Samurai Goal

前園真聖


スポンサード リンク





前園真聖がハリルジャパンに警鐘!「ハリルジャパンかなり深刻です」 

1: 名無しさん 2016/09/21(水) 17:05:27.88 ID:CAP_USER9
日本代表に不安あり。ロシアW杯アジア最終予選を戦うFW本田圭佑(30=ACミラン)、MF香川真司(27=ドルトムント)ら日本代表の主力選手は所属クラブでの出番が激減している。

元日本代表MF前園真聖氏(42=本紙評論家)は10月の同予選イラク戦(6日、埼玉)、オーストラリア戦(11日、メルボルン)に向け万全の状態で臨むのは難しいと指摘。ハリルジャパンに警鐘を鳴らした。

 欧州でプレーしている本田、香川、FW岡崎慎司(30=レスター)、DF長友佑都(30=インテル)は今季あまり出番がありません。日本代表の主力となる選手が揃ってベンチを温めているのは、W杯アジア最終予選を考えるとかなり深刻な状況と言えます。そこには3つの不安要素が生じるからです。

 1つ目は試合に出ていないと、試合勘が鈍りパフォーマンスに大きな影響を与えます。例えば香川はマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)時代にほとんど試合に出られませんでした。その結果、日本代表でも不調が続き、2014年ブラジルW杯では10番を背負いながらもスタメン落ち。期待されながら、ふがいない結果に終わりました。

 2つ目はスタミナ面の問題。いくら真面目に練習を積んでも、実戦の90分間を戦えるかは別物です。また体力を消耗すれば集中力も低下し、ミスが増えてしまいます。6日の同予選タイ戦で本田は後半に入ると、バテバテとなり、効果的なプレーはなし。彼は昨季終了の5月から実戦でフルに戦っていません。その影響が出てしまったと思います。

 3つ目は選手たちのメンタルです。試合に出ていないことで自信を持って代表戦に臨めなくなり、プレーが中途半端になります。チーム内での発言力も低下し、試合中に、味方に指示を出す場面でちゅうちょするかもしれない。それが代表チームの中核をなす選手たちであれば、ハリルジャパンに与える影響は少なくないわけです。

 日本代表は最終予選初戦のUAE戦で敗れており、W杯出場に向け厳しい状況に追い込まれています。そんななかで“ビッグ4”と呼ばれる主力がそれぞれ不安を抱えるのは好ましいと言えません。かといって、中心選手をみんなベンチに置いてしまうと、代表チームとして機能しなくなる可能性も出てきます。

 以前にもお話ししましたが、この苦境を乗り切るには経験の少ない若手の抜てきではなく、MF中村憲剛(35=川崎)ら、国内のベテラン選手を招集し、カバーしていくのが得策ではないでしょうか。

東スポWeb 9月21日 16時45分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160921-00000041-tospoweb-socc

no title

前園真聖「イラク戦は海外組より中村憲剛、闘莉王起用を!!」 

1: 名無しさん 2016/09/09(金) 10:29:11.71 ID:CAP_USER9
【前園真聖 ゾノの焦点】ハリルジャパンが敵地のタイ戦で勝利しました。予選なので勝ったことがすべてですが、たくさんあったチャンスを生かせなかったのは反省材料。もっと早く点を取っていれば楽に戦えたはずです。これから強豪国と戦うので、好機でしっかりとゴールを決めないと厳しい戦いが続くでしょう。

 この試合で少し気になったのはハリルホジッチ監督の選手交代です。後半は本田(圭佑=30、ACミラン)も長谷部も疲弊していたので、もうちょっと早く代えてよかったかもしれません。もっと早く得点を奪っておけば…という条件が付きますが、交代が遅くなったことで選手にダメージが残ることも考えられます。そこは大きな課題として残りました。

 また、ホームの初戦では、欧州組のコンディションがよくありませんでした。クラブで試合を終え、2、3日後に代表戦を戦うのは誰でも難しいものですし、ベストの状態では臨めません。次は10月にホームでイラク、アウェーでオーストラリアと対戦しますが、イラク戦では体調の悪い欧州組ではなく、国内組を中心にするのも一つの策ではないでしょうか。

