Samurai Goal

冨安


スポンサード リンク





セリエAの第35節までの日程が発表!冨安所属のボローニャは再開初戦でユヴェントスと 

20200602-01077131-soccerk-000-1-view




1: 2020/06/02(火) 10:19:14.15
セリエAは1日、延期されていた第25節と第27~35節の日程とキックオフ時間を発表した。

 ヨーロッパでも最大規模のパンデミックに見舞われたイタリアだが、先月28日にイタリアサッカー連盟(FIGC)が6月20日からのリーグ戦を再開することを発表していた。

 20日には延期されていた第25節の2試合が行われ、日本代表DF吉田麻也のサンプドリアはインテルと相まみえる。また、22日以降に行われる第27節では日本代表DF冨安健洋が所属するボローニャは首位を走るユヴェントスと対戦する。

 セリエAの再開後の日程は以下のとおりである(キックオフ時間は現地時間)。

■第25節
▼6月20日
19:30 トリノ vs パルマ
21:45 ヴェローナ vs カリアリ

▼6月21日
19:30 アタランタ vs サッスオーロ
21:45 インテル vs サンプドリア

■第27節
▼6月22日
19:30 レッチェ vs ミラン
19:30 フィオレンティーナ vs ブレシア
21:45 ボローニャ vs ユヴェントス

▼6月23日
19:30 ヴェローナ vs ナポリ
19:30 SPAL vs カリアリ
21:45 ジェノア vs パルマ
21:45 トリノ vs ウディネーゼ

▼6月24日
19:30 インテル vs サッスオーロ
21:45 アタランタ vs ラツィオ
21:45 ローマ vs サンプドリア
https://news.yahoo.co.jp/articles/254f54908c1ebcacc09d08a59b89951867f9e476

>>2以降に続く

冨安争奪戦が激化? ブンデスリーガも熱視線、現地メディア指摘「ローマに加えて…」 

20200522-00263152-soccermzw-000-1-view




1: 2020/05/23(土) 00:02:54.71
 今季ボローニャに加入した日本代表DF冨安健洋は、セリエA初挑戦のシーズンに主力の座を勝ち取っている。名門ASローマへの移籍が取り沙汰されるなか、ブンデスリーガのクラブも獲得に熱視線を送っているとイタリアメディアが伝えている。

 2019年夏にベルギー1部シント=トロイデンからボローニャに加入した冨安は、右サイドバック(SB)としてレギュラーの座を確保。日本代表活動で負傷した影響で一時離脱こそあったが、今季リーグ戦20試合に出場し、安定したパフォーマンスで信頼を得ている。

 冨安にはローマが新天地候補に浮上しており、イタリア国内でのステップアップ移籍に注目が寄せられているが、イタリア現地メディア「1000 Cuori Rossoblu」によると、ブンデスリーガのクラブも冨安の獲得に熱視線を送っているようだ。

 冨安への関心が噂されているのはレバークーゼンだ。トッテナムの韓国代表FWソン・フンミンを輩出したクラブとしてアジアでも馴染みのあるクラブであり、記事では「ローマに加え、レバークーゼンも冨安に関心を示している」と伝えている。

 一方で、「現時点では、スポーツ・ディレクターのウォルター・サバティーニ氏によって譲渡不可を宣言されている」とボローニャ側は冨安の放出を検討していないと強調している。期待の逸材として、イタリアだけでなく、他国クラブも冨安に目を光らせているようだ。
https://news.yahoo.co.jp/articles/b7337d1ea60e1b0d3bd980db1ef3b2e3e1e6868b

「MFでも偉大な主人公」 冨安の“壮大インパクト”に現地称賛「プレミアからもラブコール」 

20200425-00258727-soccermzw-000-1-view




1: 2020/04/25(土) 17:54:42.34
加入1年目でボローニャの主力に 「冨安ほどの選手はこれまでいなかった」

今季ボローニャに加入した日本代表DF冨安健洋は、セリエA初挑戦のシーズンに主力の座を勝ち取り、印象的な活躍を披露している。イタリアメディアは「わずか数カ月で彼の価格は3倍になった」と取り上げ、「プレミアリーグのクラブがすでに冨安獲得に標準を合わせている」と伝えている。

2019年夏にベルギー1部シント=トロイデンからボローニャに加入した冨安は、即座に右サイドバック(SB)で先発の座を勝ち取った。現在、新型コロナウイルスの蔓延により、イタリアではすべてのスポーツイベントで延期の措置を取っているが、直近の試合でボローニャは第26節ラツィオ戦を消化。敵地で0-2と敗れたものの、右ウイングバック(WB)で先発フル出場した冨安は、クラブ公式サイトで発表されたチーム内マン・オブ・ザ・マッチ(MOM)に選出されていた。

そんななか、イタリア紙「コリエレ・デロ・スポルト」は「冨安効果。ボローニャはよりリッチになった」と見出しを打ち、冨安に注目。「日本人はほぼ脚光を浴びずにボローニャへとやってきたが、わずか数カ月で彼の価格は3倍になった。プレミアからもラブコールを受けている」と、その飛躍ぶりを大々的に取り上げている。

「冨安ほどの選手はこれまでいなかったので、壮大なインパクトを与えた。(アルベルト・)ザッケローニが指摘するように、ピッチサイドを走って追い回すことを片時も忘れない。もちろん一部の試合で困難にぶつかる時もあったが、他の試合では、MFとしても偉大な主人公となった」

800万ユーロ(約9億2000万円)でボローニャに加入した冨安だが、今では市場価格が2500万ユーロ(約29億円)と約3倍にまで急騰していることを説明し、「プレミアリーグのクラブがすでに冨安獲得に標準を合わせている」と伝えていた。近い将来、冨安のステップアップも実現するかもしれない。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200425-00258727-soccermzw-socc
4/25(土) 11:10配信

引用元: ・【サッカー】「MFでも偉大な主人公」 冨安の“壮大インパクト”に現地称賛「プレミアからもラブコール」

アジア杯前最後の練習試合 ボランチに冨安をテストか 

20190105-00000101-sph-000-6-view

森保監督が苦しむ香川と練習場で再会「元気そう」 

20181203-00409520-nksports-000-7-view

サッカー日本代表、欧州主要リーグで明暗 輝き放つ若手、W杯組は苦戦 

20181107-00000050-san-000-2-view



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索