Samurai Goal

南野拓実


スポンサード リンク





南野を持ち上げ過ぎるべきではない。トラップやターンの質はまだ香川のほうが上だ 

1: 2018/10/13(土) 17:15:18.97 _USER9
10/13(土) 17:00配信
南野を持ち上げ過ぎるべきではない。トラップやターンの質はまだ香川のほうが上だ

ピッチの外から試合を観察していた長友佑都が「(攻撃面で)ちょっとチグハグな部分があった」と言うように、パナマ戦の日本はどこか組織美を欠いていた。
 
 スコアこそ3-0だが、内容的にはまだまだというのが正直な感想だ。確かに、2ゴールに絡んだ南野拓実は結果を出した。しかし、衝撃的というほどの活躍ぶりではなかった。
 
 例えば先制点のシーン。「イメージ通りではなかったけど、なんとか前を向いてゴールにつなげられて良かった」と南野自身が認めるとおり、トラップのところで少しミスをしているように見えた。
 
 4-2-3-1に近いシステムでトップ下を担った南野は「前を向いてリズムを作る必要があった」と話していたが、その点に限れば十分ではなかったのではないか。
 
 なにより気になったのは、トラップのクオリティ、そしてCFの大迫勇也にそこまで効果的なスルーパスを入れられなかった点だ。「僕が前を向いて迫君が動き出した時にスルーパスを増やせれば」という南野のコメントからも、改善の余地があることは明確だ。
 
 走った状態でのトラップやターンの質は、現状で南野よりも香川真司のほうが上ではないだろうか。


 香川は足もとに入ってくるボールの処理が抜群に上手い。それを動いたままでもかなり正確にボールを収めて、スムーズに味方へとつなぐ香川に比べると、この日の南野は仕掛けや崩しの局面でスムーズさをあまり出せなかった。だから、現時点で南野を持ち上げ過ぎるべきではない。
 
 ポイントのひとつは次のウルグアイ戦(10月16日)。南米の強豪を相手にどんなパフォーマンスを披露できるか。森保ジャパンで確固たる地位を築くには今後、チャンスメイクの部分で香川以上の輝きを示す必要がありそうだ。
 
取材・文:白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181013-00048613-sdigestw-socc
no title

南野拓実 代表2試合連続ゴール!病魔と闘う戦友の前で新世代エース誕生!「代表に定着したい」 

1: 2018/10/13(土) 09:14:13.56 _USER9
<国際親善試合:日本3-0パナマ>◇12日◇デンカS

新エース候補のMF南野拓実(23=ザルツブルク)が代表2試合連続ゴールを決めた。日本(FIFAランク54位)はパナマ(同70位)と初対戦し、前半42分に南野が左足で先制点を奪うなど3-0で完勝。オーストリア1部で5連覇中の強豪で活躍する南野は、森保一監督(50)の初陣となった9月のコスタリカ戦に続くゴールで2連勝を呼び込んだ。日本は16日に埼玉でワールドカップ(W杯)8強のウルグアイ(同5位)と対戦する。

これが新エース候補の力だ。南野は前半42分、青山の縦パスを受け、DFのマークにあいながらも体の強さを見せて倒れずにターン。ゴールに向かってGKとの1対1も落ち着いて左足でゴールへ流し込んだ。

「ターンは狙い通り。スペースもあったし、前を向くことが今日は必要やなと思っていた。シュートも余裕を持って打てた」。森保ジャパン2連勝の流れを作る先制点に、両手を突き上げて喜びを爆発。国際Aマッチ4試合目で、初得点を刻んだ9月のコスタリカ戦に続くゴールを決めた。

約3年ぶりに代表復帰したコスタリカ戦を経験し「代表に定着したい」と、より貪欲になった。そのために5季目のザルツブルクで結果を残すこと。オーストリアリーグでは今季、ここまで9試合2得点で開幕10連勝に貢献。屈強な欧州選手らを相手に174センチの体でもフィジカル勝負では譲らず、公式戦では計5得点で9月以降は先発4試合で4得点と絶好調。一方で「大事にしているのは目の前の練習、試合だけに集中すること」と平常心は忘れなかった。

戦友の存在も原動力になった。この日、11年U-17W杯メンバーのDF早川史哉(24=新潟)が観戦に訪れた。16年に急性白血病に倒れた早川は同11月に骨髄移植手術を受け、現在は練習に復帰。友が病魔と闘う姿に、南野は「史哉が頑張っているから俺も頑張れる」と力をもらった。9、11日には練習場を訪問した早川と再会。南野は「あいつのためにゴールしたいなと思っていたから決められて良かった」。友情の深さを結果で示し、早川も「拓実なら決めてくれると思っていた」と喜んだ。

この日はセットプレーのキッカーも任された。2試合連続の先発で前回は2トップの一角、今回はトップ下と攻撃での柔軟性を示した。「いいアピールを表現できた。でも次が強豪(のウルグアイ)。出ることがあれば、そこで結果を残したい」。23歳の成長曲線は先が見えないほどの可能性を秘めている。9番を背負う南野の背中はまた一段と大きくなった。【小杉舞】

◆監督初陣から2戦連発 93年のJリーグ発足以降で2戦以上連発は過去2人いた。岡田武史(97年)体制での呂比須ワグナーが3戦連発、ハリルホジッチ(15年)体制での岡崎慎司が3戦連発。それに続き、南野と伊東がそろって達成した。「アベック」での達成は初めて。なお初陣からの最長記録は釜本邦茂の4戦連発で、長沼健(72年)、二宮寛(76年)体制時に達成している。

<南野拓実(みなみの・たくみ)アラカルト>

▼生まれ 1995年(平7)1月16日、大阪・泉佐野市。174センチ、67キロ。家族は両親と兄。

▼C大阪育ち C大阪ユース時代の12年11月17日大宮戦に17歳でJリーグデビュー。トップ昇格の13年3月2日新潟戦でクラブ史上初の高卒新人で開幕先発。13年はJリーグベストヤングプレーヤー賞受賞。俳優岡田将生に似たイケメンで当時から人気者に。

▼欧州移籍 15年1月にオーストリア1部ザルツブルク移籍。5年目の今季は第10節を終え、9試合2得点で開幕10連勝に貢献。

▼代表 各年代の代表に選ばれ、14年W杯ブラジル大会予備登録メンバー、16年リオデジャネイロ・オリンピック代表。日本代表はハリルホジッチ体制の15年10月13日イラン戦でデビュー、通算4試合2得点。

▼趣味 読書。

10/13(土) 7:51配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181013-00360294-nksports-socc

写真
no title

【速報】日本代表 vs パナマ代表 日本代表選手交代 

伊藤純也-7-700x466





【速報】日本代表 vs パナマ代表 日本代表がさらに追加点 

伊藤純也-7-700x466





【速報】日本代表 vs パナマ代表 日本代表選手交代 

伊藤純也-7-700x466


【速報】日本代表 vs パナマ代表 日本代表選手交代 

6f80ed581038ab71acb45ff1b22774e504d752dd_xlarge

【速報】日本代表 vs パナマ代表 日本代表が追加点 

伊藤純也-7-700x466


【速報】日本代表 vs パナマ代表 日本代表が先制点 

6f80ed581038ab71acb45ff1b22774e504d752dd_xlarge

【速報】日本代表 vs パナマ代表 試合終了 

伊藤純也-7-700x466


【速報】日本代表 vs パナマ代表 日本リードで前半終了 

6f80ed581038ab71acb45ff1b22774e504d752dd_xlarge



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索