Samurai Goal

初ゴール


スポンサード リンク





南野拓実、サウサンプトン初陣で初ゴール! 絶妙トラップから左足一閃…相手GK動けず 

スクリーンショット 2021-02-07 7.01.46




1: 2021/02/07(日) 00:53:03.23 _USER9
0-2の劣勢から反撃の一撃を奪う

 サウサンプトンの日本代表MF南野拓実は現地時間6日、プレミアリーグ第23節ニューカッスル戦に移籍後初先発を果たし、0-2で迎えた前半30分にいきなり初ゴールを決めた。



 南野は今冬の移籍市場最終日となった1日に、土壇場でサウサンプトンへの期限付き移籍が決定。チームは前節、マンチェスター・ユナイテッドに0-9と歴史的大敗を喫しリーグ戦4連敗。4試合1ゴールと深刻な得点力不足に陥っており、テコ入れが必要な状況下でラルフ・ハーゼンヒュットル監督は敵地ニューカッスル戦で南野のスタメン起用に踏み切った。

 新天地デビューとなる南野は、左サイドハーフで先発。チームが前半16分、26分と失点するなか、同30分に大仕事をやってのける。左サイドのDFライアン・バートランドからのグラウンダーのアーリークロスをニアサイドで絶妙なタッチで受けて相手DF間を突破すると、トラップしたボールがやや前方に流れたものの踏ん張り、左足を一閃。強烈な一撃がニアサイドを破り、相手GKも反応しきれなかった。

 サウサンプトンのデビュー戦でいきなり結果を残した南野。新加入の日本人アタッカーが反撃の狼煙を上げる一撃を奪っている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/b5852ee5c79d9f266a63d17bcb37f7877c13f1de
2/7(日) 0:46配信

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20113915
試合スコア

オルンガがカタール移籍後初ゴール!…PK弾を皮切りにハットトリックまで達成 

スクリーンショット 2021-01-26 9.42.08




1: 2021/01/26(火) 07:17:39.25 _USER9
 アル・ドゥハイルに所属するケニア代表FWオルンガは、25日のアル・アハリ戦で移籍後初ゴールを含む3ゴールを達成した。

 アル・ドゥハイルは25日、カタールの国内カップ戦であるアミール・カップでアル・アハリと対戦。先発出場を果たしたオルンガは、開始6分にチームがさっそくPKを獲得すると、そのキッカーを任される。これを左足でしっかりと決め、待望のカタール移籍後初ゴールを記録する。

 序盤の得点で勢いに乗ったチームは、続く22分にも追加点を奪うと、43分には右からのCKにまたしてもオルンガ。一瞬の動きでマークを外すと、ヘディングでゴールネットを揺らした。さらに後半に入って69分には、カウンターからアル・ドゥハイルが右サイドを攻略すると、折り返しを受けたオルンガがこれを落ち着いて仕上げ、ハットトリックを達成した。

 チームはその後2点を加え、最終的には6-0で圧勝。先制弾を含む3ゴールをあげその得点力を見せつけたオルンガは、これを柏時代のような爆発のきっかけとすることができるだろうか。

https://news.yahoo.co.jp/articles/81cdd60af86bf979fc36a301d9719daf11fb088a
1/26(火) 7:06配信

サンタ・クララ加入の守田英正、デビュー戦で初ゴール&MOMに! 対峙した食野亮太郎も今季3点目をゲット 

スクリーンショット 2021-01-26 8.47.59




1: 2021/01/26(火) 04:32:06.74 _USER9
 現地時間1月25日、ポルトガルリーグ第15節が行なわれ、食野亮太郎が所属するリオ・アベと、守田英正が新加入したサンタ・クララが対戦。食野は4-2-3-1の2列目、デビュー戦となった守田は4-4-2の中盤の底の一角でともに先発し、日本人対決が実現した。

