Samurai Goal

出場停止


スポンサード リンク





<Jリーグ>出場停止選手情報を発表!神戸戦で一発退場のC大阪FW都倉賢は1試合の停止に 

スクリーンショット 2020-09-17 22.38.21




1: 2020/09/17(木) 19:40:39.51 _USER9
Jリーグは19日、明治安田生命Jリーグ各カテゴリーの出場停止選手情報を発表した。

J1リーグでは、累積警告の北海道コンサドーレ札幌MF金子拓郎に加え、ミッドウィーク開催の試合で一発退場となった清水エスパルスDF立田悠悟、セレッソ大阪FW都倉賢がいずれも1試合の停止となった。

横浜F・マリノス戦でボックス付近で相手選手を後方からファウルで止めた立田は、決定的得点機会を阻止した行為が、「著しい反則行為」に該当。

一方、ヴィッセル神戸戦でボールをキャッチしている相手GKに対して、遅れたタイミングでシュートを試み、左足で顔面を蹴った都倉の行為も、「著しい反則行為」に該当したとして前述の処分が科された。

なお、J2リーグとJ3リーグに関しては、すでに14日に発表された情報から新たな更新はない。

9/17(木) 19:30配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/9f3db3bc06523a5057c77c65910302787751a3b4

<前名古屋のFWジョー>暴力行為で2試合出場停止…相手CBを背後から殴る 

1: 2020/09/16(水) 09:01:53.05 _USER9
ブラジルのスポーツ裁判所は14日、暴力行為を犯したとして前J1名古屋のコリンチャンスFWジョー(33)に2試合の出場停止処分を下した。

 ジョーは8月30日に行なわれたブラジルリーグ第6節のサンパウロ戦で、相手CBを背後から殴りつけ、両チームの選手がもみ合いになった。主審はこのシーンを見逃していたが、この日、スポーツ裁判所が処分を下した。

 2014年W杯に出場したジョーは、名古屋に入団した18年に33試合24得点を挙げてJ1得点王に輝いた。昨季はけがもあり、32試合で6点だった。今年1月に今季の契約を更新した後、春季キャンプはけがで不参加。2月の開幕戦も欠場して移籍を模索し、6月17日に母国の強豪コリンチャンスが復帰を発表した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/20f6a7fa742cb0358282aeb0ca54f0f5d6688ec7

写真
no title

相手の股間を噛んで5年間出場停止!フランスのメスにあるアマチュアチームで珍事発生 

20200219-00010014-sportes-000-1-view[1]




1: 久太郎 ★ 2020/02/19(水) 20:54:18.35 ID:UWluL68h9
フランスで前代未聞の事件に厳しい処分が下っている。フランスのメスにあるアマチュアチームであるASソートリッヒの選手に5年間の出場停止処分がモーゼル地区フットボール協会の懲罰委員会によって下されている。

2020年1月30日、同選手は、2019年11月17日に対戦相手であるSCテルヴィルの選手の股間を噛んだことに対して処分を受けている。

この事件は、地域リーグのディビジョン2の試合の際に起こっている。『RMCSPORT』の報道によれば、ソートリッヒの選手とテルヴィルの選手が試合後に駐車場で喧嘩を始めると、テルヴィルのもう1人の選手が仲裁に入ったが、その際に仲裁に入った選手にソートリッヒの選手の股間に噛み付き、被害者は10針を縫う怪我を負い、4日間にわたって仕事を休んだということである。

その結果、この暴行に及んだソートリッヒの選手には、5年間の出場停止処分が言い渡されている。ただ、モーゼル地区フットボール協会の会長エマニュエル・サリンは、「複数年の処分が下るのは、1年に数件ある程度であり、非常に珍しい」と語っている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200219-00010014-sportes-socc

<浦和レッズDF槙野>ルヴァン杯審判員への言動により出場停止処分!「場を和ますような形で言ったことが…」  

news_285636_1[1]




1: Egg ★ 2019/09/20(金) 19:30:11.85 ID:d0kjINYT9
Jリーグは20日、ルヴァン杯準々決勝第2戦での浦和レッズDF槙野智章の言動に対し、1試合の出場停止処分を下したことを発表した。対象試合は9月25日に行われる天皇杯4回戦・Honda FC戦となる。

 Jリーグ公式サイトでは処分理由について、9月8日に開催されたルヴァン杯準々決勝第2戦・鹿島アントラーズ戦での審判員に対する侮辱的言動を挙げている。一部報道では、槙野が新たに導入されたビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の運用に言及していたことが伝えられていた。

 規律委員会では槙野にヒアリングを行うなどの事実確認をし、日本サッカー協会の「競技および競技会における懲罰基準」に照らした結果、「審判員に対する侮辱又は公然の名誉毀損行為」に相当すると判断された。ただし、本来ならば2試合出場停止処分となるものの、ヒアリング内容から情状酌量の余地があることから1試合の出場停止処分となっている。

 浦和の公式サイトでは、槙野のコメントを掲載している。

「このたびは審判員の方をはじめ、チームやファン・サポーターのみなさんにご心配とご迷惑をおかけし、申しわけありません。親しい記者のみなさんとの間での会話という認識で、審判員の方への侮辱の意図はなく、場を和ますような形で言ったことが、結果的に記事になってしまいましたが、必要ない発言だったと反省しております。今後はこうしたことがないように気をつけていきます。次の天皇杯には出場できませんが、チームの力になれるよう全力を尽くします」

19/9/20 18:31 ゲキサカ
https://web.gekisaka.jp/news/detail/?285636-285636-fl

<Jリーグ>FC東京DFチャン・ヒョンスの処分を発表!「暴行脅迫および挑発行為」に該当すると判断…  

1: Egg ★ 2019/05/27(月) 12:24:02.94 ID:OfBkLbs/9
 Jリーグは24日、FC東京のDFチャン・ヒョンスに2試合の出場停止処分を科すことを発表した。対象試合は25日のJ1第13節・C大阪戦、6月1日の第14節・大分戦となる。

 問題となったのは、22日に開催されたルヴァンカップのグループリーグ第6節・鳥栖戦(1-0)。先発フル出場したチャン・ヒョンスは後半32分のCKのシーンで、ボールと関係のないところでMF原川力の顔面に肘打ちをした。口から出血した原川は主審に抗議したが、当時の判定はノーファウル。そのため、試合後の意見交換で鳥栖から確認の申し入れがあったという。

 そしてマッチコミッショナーによって試合中に審判員が確認できなかった「極めて悪質な行為」であると報告され、Jリーグ規律委員会で同行為について映像を用いて確認・検証が行われた。

 上記の事実関係の確認を踏まえ、Jリーグ規律委員会は日本サッカー協会・競技および競技会における懲罰基準に照らして審議した結果、同選手の行為は「選手等に対する暴行・脅迫および一般大衆に対する挑発行為」に該当すると判断し、2試合の出場停止処分が決定。Jリーグ規律委員会の定めにより、直近のリーグ戦が出場停止処分の対象試合になったとしている

5/25(土) 15:11配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190525-43467398-gekisaka-socc

写真no title

ベイル、最大12試合出場停止か…アトレティコ戦ゴールパフォが問題に 

20190215-00907188-soccerk-000-1-view

【悪質】唾吐きラフプレーのD・コスタ、4試合の出場停止が決定 

GettyImages-946708574-800x533


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索