 例えば、今予選でバックアップメンバーに入っていた元代表MF中村憲は、ボールを保持できる選手ですし、現在のメンバーとの連係も問題なし。経験が豊富なので、リスクも少ない。長谷部や本田の代役には適任と言えます。国内には経験のある実力者がいるので、ホーム限定で起用してもいいかもしれません。

 注目は日本に復帰したDF田中マルクス闘莉王(35=名古屋)です。経験値もあり、何より今の代表には彼のような熱いハートを持つタイプの選手が必要です。もちろんブランクがあるのでリーグ戦でのパフォーマンス次第になりますが、DF陣は手薄なので面白い存在ではないでしょうか。 (元日本代表MF)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160909-00000007-tospoweb-socc
no title

前園真聖「怒りをパワーに変えて」監督に激高で日本代表落選の金崎にエール!「僕も現役の時あった」 

1: 名無しさん 2016/08/31(水) 21:31:34.82 ID:CAP_USER9
2016年10月1日(土)に全国の映画館で公開予定の映画『アングリーバード』で自身初挑戦となる声優を務める元日本代表の前園真聖さんが、
都内で実施された「夏休み特別試写会『アングリーバード×アンガーマネジメント 親子で学んで楽しもう!』イベント」に登場した。

同映画は全世界で流行した人気モバイルゲーム「アングリーバード」が題材となり、大人気の“怒り”キャラクターが主人公。
前園さんはイケメンで二枚目なモテモテ鳥キャラクター「ジョニー」と、鳥たちに攻撃を仕掛ける悪者のブタ「ピッグ7」の二役を演じる。

登場したシーンはわずかながら「何度も録音をして、あらためてその難しさを知りました
」と収録を振り返る前園さんだが、完成した作品を見た感想は「我ながらよくできたと思っています」と満足げ。

怒りの感情と上手に付き合うための心理トレーニング「アンガーマネジメント」の普及を行う一般社団法人の日本アンガーマネジメント協会が認定する
アンガーマネジメントファシリテーター(“怒り”の講師)の資格を取得しているという前園氏は、同資格を取得していく過程で“怒り”をコントロールできるようになったと話す。

2013年に飲酒から暴行事件を起こし、活動自粛期間があった前園さんは、「お酒で大失敗をしてしまった後、受講しました。
生活の中でのちょっとしたことや周囲の人間に対して、どうふるまっているかがわかり、自分をどうコントロールするかがわかりました。
こだわりが強かったりもするんですが、どう対処すればいいかもわかりました」とその効果を説く。

試写会に参加した親子で将来はサッカー日本代表入りを夢見ている男の子の「年上の人とプレーするときに考えることは?」との問いにも
「年齢はあまり気にせず、自分のペースで自分らしくやれば大丈夫」と、講師として的確(?)なアドバイス。

試写会後の記者団の取材に対しても、「ジネディーヌ・ジダンなど、一流のアスリートでも自分を見失ってしまうことがあります。
怒りはパワーになることもありますが、感情をコントロールできないとみんなに迷惑をかけてしまいます」と話す。

すると話題は鹿島アントラーズ所属の金崎夢生に。金崎は、20日に行われた2016明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第9節の湘南ベルマーレ戦、
70分に交代を命じられた際に石井正忠監督に対して激高。日本代表を率いるヴァイッド・ハリルホジッチ監督が「彼の態度は私にとって受け入れがたいもの」と話し、
9月のロシア・ワールドカップ最終予選に臨む日本代表メンバーから外したことを明かしていた。

前園さんは、「僕も現役の時、(監督に対して激高することは)あったので。納得しない部分は選手としてあるけれど、プロなので、僕から見ても、そういうところで自分を抑えることも大事です。
ただ、それとは別に怒りをパワーに変える、悔しい思いを試合にぶつけて、今度は結果を出すことも大事なので。

ぜひ、それをステップに頑張っていただきたいと思います。いい選手なので」と、自身の経験を踏まえ、反省と成長を促している。

SOCCER KING 8月31日(水)19時11分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160831-00487376-soccerk-socc

