Samurai Goal

前園真聖


スポンサード リンク





前園真聖氏〝成功の条件〟を設定!「久保建英」は10ゴール&10アシスト...南野には「大胆なプレー」 

1: 2020/09/10(木) 12:31:14.53 _USER9
欧州主要リーグの新シーズンが開幕する。スペイン1部ビリャレアルの日本代表MF久保建英(19)は初戦(13日=日本時間14日)で元日本代表FW岡崎慎司(34)のウエスカと対戦。イングランド・プレミアリーグでリバプールに所属する同MF南野拓実(25)は12日(同13日)にリーズと激突する。注目される日本人スター選手の再スタートに元日本代表MF前園真聖氏(46=本紙評論家)が求める“成功の条件”とは――。

 久保がスペイン1部レアル・マドリードから期限付き移籍で迎える2季目。前園氏は「結果が求められるシーズンになります。昨季は新型コロナウイルスの影響で中断していたリーグの再開後、いいプレーを見せていましたし、そこから新チームでさらなる成長ができるか。そこが注目ポイントです」と指摘する。

 実際、加入したビリャレアルは今季の欧州リーグ(EL)にも出場する強豪クラブ。昨季の所属で2部に降格したマジョルカよりも高いレベルにあり、久保のポテンシャルを発揮しやすい環境にある。「それに名将の(ウナイ)エメリ監督(48)が獲得を望んだというのは大きな要素。信頼関係もあるので、あとは久保次第と言えます」

 今季のビリャレアルの2列目は昨季18得点を挙げたエースで、トップ下を務めるスペイン代表FWジェラール・モレノ(28)に、バレンシアから加入した元スペイン代表MFダニエル・ハレポ(31)ら実績十分の実力者が揃う。前園氏は「久保もマジョルカで経験を積んで自信がついているはずです。まずはチーム内の競争を勝ち抜いてほしい」とした。

 その上で「久保の仕事は得点に絡むこと。久保からのラストパスを決められる選手も多くいるので、確実にアシストは増えるでしょう。それに周囲の選手もうまいのでタイミング良くゴール前に飛び出していけば得点も期待できます。昨季の4ゴール4アシストを、ともに2桁(10ゴール10アシスト)にすることを目指してほしい」と高いノルマを課した。

 Rマドリードから来た助っ人という立場もあって周囲の見る目も厳しい。当然、プレッシャーは重くのしかかる。「そこを含めてサッカーですから。課題を克服し、ビリャレアルで結果(10ゴール10アシスト)を残せなければ成功とは言えませんし、来季もRマドリードではプレーできません。心身ともにタフになった久保ならやってくれる」と期待をした。

 また、前園氏はリバプールの南野にも注目している。今季公式戦初戦、リーグ戦王者とFA杯覇者によるコミュニティーシールド(8月29日)では加入後、初得点をマークし、評価も急上昇中。「時間をかけてチームになじみ(ユルゲン)クロップ監督(53)のやり方も理解したでしょう。昨季の経験を生かし、出番があったときは確実に結果を残していくことが求められます」と指摘する。

 リバプールは「世界最強3トップ」と言われるエジプト代表FWモハメド・サラー(28)、セネガル代表FWサディオ・マネ(28)、ブラジル代表FWロベルト・フィルミノ(28)が攻撃陣をけん引。南野もトップやトップ下で起用されている中、スタメンに定着するには3人をサポートしながら自らも目に見える結果を出すしかない。

 前園氏も厳しい競争のあるビッグクラブでの活躍を願っている。「今季初戦でゴールを決め、少しは重圧からも解放されたはず。チームメートの信頼も高まり、メンタル面でも余裕ができたと思います。パワーアップもしたようですし、これまでより大胆なプレーが見たい」と、さらなる進化を求めていた。

9/10(木) 11:00 東スポ
https://news.yahoo.co.jp/articles/4588d0903575de69808fe59bae7b9d08f2c7ff6f

写真
no title

<前園真聖>東京五輪目指す本田圭佑に注文!「久保建英を生かせるか」 

1: 2020/08/20(木) 18:05:29.24 _USER9
“日本の元エース”が真価を問われている。ブラジル全国選手権が開幕し、ボタフォゴに所属する元日本代表MF本田圭佑(34)も再スタートした。強豪クラブが集う大会で目標に掲げた東京五輪代表入りをアピールできるのか。元日本代表MF前園真聖氏(46=本紙評論家)が本田に求めた条件とは――。