【動画】日本人選手が1点ずつを奪い合う熱戦! 食野の今季3点目&守田の決勝ゴールはこちら!
https://www.instagram.com/p/CKecaCDg_oI/

https://www.instagram.com/p/CKelM1KAyGK/

 先制はサンタ・クララのカルロスが24分、流れの中から得点してリードを奪うが、26分に食野が味方のシュートが跳ね返されたところを捉え、豪快に右足を振り抜いてネットを揺らす。リーグ戦では通算3点目となる。

 前半を1-1で引き分けた両チームは、激しい攻防を続けた末に試合は終盤へ。ピッチ上は濃い霧に覆われ始めているなか、食野は63分にピッチを退くが、守田は最後までピッチに立ち続けた。

 そして迎えた89分、右サイドに開いたコスティーニャからの浮き球のパスを走り込みながら胸でトラップした守田が、濃霧のなかでもGKの位置を確認しながら右足を振り抜き、ゴールに流し込んだ。

 結果、2-1とサンタ・クララが勝ち越した状態で試合終了のホイッスルが鳴り、アウェーチームが勝利を収めた。

 デビュー戦でチームの勝利を導く決勝弾を決めた守田は、この試合のマン・オブ・ザ・マッチにも選出。記念のトロフィーを手にし、インタビューには「とても幸せです。オブリガード」とコメントした。

https://news.yahoo.co.jp/articles/a34b0b8019f45be6a94fcdbb2c3a1f824bde55cc

セリエA第19節 吉田麻也(32)がセリエA初ゴール! サンプドリアは2発完封で連勝達成 

スクリーンショット 2021-01-25 10.07.07




1: 2021/01/25(月) 08:38:51.29 _USER9
[1.24 セリエA第19節 パルマ0-2サンプドリア]

 セリエAは24日に第19節を行い、DF吉田麻也が所属するサンプドリアはパルマと対戦。吉田が前半25分にセリエA初ゴールを決め、2-0で勝利を収めた。

 センターバックで定位置を確保している吉田は、4バックの右CBとして先発出場。サンプドリアは前半25分に中盤でFKを得ると、リスタートしたボールは右サイドに流れる。FWアントニオ・カンドレーバが右サイドからクロスを上げ、相手選手に当たると、ボールはゴール前の吉田のもとへ。吉田は冷静に左足で押し込み、先制点を決めた。

 サンプドリアは前半34分に追加点。相手の最終ラインのミスを突き、カウンターからFWケイタ・バルデが仕留める。2-0で前半を折り返すと、吉田ら守備陣が試合を締め、2-0で試合終了。サンプドリアが連勝を飾った。

 2020年1月からセリエAに挑戦している吉田は、今節の得点がセリエA初ゴールに。今月18日には22年6月30日まで契約を延長したばかりだった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/af0f880704017aaf1c062c48436487302fc6ac35
1/25(月) 7:43配信

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20115895
試合スコア

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/standings/53
順位表

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/stats/53
得点ランキング

https://www.youtube.com/watch?v=3df8jPn1JMU

<エイバルMF乾貴士>レバンテ戦で今季待望の初ゴールを記録! 

inui2_4c5bqgbqxi1l106q2npc0axd9




1: 2021/01/10(日) 23:47:48.40 _USER9
エイバルMF乾貴士が待望の今季初ゴールを決めた。

10日のラ・リーガ第18節、敵地シウター・デ・バレンシアでのレバンテ戦で先発出場を果たした乾は、51分にチームの先制点をもたらした。エイバルらしいハイプレッシングからボールを奪うと、キケ・ガルシアのパスをペナルティーエリア内フリーで受け、左足でボールを枠内に流し込んだ。

乾は今季ラ・リーガ17試合目の出場にして、初のゴールとなった。

https://www.goal.com/jp/%E3%8B%E3%A5%E3%BC%E3%B9/eibar-takashi-inui-laliga-20211010/1qpxd1vo8dlkl1mcqb62ayogbw

【サッカー】<乾貴士>アメリカの経済誌「フォーブス」が“影響力”に注目!「日本で絶大な人気がある」  [Egg★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1610196641/