写真
no title

”天才ドリブラー”前園真聖の金言 世界で通用する“技”を身につけるために必要なこと 

1: 名無しさん 2016/07/07(木) 17:34:21.67 ID:CAP_USER9
前園氏はいかにしてドリブルを身につけたのか

 サッカーの醍醐味の一つであるドリブル。相手がどんなに組織的に守っていても、チームに天才的なドリブラーがいれば、守備網に綻びを生じさせることができる。ドリブルは個人技を磨く上でも重要な要素であり、育成年代のトレーニングでも懸命に練習する光景が見受けられる。

 日本にも天才ドリブラーとして名を馳せた選手たちがいる。元日本代表の前園真聖氏もその1人だ。1996年アトランタ五輪のアジア予選では神がかり的なテクニックで日本を28年ぶりの本大会出場へと導き、Jリーグ、ブラジル、韓国と渡り歩いた。

 前園氏は自身の体格も考慮した上でドリブルの上達に注力するようになったという。

「僕は身長が170センチしかない。当時、マラドーナというメッシみたいな選手がいた。今みたいにテレビでやっていない時代だったので、ビデオを借りてきて、マラドーナのドリブルを研究して練習した。身長が高いわけではないし、体も強いわけでもない。自分の武器というか自分がこれからやっていく上で、プレーで通用するのは何かを考えて身につけていった」

 では、何かしら特別なトレーニングをやっていたのか。同氏は「今やっている子供たちとそんなに変わらない。ドリブルの練習だけでなく、パスとかシュートとかいろんなプレーを練習した」とした上でこう付け加えた。
上達へのヒントとは?

「自分で考えてトレーニングをすることが大事。言われたことだけやっているだけではうまくならない。より高みを目指すためには、自分で考えてみる。メッシがなんでドリブルがうまいのか、クリスティアーノ・ロナウドが1回しか触らないところ、メッシは3回触っている。なんでメッシは3回触っているのか、どういうボールタッチしているのか、とか。見て学ぶことも大事。

 当時マラドーナを見ていて、どうやったらあんな風に足にボールが吸い付くのかなど、見て学んで自分で考えて練習していた。今は教材がたくさんある。いい選手も多いし、指導者も勉強している。そんな環境の中で、どういったプレーが自分にあっているのか、自分で考えることがとにかく大事です」

 その言葉には上達へのヒントが多分に含まれている。

 練習するだけでなく、達人の技をよく観察すること。自分なりに考え、工夫し、練習に生かすこと。自身、そうやって天才的なドリブルを身につけていった前園氏は、子供たちの成長を見守る指導者や親にもこうメッセージを送る。


重要となる選択と判断力

「僕から特に言うことではないですけど、僕は指導者の方や色々な人に言うことは、あんまり答えを与えすぎないほうが良いです。こうしろ、ああしろというんじゃなくて、子供たちが自分たちで自発的に考えて、選択することが僕は大事だと思います。こうやれと言ったらその通りにやると思うし、これやっちゃダメと言えばやらなくなるし。そうじゃなくて、自分たちで考えて行動して、それで失敗したら次どうすればいいか、そこの選択肢を子供たちに与えた方がいいと思う。

 だから僕は、トレーニングの時はそういう風にしています。答えを言わないで、まずやらせて、トライ&エラーじゃないですけど、失敗したらじゃあ次どうすればいいか。そこからシュートを打つなといったら打たなくなる。打たせて、結果外れた。じゃあどうすれば良かったのか、他にもっといい選択肢があったんじゃないか、という選択肢を子供たちが自分で考える。サッカーは自分で考えなければいけない。そういう選手が上達していくんです。試合中は監督がいちいち指示が出来ないですから。ボールが来たら自分でその場でどうすればいいか、判断しなければいけない。その判断する力を子供たちには身につけてもらいたいと僕は思っています」

 サッカーのゲームにおいて同じシチュエーションは訪れない。選択、判断の連続。ドリブルを仕掛ける時も、自分の置かれた状況、守備との距離や相手選手の重心など多くの情報をいち早く収集し、見極め、最良の選択をしなければいけない。足先のテクニックだけでなく、考える力を養ってこそ世界で通用する選手へと育っていく。それが前園氏の考えだ。世界で通用するドリブラーを目指すなら、その言葉を実践していくことも重要なポイントとなるに違いない。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160707-00010002-theanswer-socc&p=2
no title

