハメド・サラーに代わって先発出場を飾った。

チャンスを得た25歳FWだったが、攻守に奮闘するも好機にあまり絡むことができず。
結果を残せないまま前半のみで交代となった。
チームはスコアレスドローの引き分けに終わり、今節での優勝は持ち越しとなっている。

試合後クロップ監督は、南野の交代について言及。
再開から5人の交代枠が認められているが、
「試合前から5人の交代枠を使うことを考えていた。タキは良かった。
最初は少し難しかったが、ゲームに入れていた。
ハーフタイムでの交代はパフォーマンスとは関係ない。純粋に(5人の交代枠を)使ってみたかっただけだ」と明かした。

なお、現地でのファンの評価は割れている。リヴァプール専門サイト『Anfield Watch
』は、ツイッターで「ここまでのタクミ・ミナミノはどう?」と投稿すると、サポーターが続々と反応した。

「(ヴィルヒル)ファン・ダイクと同じチームでプレーするべきではない」や「ハーヴェイ・エリオットの方が良い」など否定的な意見も存在。その一方で「彼が任された役割を果たすスピードがない」、「よくやったけど、インサイドに入ってしまうため狭くなりすぎた」、「ミナミノは良い感じだけど、中央の方が向いている」、「悪くないけど、(ロベルト)フィルミーノの役割が合っているよね」というように、エヴァートン戦での役割は合っておらず、中央でのプレーの方が良さが生きるといった意見が多く見受けられている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/bc8db53ac584316042e30950dbda176cd8cbc2a9
6/22(月) 6:13配信

プレミア第30節 プレミア初先発の南野拓実、攻守で奮闘も前半のみで無念の交代! 4試合0得点 

20200622-00075144-sdigestw-000-6-view




1: 2020/06/22(月) 05:57:30.84
リバプールは宿敵の堅守に苦戦して――

移籍後リーグ戦初先発を飾った日本代表FW

 現地時間6月17日、プレミアリーグは第30節が開催され、リバプールが敵地でエバートンと対戦した。

 両軍にとってのプレミアリーグの再開戦で、いきなり実現した「マージーサイド・ダービー」。勝てば、30年ぶりのトップリーグ制覇に王手をかけられるリバプールは、注目の日本代表FWの南野拓実を、打撲のために温存したサラーに代わって右ウイングで先発起用した。

 試合は序盤戦こそ相手の出方を伺う時間が続いたものの、試合に2010年8月の対戦を最後に、ダービーでは18戦負けなしのアウェーチームがボールを支配する。

 持ち味の激しく、鋭いフォアチェックを展開したリバプールは、ショートカウンターからチャンスを創出。9分にはプレミア初先発を飾った南野がミドルシュートで相手ゴールを脅かした。一方のエバートンは、指揮官のアンチェロッティらしい守備的な戦いを選択。危なげなく時間を浪費していった。
 

 その後、スコアレスで迎えた後半にリバプールが動く。攻守で奮闘していた南野を下げてチェンバレンを投入したのだ。この交代策が功を奏して、51分にはケイタ、57分にはファン・ダイクと相手ゴールに迫ったが、いずれもゴールネットを揺らすには至らない。

 なおも、リバプールはワンサイドゲーム気味に試合を推し進めたが、自陣中央にしっかりとブロックを構築したエバートンの堅牢は打ち破れず……。その後も何度か相手ゴールに迫ったものの、結局、レッズは最後まで得点を挙げられずにスコアレスドローで決着となった。

