Samurai Goal

南野


スポンサード リンク





南野が「8ヤードから誤射」 サラーから“ギフトパス”もシュートミス…海外メディア辛辣 

20200202-00244380-soccermzw-000-2-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/02/02(日) 09:36:30.76 ID:Srq6lBSF9
途中出場の南野、サラーからお膳立ても決定機逸「ゴールが手中にあったはずだが…」

リバプールは現地時間1日、プレミアリーグ第25節でサウサンプトンと対戦し、4-0で完勝を収めた。
日本代表MF南野拓実は後半36分に途中出場し、エジプト代表FWモハメド・サラーのパスからゴール前で決定機を迎えるも、
シュートはゴール右上の枠外に逸れてしまった。海外メディアは「8ヤードから誤射した」と厳しく指摘している。

前半はインテンシティーの高い一進一退の激しい攻防が繰り広げられたが、後半に入るとサウサンプトンに疲れの色が見え始め、一方的な試合展開に。
カウンターからリバプールが立て続けにゴールを奪い、最終的には大量4ゴールのワンサイドゲームとなった。
南野は3-0で迎えた後半36分に、オランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥムに代わって投入された。

そして左ウイングに入った南野は、後半41分に決定機を迎える。カウンターからサラーが右サイドを突破。
力強いドリブルで相手守備陣を切り裂きペナルティーエリア内に侵入すると、切り返してシュートコースを生み出すも横パスを選択。
走り込んだ南野がフリーで右足を振り抜いた。しかしゴール右隅を狙ったシュートは、わずかに枠の外へと逸れていった。

南野の痛恨シュートミスに、米スポーツ専門局「ESPN」は「ゴールが手中にあったはずだが、どういうわけか8ヤード(約7.3メートル)から誤射した」と厳しく指摘。
サラーからの“ギフト”により、移籍後初ゴールが目前に迫っていたものの、ビッグチャンスを棒に振ってしまう結果となった。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200202-00244380-soccermzw-socc
2/2(日) 9:30配信

2019年のサッカー「久保レアル!安部バルサ!中島ポルト!堂安PSV!リバプール南野!」 

images111




1: 風吹けば名無し 2020/01/01(水) 21:09:07.38 ID:zsMQI3O60
ここまでステップアップな一年なかなか無いよね

クロップ監督、南野拓実について多くを語らず、日本人の特徴に言及!香川への指導は「最高の経験」  

1: Egg ★ 2019/12/14(土) 07:33:52.41 ID:4pRFmU+X9
ユルゲン・クロップ監督は、リヴァプール移籍が報じられる南野拓実について多くを語らなかったものの、日本人選手の特徴に関して口を開いた。

【動画】南野拓実、英紙でチーム最高評価…アンフィールドでスーパーボレー弾

今シーズン、チャンピオンズリーグ(CL)で、台風の目になることを期待されたザルツブルクの主力として活躍した南野。アンフィールドでの一戦で1ゴールを挙げてサポーターを魅了すると、先日のリヴァプール戦でも大きなインパクトを残した。そして、CL最終節の翌日以降、イギリスメディアが一斉にリヴァプールが南野獲得に動くと報道し、一部では来冬の移籍が確実視されている。

そんな中、14日に行われるワトフォード戦前の会見に出席したクロップ監督は、その場にいた日本人記者が挙手した際、「なぜ君はここにいるんだ?」と冗談交じりに言及。さらに「私たちはこれから頻繁に会うことになるだろうね」と日本代表MFの獲得を示唆するような発言を残している。

南野についての質問には「今言えることは何もない」と移籍についてのコメントを控えた一方で、「彼はとても良い選手だと言うことができる。しかし、ザルツブルクにはまだまだ見たいと思える以上の選手が何人もいた」と言葉を選びながら言及した。

また、南野の代わりにドルトムント時代に指導した香川真司について問われた同指揮官は「彼のことは大好きだ。最高で、スマート。シンジとの仕事は大好きだったし、最高の経験だった」と話し、日本人選手の特徴について自身の見解を示した。

「なぜかって?シンジに会うまで日本人選手のことについてほとんど知らなかった。私たちは彼の映像を見て、そして契約したんだ。確信はなかったが、最初のトレーニングの後の控え室で、コーチみんなで“オーマイゴッド!スーパープレーヤーを獲得した”と言いながら抱き合ったよ」

「日本人選手の姿勢は素晴らしく、スマートだ。いつも本当に良いテクニックを持っていて、運動量も素晴らしく、本当にダイナミックで、ナイスガイだ。今でも彼のキャリアを追っている。最高の経験だった」

GOAL12/14(土) 7:12配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191214-00010001-goal-soc

写真
no title


【サッカー】<複数の英メディア>リバプール、南野拓実を来年1月獲得合意と報道!移籍金10.4億円。ザルツブルクSDクラブ間交渉認める★6
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1576233715/

【サッカー】<南野拓実獲得を進言したのは選手たち!>リヴァプール、セレッソ大阪時代から注目していた日本代表FWを1月獲得へ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1576207814/