前園真聖「なでしこは25歳以下に制限して」「これまでのように主力選手がチームに居座っていては、若返りは不可能」 

1: 名無しさん 2016/03/09(水) 16:13:37.60 ID:CAP_USER*.net
【前園真聖「ゾノの焦点」】リオ五輪予選の戦いぶりを見ると、なでしこジャパンの再構築にはかなり大胆な改革が必要ではないでしょうか。 

 大会前にも触れましたが、2011年ドイツ女子W杯優勝以降、現在まで日本の主力メンバーに大きな変更はありません。結果、イレブンのまとまりがあった一方で、戦い方はマンネリ化。チームとしての伸びしろがありませんでした。

逆に他国はフレッシュな選手が加入し、勢いも十分。この差が五輪予選で勝てなかった要因と考えています。 

 だからこそ、チーム再強化には4年後を見据えた戦略が欠かせません。まずは世代交代を実現させるため、完全にフラットな状態から再始動するべきです。

これまでのように実績十分の主力選手がチームに居座っていては、若返りは不可能。あえて25歳以下などの制限を設けた若手中心のチーム編成が求められます。 

 なぜ極端な策が必要かといえば、女子の場合、所属クラブで世界と戦う機会が少ないからです。男子と違って、常に外国勢と対戦するナショナルチームでしか国際経験を積めません。そこで女子代表に若手を積極登用し、世界と競わせる。その過程で飛躍的な成長を遂げる次世代の選手が出てくるはずです。 

 アジア強豪国との差を埋めるには、すぐにでも取り組まないと、なでしこジャパンの再建は間に合わないでしょう。(元日本代表MF)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160309-00000043-tospoweb-socc
no title

前園真聖「なでしこ敗退は残念」「ヤングなでしこから横山選手だけがスタメン出場。今後、若手を積極的に経験させ育てる強化が必要」 

1: 名無しさん 2016/03/05(土) 14:51:46.93 ID:CAP_USER*.net


前園真聖 公式ツイッター
https://twitter.com/zono23/status/705746560752054273?lang=ja

no title


<関連スレ>
【女子サッカー】宮間、大儀見への厳しいマークで対戦国に技術を封じられたなでしこ、今後フィジカルに対抗できる「技術の強さ」「技術の速さ」が必要
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1457155315/
【女子サッカー】俳優・小林博「中国の方が良いサッカーをしてた。なでしこがこんなにバラバラだったのはここ数年で無かった」 リオ五輪予選
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1457109808/

【サッカー】なでしこジャパンは死んだ 4年後は東京での五輪が控えているだけに、むしろ大胆な若返りを図るチャンスとするべき
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1457103524/
【サッカー】日本サッカー協会会長「このチームは古い」…佐々木監督は進退明言せず
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1457102834/

中国に敗戦後、佐々木監督がゴール裏サポに切なる訴え「僕の責任。女子サッカーの未来が消えた訳ではない。これからも支えてほしい」 ※拍手が起こる
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1457126426/
【サッカー】なでしこジャパンの佐々木監督「申し訳ない」
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1457095357/
【サッカー】中国代表ビニ監督、なでしこをかばう「日本は多くの勝利を収め、世界でも結果を出してきた。それらを忘れてはいけない」
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1457104377/

【サッカー】リオ絶望的!切符逃せばノリ監督退任、後任にU20監督高倉麻子氏 (スポーツ報知)
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1457130230/
【サッカー】なでしこ後任監督は高倉麻子氏最有力!歴代初の女性監督誕生へ
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1457126755/

【女子サッカー/サカダイ採点】中国戦、最低点は川村4 最高点は横山6 宮間、阪口、鮫島は4.5 佐々木監督も4.5 なでしこJも4.5…リオ五輪予選
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1457105663/
【女子サッカー/超WS採点】中国戦、最低点は川村と佐々木監督で4.5 最高点は横山6.5 大儀見、中島、川澄、鮫島、田中、福元は5.0…リオ五輪予選
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1457106095/
【女子サッカー】なでしこ、中国に敗れ1分2敗 予選突破絶望的に リオ五輪女子アジア最終予選★7
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1457119996/
【女子サッカー/前半終了】なでしこ、前半14分にパスミス拾われ中国に痛恨の先制点許す…リオ五輪最終予選(※前半終了時:韓国0-2豪州)
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1457092300/