 ブラジル1部サントスや同1部ゴイアスでプレーしていた前園氏は「全国選手権は強豪クラブが参戦する大会。これまでの州選手権とはレベルが違います。ブラジルでプレーする本田にとっては、ここからが本番といえますし、この舞台で何を見せられるのか。彼の真価が問われるでしょう」と指摘する。

 オーバーエージ枠での東京五輪代表入りを目標に掲げる本田は守備的MFで挑む。「以前から本田にはボランチ(守備的MF)の適性があると思っていました。攻撃を組み立てたり、前線に駆け上がって得点に絡んだり、彼には向いている」と話した上で「攻撃のところができるのはわかっているので、それ以外の部分でもアピールしてほしい」という。

 特に前園氏が求めているのは、DF面と味方へのサポートだ。「ポジション的には相手の攻撃の芽を摘む役割なので、守備に回ったときにはいち早く危険を察知し、スペース埋め、ボール保持者を潰すなどの仕事も必要になります。それと味方の攻撃陣をうまく動かすこと。例えば久保(建英=19、ビリャレアル)を後方でサポートしながら生かせるか。長所を引き出すようなポジション取りやパス出しだったり、黒子のようなプレーも期待したい」

 五輪は来年夏へ1年延期となり、Jリーグでも続々と新戦力が台頭している。「五輪代表の争いは厳しいですが、本田にも十分にチャンスはあります。(A代表と五輪代表を兼任する)森保(一)監督(51)も(本田の試合を)チェックしているとのことなので、まずはブラジルでしっかりとしたプレーを見せることでしょう」

 ボタフォゴは全国選手権で2戦2分けで20チーム中14位(日本時間19日現在)。キャプテンに指名された本田が好パフォーマンスでチームを躍進させるとともに、自身の五輪出場も引き寄せられるか。

東京スポーツ 8/20(木) 12:08
https://news.yahoo.co.jp/articles/bb0482342f6fe089869f08a8a69285665c6043d7

写真
no title

【元サッカー日本代表】前園真聖氏「FC東京vs鳥栖は中止すべきだった」コロナ禍のJリーグに物申す 

1: 2020/08/03(月) 17:03:45.17 _USER9
8/3(月) 16:46
東スポWeb

前園真聖氏「FC東京vs鳥栖は中止すべきだった」 コロナ禍のJリーグに物申す
前園真聖氏
 元サッカー日本代表MFで本紙評論家の前園真聖氏(46)が3日、自身のブログでコロナ禍で揺れるJリーグの対応について私見を述べた。

 前園氏は発熱した選手がいたにもかかわらず試合を開催した1日の「FC東京vs鳥栖」戦について「僕は中止すべきだったと思います」とつづった。

 日本サッカー協会とJリーグはガイドラインを作り、試合や合宿の開催を判断。Jリーグは2週間に1度、リーグ負担でPCR検査を行っている。

 こうしたサッカー界の対応について、前園氏は「試合を再開して1カ月したころから、やはりガイドラインの基準だけでは対処できない問題が出てきました。PCR検査を行っても結果が出るまでに感染する可能性がある、PCR検査の結果が出るまでの時間を短縮するにしても全国規模で考えなければいけない、何よりJリーグ関係者だけが頻繁にPCR検査を受けていいのか、という点は考慮しなければなりません」と問題点を指摘。

 また「全チームがPCR検査をするためには現状でも1カ月で1億円前後の費用がかかると言われていますから、今後回数を増やすにしてもコストの問題も大きく関わってきます。この資金を捻出しようにも、入場者は制限されたままです」という経済的な側面も無視できないとした。その上で「僕はやはり『選手ファースト』で考えてほしいと思います」と訴え、発熱があれば当然新型コロナウイルス感染を疑わなければならない、PCR検査の結果が出るまで時間がかかる、などの観点から疑いがあれば中止すべきと論じた。

「スケジュールや払い戻しなどの考えなければいけないことはあると思います。それでも選手がいなくなれば試合はできないのですから、少しでも疑わなければいけない事態になったら中止。そう決めてこそ、僕は選手が安心してプレーできるのではないでしょうか」とし、あくまで「選手ファースト」を叫んだ。

no title


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200803-02037354-tospoweb-socc