 相手の戦術的な堅守を破れなかったものの、敵地で貴重な勝点1を積み上げたリバプール。注目の優勝の行方は次節以降に持ち越しとなった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/f21c0ef50fb819a4c2ac8a0a5641efadf2229eeb
6/22(月) 4:51配信


https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20075494
試合スコア

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/standings/52
順位表

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/stats/52
得点ランキング 

サラーの状態不透明で、再開初戦から南野拓実にチャンス?現地紙「クロップがより重要な役割を求める」 

20200620-00010014-goal-000-2-view

「見逃すはずがない」リバプール、南野拓実の“後継者”にロックオン!? 専門メディアが新たな原石を紹介 

20200611-00010009-sdigestw-000-1-view

フォルラン、C大阪時代にコンビも組んだ南野拓実は「リヴァプールで活躍できる」 

20200612-00010008-goal-000-2-view

先発のFW南野拓実が1ゴール1アシスト! リバプールは練習試合で6発完封 

20200612-43480913-gekisaka-000-2-view




1: 2020/06/12(金) 05:37:17.17
 リバプールは11日に練習試合でブラックバーンと対戦し、6-0で勝利。先発出場のFW南野拓実は前半23分にMFナビ・ケイタのゴールをアシストすると、前半終了間際にチーム3点目を挙げた。11日、クラブ公式サイトが詳細を伝えている。

 リバプールは本拠地アンフィールドで練習試合を実施。地元紙『リバプールエコー』によると無観客で行われ、先発メンバーはGKアリソン・ベッカー、DFトレント・アレクサンダー・アーノルド、DFジョー・ゴメス、DFフィルヒル・ファン・ダイク、MFジェームス・ミルナー、MFファビーニョ、MFジョーダン・ヘンダーソン、ケイタ、MFアレックス・オクスレード・チェンバレン、FWサディオ・マネ、そして南野となっている。

 試合はリバプールが6-0で勝利した。前半10分にマネが先制点を挙げると、同23分には南野のパスからケイタが追加点。さらに南野は前半終了間際、ゴール右隅に流し込んでチーム3点目を挙げた。後半22分にはDFジョエル・マティプが、その1分後には18歳DFキ・ヤナ・フーフェルがゴール。そして18歳MFレイトン・クラークソンがダメ押しの6点目で試合を締めている。

 プレミアリーグは今月17日から再開。延期されていた第28節の未消化分2試合を終えた後、その週末に第30節が開催される。リバプールは21日、敵地でエバートンと対戦する。

https://news.yahoo.co.jp/articles/9f2c3091dcce2186ff109681d4f3ede8c1e8432b
6/12(金) 5:33配信

A=アーノルド、南野拓実の言語学習能力を絶賛「これまで見てきた中で一番」 メッシorロナウドの質問には… 

20200323-00010026-goal-000-3-view

南野 延長後半出場も得点絡めず…敗退に悔しさ吐露「これをいい経験と言ってるほど若くない」 

20200312-00000190-spnannex-000-1-view




1: 2020/03/12(木) 18:36:52.46
◇欧州チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦第2戦 リバプール2―3アトレチコ・マドリード(2020年3月11日 リバプール)

欧州チャンピオンズリーグ(CL)は11日、決勝トーナメント1回戦第2戦が行われ、昨季王者リバプール(イングランド)はホームでアトレチコ・マドリード(スペイン)に延長の末に2―3で敗れ、2戦合計2―4で敗退した。

リバプールの日本代表MF南野拓実(25)は2―2(2戦合計2―3)の延長後半8分から出場し、欧州CLで移籍後初出場を果たしたが、得点に絡めなかった。2戦合計1―1で突入した延長戦で、同2―1と勝ち越した後にGKアドリアンのパスミスなども絡んで3失点。連覇の夢が破れ、南野は「すごく残念ですね。優勝を目指していたチームでしたし、そのクオリティーもあるチームだと思うので。今日の試合も、うまく戦っていたと思うし。その中で、選手1人のミスではないですけど、チーム全体としての1つのミスが大きく試合を分けてしまうんだなということを思い知らされたゲームでしたね」と振り返った。