前園真聖「香川がもっとエゴ出していればカンボジア戦は一方的だったはず」 

1: casillas ★@\(^o^)/ 2015/11/21(土) 18:26:43.16 ID:???*.net
【前園真聖「ゾノの焦点!】17日に行われたロシアW杯アジア2次予選カンボジア戦は物足りない試合内容でした。
原因はFW本田圭佑(29=ACミラン)を先発から外したうえで、8人という大幅な先発メンバーの変更です。少し極端でしたね。
選手を入れ替えるにも、チームの要となっている本田がスタメンだったなら、状況は違っていたかもしれません。

 この問題に関連するのですが、本田不在のチームをけん引するのは本来MF香川真司(26=ドルトムント)の役割。
しかし、10番は周囲の選手を生かそうとする意識があまりにも強すぎたため、自分の仕事がおろそかになってしまいました。前半にカンボジアDF陣を崩せなかったのも、そこが要因でしょう。

 香川が本来のプレーに徹して好パフォーマンスを発揮し、早い段階で得点を奪っていれば、カンボジア戦はまったく変わっていました。
おそらく4、5点は奪える一方的な試合展開になったはずです。
後半から出てきた本田がゴールを取ることしか考えていなかったのと比べると、少し残念ですね。もっと気持ちを前面に出して、エゴイスティックなプレーもしてほしかったというのが正直な感想です。

 来年の3月まで日本代表としての活動はありません。これまでの戦いをしっかりと分析し、チーム強化には何が必要なのか。そこを明確にして、しっかりと生かすことが重要になるはずです。(元日本代表MF)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151121-00000011-tospoweb-socc
no title

前園真聖「武田さんと中田ヒデの2人は絶対結婚できない!ハッキリ言える」 

1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/10/29(木) 19:28:39.00 ID:???*.net
 サッカー元日本代表でタレントの前園真聖が、銀座のショッピングビル「キラリトギンザ Happy 1st Anniversary」
イベントに登壇し、自身の結婚について語った。

 「キラリトギンザ」が開業1周年を迎えた記念に、施設11階にあるウェディングサロンのチャペルで
イベントを行った。イベント当日の29日は前園の42歳の誕生日。一緒に日本代表として戦った盟友、
松原良香が登場し、前園の誕生日を祝った。

 松原が考えたというサッカーボール型のケーキが中央に配置されたバースデーケーキがサプライズで
運び込まれ、結婚式場ということでなぜか前園がケーキ入刀を1人でする流れに。困惑する前園の横で、
「おめでとう」と松原は満面の笑み。

 乾杯用のシャンパングラスに入ったドリンクを手渡されると、「僕、(お酒は)まだ飲めないんですけど」
と慌てる前園。ノンアルコールだと聞くと、安心して松原と乾杯してみせた。

 そして、6年交際している女性がいることを明らかにしている前園に、プロポーズの時期や言葉、
結婚指輪についてなど、結婚について容赦なく質問を浴びせかける松原。「もしプロポーズするなら?」
という質問に対しては、前園はまだ決めてないと強調するも、「2年前いろいろありましたから、
そこを支えてくれてありがたいな、と思って、近いうちにけじめをつけたいなとは思っている」と決意を示した。

 指輪はすでに贈っているのか、という報道陣からの問いかけに、「あるといえばありますが、
タイミングをみて……」と、婚約指輪を用意していることを匂わせる発言も。

 ちなみに、禁酒中の前園だが、解禁期限は決めてないという。自分の結婚式でも飲まないかもしれないと
コメント。「こうやってイベントに呼んでもらって、今自分がここに立てているのも幸せだし、
2年前には考えられなかったことで、周りのサポートのおかげ。マイナスからのスタートだったので、
自分の中では“マイアミの奇跡”よりも今の状況の方が奇跡」と恐縮しきり。

