Samurai Goal

北京国安


スポンサード リンク





<ガレス・ベイル>世界最高の年俸約70億2000万円で中国行きか?週給約1億3500万円..  

1: Egg ★ 2019/07/23(火) 13:11:49.72 ID:FYR+QPM19
写真
no title


スペイン1部レアル・マドリードのウェールズ代表FWガレス・ベイル(30)が、破格の年俸を手にする可能性が浮上している。

退団が決定的となったベイルは、移籍先としてイングランド・プレミアリーグのトットナムなど複数の欧州クラブの名前が挙がる中、スペイン紙「マルカ」などは中国1部の北京国安や江蘇蘇寧が獲得の意向を持つと報じている。

 中でも北京国安はビッグマネーを用意。英紙「デーリー・ミラー」によると、週給100万ポンド(約1億3500万円)を予定しているという。年俸にすると、約70億2000万円で世界最高額となるが、果たして実現するのだろうか。

7/23(火) 11:31配信 東京スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190723-00000015-tospoweb-socc

レアル・マドリー退団決定的のベイル、移籍先は中国になる模様…スペインメディアが一斉に報道  

20190722-00010007-goal-000-1-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/07/22(月) 10:12:51.54 ID:YzF6kuM89
レアル・マドリー退団が決定的となったMFガレス・ベイルの移籍先は、どうやら中国となりそうだ。スポーツ紙『マルカ』と『アス』など、スペインメディアが一斉に報じている。

先に行われたインターナショナル・チャンピオンズ・カップ、バイエルン・ミュンヘン戦で招集外となったベイル。試合直後にジネディーヌ・ジダン監督は、その理由について「なぜならクラブが放出に動いているからだ。明日にでも決まればいい」と、退団が既定路線となっていることを明かした。

『マルカ』と『アス』によれば、ベイルの移籍先は中国になることが濃厚であるという。ベイルの代理人ジョナサン・バーネット氏はマンチェスター・ユナイテッド、バイエルン、パリ・サンジェルマンなどに売り込みをかけたようだが、最終的に中国の2クラブから届いたオファーを取り扱っているという。なおバーネット氏は、ベイル退団を明言したジダン監督を「彼は横暴だ。敬意というものを持ち合わせていない」と批判したが、『マルカ』曰くレアル・マドリーは同氏が試合での起用を控えるよう求めてきたと主張しているようだ。

ベイル獲得を目指す中国の2クラブは、インテルの株式70%を保有する蘇寧電器グループが経営する江蘇蘇寧と、北京国安。どちらもベイルがレアル・マドリーで受け取る年俸額(1450~1700万ユーロ)を賄う用意があるという。実際にベイルが移籍先としてどちらかのクラブを選択するとすれば、残る問題は移籍金となりそうだ。現在、中国のクラブが600万ユーロ以上の移籍金を支払う場合、その移籍金額と同額を中国フットボール発展ファンドに支払わなければならず、実質的に2倍の費用がかかる。そのため移籍金として提示できる額は必然的に少なくなり、レアル・マドリーとのクラブ間交渉は難航することも予想される。

果たして、ベイルはアジアに活躍の場を求めることになるのだろうか。いずれにしても移籍先は間もなく、数日中にも決定する見込みだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190722-00010007-goal-socc

元アーセナルMFが中国代表に!…カタールW杯で帰化選手を初招集 

20190531-00943018-soccerk-000-6-view[1]

<ACL>浦和が16強へ進出! FW興梠が日本人最多得点記録を更新、北京国安に3-0勝利 

20190521-00190478-soccermzw-000-4-view[1]

【速報】アジアチャンピオンズリーグ 浦和 3-0で勝利しグループリーグ突破! 

team_urawa

<ACL>北京国安の監督、主力温存の浦和レッズに不敵な笑み「バルサは同じことをやって負けた」  

1: Egg ★ 2019/05/20(月) 22:26:30.38 ID:DXHps2mD9
北京国安(中国)のロジャー・シュミット監督は、21日にAFCチャンピオンズリーグ(ACL)のグループステージ最終節・浦和レッズ戦の前日記者会見に出席。直近の試合で主力を温存した浦和についての質問に対し、「バルセロナは同じことをやって0-4で負けた」と不敵な笑みを浮かべた。