南野が念願のプレミア初ゴール! 首位リヴァプールが7発大勝、フィルミーノとサラーは2得点 

スクリーンショット 2020-12-20 7.02.11




1: 2020/12/19(土) 23:21:43.31 _USER9
 プレミアリーグ第14節が19日に行われ、FW南野拓実が所属するリヴァプールはアウェイでクリスタル・パレスと対戦した。

 前節トッテナム戦から中2日のリヴァプールは、今季のリーグ戦で初めてモハメド・サラーをベンチスタートとし、南野を3トップの左ウイングでスタメン起用。南野はリーグ戦で4試合ぶり2回目の先発出場となり、フル出場を果たした。

 試合は開始早々の3分に動く。リヴァプールは右サイドからトレント・アレクサンダー・アーノルドが浮き球のパスを通し、反応したサディオ・マネがグラウンダーで折り返すと、中央で受けたのは南野。相手に寄せられながらもボールを収めた南野は、右足を振り抜いてゴール左下に突き刺した。南野にとっては約1年間待ち望んだプレミアリーグでの初ゴールとなり、同リーグで得点を決めた7人目の日本人選手となった。

 その後はしばらく、先行を許したクリスタル・パレスの時間帯が続くが、ホームチームはチャンスを生かすことができない。すると35分、リヴァプールが追加点をゲットする。エリアの外での密集からこぼれたボールをロベルト・フィルミーノが素早く縦につけると、マネは柔らかいタッチで前を向き右足一閃。鋭いシュートをゴール左下隅に運んだ。

 44分、リヴァプールが追加点を獲得する。右サイドの深い位置でボールを奪ったアレクサンダー・アーノルドから、フィルミーノを経由してボールが逆サイドのアンドリュー・ロバートソンに渡ると、人数をかけてカウンターを展開。最後はロバートソンのアーリークロスから、相手DFの隙間に飛び込んだフィルミーノが右足アウトサイドキックで右下に流し込んだ。前半はリヴァプールの3点リードで折り返した。

 リヴァプールは52分、さらにリードを広げる。密集の中で後方からの浮き球を収めた南野のパスから、ナビ・ケイタが右サイドに大きく展開。受けたアレクサンダー・アーノルドは後方から飛び出してきたジョーダン・ヘンダーソンへ丁寧に落とすと、キャプテンはエリアの外から右足ダイレクトでフィニッシュ。ボールは緩やかな弧を描いてゴール左に吸い込まれた。59分にはケイタのスルーパスから抜け出した南野が、スピードに乗りながら右足でゴール左下隅を狙ったが、これは相手DFのスライディングタックルにコースを限定されて枠を捉えることができなかった。

 アウェイチームの勢いは止まらず、68分に5点目が生まれる。リヴァプールは途中出場のモハメド・サラーが右から中央へと切り込むと、南野が縦への動きでスペースを空け、ボールは大外のフィルミーノに渡る。フィルミーノはファーストタッチで相手の前に上手く体を入れると、ループシュートで飛び出してきた相手GKの上を通してネットを揺らした。

 81分にはアレクサンダー・アーノルドの右コーナーキックをジョエル・マティプが頭で折り返し、サラーがヘディングでコースを変えて6点目を奪う。さらに84分、アレックス・オックスレイド・チェンバレンのパスを受けたサラーが、カットインから得意の左足でゴール左上に決めてダメ押しの7点目。サラーは今季リーグ戦での得点数を「13」に伸ばし、得点ランキング単独トップに立った。

 試合はこのまま終了。リヴァプールは2連勝で首位を維持、クリスタル・パレスは4試合ぶりの黒星で3戦未勝利となった。次節、リヴァプールは27日にホームでウェスト・ブロムウィッチと、クリスタル・パレスは26日にアストン・ヴィラと対戦する。