 この日、前園は新郎用の衣装を借り、イベントに登壇。報道陣から、新郎っぽく指輪を見せるように
左手をあげたて、と要望が飛ぶと、「実際に指輪をしてないのにおかしくないですか?」と言いつつ対応し、
常に低姿勢でイベントを盛り上げ、会場を笑いに包んだ。

 また、同じく元サッカー選手の武田修宏が、爆笑問題・田中と同じように「子連れ婚をしたい」と言っていると
報道陣から話がでると、「間違いなく絶対にできない。僕の中で武田さんと中田ヒデの2人は絶対結婚できない、
これだけは自信を持ってハッキリ言える」と断言した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151029-00000035-rbb-ent
no title

前園真聖 「5分じゃ南野の力を見極められない!」 

1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/10/16(金) 15:58:59.66 ID:???*.net
【前園真聖・ゾノの焦点!】日本代表バヒド・ハリルホジッチ監督(63)は13日の親善試合イラン戦で
何人かの新戦力をテストしました。正直に言えば、もっと多くの選手を試してほしかったし、
組み合わせを変えても良かったと思いますが、堂々と「合格」と言えるイレブンはいませんでした。

 FW岡崎慎司(29=レスター)の代わりに1トップを務めたFW武藤嘉紀(23=マインツ)は得点を決めましたが、
競り合いの場面などまだまだ万全とは言いがたい状況。DF米倉恒貴(27=G大阪)は人材難のサイドバックで
アピールできず、MF柴崎岳(23=鹿島)にも積極性が感じられませんでした。

 途中出場のMF柏木陽介(27=浦和)とMF清武弘嗣(25=ハノーバー)も本来の力に比べると、
物足りないパフォーマンス。代表デビューとなったFW南野拓実(20=ザルツブルク)は出場時間が約5分。
きちんと力を見極めるためにも、もっと長い時間、試しても良かったのではないでしょうか。

 日本代表は結果を出した選手が集う舞台で、選手を育成するところではありません。短い時間でも結果を出し、
インパクトを与えるプレーを見せられなければ、主力からレギュラーを奪うのは困難。残念ながら貴重な
好機を生かせなかったと言えます。

 もちろん、これが最後ではありません。今回の経験をしっかりと自分自身に還元して、次回に臨めるのか。
今後の変わり身に期待したいですね。

(元日本代表MF)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151016-00000010-tospoweb-socc
no title

前園真聖「もっと香川にボールを集めて!!」 

1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/10/12(月) 16:34:17.38 ID:???*.net
【前園真聖 ゾノの焦点!】日本代表はアウェーのシリア戦で勝ち点3を挙げました。前半こそ苦しみましたが、まずは結果が出たことを評価したいです。
なかでもMF香川真司(26=ドルトムント)が原動力になっていたのではないでしょうか。

 クラブでも好調を維持しており、現在のパフォーマンスに自信を持っているように感じます。かつては消える時間帯が多く、安定感がありませんでしたが、今季は別人。
シリア戦でもチャンスでのプレーに絡み、ゴール前で違いを生み出せるチームの核として、存在感を示しました。

 改めて分かったのは、日本代表はもっと香川にボールを集めたほうがいいということ。彼はボールを持つことで攻撃のリズムをつくるタイプ。
実際、香川が持つと日本はテンポアップし、連動性も出てきました。組み立てだけではなく、決定的なパスやドリブルで相手をかわせる技術も持ち合わせています。

 ハリルホジッチ監督の戦術通りにやるのも大事ですけど、それとは別にチームとして香川の能力を最大限に生かしていくことがポイントです。
特にエースFW本田圭佑(29=ACミラン)の状態があまりよくない中で「10番」を前面に押し出していけば、日本代表の新たなベースを構築できるはずです。

 次戦は13日の国際親善試合イラン戦。指揮官も主力メンバーの力は見えてきたと思うので、今回はなかなか出番のない選手を試す機会にしてほしいところです。

 (元日本代表MF)

東スポWeb 10月12日(月)16時10分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151012-00000007-tospoweb-socc
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索