関連スレ
【サッカー】鳥栖に発熱者も試合を実施 サッカーJ1、FC東京戦 [爆笑ゴリラ★]
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1596291678/

東出会見「どちらが好き?」の模範回答はコレ!サッカー元日本代表MFの前園真聖氏の答えを上沼恵美子が絶賛 

1: 2020/04/17(金) 21:07:04.77
サッカー元日本代表MFの前園真聖氏(46)が17日放送の関西テレビ「快傑えみちゃんねる」(金曜後7・00)「今日だけは言わせて!クレーム大放出SP!」に出演。 
3月17日に行われた俳優・東出昌大(32)の不倫謝罪会見での「どちらが好き」質問に対する“模範回答”を行い、MCでタレントの上沼恵美子(65)から「さすがでございます」と絶賛された。

会見で東出は、ベテランの女性芸能リポーターからの別居中の妻で女優の杏(34)と、不倫相手の女優・唐田えりか(22)のどちらが好きなのか?と質問され、10秒ほど沈黙し
「私の心の内をここでしゃべるのは妻を傷つけることになるので申し上げられない」と返し、物議を醸していた。

この日、その質問の話題となり、出演者の北斗晶(52)が「何が正解なんですかね~?何を言ったら正解なのか?何を言っても正解じゃない気がする」と語ると、
上沼から指名を受けた前園氏は「どちらというよりも、杏さんを愛していたのに、もう一人を愛してしまった。それがすべてです、と言うしかないかな。わからないです」と語った。

それを聞いた上沼は「それが正解だと思います」と同意。「だって、もちろん妻ですと言ったら、何で不倫すんねんってなるし、答えないでうつむくってのもおかしい。
今のはは事実を述べたんですよ。真実なんですよね。誠実な答えですよね。さすが、さすがでございます」と絶賛した。

4/17(金) 20:09配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200417-00000188-spnannex-ent

写真
no title

<松本人志>9人連続PK失敗に「喝でしょう」前園氏「あそこまで外す意味が分からない」 

1: Egg ★ 2020/02/16(日) 12:52:12.75 ID:UcSavm6B9
ダウンタウンの松本人志(56)が16日放送のフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)で、9人連続PK失敗の珍事が起きた8日の富士ゼロックス・スーパー杯について「喝でしょう」と他局の名セリフを引用した。

 「喝」は、「アッパレ」とともに同じ日曜日放送のTBS「サンデーモーニング」(前8・00)で野球評論家の張本勲氏(79)がスポーツコーナーで放つコメント。Jリーガーが次々とゴールを外すVTRを見た松本は、張本氏さながらに「これ、ちょっと喝入れてもらいましょう、喝でしょう」と元サッカー日本代表の前園真聖(46)に呼び掛けた。

 前園氏は「ネットなどでは茶番劇などと言われているんで、少しフォローすると」と前置きし、「今シーズン、オリンピックあるんで試合とかが前倒しになっているんですよ。チームをつくる時間もなかなか無くて。コンディションもまだ出来上がっていない状態」と両チームや各選手を擁護。「試合でかなり疲労していたので。PK戦になって疲労して集中力も無かった」と解説した。

 それでも松本は「それでいうとキーパーだって疲れているでしょ。そのキーパーがあんな、頑張っているんですから。喝でしょう、喝でしょう」と“喝”をさらに繰り返した。

 あおられた前園氏は「僕は絶対、外さないですよ。こういうPKになった時に外したことはない。絶対ないです」と断言。「本心は、あそこまで外す意味が分からない。続ける方が難しいから、外すのを」と語った。

 昨季のJ1王者・横浜と天皇杯覇者・神戸による一戦は、90分間で決着つかずPK戦へ。3人目以降は両チームともに決められず、Jリーグの主管大会では最多の9人連続で失敗。最後は神戸の7人目、元日本代表MF山口蛍(29)が終止符を打った。

2/16(日) 11:47配信 スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200216-00000166-spnannex-ent

写真no title

<前園真聖>現役時代は意中の女性を試合に複数招待!「活躍するとゴールが早い」  

1: Egg ★ 2019/11/16(土) 00:29:57.99 ID:lUpP/Wt/9
サッカー元日本代表でタレントの前園真聖(46)が15日、TOKYO MXの生番組「バラいろダンディ」に出演し、現役時代は意中の女性を複数、関係者席に呼んでいたことを打ち明けた