【スコア】
クリスタル・パレス 0-7 リヴァプール

【得点者】
0-1 3分 南野拓実(リヴァプール)
0-2 35分 サディオ・マネ(リヴァプール)
0-3 44分 ロベルト・フィルミーノ(リヴァプール)
0-4 52分 ジョーダン・ヘンダーソン(リヴァプール)
0-5 68分 ロベルト・フィルミーノ(リヴァプール)
0-6 81分 モハメド・サラー(リヴァプール)
0-7 84分 モハメド・サラー(リヴァプール)

https://news.yahoo.co.jp/articles/b49c46684c447c77f2c4025fd70fa271d513cb7c

リヴァプール南野拓実、待望のプレミアリーグ初ゴール! 日本人選手7人目 

スクリーンショット 2020-12-19 22.10.41

岡崎慎司、待望のスペイン1部初ゴール!ウエスカは一時2点リードも…終盤の2失点で今季初白星逃す 

1: 2020/12/07(月) 00:18:54.27 _USER9
【グラナダ 3-3 ウエスカ ラ・リーガ第12節】

 ラ・リーガ第12節、グラナダ対ウエスカが現地時間6日に行われた。試合は3-3の同点に終わり、ウエスカが今季初白星を逃した。

 今季未だ勝利のない最下位のウエスカは8位グラナダとアウェイで対戦。FW岡崎慎司は3試合連続のベンチスタート。64分から途中出場を果たし、スペイン1部初ゴールを決めた。


 先制したのはウエスカ。左サイドでボールをキープしたラミレスが中央にクロスを供給。そのクロスにリコがダイビングヘッドで合わせてゴールネットを揺らした。先制に成功したウエスカだったが、グラナダに同点ゴールを許す。43分、相手陣内でボールを奪ったプエルタスがスアレスにパス。スアレスがゴールを決めた。

 同点ゴールを許したウエスカだったが、後半開始早々に勝ち越し。49分、フェレイロの右サイドからのクロスに後ろから走り込んできたフリーのガルシアがダイレクトで合わせ、ゴールネットを揺らした。

 ウエスカ1点リードのまま迎えた82分、岡崎に待望のスペイン1部初ゴールが生まれる。自陣からのオンティベロスのロングフィードを相手がクリアミス。少し離れた位置でそのボールを拾った岡崎がダイレクトシュート。上手くコントロールされたボールはゴールに吸い込まれた。

 その後、モリーナのゴールで1点差に追いつかれたウエスカ。90分にも失点し、終盤に同点に追いつかれてしまう。試合はそのまま終了し、ウエスカは今季初白星を逃した。

【得点者】
21分 0-1 リコ(ウエスカ)
43分 1-1 スアレス(グラナダ)
49分 1-2 ガルシア(ウエスカ)
82分 1-3 岡崎慎司(ウエスカ)
88分 2-3 モリーナ(グラナダ)
90分 3-3 サンチェス(グラナダ)

no title


12/6(日) 23:56
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20201206-00400943-footballc-socc

試合スコア
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20115010

順位表
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/standings/67

北川航也、アーセナル相手にEL初ゴール!…豪快ボレー叩き込んで今季4点目 

1: 2020/12/04(金) 08:06:51.44 _USER9
 ラピード・ウィーンに所属するFW北川航也が3日に行われたヨーロッパリーグ(EL)・グループステージ第5節のアーセナル戦で今シーズン公式戦4点目を記録した。

 先発出場した北川は3点ビハインドで迎えた47分、ペナルティエリア中央で味方のシュートのこぼれ球に反応。浮き球を右足ダイレクトボレーで豪快に叩き込み、反撃の1点を決めた。

 現在24歳の北川は今シーズン公式戦16試合に出場。リーグ戦で3ゴールを挙げており、ELでは自身初ゴールを記録した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/2e747cc7165f7b519912a4a76a558b997944aa7d
no title

武藤嘉紀がリーガ初ゴール!…エイバル加入後8試合目で待望の初得点 

スクリーンショット 2020-12-01 7.34.37


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索