ザルツブルクがヴォルフスベルガーを撃破…ハーランド今季5度目のハットで18戦26発、南野は1アシスト  

20191111-00010010-goal-000-1-view[1]




1: 伝説の田中c ★ 2019/11/12(火) 19:50:17.57 ID:m+u2Krls9
現地時間10日、オーストリア・ブンデスリーガ第14節、ヴォルフスベルガーvsザルツブルクの一戦が行われた。

この試合では開始4分、南野拓実がペナルティエリア左側からグラウンダーのクロスを入れる。そのボールをアーリング・ハーランドが左足でコースを変え、序盤でザルツブルクは先制に成功。

その後はなかなかスコアの動かない展開が続いたが76分、途中出場パトソン・ダカが左サイドを縦に抜けクロスを放つと、中に飛び込んだハーランドがダイレクトで合わせザルツブルクが追加点。

88分には再び左サイドのダカがクロスを入れ、ハーランドが合わせハットトリック。試合はこのまま0-3で決している。

この試合で1アシストの南野は83分まで出場し、奥川雅也との交代でベンチへ退いている。

ザルツブルクは14試合を消化して12勝2分けとなり、リーグ首位をキープ。また、この試合で3ゴールのハーランドは、今季公式戦5度目のハットトリックをマークした形に。リーグ戦のみでハーランドは12試合15ゴール6アシストというハイアベレージだが、UEFAチャンピオンズリーグ、国内カップ戦を含めると、公式戦18試合26ゴールという数字に達し、怪物ぶりをアピールしている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191111-00010010-goal-socc

伊王者ユベントス、南野の同僚FWに120億円を準備か レアル、マンUとの争奪戦へ  

20191105-00227333-soccermzw-000-1-view[1]




1: 伝説の田中c ★ 2019/11/06(水) 23:23:45.27 ID:GEjw80PL9
 イタリア王者ユベントスは、今季のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)でブレイクしているオーストリア1部ザルツブルク所属のノルウェー代表FWエルリング・ホランドの獲得に向け、1億ユーロ(約120億円)を準備しているという。イタリア紙「トゥット・スポルト」が報じた。

 ザルツブルクで日本代表MF南野拓実と同僚のホランドは、ここまでCLでは前回王者でイングランドの名門リバプール、イタリアの強豪ナポリ、ベルギーのヘンクと同居するグループで3試合を消化し、6ゴールという爆発的な得点力を見せて一躍ヨーロッパで注目を集めている。

 ユベントスは2000年生まれと次世代のストライカー候補になり得るノルウェー代表FWホランドに対し、1億ユーロ(約120億円)のオファーを準備しているという。すでにスペインの強豪レアル・マドリードや、イングランドの名門マンチェスター・ユナイテッドが獲得に乗り出しているとも報じられるなか、マネーゲームを辞さない構えのようだ。

 ザルツブルクはホランドの爆発もあり、CL3試合で12得点という強烈な攻撃力を誇示。改めてCLの舞台での活躍は、欧州における選手の価値を急激に上昇させるものだと示している。

 果たして、ホランドはビッグクラブ行きを選ぶのか。そしてその時には、どれほどの移籍金とともに活躍の場を移すのかも、注目となりそうだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191105-00227333-soccermzw-socc

森保監督、明言! 香川&新ビッグ3“完全融合”させる!  

1: 江戸領内小仏蘭西藩 ★ 2019/03/22(金) 06:04:40.05 ID:82+WbP/X9
3/22(金) 5:30配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190322-00000007-spnannex-socc
no title


 ◇キリンチャレンジカップ2019 日本―コロンビア(2019年3月22日 日産ス)

 日本代表は22日、キリンチャレンジカップ・コロンビア戦(日産ス)に臨む。前日会見に出席した森保監督は、新旧メンバーの“完全融合”を明言。6~7月の南米選手権(ブラジル)、秋からのW杯カタール大会アジア2次予選も見据えた、MF香川真司(30)と新ビッグ3との共演が実現する。

 森保監督が“完全融合”を明言した。「アジア杯で主力として戦った選手と、また新たに加わった選手も交えながら編成をして戦いたい」。コロンビア戦のメンバー編成の意図をこう説明。融合の肝は、森保ジャパンで攻撃の核を担ってきた中島、南野、堂安と、香川の共演だ。

 香川の主戦場はトップ下。トップ下には指揮官が就任以来、12試合中10試合で南野を先発に起用してきた。それだけ替えの利かない配役だったが、香川の招集で初めてトップ下争いが勃発する。

 ただ、単純な入れ替えの構図は取らない。南野を1トップに上げ、香川をトップ下に入れて共存させる可能性も。南野はこの日「1トップに入ってもできる。イメージはサコ(大迫)くんのように前で起点となって存在感を出すこと」と説明した。

 新ビッグ3と香川との融合は6月開幕の南米選手権、そしてW杯2次予選を見据えた狙いでもある。会見では「これからの伸びしろを見せてもらえるように」と期待を寄せた。融合がどこまで進むか、今回のテーマがいよいよ始動する。 (波多野 詩菜)



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索