2戦合計で1点を追う状況で投入され「ゴールを取ることだけでしたね」。FWフィルミノに代わってトップ下に入ると、最前線から中盤、右サイドと幅広く動いた。延長後半12分、パワープレーで前線に上がったDFファンダイクへ右サイドから好クロスを送ったが、惜しくも相手選手に阻まれた。終了間際にはペナルティーエリア左でドリブルで仕掛け折り返したものの、これも相手がクリア。「(手応えは)何もないですね。別にこれをいい経験と言ってるほど若くないし。この中で何かを残したかったという気持ちですね」と悔しさをにじませた。

今シーズン前半は前所属のザルツブルク(オーストリア)で欧州CL1次リーグに自身初めて出場し、リバプールでは決勝トーナメントを初めて経験した。「CLの決勝Tに残るチームはグループ(1次)リーグとは強度とか戦術とか、そういう部分がやっぱり違うなと思いました。相手(Aマドリード)も戦い慣れていたし、俺らが逆転してもワンチャンスでひっくり返してくるようなメンタリティーとかも持っていたし、そういう戦い方とかも知っていたし。ザルツブルクでは、もうちょっと勢い任せの部分はあったけど、多分それだけじゃあ決勝Tは戦えないと思うし。経験とかクオリティーという部分のレベルは上がってくるのかなと思います」と貴重な経験について語った。

リバプールはイングランド・リーグ杯、FA杯、欧州CLで敗退し、今季残るタイトルは30季ぶりのリーグ制覇へ首位を独走するプレミアリーグのみ。「個人的にはプレミアの優勝に貢献できるように、試合に出たら頑張りたいと思います」と気持ちを切り替えた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200312-00000190-spnannex-socc
3/12(木) 16:52配信

<英メディア>“南野不出場”に疑問符!「やる気を削ぐ懸念」「じっくり適応させる意向」 

1: 2020/03/10(火) 17:53:32.30
リバプールは現地時間7日、プレミアリーグ第29節でボーンマスと対戦し、ホームで2-1と勝利した。エジプト代表FWモハメド・サラー、セネガル代表FWサディオ・マネのゴールで逆転勝利を収めた一方、ベンチ入りした日本代表MF南野拓実に出番は訪れなかった。英メディアは「リバプールファンはクロップの決断に困惑」と見出しを打って取り上げている。

 2月29日に行われた第28節ワトフォード戦で0-3と完敗を喫したリバプールは、中2日で臨んだFA杯チェルシー戦も0-2で落とし、公式戦2試合連続の無得点、第27節ウェストハム戦(3-2)から3試合連続の複数失点と攻守にわたり調子を落としていた。ボーンマス戦でも、試合開始早々の前半9分に先制点を与える苦しい展開に。

 それでも本拠地アンフィールドで無類の強さを誇るリバプールは、0-1で迎えた前半24分、高い位置でボールを奪ったマネがペナルティーエリアまでドリブルで運び、相手守備陣を引きつけながら横パスを供給。少しズレてしまうも、ボールを受けたサラーが相手DFの股を通すシュートでゴール右隅へと流し込んだ。さらにその9分後、ハーフウェーライン付近でオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクがパスカットすると、そのままスルーパスを前線に送る。抜け出したマネが相手GKとの1対1を冷静に制し、逆転ゴールを決めた。

 リーグ戦でのホーム22連勝を飾った一方、ベンチ入りしていた南野には最後まで出番が回ってくることはなかった。この試合、ユルゲン・クロップ監督は後半39分に元イングランド代表MFアダム・ララーナ、後半アディショナルタイムにベルギー代表FWディボック・オリギを投入したが、交代枠の残り1枚を使うことはなかった。

 英メディア「フットボール・ファンキャスト」は「リバプールファンはクロップの決断に困惑」と見出しを打ち、ララーナの投入について「数多くのサポーターにとって、この交代は理解ができないものだったようだ」と指摘。さらに「特に南野拓実が試合を通してベンチに取り残されたことに落胆を隠せなかった」と取り上げている。