 全北現代(韓国)がすでに勝ち点12で1位通過を決めているグループGでは、浦和と北京が熾烈な2位争いを繰り広げている。3月の初戦は北京国安のホームで0-0と引き分け、勝ち点7で並ぶ両者の戦いは勝者が2位通過を確定させる。一方、引き分けた場合は0-0ならグループ全体の得失点差により浦和が突破、1-1以上なら直接対決のアウェーゴール数の差で北京国安が突破という状況にある。

 ブンデスリーガのレバークーゼンでも長らく指揮を執ったドイツ人指揮官は、「特別な局面になっている試合だと思います」とコメント。そして、グループステージ突破への自信をうかがわせた。

「まず浦和にはホームというアドバンテージがあるので、我々にとっては難しい試合になる。しかし、我々はここまで何週間もの試合で多くのチャンスを作っていろいろなゴールを決めているし、守備的にも良いパフォーマンスができている。面白い試合になると思っている。必ずゴールを奪って勝利に結びつけたい」

 一方で、先週末の国内リーグ戦で負傷した10番のチャン・シーチェについては「彼は筋肉の問題があり、日本に来られなかった」と欠場を明言。さらに、左サイドバックのレギュラーである中国代表DFリー・レイは出場停止と、2人の主力を欠く。逆に浦和は17日のJ1第12節・湘南ベルマーレ戦では大幅なターンオーバーを敢行して主力を多く休ませた。

「CLではバルセロナはリバプールに負けた。すべての答えは明日の結果になる」

 そのことについて問われたシュミット監督は、「非常に明日の試合を重要視していると感じる」と話す。一方で、先日行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)準決勝のリバプール対バルセロナの第2戦を引き合いに出した。

「しかし、これが良いことになるかは分からない。ヨーロッパのCLでは、同じようなことをしてバルセロナはリバプールに0-4で負けた。すべての答えは明日の結果になる」

 シュミット監督の話した通り、バルセロナは直近のリーグ戦となるセルタ戦で主力を完全に温存してCLに備えた。一方のリバプールは同様の状況でニューカッスル戦に主力も出場させ、エジプト代表FWモハメド・サラーが負傷してバルセロナ戦を欠場という状況に陥りながらも世紀の逆転劇を演じた。そうした事例を持ち出し、浦和の温存策に対して不敵な笑みを浮かべている。

 浦和戦に対してシュミット監督は「我々にとって明日は決勝戦のつもりで戦いたい」と決意を示した。ACLでの生き残りをかけた文字通りの決戦は、どのような結末を迎えるだろう

5/20(月) 19:39配信 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190520-00190268-soccermzw-socc

写真no title

<浦和レッズ>北京戦でボール支配率66.4対33.6(%)パス本数は616対316と2倍程度の差、シュートは0本 

GettyImages-1135525779-800x533




1: Egg ★ 2019/03/14(木) 09:02:40.46 ID:hzG00Yaz9
浦和レッズは13日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループリーグ第2節で北京国安(中国)と0-0で引き分けた。アウェーで貴重な勝ち点1を獲得したが、注目が集まったのはシュート数0という結果。『フォックス』アジア版は「ショッキング(衝撃)」との見出しで珍事を伝えた。

 ホームでの第1節ブリーラム・ユナイテッド戦を3-0で圧勝し、中国アウェーに乗り込んだ前々回のアジア王者。立ち上がりからおびただしい数のシュートがGK西川周作に打ち込まれると、防戦一方で反撃に出られるムードではなかった。

 AFC公式サイトによると、ボール支配率は66.4対33.6(%)。パス本数は616対316と2倍程度の差だったが、シュート本数は相手の20本に対し、浦和は0だった。記事では「彼らがゲームを支配することを期待した人たちは失望したかもしれない」と述べられている。

 とはいえ、圧倒的劣勢の中で勝ち点1を獲得できたことは光明。4月9日にはホームで全北現代戦を控えているが、「彼らのファンは90分間のうちに少なくとも1人の選手がシュートを打つことを望んでいるはずだ。幸運を祈る!」と期待が寄せられている。

3/14(木) 8:20配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190314-38155035-gekisaka-socc