 番組ではラグビー日本代表の稲垣啓太(29)と元AKB48・倉持明日香(30)の交際が話題になり、稲垣が先日のW杯で代表初トライを決めた試合を、倉持が関係者席で観戦していたという報道を紹介した。

 「前園さんは、スタジアムの観戦席に彼女がいたりした方が、成績残せた…?」と聞かれた前園は「現役の時もそういうこともありました。自分が大好きな人を呼んでそこで活躍すると、ゴールが早いですから。そういう意味では。(試合と恋愛と)両方(のゴール)ですね」と、意中の女性を試合で落としていたことを告白。

 「一番いいんですよ。自分が一番輝くところを見せてあげるというのが。そう(効率がいい)なんです」と主張し、「毎試合…そうですね。しかも何人かですね」と、複数の女性を呼んでいたというチャラ男ぶりを振り返った。日本代表時代、人気絶頂だった前園は「その頃はですよ」とも強調していた。

11/15(金) 23:35配信https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191115-00000154-dal-socc

写真no title

【速報】前園真聖さん、中国で「サッカーは球蹴り」  

images




1: 微糖 ★ 2019/09/29(日) 11:24:15.16 ID:wfuGYt7s9
ソースはフジテレビのワイドショー

前園真聖氏の日本代表・久保建英評価 

20190912-00000033-tospoweb-000-2-view[1]

前園真聖氏 放送中にタクシー運転手のマナーを問われ「…」 

20190908-00000161-spnannex-000-4-view[1]

南米に精通する前園氏が予告!森保ジャパン歴史的惨敗も…「ベストメンバーを集められませんでした」  

1: Egg ★ 2019/06/13(木) 21:48:43.99 ID:dmtZhOkH9
【前園真聖 ゾノの焦点】

日本代表は世界の強豪国に勝てるのか。ブラジル1部の名門サントスなどでプレーした経験のある元日本代表MF前園真聖氏(45)が、14日(日本時間15日)開幕の南米選手権(ブラジル)に臨む森保ジャパンの戦いに迫った。

新エース候補MF久保建英(18=FC東京)に加えて初代表13人という東京五輪世代を中心としたフレッシュなメンバーでは、“歴史的惨敗”になりかねないというが…。

 南米でもっとも注目度の高い大会です。もちろん公式戦ですし、各国代表ともW杯と同じような意気込みで、欧州クラブでプレーしている選手たちを招集。優勝候補のアルゼンチンもエースFWリオネル・メッシ(31=バルセロナ)を中心にしたベストメンバーを組んで臨むように、各国が威信をかけて戦う真剣勝負の舞台となります。

 そんな大会に挑む日本は、残念ながら選手招集の拘束力がないため、ベストメンバーを集められませんでした。欧州クラブの全面的な協力を得られず、Jクラブも同時期にリーグ戦が開催中とあって主力の派遣には難色を示したそうです。そこでMF久保ら東京五輪世代の若手を中心にしたチームを編成しました。

 やむを得ない事情があったとはいえ、このチームで南米選手権を勝ち抜くのは正直に「非常に厳しい」と言うしかありません。日本とは明らかに異なる環境ですし、グラウンドも比較的硬く、芝生も深い(長い)ので日本のパスサッカーには不向きな設定です。普段と同じようにプレーするのは難しいでしょう。

 しかも日本にとっては完全アウェーとなる舞台です。熱狂的な地元サポーターからは容赦ないブーイングが飛び交います。さらにプレー面でも球際は激しく、少しでも油断すれば簡単に吹き飛ばされるでしょう。重圧もある日本イレブンがなすすべなく、惨敗する可能性も十分。みじめな思いをすることがあるかもしれません。実際に、フィリップ・トルシエ監督時代に初参加した20年前は、ほぼベストメンバーながら1分け2敗と屈辱の完敗で1次リーグ敗退でした。

 その一方、南米強豪国と真剣勝負ができる機会はめったにありません。特に若い五輪世代にとって貴重な経験になるのは間違いないでしょう。どれだけスキを見せずに最後までファイトできるのか。さまざまな重圧やハンディを乗り越えて、しっかりと強化につなげてほしいところです。

6/13(木) 16:32配信 東京スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190613-00000036-tospoweb-socc

写真
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索