「クロップはイングランドサッカーの厳しさに対し、じっくり適応させる意向」

「未出場が彼のやる気を削ぐ可能性を懸念している」と綴り、「おそらくクロップはイングランドサッカーの厳しさに対し、じっくり適応させる意向である」としつつも、ボーンマス戦については「比較的容易に彼をピッチで紹介するうえで完璧なタイミングだった」と主張していた。

 公式戦連敗を喫していたリバプールは、悪い流れを断ち切るべくボーンマス戦では勝利が必須な状況だった。2-1と拮抗していたこともあり、クロップ監督も新戦力の起用ではなく、計算の立つ手堅い采配に踏み切ったのかもしれない。

3/10(火) 16:50配信フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200310-00250821-soccermzw-socc

写真
no title

リバプール南野拓実、もがく日々から脱却へ 「結果出さないと」3試合0得点 

20200307-00371322-usoccer-000-2-view




1: 2020/03/07(土) 10:09:59.61
リバプールに所属する日本代表FW南野拓実が“飢え”を口にした。

今冬、ザルツブルクからリバプール入りを果たした南野。ここまで公式戦6試合に出場しているが、
ゴール・アシストはともになく、チームとして30年ぶりのリーグタイトルとなるプレミアリーグ制覇にまい進する状況のなかで、新天地イングランドでもがいている。

そんな南野が『リバプールFC.com』のインタビューに登場。個人の出来を振り返
「この3カ月間はかなり幸せを感じるところもありますけど、個人的にゴールやアシストで貢献したいです。
そこに関してはすごくハングリーです」と述べ、結果を出したい心境を口にした。

「どれだけまだ学ぶ必要があるかわかりません。日々、彼(ユルゲン・クロップ)の哲学に対する理解が深まっているように感じていますけど、結果を出さないといけません。チームメイトやサポーターから信頼を得るためにすごく重要だと思っています」

「ここに来て、3カ月が経ち、多くのゲームに出られず、プレータイムもそんなに長くないですけど、それは言い訳にならないと思っています。チームメイトに主張して、自分のことを理解してもらうためにも自分のすべきことをやるだけです」

「このチームのことをまだ完全に理解しようとしているところですが、待ってはいられません。即座にインパクトを残して、チームに貢献するためにも、日々ベストを尽くしています。
チャンスは限定的ですが、監督が求めたとき、その期待に結果で応えていかないといけません」

そして、テーマは変わり、今季初となる公式戦2連敗中のチーム状況に。3日に行われたFAカップ5回戦のチェルシー戦を落としたことで、
タイトル獲得の可能性がある大会はプレミアリーグとチャンピオンズリーグ(CL)の2つのみになる。南野は公式戦3試合ぶりの勝利に向け、サポートを求めた。

「CLとプレミアリーグのタイトルに100%フォーカスしていくのが本当に重要です。もちろん、一部のタイトルが獲得できなくなり、明らかにすごく残念な思いがありますけど、それを糧にしていかないといけないです」

「次の試合に勝つことで、この残念感は払拭できます。ラッキーなことに、僕らはすごくタイトなスケジュールで、週末に次の試合があります。次の試合に勝つこと、トレーニングに集中することで、敗戦を振り返らなくなります」

「僕らはネガティブになっていません。次戦の勝利だけを考えています。ドレッシングルーム内の空気はすごくポジティブで、日々のトレーニングもそういう雰囲気のなかで積極的に励めています」

「ファンからのサポートはいつだってポジティブなエネルギーになります。こうした難しい状況から抜け出すためにも、彼らのサポートは本当に大きいです。
この良い雰囲気は僕らの大きな手助けになります。アンフィールドでのサポートも常に僕ら選手たちの励ましになっています」

「サポーターからもらうエネルギーはすごく重要です」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200307-00371322-usoccer-socc
3/7(土) 8:30配信



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索