Samurai Goal

医療従事者


スポンサード リンク





日本代表DF長友佑都が”太っ腹” マスクを医療従事者に届けるプロジェクトに『500万円』寄付 

20200417-00010000-chuspo-000-1-view




1: 2020/04/17(金) 10:10:04.15
 サッカーのトルコ1部ガラタサライに所属する日本代表DF長友佑都(33)が16日、自身の公式ツイッターで、新型ウイルス禍で不足しているマスクを医療従事者に届けるクラウドファンディングに500万円を寄付したことを明かした。

 「院内感染の恐怖の中で自分の危険もかえりみず、かけがえのない命を救ってくださっている医療従事者の皆様に心から感謝します」と医師や看護師など不眠不休で稼働する医療従事者に謝意を示すとともに、「少しでも支えることができればと思い、500万円を寄付させていただきました。みんなの力でマスクを届けましょう!」とつづった。

 「#マスクを医療従事者に」のハッシュタグで特定非営利活動法人ジャパンハートが展開しているクラウドファンディングで16日午後11時に募集が終了。寄付者は計算1万5195人で総額1億5271万2000円が集まった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200417-00010000-chuspo-socc

<田嶋幸三>「今、最前線で闘っているのは医療従事者。彼らや家族が差別や偏見に苦しんでいると聞く。あってはならない」 

kyodo_kd-newspack-2020041101001839_0-enlarge




1: 2020/04/11(土) 17:21:44.47
新型コロナウイルス感染から復帰した日本サッカー協会の田嶋幸三会長がウェブ上でインタビューに応じ、

医療従事者が差別や偏見に苦しむ現状への憤りを口にした。経験から感じ取ったウイルスの恐ろしさ、在宅勤務の重要性も語った。

「今、見えない敵と最前線で闘っているのは医療従事者。彼らや家族が差別や偏見に苦しんでいると聞く。あってはならないことだ。

欧州では拍手をささげる運動もある。いつもワールドカップ(W杯)予選を戦う日本代表を応援していただいている。

今は彼らが日本代表だ。拍手を送って応援するとともに、物資も含めて最大限の支援をしてもらいたい」

共同通信 / 2020年4月11日 17時5分
https://news.infoseek.co.jp/article/kyodo_kd-newspack-2020041101001839/

サッカー選手が提案 コロナと戦う医療従事者たちに感謝の拍手を JFAが動画公開 

20200408-04080182-sph-000-1-view




1: 2020/04/09(木) 18:32:24.01
サッカーの海外クラブに所属する選手たちが8日、動画配信サイト「You Tube」の「JFA TV」に新型コロナウイルスと戦う医療従事者への感謝を込めたメッセージ動画を投稿した。

この日配信されたのは、日本代表の主将を務めるDF吉田(サンプドリア)、なでしこジャパンの主将DF熊谷(リヨン)、MF乾(エイバル)、FW岡崎(ウエスカ)、DF冨安(ボローニャ)、MF本田(ボタフォゴ)の6人分。吉田は他の選手などとの協議の上、日本時間の20時に感謝の気持ちを込めて拍手を送ることを提案。本田以外の5人もそれぞれ拍手で動画を締めくくっている。

本田は、世界に向けて英語でメッセージを発信。全ての医療関係者に感謝の気持ちを伝えた。また、熊谷は「行政や物流関係、生活必需品を提供してくれる方々にも感謝しています」と表明。多くの人へのリスペクトをあらわした。

欧米諸国では、医療従事者への感謝と応援の気持ちを込め、決まった時間に拍手を送ることがある。日本でもサッカー界からの発信で、感謝を示す連帯が始まるかもしれない。

ソース/デイリー
https://www.daily.co.jp/soccer/2020/04/09/0013257577.shtml

吉田麻也
https://www.youtube.com/watch?v=qY84SzW0ttg


岡崎慎司
https://www.youtube.com/watch?v=pml1S2gdXYc


乾貴士
https://www.youtube.com/watch?v=SuNQlWbchI8


熊谷紗希
https://www.youtube.com/watch?v=p4wVEjokLXU


冨安健洋
https://www.youtube.com/watch?v=yvhY3zTFaho



本田圭佑
https://www.youtube.com/watch?v=XXLfTij_03M


海外組が医療従事者にエール 本田圭佑「一緒に乗り越えよう」―新型コロナ 

20200408-04080182-sph-000-1-view




1: 2020/04/09(木) 07:59:09.93
4/8(水) 21:47配信 時事通信

 新型コロナウイルス感染拡大により、政府から緊急事態宣言が発令された中、海外クラブに所属する日本のサッカー選手が8日、母国や世界中の医療従事者に向け、日本協会のユーチューブ公式チャンネルを通じて動画でメッセージを送った。

 日本代表主将の吉田麻也(サンプドリア)は「自身の感染リスクを顧みず、目の前で戦ってくださっている皆さんへエールと感謝の気持ちを伝えたい」と述べ、日本女子代表(なでしこジャパン)主将の熊谷紗希(リヨン)は「私たちも一人一人ができることを自覚し、責任ある行動をしていこう」と呼び掛けた。

 元日本代表の本田圭佑(ボタフォゴ)は英語で「一緒にこの危機を乗り越えよう。私たちはできる、皆さんはできると信じている」と言葉に力を込めた。 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200408-00000136-jij-spo



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索