「競争力を立証」 ACL韓・中・日の“明暗”に韓国紙が注目「無敗はKリーグが唯一」 

20190307-00174574-soccermzw-000-5-view[1]

<浦和レッズ>ACL北京国安戦に向けて観戦者へ注意喚起!緊迫 

urawa




1: Egg ★ 2019/03/11(月) 20:15:46.27 ID:VHtplFMf9
浦和レッズは11日、翌々日に控えたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループステージ第2節の北京国安戦についてアウェイ観戦における注意喚起を促した。 
 
3月13日に北京国安のホーム・北京工人体育場で行われる一戦。現在中国では全国人民代表大会(全人代)などの重要会議が開かれており、特に北京市は全面警戒態勢に入っていることから、これまで以上に緊迫した空気感の中で試合が開催されることが予想される。

クラブは、同試合にあたって「ファン・サポーターのみなさまが純粋にサッカーを楽しむことを目的としていることを中国当局に強調し、また試合会場においても柔軟な対応を働き掛けるよう要請しております」としながらも、現地へ向かうファン・サポーターに向けて「試合観戦以外における行動にも、くれぐれもご注意いただくよう、お願いいたします」と安全面での注意喚起を促した。

また、2017年のACLにおいて川崎フロンターレの一部サポーターが、アウェイの水原三星(韓国)戦で『旭日旗』を掲げ、アジアサッカー連盟(AFC)から処分を受けたことを例に出し、挑発的なバナーの掲出を自粛するよう求めた。

「AFCが定めるルールに基づき、対戦相手や会場に関わらず、混乱が予想される可能性のある応援アイテム(たとえば、『旭日旗』や『チェ・ゲバラ』が描かれているバナー類や衣類など)の使用については、自粛をお願いします」

さらに、在中国日本国大使館が掲載した『安全情報』には、「屋外に長時間滞在することになりますので、当日の気象条件にもよりますが、大気汚染対策(PM2.5対応のマスク携帯)及び防寒対策にも注意して下さい」と記しており、健康面での被害にも注意するよう呼びかけている。

3/11(月) 17:56配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190311-00010027-goal-socc

浦和レッズ、「旭日旗を持ち込まない」・・・ただしACLのみ[03/06]  

1: ハニィみるく(17歳) ★ 2019/03/06(水) 11:10:17.19 ID:CAP_USER
(写真)
no title


日本のウラワ・レドゥ・タイヤモンジュ(浦和レッドダイヤモンズ/以下、浦和)がファンに対し、ACLの試合での旭日旗の搬入自粛を要請した。

浦和は2019アジアサッカー連盟(AFC)チャンピオンズリーグで北京国安(中国)、ブリーラム・ユナイテッド(タイ)、そして全北現代とG組に編成された。韓国のチームである全北と、ホーム&アウェーのゲームを行う。

浦和はチャンピオンズリーグを控え、旭日旗の搬入禁止を下した。浦和は去る3日にホームページを通じて、「チャンピオンズリーグの初戦であるブリーラム戦を控えてお知らせします。AFCが定めた規則違反、混乱が予想されるアイテム(例=旭日旗、チェ・ゲバラが描かれた旗および衣類)使用の自粛をお願いします」と発表した。

浦和を始め、種目を問わず日本のプロチームの応援に旭日旗を頻繁に使用する。浦和もチャンピオンズリーグで旭日旗を使用した前例がある。

ただし、ACLに限って下された措置で少し心残りではある。浦和は、「AFCの運用規則とJリーグの運用規則は異なります。AFCが定めた規則に違反、混乱を招くアイテム使用の自粛をお願いします」とし、リーグなど国内大会の使用に対する言及はなく、チャンピオンズリーグに限って注意するよう要請した。

旭日旗は戦犯旗であるため、AFCはこれに対して直ちに措置を断行している。実際に去る2017年大会では、カワサキ・プロンタレ(川崎フロンターレ)のサポーターが旭日旗を使用して懲戒を受けた。 浦和もこの事例に言及して自粛を要請した。

ソース:NAVER/スポテレビニュース (韓国語)
https://sports.news.naver.com/kfootball/news/read.nhn?oid=477&aid=0000166736



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索