Samurai Goal

加藤久


スポンサード リンク





“殿堂入り”加藤久氏、「辞退しようかと思った」戸惑いを露わにする 

1 2018/09/11(火) 05:35:37.42 _USER9
9/11(火) 1:22配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180911-00326599-nksports-socc
no title


日本サッカー殿堂入りした加藤久氏(61)が10日、東京・文京区のJFAハウスで行われた掲額式典に出席した。68年メキシコ五輪日本代表選手らとともに掲額され「小学校6年生の時に見ていたすごい人たち。自分でいいのか、辞退しようかと思った」と話し「今でも釜本さんと会うと(緊張で)シャツがびしょびしょになる」と笑わせた。

宮城・仙台二高から早大入りし、3年の77年に日本代表入り。守備の要、主将として長く代表チームをけん引した。86年メキシコW杯予選、88年ソウル五輪予選では、世界まであと1歩と迫りながら惜敗。「僕らは神様から負ける使命を負わされた世代。でも、それがプロ化につながった」と苦しい時代を振り返った。

93年5月15日、Jリーグ開幕戦にV川崎の一員として出場。その後清水に移籍して、最後は再びV川崎で94年に引退した。現役選手でありながら91年には日本協会強化委員になり、94年には引退とともに強化委員長に就任した。「トップチームばかりがクローズアップされたが、育成をやらないといけないと思い、育成に予算をさいてもらった」と話した。この育成年代の強化が、プロ化とともに今の日本サッカーを支える。

指導者としてV川崎、湘南、京都などでJリーグ監督を歴任、磐田ではGMも務めた。11年、故郷の宮城・利府町が甚大な被害を負った東日本大震災後には、日本協会のJFA復興支援特任理事として支援活動に尽力した。

サッカー関係者はみな、親しみと尊敬を込めて「久(きゅう)さん」と呼ぶ。その久さんは「今年はイニエスタやトーレスら世界のスター選手がJリーグにきた。トップレベルが身近にいることは大事。まだまだ日本は成長する」と日本サッカーの今後に期待しながら話していた。

日本協会発表“殿堂入り”に元代表・加藤久、ラモス瑠偉の二名が決定!! 

b5c433674472117a279c3c1a390061fc_1533115071_2
1 2018/08/01(水) 18:44:12.04 _USER9
サッカー加藤、ラモス氏殿堂入り
日本協会が発表、ともに元代表
2018/8/1 18:35
©一般社団法人共同通信社

 日本サッカー協会は1日、元日本代表の加藤久氏(62)とラモス瑠偉氏(61)の日本サッカー殿堂入りが決まったと発表した。
投票選考による選出で、満票123票のうち加藤氏は109票、ラモス氏は93票を集めた。特別選考では1968年メキシコ五輪で銅メダルを獲得した日本代表チームが選出され、
掲額式典は9月10日に東京・日本サッカーミュージアムで行われる。

 加藤氏とラモス氏は現役時代に日本リーグの読売クラブ、JリーグのV川崎(現東京V)でタイトルを獲得し、ともに日本代表の中心選手として活躍した。
https://this.kiji.is/397321941083915361



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索